毎月50名以上の履歴書や職務経歴書のアドバイスをしている中から、あなたにあった応募書類の書き方・自己アピールの方法を教えます。


送っても送っても、戻ってくる応募書類。その原因を、あなたは知りたいと思いませんか?


質問や、ちょっとした疑問を聞いてみたい方は、コチラにコメントくださいね。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-04-05 18:19:00

まず応募してから考える

テーマ:  仕事の選びかた
『まず応募してから考える』

どうも。

昨年秋に買ったパソコンに、やっとデータ移行しました。と言っても、メールデータとブラウザのブックマークのみで、肝心のデータは全く整理も移行も出来ていません。が、何とかなっております。

そうは言っても、早く何とかしないと仕事に支障が出てきそうな予感です。。。。。早くやろう。

さて。

転職しようと思ってはいるものの、なかなか進まない。という方によく見られるのが、あれこれ求人サイトは見ていたり駅で求人誌を手にして求人情報は、こまめにチェックしているものの応募できる先がないというもの。

確かにそうなのかもしれませんが、そうだとするとその原因は何でしょうか?

こういう方に尋ねると、「応募する求人広告で自分が納得できる条件や内容のものがあったら応募する。希望にあった求人がないから応募できない。」という答えが返っています。

う~ん、でもそれは求人情報に出ているデータだけ、書いてある内容だけでの判断ですよね。

求人情報に書いてある仕事内容や条件などが自分にぴったりだから応募しよう。と思って応募しても、実際に面接に行ってみると、思っていたのと違った。という話も聞かれます。

でも、そういうものですよね。

面接に行って仮に求人情報に書いてあった内容と面接での話がぴったり一致したとします。もしぴったり一致していたら、それだけでその会社の内定が出たとしたらその話を受けていいのでしょうか?

ダメとは言いませんが、必ずしも良いとは言えません

求人情報に書いてあること以外の希望は、本当にないのでしょうか。もしかしたら書いてはいなかった希望があるかもしれません。

求人情報に書いていないことで、自分の希望とあわないこともあるかもしれません。

求人情報に書いてあることがすべてではないので、求人内容だけで考えると痛い目にあうかもしれませんよ。

メール・対面・電話による就職サポート、履歴書職務経歴書アドバイスは、こちら

転職サポートメルマガ「就職転職活動のために、今すぐ出来ること」は、こちら。携帯でも読めます。


PR
2014-04-04 12:04:04

就職転職に関する、質問のコメントは、こちらへどうぞ

テーマ:お知らせ

『就職転職に関する、質問のコメントは、こちらへどうぞ』



どうも、橋本です。




転職相談室のぐるっぽでは、転職中の人、転職を考えている人が集まって、お互い励ましあったり、質問に答えあったりして就職活動を進めています。



それで、就職転職に関する質問をコメントで受けてみようかと思いまして、この記事を書いてみます。



たとえば


・おススメの履歴書は?



・書類はパソコンで作ったほうがいいの?



・宛名の書き方は?



など、コメントで答えられる範囲でお答えします。書ききれなかったら、ブログの記事での回答になる場合もあります。ご了承くださいませ。



聞いてみたいことがあったら、この記事にコメントくださいね。



ココロの中に、疑問が残っていると、前に進めないので、小さな悩みは、ココで解決しましょう!


メール・対面・電話による就職サポート、履歴書職務経歴書アドバイスは、こちら



転職サポートメルマガ「就職転職活動のために、今すぐ出来ること」は、こちら。携帯でも読めます。


2014-02-20 07:58:07

【追記有り】退職理由は何を言うかより、どう言うか

テーマ:面接
『【追記有り】退職理由は何を言うかより、どう言うか』

【追記】
これを読んだキャリアコンサルタントの方から、メッセージを頂きました。
主旨としては、テクニックで面接突破するのは如何なものか思うということと、なぜ1ヶ月で辞めたのか原因を追究し反省しないと再就職してもまたやめることになるということです。

