2013年03月07日(木) 02時42分55秒

ホルコンの科学!? 「パチンコにおけるマインド変革論」 第一話 「感謝の正体(16)」

テーマ:ホルコンの科学!?

こんばんは。

今日は、お昼しましたので (*v.v)。


さて、「ホルコンの科学」です。

誰か参考にして頂いている人がいるのかと微妙ではあるのですが・・・


だいたい、基本的な話は書きましたので、後は具体例ですね。

パチンコにおける「マインド変革論」ということです

考え方を変えたり、修正をすることで、負ける金額も減るかと思います。

まぁ、消極的な表現ですけど、塵も積もれば何とやらで・・・


あれですね。大きく3項目です。

パチンコでの「心の毒素」の確認方法です。


(1) 貪りの


(2) 怒れる心

(3) 自惚れる心


一般論では、他の要素もありますけどね。

一定の技術が身に付かれたカオスのみなさんであれば、

この3項目に注意をして頂きたいです。

これを防御できれば平均値が上がります。うん、断言できますね。

今回は、ちょっ療法で書いてみます。



(1) 貪りの

 これがパチンコでの最初の関門であり、最期まで付き纏います。ストーカーのようにしつこいです。嫌になるくらいに・・・ くどいですよ。

 なぜなら、過去にパチンコで負けておられた方々が多いのもあり、その負けていた金額を考えたときに、どれだけ取り返せても満足をしないことがあるのですね。

 たぶん・・・ 一千万円くらい勝たないと普通は完全には満足ができないと思いますね。そのくらいの恨みや苦しみや損害金を請求したいみなさんがあるかと思います。

 2~3日で10万円くらい勝っても満足はしないでしょう? そんなものです。そして、勝てるようになっても、私のように金使いが荒くなったりして、その分の収入をパチンコで得ようとしますので、更に欲望が加速しますね。そうなると、パチンコでいくらいでも勝っても当たり前になってしまい、その欲求に歯止めが利かなくなることがあります。

 これが、勝っているのにパチンコ依存症と呼ばれる原因にもなります。恐ろしい話ですね。「当たり前になる」ということの被害ですね。そうした心の傾向性が固まってきますと、ちょっと危ない橋でも渡ろうと考えるようになります。

 つまり、勝てそうな状況でないと頭では理解をしていても、その欲望に比例するかのように、無謀な挑戦をしてしまうことが増えます。

 一般論では、普通のお客さんがこれでやられます。自分の「欲」で自爆するのですね。「あと5000円勝ったら帰ろう。」「あと1回当たったら帰ろう。」・・・ こんな気持ちが出てきます。

 これは、「金を稼ぐ」という目的以外でも、パチンコをして「遊びたい」、という欲望も含まれます。「新台なのでちょっ回してみたい。」「見たことがない台なので触ってみたい。」・・・ このような欲求もパチンコでは命取りになりかねません。

 そうしたことが、「貪りの毒」である、という話です。

 んじゃ、この「貪り毒」を喰わないためにはどうしたらよいのか?
 
 治療方法があるのですね。今回は書きません。

 みなさんに、考えて頂きたいですね。



(2) 怒れる心

 次です。怒りですね。これもまた、パチンコだけではなく人生を不幸にする要因になりやすい「心の毒素」です。暴行や殺人事件などの背景には、このような人間の怒りの毒素が見え隠れすることが多いです。宗教間での戦争やテロもそうですね。

 
怒りには、「私憤」と「公憤」という考え方がありますけれど、普通は、どんなに格好を良くしようと思っても、「私憤」ですね。


 そう、「自分のご都合での怒り」が多いです。パチンコもそうです。まぁ、パチンコホールから、何十回も遠隔操作や個人攻撃を受けたという証拠でもあれば、それは詐欺であり、犯罪になりますので、それについて怒ることは「公憤」になるかもしれません。

 しかし、通常はそれを確認できませんし、被害を受けていることも少ないでしょうから、それをもって怒りの対象にするのはちょっと早いかと思いますね。平均値を考えたときに、それを怒りの対象にするよりも、その「心の針」を他の方向に向けたほうが生産的であると思います。

 あ、カマの被害もそうですね。さっきまで自分が打っていた台があって、何らかの理由でその台を離れた・・・ んだら、次のお客さんに3回転くらいで当てられた。これは怒りますね。或いは、しみます。カマをされてニヤニヤしていたらただのアホですもんね。

 この場合、女性はどうなんでしょう? 怒る人が多いでしょうか? 悲しくなる人が多いでしょうか? 男性は怒ることが多いですね。年齢によっても違うかな?

