こんにちは!チャレアソ社員です

{002868FB-2534-4107-BEF5-1F5C27B2387D}

先週、リオから小宮さんが帰ってきました!

大会の結果報告から、パラリンピックにまつわるエピソードまで……私も思わず「へぇ〜?!」と耳を傾けてしまうほど、興味深い話をしていただきました爆笑ルンルン

また、パラリンピックの全体像についても映像で学びました。
訓練生の「えっ、そんな競技も?!」なんて反応を見ていると、2020年の東京パラリンピックに向けてはまだまだ認知度が低いのかなぁと思うのでした。


さて、私は月曜日から職場実習の現場訪問に行っていました。

前回のブログでご紹介した訓練生Bさんの職場実習がスタートしたのですウインク

今回も就労支援センター様と連携しての実習支援ですが、現場で直接訓練生を指導するのは初めてです。
職場実習の支援にも色んなパターンがあるんですね!

今回の実習先は商品管理が主な業務。
チャレアソは事務関係のトレーニングが中心なので、Bさんにとっては初めての経験ばかり!

業務の種類も多いのですが、そこはBさん持ち前の素直さで体得しているようでした。

言葉でのやり取りを苦手とするBさんにとって、実際に体を動かしながら覚えられる業務は合っていると言えるでしょう。

事前に確認するように、と言われた事も言葉不足ながら自主的に相談できており、ひと安心です。


一方で言葉でのやり取りに苦戦しているのが私チャレアソ社員チーン

実習後の振り返りで「何をしたのか」「どんなアドバイスを受けたのか」尋ねてみてもイマイチ要領を得ない。
それができるようになると、なんてつい欲が出てしまうのです。

どうしたもんじゃろなぁ、と課題が尽きません。



どげんかせんといかん!(とりあえず言ってみる)

とはいえ本日実習3日目、初日と比べてどんな成長が見えるのか楽しみですニコニコ

がんばれ、Bさん!


今回の実習で出てきているのが、カッターでの開封やトイレ掃除、脚立の昇り降り……etc

Bさんは物怖じせずに取り組んでいるけど、人によっては初めてだと固まることもあるかもびっくりアセアセ

少しでもその不安を減らすためには、ご家庭での協力が必要なこともあります。

例えば、ご家族がされている家事の一部を手伝ってもらったり、家にあるトイレ掃除や、お食事前後のテーブル拭きを習慣にしてみたり……

このようなスキルは、学校教育の中で全て習得できるわけではありません。

小さな経験1つ1つが、お子さんの自信に繋がっていくのですラブ

そして、家事を手伝ってもらったら1つ1つ褒めてあげてください!

叱られるよりも、褒められた方が「またやってみようかな」という気持ちも強まりますニコニコ

はじめは手がかかるかもしれませんが、慣れてきたらお母様の家事の負担が減って一石二鳥、なんてことも?!(笑)

何にせよ、ご家庭でのお手伝いをやっていて損はないのですウインク