ウェディングプランナーのつぶやき

ウェディングプランナーだけが知っている、華やかな結婚式の裏に秘められた本当の結婚の意味とは??

これから結婚を考えているアナタへ生きたアドバイスを綴る、実践型コミュニケーションブログ♪


テーマ:
                    お披露目読者ブログ~第8弾~


毎月、月末にお届けしている旬なブログを紹介するこの企画!!


もう何気に8度目を迎えることになりました。

読者の皆さんからいただく様々なご相談や励ましのコメント。
何だかすべての読者の方々が、
担当させていただいているカップルのような気がしますし、
ある意味、花嫁の母にでもなった気分でいる私(笑)♪


いつもお伝えしていることですが、
このブログを通して多くの花嫁の方々が悩みを打ち明けあい、
ちょっとした解決の糸口を見つけあっていただければいいな、と思います。

せっかくブログ上でたくさんの人たちと繋がりを持てたわけですから、
おめでたいハッピーな話題は、みんなで共有していきたいですよね


=====


では早速、毎月恒例となりました

来月お式を控えた挙式直前の心境を語る、

10月の花嫁7名のブログです!!


=====




【October Bride


◆takanoさ
んのblog 
a piece of life
 → コチラ

今月既に入籍を済ませ、10月8日にホテル内のレストランにて披露宴を行う、
takanoさん。


新婚生活の準備をしているうちに、『柳宋理』のファンになられたということで、
お友達と『柳宋理・友の会』を結成されたというのは面白い♪

実は、私も個人的に柳宋理のキッチンツールは好きなので
愛用させていただいております(笑)

お式が近づくにつれ、ちょっと体調を崩されているのが心配ですが、
takanoさんのポジティブパワーで何とか乗り越えてくださいねっ!



◆みーさんのblog 
Happy Wedding!~花嫁@奮闘中~ → コチラ
 
大学時代からの10年間の交際期間を経て、
とうとう10月29日に結婚されるみーさん。


元テニスサークル仲間の爽やかカップル!
私は、彼のみーさんを想うココロに感動しました。


「せっかく一生に一度の式だからね。
あとから後悔しないように、一緒に準備していくからね。」

この言葉は本当に嬉しかった♪
ここしばらく一人で準備しているような感覚が大きかったから。。



結婚式の準備をしていく段階には、
今まで触れたことのないような相手の領域に踏み込んでいくこともしばしば。
ケンカの数も想像以上に増えるかもしれません。

でも、みーさんの彼のように
「本当に大事なこと」「本当に大切なモノ」をちゃんと見極める力があれば、
貴重な時間を無駄なケンカのために費やすこともなくなりますね。

みーさん、ステキな彼とお幸せに~♪




◆akiさんのblog 
My Way コチラ

10月15日に結婚式、
その後バリ島へのハネムーンを予定されている、akiさん。


将来はブライダルデザイナーを目指して、
現在フラワーアレンジを学んでいらっしゃるというお花に詳しい花嫁さまですね。

そんなakiさんの彼は、当初のお見積りが予想以上に高い!ということで
プランナーに交渉を持ちかけ、その結果・・・

とんでもない位にあらゆるモノをサービスしていただけたそうで、
予想外の展開にビックリ!私も正直、かなり驚きました(笑)

クレームを絡ませての価格交渉は「断固拒否!」ですけど、
akiさんたちはそんな事は一切せずに、しっかりサービスしてもらえた様子。
一体、どんなテクニックを披露したのでしょう?

「見積りがあまりにも高い!」と思われた方は、
お二人のナイスリーな交渉術を学ばせてもらうという方法もアリかも!?



◆chililiさんのblog 
Happy★Happy!
 → コチラ

10月8日にハウスウェディングを控えている、chililiさん。

何と言っても、私は彼女のプロフィールに掲載されている
“手タレ”のような美しい手に惚れ惚れします(笑)

これぞ、Bride's Handという感じ♪とっても指輪が映えますねぇ~☆

そんなchililiさんのブログは、日々たくさんの人に感謝をしながら

お式までの道のりを一歩一歩進んでいく様子が綴られています。

花嫁ブロガーの仲間、高校時代の友人、
これから人生を共にするパートナー、今は亡きお父様・・・。

今、幸せと感じることが出来るのは

あらゆる人たちに支えられ、励まされ、見守られて生きているから。

そんな単純だけど、かけがえのない喜びというモノを
改めて考えさせられる、chililiさんのブログ。

私も大好きです☆

◆ろーどさんのblog 
結婚までの道のり コチラ

明日、10月1日に入籍をされ、
10月23日に結婚式を迎えるろーどさん。


ろーどさんとは、ちょうどブログを始めた時期が同じ頃という事もあり
個人的には何となく思入れ深いというか、
とうとう入籍されるんだ・・・なんて、ちょっとセンチな気分になったりもします(笑)

等身大の素直な花嫁だなぁ~と感じるろーどさんのブログは、

どんな時でも応援したくなる、見守りたくなる、そんな可愛らしい花嫁ブログですよ♪

いつまでもその明るさと素直さを忘れずに
ご主人とステキな結婚生活をお迎えくださいね!



