2010年12月16日(木) 22時14分20秒

「2R確変」と「2R通常」について(1)

テーマ:ホールシステム


こんばんは。


以前から、「2R確変」と「2R通常」についてのご質問を頂いておりまして、

今後のフォーラム用の研究材料にもする予定なのですが、

カオスメンバーの皆さんにも考えて頂きたい内容ですので早めに記事にしました。


このシステムが登場したのはいつ頃なんでしょうね。


私が好きだった機種で、「泉谷しげるの座頭市」というパチンコがありまして、

この機種には既に「隠れ確変」や「内部確変」のシステムがありました。


又、「冬のソナタ2」くらいには「ミニョンモード」などの小当たりシステムもありました。
2Rランプが点灯していたら「内部確変」で、それ以外であれば「フェイク」ですね。


この程度のシステムであれば皆さんも悩まれないのでしょうが、

「CR北斗の拳」などに代表される、「2R確変」や「2R通常」のシステムは厄介です。


「2R確変」を引いて安心かと思いきや、「2R通常」へ転落して当たらない・・・


止めようかと思えば、再び「2R確変」に突入・・・


当たらせる気持ちがあるのかないのか、イライラすることも多いです。


ここ数年でスロットにも「高確率モードシステム」が本格的に導入され、

「ART機種」では頻繁に「高確率」⇔「低確率」を繰り返すことがあります。


スロットの「高確率モード」で実際に当たる割合はどのくらいでしょうか。

私の今までの経験では、「3割」もありません。


エウレカ、蒼天の拳、爺サマー、マジハロ、あしたのジョー、鬼武者・・・


「高確率モード」=「信用できないことが多すぎる」


あくまでも私の意見ですが、

元々、当たらせる気持ちはないのに、「高確率モード」に入ることが多い・・・


それは何故か?


「お客さんに当たるかも?と期待させる」


つまり、射幸心を煽ることが目的のように思えて仕方がありません。


パチンコのシステムも似たような話ではないでしょうか。


偉そうなことを書いている私ですが、

例えば、エヴァなどの「ミッションモード」であれば直ぐに止めることが多いです。

しかし、北斗の拳などの「2R確変」を引いたら止めれません(笑)


やっぱり、その後に「2R通常」を引くか当たるまでは打ちますね。


似たようなシステムで「ST機種の2R確変」も厄介です。

規定の回転数以内では当たらなくて、その後に普通に当たったりもします。


結局は、お客さんを「止めにくい状態に誘導する」ことが目的のように思います。


昔はこのようなシステムはありませんでした。

当然のことながら、ホールシステムも進化します。


それから、特定の機種の話ですが、

「単発当たり」から計画的に連チャンを途切れさせるシステムも確認しております。

本来は2連チャン以上当たる場合でも、単発で通常状態に転落させる現象です。

その単発の何十回転後に当たる予定になっているという意味です。


「単発」→「単発」→「連チャン」・・・


途切れているのに他の台へ当たりが飛んでいないこともあります。


当たりが潜伏しているか否か、「セグ」で判別ができる機種の場合には、

その「セグ」を知らないと損をすることになります。


ただ、ここにも注意が必要になります。

例えば、負けさせる目的で潜伏させることもある、ということです。


実例としまして、「内部確変」から20000円を投資して単発で終了・・・

その単発も呑まれて無くなる・・・ ということがありました。


スロットでも「ARTの準備中」にコインが無くなり、

「ART」に入ってもトータルでコインが増えない・・・ 

ホールによっては、「RT」みたいな状態を繰り返す台もあります。


「RT」機種でも2時間かけて1回もBIGボーナスを引けないことがありました。

いつまでも「RT」が続くのでコインは減りませんが、増えもしない・・・


私達でも「2R確変→2R通常」や「ニセART(笑)」には悩まされます。


これからホールシステムを攻略されようと考えておられる方は、

できる限りノーマルな機種で、「当たりの移動」や「激アツ反応」、

「グループ内などでのシーソー制御」を研究されることをお勧めします。


パチンコであれば、「海物語シリーズ」・・・

スロットであれば、「ジャグラーシリーズ」がお勧めです。


では、ありがとうございました。



AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

ホルコンマスターコウさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

3 ■当たり乱数

本来の開発コンセプトは、当たり乱数を増やすことによって、大ハマリを減らし、遊戯客に長くプレイしてもらうということなのです。

が、結果的に、客をだますことに繋がってるのは
事実です。

正規のーマル台は、あちこちの現場で見受けられるような、そこまで意地悪く設計されていません。

2 ■たしか…

何かで読んだのですが、最初に2R通常などのある機種を出したのはサンセイR&Dらしいです。
機種名は忘れました(笑)
2005年頃だと思われます…。

1 ■潜伏わ…

北斗、何度も2確→2通の経験あります。1Kで確→通その間わずか3回転。天国から地獄みたいな…先日も2確→80回転2通でしたし。
ライディーン神速?でも潜伏で諭吉さん飛ばされ閉店、次の日20箱どこかのオジサンに持っていかれました(+_+)

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。