読ませていただいて、もしかしたら誤解している方もいらっしゃるのではと思い書かせて頂きますが、テクニックだけを教えて1ヶ月での離職の原因と今後の対策を相談の中で話していないわけではありません。なぜ1ヶ月で辞めることになったのか、その原因はどこにあったのか、今後何をしていくべきかと言う話はしていますし、その後も取り組んでいます。

ただし1ヶ月で離職しないための原因と対策と、面接でどのように話すか書類にどのように書くかの原因と対策は別です。ここでは面接でどのように話すかとそれを考えて書類を作成するいうことについて記載をしており、1ヶ月で離職しないための原因と対策は、また別になります。そこはもちろん必要です。答え方の話し方も大事ですし、話す内容も大事です。そこは誤解のないよう追記しておきます。

ただ一点述べておくのは、1ヶ月での離職は本人だけに原因があるとは限らないため、必ずしも反省する必要があるとは限らないと私は考えています。本人に原因が有る場合もありますが、会社に原因がある場合もあります。それ以外の場合も考えられます。そこを第三者としての視点から原因と対策をたてているということも、併せて記載しておきます。

---

どうも。

昨日は1ヶ月で前職をお辞めになった方の、ご相談をお受けしておりました。

主に書類でどう書くかの相談のはずだったのですが、ご本人が気にされていらっしゃったのは、面接で1ヶ月での退職理由について聞かれたときに、どう答えるのか。

ついつい退職理由をどう答えたらいいのかが、気になってしまうようです。

それについては、ご本人には詳しくお話したのですが他にも同じような方もいらっしゃるかもしれないと思い書いておくことにしました。

・1ヶ月働いた会社について履歴書や職歴書に書いてあったら、なぜ1ヶ月で辞めることになったのか面接で聞かれます。

・1ヶ月働いた会社について履歴書や職務経歴書に書かなかったら、その分ブランクが空きますから、そのブランク期間に何をしていたのか面接で聞かれます。

この二つ、どちらが答えにくい質問でしょうか。

もちろんブランク期間にもよりますよね。この方はちなみに11ヶ月のブランクになります。

・書かなければ、わからない。

・正しく書かないと職歴詐称になる

どちらもそうだといえば、そうです。

確かに履歴書や職歴書に1ヶ月の勤務を書かなければ、読んだ相手にはわかりません。

でも面接ではブランクについて聞かれますよね。もし面接で聞かれなかったり聞かれたとしても上手く切り抜けたとして新しい会社に入社が決まった後に年金手帳を提出してくださいと言われることがあります。そしてその年金手帳には、今まで勤務した会社が書いてあります。もしそれを見た方から尋ねられたらどうしますか?どう答えますか?

と、その辺りまでは少なくとも考えておいてから、どう書いていくかを考えたほうがよさそうです。書き方もありますが、書いた内容について後で尋ねられたときに、どう答えるのか。というのがひとつ。

もうひとつは、面接で質問されるときに、何をどう答えるかというのも大事なのですが、答え方というのも大事です。

ポイント1:自信を持って答えられるか。
自身がなさそうに答えると、面接担当者は本当かな?と思ってしまいます。

ポイント2:つじつまがあっているか。
面接全体の中で、つじつまがあっているか。さっき話したのと違うことを話したら不審に思われます。

ポイント3:つっこまれたときに答えられるか。
自分が答えたことに対して面接者からさらに質問をされたときに、どう答えるか。答えられなかったり、答えたとしても変な答えだったり、矛盾していたりすると、これもまた面接官からは不審に思われます。

書類を書くときから、面接で聞かれたときにどう答えるのかを意識して作成していった方が、面接に呼ばれたときにあわてなくてすみますよ。


メール・対面・電話による就職サポート、履歴書職務経歴書アドバイスは、こちら

転職サポートメルマガ「就職転職活動のために、今すぐ出来ること」は、こちら。携帯でも読めます。

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
就職転職の成功を、自分の手で掴むために今すぐ出来る事
メルマガ登録
日本の音楽