◆yucchyさんのblog 
福岡に永住しちゃうかも with ダーリン
               ~引越しから結婚式まで編~ 
コチラ

昨年、既に入籍を済ませ新婚生活をスタートさせているyucchyさん。
結婚式は10月9日に控え、その後ハワイへのハネムーンを予定中。


yucchyさんのブログはホントに面白い。
自称スピード婚という事、急展開の末に福岡へお引越し。

結婚して早くも1年になるというお二人の様子、
yucchyさんの『現実』と『憧れの結婚式』との狭間で揺れる
オンナゴコロは見物です!

是非一度、覗いてみてください♪



◆秋さんのblog 
デザイナーズ?結婚式
 → コチラ

交際を始めてから、10周年目の7月某日に入籍をされた秋さん。

10月16日のホテルウェディングを控え、
お式後に新婚生活をスタートされる予定のおふたりです。


秋さんはフリーランスのグラフィックデザイナーということで、
きっとセンス溢れるお式に仕上がるのでは?
(G. デザイナーのH.Pはコチラ

当初は、彼とお式に対する温度差を感じ
「もう結婚式なんてしたくない!」なんて思ったこともあった様子だけど、
今はもうお互いの歩み寄りが出来たのかな?

結婚後もお仕事を続けられるということで、
私は兼業主婦の味方ですので、
是非デザイナーとしての秋さんも応援させていただきますね!


=====


実は、上記読者の方以外にも
多くのブログ登録者の方がいらっしゃいましたが、
残念ながら更新が長期間なされていなかったり
アドレスに不備があったりと、掲載に至らないブログも多数ありました。
(ゴメンナサイ・・・)


もし、アナタも

10月にお式を控えてます!

友人の花嫁ブロガーが10月に結婚します!


という方がいらっしゃれば、是非ご一報くださいね。


お祝い事ですので
みんなに祝福してもらいましょう!!




今日のキーワード!『10月の結婚』で検索すると、23件の該当アリ!
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
                     ウェディングプランナーの密かな悩み(まとめ)


C: 「自分のしていることは、本当にカップルのためになっているのか?」
   そういう風に考えるのって、すごくストレスなのよ。

Y: ストレス?

C: そう!さっきも言ったけど、学ぶことは大事なこと・・・ある程度は。

   新しい環境に入って、学ぶことは多いっていうのも当然のこと。

   
そうなんだけど、一方で・・・学ぶことが多かろうと少なかろうと、

Yの価値っていうのは相変わらず素晴らしい!っていうのも同じくらい大事なこと。


Y: (無言でうなずく)


C: っていうメッセージを、自分でいつも持ち続けていないと。

この先もずっとねっ(苦笑)


   そのバランスを意識して保っておかないと。


Y: あぁ


C: ある程度の時期を越えている以上、あとは自分でやっていくのよ。
   自分で学べばいいんだから。

   Yはいつもお客様のことを一生懸命に考える、素晴らしいプランナーなんだからさっ♪


Y: そんなこと言われると照れるじゃないですかぁ~♪

C: っていうか、自分で自分を追い込んでいるのは確かなのよ。

   だから、今あるとこから抜け出すのも自分次第。


Y: はい

   “やらされてる感”って、実は自分の中から生み出してたってことなんですかねぇ?

   

C: そうね。

   でも、それに気づけた以上、もうYには自発的な気持ちが甦って来てると思うけど(笑)♪



=====

彼女のことですから、きっとまた明日からプランナーとしての自分に向き合えるよう、
気持ちも入れ替えられたんじゃないなぁ~♪


読者の皆さんには、「こんな頼りないプランナーっているんですか?」なんてお叱りを受けそうですが、
ウェディングプランナーは、日々、理想と現実の狭間で揺れながら、自分と向き合う時間も持てずに、日常業務に流されながら悩んでいる人も多いんです。


そんな彼女たちも、ひとりひとりがプランナーとしての質と能力を高めて、
本当の意味でカップルのココロにハッピーな花を咲かせてあられたら・・・

私も仲間の力になれるよう、自分の出来ることを少しずつしていきたいな。



がんばれっ!!全国のウェディングプランナー!!!



プランナーへ応援エールを送ってくださる方は、ワンクリックお願いします!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
                     ウェディングプランナーの密かな悩み(続き)


C: でもね、Yもよく分かってると思うけど、学ぶことってすごく大事なことで、

   特に新しいことを始める時だとか、新しい世界へ飛び込んだ時だとか、

   右も左も分かんないわけだから・・・ やっぱり大切なことだよね、それって。


Y: はい

C: 何を言いたいかっていうと、
例えば会社に入った時なんか、経理伝票の記入の仕方とか、稟議書の書き方とか、

   知らない、分からないことだらけだよね?


Y: は、はい


C: 新しい環境に入る時って、どうしても学ばなくっちゃいけないことってすごく多いし、

   そうすると、段々知らずのうちに『学ぶモード』に入っていくのね、人って。


   「人に教えてもらわないと出来ない」っていう、
要するに、出来る、出来ない。
自分の存在価値がある、無いっていうのは、

学ぶことっていうのと全然関係無いんだけど、それがなぜかリンクしちゃって。


   その人の人格と、今までに学んだことの量っていうのが、
リンクしてる社会になっちゃってるんだよね。


Y: 人格と学んだことの量ですか?

   何か難しい・・・

C: いやいや(笑)

Yっていう存在と、今まで教わってきたいろんなことってあるでしょ?


   それが、自分の中で一緒になっちゃって、

「学ばなくちゃいけない」っていう考え方にすり替わっちゃうのよぉ。


Y: あぁ・・・

C: まぁ、確かに最初の頃って、
   『おめでとうございます』の言い方から名刺の受け渡しなんかまで、

   一から十まで先輩から学ばないといけなかったよね?


Y: はい


C: で、段々さぁ、打ち合わせの仕方から手配の流れ、
   ベンダーさんの取り仕切りから当日の指示まで、
どんどんどんどん詰め込まれて・・・


   長年そういう状態が続くと、いつの間にか

「学ばなきゃいけない= あぁ、私はダメだ」になっていくの。


   分かるかなぁ?


Y: うん


C: 極端な話、
   「いつまでも学んでる(与えられてる)私 = 私ってダメなプランナーだ」

みたいな感じ?

   もちろん全然違うんだけど、そう思っちゃうのよねぇ・・・なぜか。


Y: はい


C: 伝票や稟議書がちゃんと書けないからって、彼女に価値が無いわけじゃない。
   けど、誰もそんなことはいちいち言ってくれないよねぇ。
 
   「○○さんは伝票が完璧に書けないかもしれないけど、仕事はデキる」とかね(笑)

   わざわざ、本人を前にして言わないでしょ?

Y: はい


C: ステキな想いをいっぱい持ってこの業界に飛び込んだのに、
いつの日からか「自分はダメなんだ・・・」って、すごく後ろ向きになる。

   

そうなっちゃうと、表面的な幸せづくりならいくらでも出来るかもしれない。

でも、本当の意味で「カップルを幸せにしたい」って考えたら、

「自分の今の気持ちって、何か違うよなぁ・・・」なんて自信無くなっちゃうじゃない?


Y: (無言)



※書き切れないので、次回へ続きます。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

                    ウェディングプランナーの密かな悩み



数日前、後輩が私の元を訪れました。

その日の彼女は何だかいつもより顔色がさえない様子。


今日はそんな後輩プランナーの口から出た、
正直な悩みについてお話してみたいと思います。



=====


※以下、私(cerisier→C)と後輩(yuko→Y)との会話



Y: 私、今まで自分なりに“ウェディングプランナー”にやりがいっていうのも感じてきたと思うし、

   「お客様にアレもしてあげたい、コレもしてあげたい」って

素直にそう思いながら今までやってきたんですけど・・・


C: うっ、うん(焦)


Y: それが最近、何か「自分で○○したい!」っていうよりも、

どちらかと言うと「○○されてる・・・」って言うんですかぁ?


自分のところに来た仕事をとりあえず、こなしていくって言うか、
   何となく“やらされてる”みたいなのが強くって・・・

   ウェディングプランナーとしての自分の想いとか、自分自身とか、

そういうのって今、無くなってしまった気がして。

   何か毎日毎日、単に忙しいだけって感じなんですよねぇ(悲)


C: えっ、それってウェディングプランナーとしてのやりがいが無くなったってこと?


Y: 以前の私なら、すごく仕事も楽しめてたと思うんですよ。
   まぁ、何のプレッシャーも無かったし・・・(苦笑)


C: 今は、楽しめてないの?


Y: えぇ、まぁ。

   入社当時よりは明らかに・・・(苦笑)


C: そうねぇ~、

プレッシャーなんて言うのはその時折でどんな立場に立っても感じていくモノなんだけど。


   その“やらされてる感”が出てくると、

   「前向きに!」とか、「自発的に○○しよう!」っていうのは薄れてきちゃうかもね。


Y: はい・・・

   やっぱり「自分が二人のために○○してあげたい!」っていう気持ちで

ウェディングプランナーになろうと思ったわけなんで。


C: そうね、最初はプランナーの誰もがそういう想いだけでいられたはず。


   まぁ、それがYの言うように、ある時から“やらされてる感”を感じてきたりすると、

今まで自分が想ってきたこと、志してきたこと、「カップルの幸せに携わりたい!」とかね。

   
   そういったことすべてが、やりたかったことじゃなかったかのように思っちゃって、

   多分、ドンドンしんどくなっちゃうと思うのね。


Y: 今かなり仕事がイヤになりつつありますねぇ~


C: 要するにね、“やらされてる感”っていうのと、“やりたい感”っていうのは天秤ねっ。

   バランスになってるのねっ。


Y: は、はい。


C: どちらかが増えれば、どちらかが減るんだけど、

   今、“やらされてる感”っていうのを強く感じてるってことは、

“やりたい感”もしくは、“自分でやってる感”っていうのが無くなってきたってことなのよぉ。


Y: えっ?!“やりたい感”が無くなっちゃったってことなんですかぁ?


C: うん。

何で、“自分でやりたい感”っていうのが減ってきちゃったのかっていうと、
   
   
そうだなぁ・・・学ぶこと!

   学校教育もそうなんだけど、まず、人から教わってとか、体で学んでいくとか・・・

   そうじゃないと、何も出来ないかのように言われちゃったりすることって多いんだよね。


   まぁ、日本の教育全体がそうだから、

自発的に動く人が少ないっていうのも納得出来ちゃうんだけど(笑)


   


※書き切れなかったので、次回へ続きます。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

                     オトコの潜在的欲求を知ろう!             
  

前回の続きということで・・・

*オトコがオンナに期待すること



1.セックス(性的充足)


男性と女性とでは、セックスに対する考え方というのは大きく異なりますよねぇ。


私たち女性は、愛するパートナーとセックスしたいという思い(欲求)は、
単なる“性欲”というモノではないはずです。

「肉体的にも感情的にも近づいて一緒になりたい・・・」という
純粋な愛情表現のひとつとして考えている方が多いかと思います。


その反対に男性というのは、生物学的に見ても

『遺伝子をばら撒こうとする生き物』なんて言われているそうです。

by 横浜国立大学助教授 堀ノ内高久先生)



ですから、女性のように「セックス=愛情」と考えている男性というのは、

非常に少ないという事実に気づいてもらえたかと思います。



これだけ聞くと、何かショックですよねぇ~

女性の私たちはもうやり切れませんよねぇ?


でも、安心してください!!


アナタの大事なパートナーがアナタと結婚を決めた時、
お互いが唯一のパートナーであることを合意したということになります。

それと同時に、ふたりの性欲が互いに満たされることを信じて、
セックスの対象はパートナーだけに限られてきます。


男性にとって、最大の欲求ともされるセックス願望を満たしてくれる相手として、

生物学的にもアナタはパートナーに選ばれたということも言えるわけです。


“オンナは愛情のないセックスが空しい”

“オトコはセックスのない愛が寂しい”

by 心理学博士 Willard F. Harley, Jr




2.魅力


なかなか口では言いませんが、
実際のところ、外見こそがパートナーに惹かれた理由と答える男性は多いそうです。


私はてっきり、恋愛関係が始まった当初に見られる感情かと思っていましたが、

実のところはそうでもないようです。



二人の関係が何年経ったとしても、お互いがいくつになろうとも、

男性の女性へ期待する欲求の中には、


『パートナーに魅力的でいて欲しい』


という半永久的な欲求があるそうです。



何に魅力を感じるのかは人によって様々ですが、

一般的にはボディラインに対する関心が高いようですね。


もちろん、外見だけが魅力ではありません。
常に女性として、人として魅力ある人間でいられるように・・・。

パートナーに、「一緒に居て楽しい女性」と常に感じてもらえるように、

いくつ年を重ねたとしても、自分磨きは大切だということですね♪




3.内助の功


今どき、『内助の功』なんて言われても、えっ?!って感じですよねぇ~(笑)

ちょっと時代錯誤もはなはだしいですけど、

これが結構驚きの事実なんです!



というのは・・・

すべての男性の潜在意識には、

パートナーに対する『内助の功』願望がインプットされているんです。



もしかして今の時点では、

「え~っ、私の彼はそんなタイプじゃないし関係なさそう・・・」


と言っているあなたもごもっともです。



ま、今は全くというほど見えないかもしれませんけど(笑)

これがいつ表に出てくるかっていうと・・・実は、子供が出来たときなんですっ!


今まで家事を分担していた人。

キッチンで並んで食器を洗ったり、ベットのシーツを二人で取り替えたり、

『内助の功』なんて大して気にもせず、大切な欲求とも気づかない時。


そんな二人に子供が授かった時、

これまで通りの家事分担が機能しなくなります。




4.賞賛されること


よく“褒め上手”の女性はモテる!なんて言われますが、

男性はなぜ褒めてくれる女性が好きなんでしょうねぇ~(笑)


いや、人間誰しも褒められることってうれしいのかも。

尊敬されたい、評価されたい、感謝されたい・・・

そんな気持ちは誰もが持ち合わせている欲求なのかもしれませんね。



でも、男性は特に愛する人からの賞賛の声を強く求めます。


反対に言うと、批判されると強く傷つくのです。

もしかしたら、女性以上にナイーブで傷つきやすいココロを持っているのかも?!



ということは―


もしあなたが女性ならば、

パートナーを批判しないように気をつける必要がありますね。


批判するのは簡単。


ちょっとした言葉の言い回しや、

何気なく口にした彼のプライドを傷つけてしまうような言葉。


そんな些細な言葉の積み重ねによって、

パートナーの愛情を自分で減らしてしまうのです!




いつかこの件については、改めてゆっくりお話したいと思います。


というのも、相手がいくら不機嫌であっても、
ちょっとした“魔法の言葉”を言ってから話の本題に入ると、
驚くほどに相手は素直な態度で接してくれるという、


そんな“魔法の言葉”・・・


いつか機会を見て、ちゃんとあなたにお伝えしたいと思います♪



そんな魔法の言葉を「知りたーい!」という方は、是非ワンクリックをお願いします♪

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

                        オンナの潜在的欲求を知ろう!




さて、昨日の続きといきましょうか♪

ちょっとその前に・・・コチラへ



えっと・・・

昨日は、オトコとオンナの『相手に期待する欲求』を挙げてみましたが、

あなたはそれらをご覧になって、何を感じましたか?



今日はまず、女性の期待から・・・
これらの紐をひとつずつ、一緒に解いていきましょう。


*オンナがオトコに期待すること


1.愛情


以前も(「相手の望む愛情の示し方」 )でお話したことがありますが、

人それぞれ愛情表現というのは異なりますよね。



「愛してるよ」と言葉で愛情を伝えようとする人。


花束やプレゼントを贈ることで愛情を伝えようとする人。


抱き寄せたり、相手の手を握る事で愛情を伝えようとする人。


毎晩疲れた体をマッサージしてあげる事で愛情を伝えようとする人。



正直、挙げればキリがありませんよね。


でも、既に結婚を控えているアナタなら、

お互いの愛情表現のカタチを理解し、把握しているのは当たり前!!


・・・と言いたいところですが、実際のところはいかがですか?



愛情表現とは、男女の関係以外においても

両親との間、兄弟との間、友人、恩師、先輩、後輩・・・


どんな関係に対しても、必ず必要な

「人と人とを繋ぐ役割」を果たしているモノなんです。


それがないと、人は疎外感を感じ、

自分がこの世に存在している意味さえも理解出来なくなります。

だからこそ、ココロの繋がりが求められるということなんですよねぇ~。


パートナーが愛情を示す行為というのは、アナタにとって最高にうれしい事なはず。

その反面、パートナーが愛情を示してくれなければ、アナタは嘆き悲しむことに・・・。


これは誰もが認めるモノですよね。

間違いなく、人は愛情に対する感情的な欲求が刻み込まれているんでしょうね。




2.会話


私がブログ上で何度も呼びかけている、(「パートナーとの話し合い方」 )の大切さ。


これは男女がコミュニケーションを取る上で、

最も必要とされる行為と言われているんですねぇ~♪


確かに、男女の関係以外でも親子間であったり、友人、上司との関係、

会話の欲求を満たしてくれる人とはパートナーだけではありません。


でも、女性にとって『パートナーとの会話』っていうのは、

特別なモノとして、根本的に欲求の中に刻み込まれているようです。



今回メールをいただいた読者の方も、5年間の恋愛を経た上で

数ヵ月後に結婚式を控えている中でのお悩み。


そんな彼女も、お付き合いしている段階での会話というのは、

「相手の事を知りたい」という強い意欲があったって言うけど、

5年間という長い時間を一緒に過ごしてきた関係になると、

段々「相手の事を知りたい」という会話から、

『実用的な会話』の質に変化している・・・なんておっしゃっていました。



もしアナタが、パートナーとの会話を本当に求めているのであれば、

質の良い会話が行われることによって、

アナタ自身が愛されていることを実感出来る、

最も大切なコミュニケーション・・・感情の欲求と考えてもいいかもしれませんね♪




3.誠実さ


よく結婚条件のひとつに、「誠実さ!!」なんて言われますよね?


なぜ女性は、誰もが誠実なパートナーを求めるのでしょうか?


実際に求められるのは、誠実なパートナーというよりも、

『相手と誠実な関係でいられる』という事が求められているんですって♪


なぜそのような関係を必要としているか・・・



それは、


『誠実 = 安心感』


という図式が、既に女性の潜在意識に刻み込まれているからです。



女性は安心感を覚えるために、

相手の情報を得たいと様々な手段を用いて、

パートナーの誠実度をチェックしていきます。


しかし、


相手が誠実な態度、誠実なコミュニケーションを取ってくれないと、

いくら大好きだと思っていた相手であろうとも、

信頼することが出来ず、いくら一緒に居ても安心感は得られません。


そうなると、最初はそんな現実から目を背けていたとしても、

段々と相手のすべてが信頼出来なくなり、

揺るぎない関係をつくる基盤さえも危うくなります。


結局、そんな二人はバランスを失い、破局を迎えることになってしまいますが、

是非とも読者のアナタには、

結婚前に相手の誠実さを把握していただき、安心感を与えてくれる相手なのか?

ご自身の目で確かめておいた方がいいですね♪




4.経済的安定



先程の『誠実さ』の中で、“安心感”という言葉を出しましたが、

この『経済的安定』というのも、根本的には同様の欲求と言えると思います。



アナタはパートナーと結婚を決めた時、


「彼は家族を十分に養っていけるかなぁ?」


「経済的な安心感を与えてくれる相手なのか?」


なんて、一度くらい考えた事はありませんか?



言葉を悪くすると、金銭的な欲求・・・

「お金のために結婚する」なんて気持ちも潜在意識の中にあるかもしれません。


いやいや、それが良いとか悪いとかじゃなくて、

ただ単に、『経済的安定』という欲求は、

他の感情的な欲求と同じで、相手に期待する気持ちが強いのも事実なんです(笑)



もし、パートナーに



「僕の収入には期待しないで欲しい・・・」


「会社を辞めるつもりだから、君に稼いで欲しい・・・」


なんて突然言われたら、

アナタの結婚の意志はどうなりますか?



