2010年06月06日(日) 16時10分47秒

よく回るから当たるって考え方、どうなの?

テーマ:初級編の質疑応答

こんにちは。


今回はパチンコの根源的なシステムについて書いてみます。


 結論から言えば、私達でも騙される要素があります。例えば、ボーダー理論的な考え方ですが、「回りの状態」についてです。「回転率」、「千円で何回転するか?」みたいな考え方です。コンビニなどに並んでいるパチンコの雑誌にはこの話がよくあります。


 ちなみに、私はボーダー理論がパチンコの核心論という意味では否定しますが、実際にボーダー理論で勝っている人は尊敬しております。当地ではボーダー理論で食べて行けません。少なくとも私はムリでした。


 当地にもよく回る台はあるのですが、どうしても当たりとは直結しない経験を多くしました。特定の機種のイベントでも全体的に良く回るときがあります。それでも当たり回数の平均値がイベント以外の日と変わらないことが多かったです。「回るだけ?」・・・ みたいなこともウンザリするくらいに経験しました。


「よく回るからお客さんが騙されていつまでも打ってしまう」


「回りが悪い台よりは回る台の方がいい感じがする」


「実際に、当たりが近い台の特徴として、よく回り始めるということがある」


 関係がなさそうな話ですが、ここで私がフォーラムに書いた記事をご紹介します。


 あ~ その前にコケちゃんがスレッドを立ててくれたのでそれから転載します。


 前に裏○メ理論ってのを買ったことがありましたが、それにもちょっと書いてあったネタなんですが、海って画面内で1・4・7の図柄がかなり揃いますよね。よく打つ人なら、かなり見知った出目だと思います。で、裏○メ理論の方はその縦に147とかが短い間隔で出たら当たりが近いって話をちょっと書いてあったんですが、自分の場合、174や471といった1と4の間に7のジュゴンが出るとなにか制御されているかのような気がしたりします。また、147や741の縦に並んだ台を打った時にはすぐに当たった経験もあります。ただ、その147の縦並びが出ても全然当たらなかった事もよくあるのであまり鵜呑みにはしないでください。自分としては、その並び方やズレ方で何かあるかもなぁと思ったりもしますが、基本的には当たりの移動とかに触れてるんじゃないかと思ってます。

次に私が書いた記事です。

 あって欲しいとは思いますね。出目攻略の全般に言えることですが、メーカーもアホではありませんので、当たりが近いときにも、逆に当たりが遠いときにも微妙な配分で今回のような出目が出現するように仕込んでいたらと考えてしまいます。

 それは、50%でもいいわけですね。そうすることでお客さんが射幸心を煽られて粘って打つようになります。

 あ、そうそう、どこのホールか忘れましたが見たことがあります。魚(私は海系は全部、魚で統一してます。)のシマの壁?みたいな場所に、「この出目がきたら熱いですよ!」みたいな写真が貼ってありました。その隣にセグ情報も張ってあったと思います。「それを貼るのかよ?」とも思いました(笑)お客さんを舐めているとしか思えません。

 パチンコホールが言っていることは信じたくない私ですが、コケちゃんが言うように出目の法則性はあってもいいと思います。例えば、今から当たる台の前兆として、当たる1~2回転前に中途半端なスーパーリーチ(もしかしたら当たるかも程度)が発生して、その後に信頼度が高いリーチがきて当たる・・・みたいな。その一段階目の中途半端なスーパーリーチの代わりに特殊な出目が発生しても不思議ではないと思います。

 回りくどい説明ですが、下記のような現象を良く見かけます。

 <当たりが近い台の前兆>

 ①中途半端なスーパーリーチが突然と発生する。今まで出なかったような雰囲気が違うリーチの場合が多い。例えば、擬似連がある機種であればいつもは1~2回までで終わっていたのに、突然と3回以上の擬似連が発生したりする。

 ②それから約5回転以内に信頼度が高いリーチが発生して当たる。

 ①~②の流れ・・・と言いますか、セットみたいな感じですね。これが面白いのはこうした現象で当たる場合には激アツ反応でないことが多いです。私の経験では本当に当たる割合が多いです。皆さんがイラっとされる激アツ反応の場合は、それらのリーチが突然と発生することが多いと思います。単独犯みたいな。

 簡単な話、当たる直前になると内部モードが変化しますので、それまでとは抽選されるリーチが変わるだけの話かもしれませんが、皆さんも何となく体感的に感じておられるのではないかと思います。又、①の中途半端なスーパーリーチが2回くらいきて②に移行することもります。保留が多いときに良くあります。

 今回のような観察をしていれば、「当たる激アツ」と「当たらない激アツ」が何となくでもわかるようになります。当たらない激アツは・・・何とも嘘臭いですね。


以上です。


 つまり、「回りの良し悪し」についても、「出目の法則性」についても、メーカーの立場であればお客さんを騙したいのは同じ理屈であると思います。


 50%でもいいという話ですね。そうすることでお客さんが射幸心を煽られて粘って打つようになります。


 当たりが近いときにも、逆に当たりが遠いときにも、同じくらいの比率で回りのコントロールをしていたと考えたら、極めて効率よくお客さんを騙せることになります。又、出目攻略も似たような話です。


