研究員の給与のキックバックやカラ出張の疑惑が浮上している大阪大学大学院医学系研究科・医学部の元教授(64)の研究室が、元教授の退職前にパソコン5台を業者から購入しながら、消耗品を購入したように書類を処理し、大学側に提出した疑いのあることが15日、分かった。元教授らはパソコンを所有しているとの指摘もあり、阪大の調査委員会が詳細を調べている。

 ■元教授が4台を所有

 関係者によると、この研究室では元教授が今年3月に退職する数カ月前、大阪市内の納入業者からパソコン5台を購入。その際、業者から11枚の領収書を受け取った。領収書はパソコンの購入ではなく、コピー機のトナーなど、実際には納入されていない消耗品の名目で書かれており、パソコンの購入代金とほぼ同じ金額だった。5台のパソコンのうち、元教授が4台を所有、1台は研究室の事務担当者が受け取ったという。

 事務担当者は調査委員会の事情聴取に対し、「パソコンを元教授から『ボーナス』としてもらった」などと説明しているとされる。元教授は産経新聞の取材に「細かいことは知らない。分からないものは言いようがない」と答えている。

 一方、納入業者も阪大調査委員会からの通報を受け、社内調査を開始。社長は取材に対し、「違う名目での領収証発行は認めておらず、会社として今回の件にかかわっていない。(阪大医学部を担当する)社員が独断でやったことだと思う」と説明。この社員は、社内調査で、研究室から頼まれたとの内容の説明をしているという。

 社長は「担当社員から(架空発注の)話を研究室に持ちかけたとは考えにくい。研究室から頼まれてやったのではないか」と指摘している。

【関連記事】
講師にカラ出張要求 研究室ぐるみ強まる 阪大院不正経理疑惑
阪大院研究室、メールで給与返金指示 別の非常勤研究員に
阪大院不正経理、大学側の出張費管理にも問題 「新たな仕組み必要」
阪大院不正経理疑惑 「カラ出張費」も還流か 昨年末から計30万円
阪大キックバック受け 研究生「悩み続けた」
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

くいだおれ人形、応援シャツ姿で「夜更かししてW杯応援しまっせ」(産経新聞)
<ひき逃げ>成田空港内でデルタ航空社員死亡(毎日新聞)
広がる食物アレルギー対応 料理教室や食品開発も(産経新聞)
<全精社協補助金流用>元副会長に懲役1年6月求刑(毎日新聞)
<子ども手当>振込先を間違えたまま郵送 苦情115件/長崎(毎日新聞)
AD
 ミニブログ「ツイッター」で政治家のなりすましが相次いで発覚した問題で、政治家側が被害防止に困惑している。迫る参院選を前に、なりすましは困るが、「こんな忙しいときに振り回されている時間はない」とぼやく陣営も。ただ、基本的な対策をとっていない陣営も少なくなく、専門家は「もっと意識を高めて」と注意を喚起している。

 始めてもいないツイッターを他人に勝手に始められる被害に遭った民主党の桜井充参院議員の陣営では、再発防止のため、複数のスタッフで「なりすまし」ツイッターが登場していないか監視する態勢を取った。

 しかし、桜井議員は今夏の参院選に宮城選挙区から出馬予定。鳩山由紀夫首相が退陣し、選挙は迫っている。陣営幹部は「これからというのに、こんなことに振り回されていては…。時間も労力も限られている」と事態に困惑している。

 同様に被害に遭った藤本祐司参院議員も改選を控える身とあって、「特に対策はしていない」(陣営)。「今後も出てくる可能性は大いにある」と危機感は強めているものの、現実的な対処は後回しだ。

 「なりすまし」を防ぐには、運営会社が本人であることを証明する「認証アカウント」を取得するのが最も有効だ。取得すれば本人のツイッターのみに目印がつく。鳩山首相ら、ツイッターを利用する多くの政治家が認証を済ませている。

 しかし、取得していない政治家も少なくない。「きちんと備えていれば『なりすまし』は防げたはずだ」(ある参院議員事務所)と、被害に遭った政治家の“準備不足”を指摘する声もある。

 メディアジャーナリストの津田大介氏は「認証アカウントを取っておくのが、なりすましを防ぐ最も現実的な対応」と説明。ツイッターを始める意思はなくても認証アカウントを取得しておけば、「なりすまし」が現れても区別がつく。

 「今回のなりすましは、政治家がツイッターを始めた草創期ゆえに起こった事態。これを教訓に、政治家も意識やネットリテラシー(使いこなす力)を高めていく必要がある」と話している。

【関連記事】
無線マニアがタクシー配車係なりすまし応答、逮捕
ニセ菅新首相続々…なりすましツイッター、顔写真も登録
民主議員の“なりすましツイッター”が謝罪
ツイッターで民主党参院議員16人のなりすまし出現
ネット解禁でも「投票に行かない」という若者のつぶやき
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

首相動静(6月2日)(時事通信)
<火災>君津の住宅全焼 遺体は10代姉妹(毎日新聞)
「枝野幹事長」固まる 菅新首相、反対論応ぜず 蓮舫氏は消費者・少子化担当相 (産経新聞)
<監禁>中3次男をトイレに11日間 母親ら逮捕…警視庁(毎日新聞)
陛下のご静養日程変更 親任式のため5日以降(産経新聞)
AD
 おいしい梅ジャムにな~れ-。墨田区の区立梅若小学校校庭で28日、梅の実の収穫が行われた。参加した6年の児童50人は青々とした実を約6・5キロも採った。

 梅若小では昭和52年から平成6年まで、6年生児童が校名にちなんで梅の木を植えていた。梅の実の収穫は昭和60年から行われており、大人気の行事になっている。

 この日、参加した児童は口々に「楽しかった」と話していた。実は家庭科の授業などで梅ジャムづくりに使われる。

デイサービスの定員、倍の60人に―ツクイ(医療介護CBニュース)
<PCI事件>検察側、上告を断念…荒木元社長の無罪確定へ(毎日新聞)
大阪府立高35歳教諭、下半身露出で現行犯逮捕(産経新聞)
iPhoneに対応=電子文庫パブリ(時事通信)
国民に分かりやすい広報を=専門職4人募集中―厚労省(時事通信)
AD