「パートナーから生活費を得たい」


「一生家族を養ってもらいたい」


・・・と相手に期待するなら、アナタは経済的支えに対する欲求があるだろうし、

既に結婚後、主婦になろうとしているアナタは、明らかにその欲求は強いと言えますねぇ~☆



でも、経済的安定の欲求というのは、

なかなか相手に打ち明けにくい感情なので、

結婚前の段階から、多くのカップルはそれぞれが密かに期待を抱き、

その結果、思わぬところで爆発するケースも多いようです。


だからこそ、以前のブログでもお伝えしたように(「金銭感覚の違いについて」 )、

日頃からパートナーと経済面についても向き合うように心がけ、

お互いに相手に抱く期待の大きさも理解していきましょうね。




今日は、『女性の潜在的欲求』をお届けしました。


明日は、更にパートナーの事を理解したい女性読者必見です!!


『男性の潜在的欲求』の紐を、一緒に解いていきましょうね。


これらを理解する事で、『思いやり』が深い愛情へと発展し、

二人だけの親密な関係を育てることが出来るはず♪


さぁ~て、明日もパートナーの関係作りのためにがんばりましょう!!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

男女のココロの欲求



以前、読者の方々へ相談メールを募集した際に、
こんな質問・ご相談を受けました。

今日は、誰しも一度は悩んだ事のある
こんな疑問について考えてみたいと思います。


彼女からは何度か続けて、こんなメールをいただきました。


「cerisierさん、パートナーに対する思いやりって
 自分は相手に何をしてあげたらいいんでしょうか?」
と。


うーん、『思いやり』ってよく私も使う言葉・・・。

実は、うまくいかないカップルの典型的な理由っていうのが、
『思いやりの不足さ』と言われているんですねぇ~

『思いやり』って言葉は、ホントに簡単に使ってしまうんだけど、
実際にうまくいかないカップルっていうのは、
お互いに相手のココロを満たしてあげられない・・・

相手が何を求めているのか知らないがために、
お互いに全く的外れな努力をし合ってる!っていうカップルが
かなり危険性の高い状態とも言われています。


さぁ~て、アナタはどっちかなぁ?



最近、パートナーに対する配慮が無くなりつつあるアナタ?


わざと相手を傷つけようとしちゃうアナタ?



今日は一緒に、『パートナーに対する期待と思いやり』について考えてみよう!



えっと、まずは・・・

思いやりって、基本的には『相手の欲求を知ってこそ』というのはご存知ですか?


このブログ上でも何度か『男女の違い』について語ってきたので、
アナタもきっと相当お勉強が出来ているんじゃないかなぁ~♪



但し、誤解しないで欲しいのは、
相手の欲求をすべて満たさないと二人の関係はうまくいかない、
っていうのとはちょっと違うんですよねぇ~

少なからず、オトコとオンナには異なった『欲求』っていうのがあって、
感じ方はそれぞれ違うものの、

相手の欲求を満たしてあげる事で、ココロのすれ違いが無くなり、
わざと相手を傷つけようとするアナタとも確実にサヨナラ出来るはず!



ではでは・・・

先程もお伝えしたように、
まずは『相手の欲求を知ること』から始めましょうね。

そこでおひとつ!!



オトコとオンナの『相手に期待する欲求』を、それぞれ挙げてみましょうね。



*オンナがオトコに期待すること


・愛情
・会話
・誠実さ
・経済的安定


アナタがパートナーに1番求めている事は何ですか?



*オトコがオンナに期待すること


・セックス
・魅力
・内助の功
・賞賛


アナタがパートナーに1番求められている事は何だと思いますか?


誰でもすべての項目に当てはまるわけではないけれど、
大抵の男女は何かしらに該当するかと思います。



ちょっと驚きませんでしたかぁ?

こんなにオトコとオンナって違うものかと・・・
正直、異性と理解し合うってホントに難しい事なんだと思っちゃいますよね(笑)


いくらアナタが、「私はパートナーに思いやりを持って接してます!」
と自信を持って言い切ったとしても、
相手の欲求を誤解していたらアナタの思いやりは失敗・・・

なんて事にもなりかねません。

自分がしてもらって嬉しい事は、相手もきっと喜ぶはず!
と思っていても、この男女の相手に期待することの違いを見ても分かるように、
同じだと思っていたら大間違い!!



ま、パートナーと自分っていうのは
「オトコとオンナなんだ!」っていう事を学んでいくことによって、
十分に相手のココロを満たしていく事は可能だと思います。


相手が望む感情をアナタが喜んで満たしてあげる事で、
パートナーから受ける愛情は、確実にアップすること間違いなしっ♪



とりあえず、今日は序章のみ・・・という事で、
明日は更に掘り起こしていきますよぉ~

それぞれの期待について、もう少し詳しくお話していきますね。
では、お楽しみに☆

もし明日も読みたいと思ったら、ワンクリックしてください!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

                  賢い彼のストレス解消法②(続き)


ちょっとその前に・・・人気ブログをチェック してみますか?


C: まず1つは・・・
   
Takeru、車通勤でしょ?