 回転率の場合は、メチャクチャによく回って1000円くらいで当たることもあれば、同じくらいによく回っても1000回転もハマルことがあります。これが原因で多くのパチンコユーザーが騙されています。怖い話です。ボーダープロの方々でも白黒の決着が出ない話だと思います。


 例えば、下の写真は「CR石川さゆり~あなたのために歌います~」ですが、当日も含め4日連続で当たり0回です。回転数はそこそこ打ってあります。確率は303分の1くらいの機種です。ミドルスペックですね。


ホルコンマスターコウの虎視眈々


 実は前日にもこの台をマークしてまして、3日も当たってないのでそろそろ吹くかな・・・ と見ておりました。そう思っていたら他のお客さんも同じ理由で狙っていたようで、私が眺めているのを察知してタバコを放り込みました。瞬間的にイラっとしましたが、「まぁ、様子を見よう」と、他の台を打ちながら観察を続けました。


・・・ アホみたいにメチャクチャ回ります!


 私が打とうと考えていたときの回転数は300回転くらいでした。その後は隣のシマに行ったので結果は見ていませんでした。それで、昨日、データロボの写真を撮影して・・・ 872回転で0回当たりです。「キャー!打たなくて良かった」と寒気がしました。それで昨日の話です。


 「いい加減に今日こそは出るでしょう?」


 他の連動台も終わっていたようでかなり当たりそうな臭い?がしますw


・・・ でもまったく回りが良くありません。玉が弾きます。


しかし、当たりました。不思議です。

ホルコンマスターコウの虎視眈々 ホルコンマスターコウの虎視眈々


単発図柄で当たりましたが、さすがにハマリきれなかったようで、


162回転(同じ回転数)で2回も引き戻し、結果的には箱が増えました。


ホルコンマスターコウの虎視眈々

私の兄に代打ちして貰って、自分は他の台を当てに行きました。


夕方過ぎにクレヨン先生が来られたのでそんな話をしていました。


ホルコンマスターコウの虎視眈々 ホルコンマスターコウの虎視眈々


これ、甘デジの「釣りキチ三平」です。580回転くらいで当てました。

ホルコンマスターコウの虎視眈々 ホルコンマスターコウの虎視眈々

「どんだけハマルのよっ!」って思いましたね。

この台もまぁまぁ回っていましたが、「回りムラ」が酷くて嫌気がさしてました。


そこまで酷い台ではなかったようです。


600回転を過ぎたらやばいと思ってましたが当てることには成功しました。


こんな感じでパチンコでの「回りの良し悪し=回転率」については疑問も多いです。


どうしてもパチンコは騙しの要素が強すぎます。


見た目上の外観や雰囲気では察知できない仕組みがあると思います。


 私たちは「当たりの発生バランス」や「当たりが生まれる仕組み」について、少なからず解明に成功していますので何とか太刀打ちできますが、一般のパチンコユーザーの皆さんであれば難航されることだと思います。


 パチンコは本当に厳しいです。一般の方々でも活用できる総合的なパチンコノウハウの確立、地域性を問わない普遍的な攻略理論の構築、これが私たちの今後の目標です。


では、ありがとうございました。




AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

ホルコンマスターコウさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

6 ■Re:無題

>コウイチさん

 さすがに洞察力があられます。普通は騙されますね。洗脳されます。パチンコはユーザーの立場だけを考えていても攻略できませんね。今後も時代の流れに順応しなければならないと思います。

5 ■Re:無題

>ショウさん

 あら、どうもです。マイホもめったに釘は触ってないと思います。どうせ当たらないのであれば釘くらい開けて欲しいです。稼働率も低いのに釘も閉まっていて、500円でも多く回収したいというようなホールが多いです。それでお客さんが離れるのであれば経営失敗だと思います。

4 ■Re:はじめまして

>コペッキーさん

 コメントありがとうございます。玉の引き込みについては騙しの要素も多いです。2R通常でも一時的に玉を引き込んで処理をすることがあります。小当たりをデータカウンターの「当たり」にカウントする場合がそれです。怖いですね。

 それから、「潜伏確変」を引いてから急に回りが悪くなることがあります。コンピューター制御がバレバレの現象です。当たりの循環に関係する話です。またお願いします。

3 ■無題

MHは釘の調整したのを見たことありません…イベントもないんですけどね…(^^;)

最初から確率論なんてものは信じてませんでした。
経営の観点からはあり得ないですからね~

2 ■無題

ホントに回るからと言っても勝てないですよね・・・
うちの地元のホールはどんなイベントでも釘を開けたりしません。
なんでこんなに日によって当たり方が違うの?とホルコンを知る前は疑問に思ってました。

パチンコを始めた時から回る台を打っても勝てる気がしなかったので、ホルコンの存在を信じる事に抵抗はあまりなかったです。

1 ■はじめまして

いつも興味深く拝見させていただいてます。
記事にある回転数…僕の個人的な感じでは3~4個の保留がつくよりも1~2個パラパラついて、突然4個ついた時やなかなか入賞しなくて打ち止めして、最初の1個で当たる事が多いですね。
更新を楽しみにしてますのでまた覗かせてもらいます。失礼しました。

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。