 私も現場でよく見かけるんですけど、それはそれは切ない風景があります。気の毒でしょうがないときがありますね。唇を噛み締めて悔しがっている女性のお客さんがあります。「自分一緒に負けてあげましょうか?」・・・ みたいな気持ちになることがありますね。

 こうした現場を何百回、何千回と見ていると、本当にパチンコはお客さん同士の射幸心を煽って苦しめるところだと思います。基本的には、怒りや恨みの矛先をお客さんに向けさせるシステムです。ある意味で、最悪です。

 そうしたことで、「怒る心」が占有しますと、大抵は冷静な判断ができにくくなります。その結果で、暴走したり自暴自棄になったり、散財することになりやすいです。金銭感覚も崩壊しやすいですね。お財布がペラペラになるまで、まるでイノシシのように突撃することもあります。こうなると勝てたものではありませんね。

 さて、この「怒る心」も心の毒素ですので、この解毒をしなければなりません。

 これもみなさんに考えて頂きたいですね。

 
(3) 自惚れる心

 はい、次・・・ 慢心ですね。一般論でも魔界への片道切符のような「心の毒素」です。例えば、「昨日は5万円勝ったから!」・・・ ご機嫌なのはいいのですが、当日も勝てる保証など何もないのです。これがパチンコです。

 何かの会社のセールスマンなどであれば、「昨日は大口の契約が取れた!」ということがあって、んじゃ、当日はどうなのかとなったときに、別にいいことは何もなかったとしても、基本的に自腹などで金を損することはないですね。

 しかし、パチンコの場合は、主観的にでも「天国」と「地獄」が隣り合わせの世界です。隣の台に座っていたら「天国」で、その隣の台に座ったので「大地獄」だったということが普通にあります。何万円という損害やリスクが常に付き纏う世界です。

 或いは、5台くらい狙ったけど、結果的にぜんぶコ台であったということさえありえますね。こうなるとどうにもなりませんね。負けるだけです。
 
 まぁ、「貪る心」の項目でも書きましたように、何でも「当たり前」として錯覚をするようになると足下をすくわれます。「自分はいつも5台くらい当てれるから、最初の2~3台で失敗しても大丈夫。」・・・ このような考え方も危険になることもありますね。「いや、3台も触って反応もしないとヤバイと考えましょう。」・・・ このような判断に切り替えることが大切です。

 それから、他のお客さんとの競争?みたないケースで自爆することもありますね。私もありますよ。例えば、「初めて来店したようなお客さんが箱を積んでいると腹も立ちます。」

 或いは、自分はこんなに苦労をして台の選択をしながら四苦八苦しても伸びないのに、何にも知らなそうなお客さんが適当に座った台が連チャンしはじめるとイラつきます。んな、アホな?って思いますね。

 そうしたときに、自分はそのお客さんよりも実力があると自惚れがありますので、意地でも当てたり連チャンをさせようとして自爆することが出てきます。そのお客さんにしてみたら、勝手にライバルにされて、ときには睨まれて、実によい迷惑です。

 そうしたことで、「自惚れる心」で自分が自爆することがあると・・・

 では、どうやってその自縄自縛の慢心地獄から、自分の心を開放するか、

 これもみなさんに考えて頂きたいですね。

 
さて、そろそろ寝ます。


ありがとうございました。



AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

ホルコンマスターコウさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

5 ■平均値

大事です。少し前まで大阪に長期滞在修行中の方にも言った事があるのですが、僕が
“勝てる台”
を選ぶのは2台までなんですよ。調子良くて3台。
当たる台と勝てる台はカオスでも環境もありますからメンバーそれぞれの定義が違いますけどね(笑)

やっぱり2台選んでダメならその日は負けて泣きながら帰ります。
平均値と言う考え方が産んだ立ち回りです。

お邪魔しました。

4 ■Re:古きよき過ぎ去った時代…

>たいちさん

 そうですねぇ~

 立派な社会問題ですね。

 最終的には、政治が正しく介入しないとダメでしょうね。

 国もパチンコホールからの税収の要素があるので目を瞑っているようなところがあるかと思います。

 ですから、当面は、民間団体などで依存症対策やパチンコの厳しさや苦しさを教えてくれるところが頑張るしかないように思います。

 やはり、最終的には政治ですので、私がHSグループの政党を応援するのもそのためです。

 ではw

3 ■Re:うんうんと読みました

>ロカまるさん

 ああ、いつもありがとうございます。

 マインドは平均値ですね。
 
 これを基準に組み立てるほうが効率的です。

 いきなり気持ちや考え方を強くするのは難しいので、自分の技術レベルやホールの環境レベルに相応した平均値で対応したほうがよいです。

 平均値がわかれば無謀な戦いをすることも減りますもんね。

 ではw

2 ■古きよき過ぎ去った時代…

おじさんですが、パチンコ始めたのは二年ほどの初心者です…

昔の機種のことはあまり知りませんが勿論、今みたいに台の演出やら効果音などお客さんの射幸心や対抗心などを煽ることはなかったのでしょうね…


パチンコ屋やメーカー側がファンと売り上げを伸ばす為だけに、今のような煽りまくるスタイルに変わってしまったんですね…


私も依存気味ですし、これで死人がでてるなんて…

この業界の未来はどこに向かってるのでしょうか…

ある意味パチを悟ったコウさんは、どう考えていらっしゃいますか?

長々、失礼致しました…

1 ■うんうんと読みました

パチンカーやスロッターには非常に大切な話しですね><;


マインド変革は絶対必要ですもんね!!!

僕なんてメンタル面が弱いので、挙げられた失敗例等がとても共感できるような内容でした^^;


本格的にマインド変革………やっていかなくては…(-o-;)

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。