   シドニーに‘ハーバーブリッジ’っていう世界最長級の橋があるんだけど、

   その橋を毎日利用するビジネスマンは、その両端の石塔を利用して、

『仕事モード』と『家庭モード』を切り替えるっていう話を聞いた事があるの。


T: へぇ~、どうやって?


C: 脳の切り替えを行うって事なんだけど、

   最初の石塔を通り過ぎる時に「今日の仕事はこれでおしまい」って

   自分に言い聞かせるでしょ?


   で、次の石塔に辿り着くまでの間に、少しずつ『仕事モード』をフェイドアウトさせて、

   最後の石塔を通過する時には、『家庭モード』に切り替えるって感じ。


T: そんなんで効果あるの?


C: 人間の脳を馬鹿にしちゃいけないよぉ~

   まぁ、脳を訓練させるんだけど、想像以上の効果があるから試して損はなし!


   職場からの帰宅途中に毎日通る交差点を目印にしてもいいし、

   マンション近くのコンビニでもいいし、場所は何でもいいわけよ。

   そこを、『仕事モード』から『家庭モード』へ切り替える目印と自分で決めた瞬間、

   ちゃんとTakeruの脳は切り替わるからっ。


T: よし!で・・・他には?


C: えっとね、こんなのもある。


   職場から出る時、車に乗り込んだらすぐに明日の予定・・・

   特にしなければいけないことを全部書き出して、優先順位を付けとくの。

   で、更に直面してる問題とかも書き出して、解決策があれば書いておけばいいし、

   重要なモノからまた優先順位を付けとくのね。

 

   簡単なメモ書き程度でOKだから、書き終えたらそのメモを車のどっかに閉まっちゃうの。

   ダッシュボードとか、助手席シートの横とか・・・


T: 入れてどうすんの?


C: えっ?それだけだよ。

   その時点で今日のアナタの仕事はもうおしまい!ってこと。


   その後はもう、週末をどう過ごそうかとか、家庭での楽しみに気持ちを向けるの。

   もし、意識が仕事へ戻ってしまいそうになったら、「仕事はダッシュボードの中だから、

   考えるのはまた明日♪その時までは仕事のことは忘れよう!」って言い聞かせてみて。


T: これも効果あるのかぁ?


C: 嘘だと思ったらやってごらん。

   ま、信じるも信じないもアナタ次第なわけだし・・・(笑)


   でもね、仕事のメモをダッシュボードへ入れるって行為は、

思考や感情を『家庭モード』へ切り替えるっていうサインになるから、

Takeruの脳は意外とお利口に短時間で学習してくれると思うよっ(笑)♪


T: へぇ~、そんなのが効果あるんだぁ。

   ま、cerisierが言うことならホントなんだろなぁ~


   よし!Natsukiのために・・・

   いや、自分の身を守るために・・・(笑) やってみるかぁ!!

C: あらら・・・




とまぁ、半信半疑だった彼ですが、

前回のブログをUPしたすぐ後、本人からこんなメールが入ってきました。


メールタイトルは、『御主、なかなかやるのぉ~!』とヘンなタイトルが付けられ、

本文には翌日から実行してみた結果、思いのほか調子がイイというお知らせ。


更に、「オトコの脳は単純だから、意外にこういうアナログ的なやり方っていうのは

効果があるかもな」なんて書いてありました。

そう!彼が言うように、この方法は女性向きというより、男性の思考にピッタリなやり方なんです。


ちょっとした心がけで二人の仲がスムーズにいくのなら、今晩からでもトライして欲しい。

必要のないストレスがなくなる事で、もっとパートナーとの時間を共有出来るのなら、

是非ぜひアナタにも試してもらいたい・・・。


そう思いながら、ちょっとしたプライベートのcerisierをお届けしました☆

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

                     賢い彼のストレス解消法②



前回の続きということで、

また友人との会話の途中からお届けします。



C: 自分の意志に反して無理やり「家庭人」になろうとしたって、

   そんなの疲れるだけでしょ?長くも続かないだろうしねっ(笑)


   で・・・

   

   まずね、「家で愛する人が待ってくれているのに、なぜ自分は素直に喜べないのか?」

   っていうことをクリアにするのよぉ。


T: 素直に喜べないのは・・・なぜかぁ?


C: きっと仕事の問題を引き摺ったままで、自分の中で片付いてないのよねぇ~

   家庭に持ち込んでるってこと!わかる?


T: (無言でうなずく)


C: 家の玄関の扉を開いた後も、「今日の○○大丈夫かなぁ~」とか

   「明日のミーティングの資料が・・・」とか考えてない?


T: 普通に考えてる・・・。

仕方ないじゃん、そんなの!


C: でも、Takeruがいつまでも仕事の頭でいるから、

   Natsukiの存在をとがめるような事をしちゃってるんでしょ?


T: うーん、そうかも。


C: だったら、帰宅後30分でも15分でも、Natsukiの話にちゃんと耳を傾けて

   その後に、自分のしたい事をしたらいいんじゃない?


T: いつもちゃんと話は聞いてるよ。


C: ホント?ちゃんと聞いてる?

