複業副業解禁時代の就職転職キャリアデザインで、私の働き方改革!:履歴書、職務経歴書、自己PR、志望動機、応募書類の書き方、面接対策

就職転職・パラレルワーク・副業・複業・兼業・パラレルキャリアで、希望の仕事にキャリアチェンジする働き方改革:アルバイト・派遣・契約社員から就活内定する職種の選び方・履歴書・職務経歴書・自己PR・志望動機・応募書類の書き方・面接対策・キャリアプラン


テーマ:

橋谷です。いかがお過ごしでしょうか。

 

最近、巻くだけダイエットを始めました。ダイエットしたいというわけではなく、体のゆがみをなおしたいのです。手の長さが極端に左右違ったりするので。

 

効果としては、まだ数日なのでよくわかりませんが、足を組んだりしないよう気をつけるようになりました。せっかく巻くだけダイエットしても、すぐ後に足を組んだら意味がないですからね。

 

さて、タイトルの「履歴書の志望動機欄は、大体何文字でまとめたら良いですか?」は、今日履歴書の添削をしていて聞かれた質問です。

 

答えるの難しいですね。

 

それは、履歴書によって志望動機欄の大きさは違うからです。書く場所の大きさが違えば、入る文字数も変わってきますからね。

 

あまり小さすぎても読んでいただけないので、大きめに書くのがコツ。

 

字の大きさは、履歴書の学歴や職歴に記入する文字の大きさか、それより少し小さい大きさ。その大きさの文字が、一行に何文字くらい入るか、何列書けるかです。

 

その文字の大きさで、最低8割程度志望動機を書きます。

 

特に、志望動機欄に線が入っていない履歴書を使っているなら、文字を小さくしてたくさん書いてしまったり、文字が大きくて、下があいてしまったりしがちです。

 

たくさん書いてしまうと、読みにくくて読んでもらえません。たくさん書きたいなら、職務経歴書にも志望動機を書きましょう。

 

少なすぎると、熱意がないと思われてしまいます。がんばって志望動機をひねり出しましょう。

 

8割程度目指して、頑張って書いていきましょうね。

 

 

---

★メール・対面・電話による就職サポート、履歴書職務経歴書アドバイスは、こちら

 

★転職サポートメルマガ「就職転職活動のために今すぐ出来ること」は、こちら  携帯でも読めます。

キャリアコンサルタント 橋谷恵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります