毎月50名以上の履歴書や職務経歴書のアドバイスをしている中から、あなたにあった応募書類の書き方・自己アピールの方法を教えます。


送っても送っても、戻ってくる応募書類。その原因を、あなたは知りたいと思いませんか?


質問や、ちょっとした疑問を聞いてみたい方は、コチラにコメントくださいね。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-09-22 23:03:32

大学を留年しているとき

テーマ:  学歴・職歴
■大学を留年しているとき

どうも。月曜の夜、新しい一週間が始まりましたか、いかがお過ごしでしょうか。

涼しくなって 秋物のシーズンかなとも思うのですが、昨日の東京のように 日差しが強い時もあるので まだまだ着るものに困る季節ですね 。

さて。

前の続きなのですが、大学を留年しているという方もいらっしゃいますよね。

・思ったよりも授業内容が難しくてついていけなかったり

・バイトに夢中になりすぎたとか

・サークル活動にハマリすぎたとか

・なんとなく授業に出るのがおっくうになってしまったり

・ 家から外に出るのがめんどくさくなってしまったり

・ゼミ仲間との人間関係がわずらわしかったり

・失恋のショックから立ち直れなかったり

・理由は特にない けれどなんとなくやる気がなくなったり

>留年することになった理由は人それぞれです。

留年したのがわからないようにするために、履歴書に最終学歴だけを書くという方法もあります。

が。

細かいところまで見ている面接官だと気がつかれる場合もあります。

生年月日は書いてありますからね。

逆算すれば ストレートに大学を卒業した年とはずれてきてしまうので、留年したのか それとも浪人したのか 、どちらか というのは分かってしまいそうです。

最終学歴だけ履歴書に書けば気づかれないかな とおもったら、勘のいい面接官につっこまれてしどろもどろ なんてことにもなるかもしれません。

だから最終学歴だけ書けば 留年や浪人に気が付かれなくてすむと思わずに、 突っ込まれたときのために何で留年したかというのは答えられるようにしておく必要があります。

最終学歴だけ書いても、今までの学歴を全部書いたとしても、面接でつっこまれるなら、どちらにしても同じことなのかもしれません。

だとしたらどう描くかよりも留年について聞かれたときに、どう答えるかをしっかりと考えておいた方がよさそうですよね。いかがでしょうか?

それでは!


AD
2014-09-22 19:54:41

昨日19時ころドコモのアドレスでメールをくださった方へ

テーマ:お知らせ
■昨日19時ころドコモのアドレスでメールをくださった方へ

業務連絡です。

本日19時ころにドコモアドレスでメールをくださった方へ

お送りしたメールが戻ってきてしまいました。

お手数をおかけして申し訳ありませんが、こちらから再度ご連絡いただけますでしょうか。


もしパソコンからのアドレス着信拒否している場合は、お送りいただいた宛先のアドレスを受信可能にしていただますようお願いいたします。
AD
2014-09-21 22:55:03

50万借りて月2万返済したらいつ返し終わる?

テーマ:  転職理由
■50万借りて月2万返済したらいつ返し終わる?

どうも。

時々お話をお伺いしていると、カードローンやキャッシングでお金を借りているという話を聞きます。

どうしてその話になるかというと、希望条件の給与面のところ。

給料が優先で、かつ下げられない方。

もちろん今までのお給料が高かったから、それなりの生活、谷内癌高いところに住んでいるとか、生活レベルが高いからという方もいらっしゃいます。

でもそうでなさそうで、どうして給料が優先になるのか。その理由をお伺いすると借金なのです。

本当に生活がギリギリで、保険料や税金年金などを滞納している方も時々はいらっしゃいます。

それは、もともとのバイト代が低すぎるということもあります。

そうでなくて、借金している場合。

生活費とか、お洋服買ったりとか、遊びに行ってちょっと足りなくなったからカードローンとか。

これ、かなり危ないです。


仮に50万円を年利18%のカードローンやキャッシングで借りて月に2万円づつ返すとします。
単純に考えると、2年ちょっとで返せそうですよね。
50万円を2万円づつ返すと25か月、それに利息を返せばいいので。

実際は、どうなるかを見てみましょう。


50万円×18%=9万円

9万円を365日/年で割ると246円

つまり年利18%で50万借りたときの、1日当たりの利息は246円になります。

一ヶ月の利息は、次の通りです。

246円×31日=7,643円

一ヶ月で7,643円の利息になります。

これを一ヶ月の支払金額2万円から引きます。

20,000円-7,643円=12,356円

月2万円払っているから50万の借金が2万円づつ減っていると思いきや、12,356円しか減っていないわけです。

つまり、50万円借りて月2万円づつ返済すると41ヶ月、約3年半かかるのです。

2年ちょっとで返せると思ったら実際は3年半。


どうです?びっくりしましたか?

50万円を年利18%で借りて月2万円づつ返済すると、一ヶ月の利息は38%なのです。4割近くが利息の返済に充てられるということです。

2年ちょっとガマンするのと、3年半ガマンするのは大きな違いです。

これ、説明するとあぜんとされます。

いっときの代償は、けっこう大きいのです。

お金は簡単に貸してくれますが、返すのは大変です。


安易なキャッシングやリボ払いは、自分を苦しめるので手を出さないようにしてくださいね。

それでは!


メール・対面・電話による就職サポート、履歴書職務経歴書アドバイスは、こちら
20代30代でアルバイト派遣契約社員から正社員への就職転職活動方法はメールでもお送りしています。携帯やスマフォでも読めます。

AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>