   

例えば、好きなTV番組を見ながらとか、新聞読みながらとか・・・

実は聞いてるフリをしてる、なんて。


T: アハハ・・・(失笑)

   でも、聞いてるんだよ、ちゃんと。


C: ふーん。


女性って敏感だから、本気で相手が自分に向き合ってるかどうか、すぐ分かると思うよ。

   中途半端に聞いてるフリをされると、余計にムカついたり悲しくなったりするだろうし・・・

   相槌だけでいいから、ちゃんと自分と向き合う時間を持って欲しいって、

そう思ってるんじゃないかなぁ。


T: だって、オンナの話って長いし面倒臭いじゃん?


C: いいのよぉ~、別に相手に答えを求めてるわけじゃないんだからぁ。

   ただ黙って、「そうなんだぁ~」とか「へぇ~」って相槌打ってるだけでも

女性は十分に満たされるんだから。


T: わかった、帰宅後15分間はNatsukiの話に耳を傾けるようにする!


   で、仕事の問題を家に持ち込まない方法っていうのは?


C: あ、そうそう忘れてた(笑)


   えっと、いくつかあるんだけど・・・

   Takeruに出来そうなのはコレくらいかな?


T: 何?


C: まず1つは・・・



次へ→

※ブログランキングをチェックしたい方はコチラ で♪

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

                         賢い彼のストレス解消法①


一昨日の晩、久しぶりに学生時代の友人夫婦と3人で食事をすることになり、

私は麻布十番にある待ち合わせの場所へ出かけて行きました。


その友人夫婦は学生時代の同級生。

二人は昨年の春にめでたく結婚しましたので、
二人に会うのは結婚式以来ということもあり、

積もる話も多く、ホント久々に楽しく有意義な時間を過ごせました♪


(結婚生活の体験ブログはコチラ で!)



今日は、そんな友人(Takeru♂)の口からポロッと飛び出した、

日常の結婚生活で感じる、ちょっとした旦那様のお悩みをご紹介したいと思います。
(Takeruゴメン・・・(笑)あなたの悩みをブログで公開しちゃいますよぉ~)



※私(cerisier→C)と友人(Takeru→T)との会話文でご覧ください。
 ちなみに、彼女はNatsukiと申します。


T: あのさぁ、最近オレかなり忙しくて、自宅に帰るのがしんどく思う時があるわけよ。


   別に、Natsukiの事が嫌いだとかそういうんじゃなくて、

   何か仕事のことばかり考えちゃって、どうも家庭との切り替えがうまく出来なくてさぁ~


C: へぇ~、で?


T: で?あぁ、やっぱり毎晩っていうか、結構頻繁に帰宅早々ケンカみたいな感じになってて、

   Natsukiは全然悪くないのに、いつも嫌な思いばかりさせちゃってるんだよねぇ~


C: ふーん、それでどうしたいの?


T: だからさぁ、何かいい方法無いのかなぁ~?って。


   まぁ、cerisierには結婚前も色々と俺たちの相談に乗ってもらったし・・・

   何かいい方法って無い?無いの?


C: Tはさぁ、いつも帰宅する時ってどんな様子なの?


T: えぇーっと・・・

   やっぱり早く帰宅したいって気持ちはあるから、

   ある程度仕事が片付いたら即車走らせて自宅に向かうよ。

   デスクの上にいくら書類が山積みでも、なるべくその日のうちに帰るようにするし、

   もちろん、どこも立ち寄らない。


C: で、自宅に帰って来ると?


T: まぁ、深夜だとNatsukiはもう先に寝てるからいいんだけど、

早く帰った日はかなりキツイお出迎えって感じかなぁ~


C: えっ?出迎えが嬉しくないの?


T: 何か過剰な出迎えって言うのかなぁ・・・

   たまに早く帰るから、オレの気を引こうとかなり騒々しいんだよねぇ~


C: で?


T: だから、オレとしては相当疲れて帰ってくるわけなんだから、

   「もうちょっと静かにしてくれぇ~」みたいな。

   「10分でいいから、ひとりにしてくれよぉ~」って言いたくなるんだよ。


C: で、言っちゃってるわけ?そういう風に。


T: 叫んだ時もある。

   でも、言ったら言ったでこれまた厄介なんだよ。


   もちろん、その後Natsukiは落ち込むわなぁ~

   すぐ反撃してくる時もあるけど、大抵落ち込んでムスッとしてる。

   段々、イライラしてきて文句を言い始めたりするんだけど、これまた面倒臭くて・・・


C: あぁ~、タダでさえ疲れてるのに

   スネてる彼女との時間がまたしんどい、と?


T: そういうわけ。

   帰宅したら「家庭人になれ!」って事なんだろか?


C: まぁね、でも現実はそう簡単じゃないと思うけどね(笑)

   じゃあ、いい方法教えてあげるよ!
  賢いオトコは既にちゃーんと実行してるみたいだけど・・・ 聞きたい?




男性は仕事が終わっても、なかなか「家庭人」に切り替えることが難しいみたい。


だから、あなたのパートナーがもし、

私の友人Takeruと同じような態度をあなたに示しているとするなら、

是非こんな方法をトライして欲しいと思います。



というわけで、次回!
この方法をお伝えしますので、お楽しみに☆

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。