映画のレビューの途中ですが、元日に起こった

大きな地震の影響で、福島第一原発の4号機が

非常に深刻な状況に陥っているという情報が

入ってきましたので、現時点でわかっている

ことをまとめます。


東京電力が隠して公表しないので、メディアも

伝えないし、監督する原子力安全委員会の人は

賄賂をもらって働かないので、ほとんどの人は、

この事実を知らないのですが、福島第一原発は、

今、かなりヤバいことになっている可能性があり、

慎重に様子を見守っていく必要があります。


震度4の地震で

4号機が壊れた。


普通の原発なら、震度4ぐらいの地震では

壊れませんが、既にボロボロに壊れている

福島第一原発では、震度4くらいの地震でも

十分に壊れてしまう。


この指摘は、かねてから脱原発派の学者が

訴え続けてきたことですが、怖い真実からは

目を背けるのが、この国のやり方であるため、

誰もがそんなことは起こらないと信じたものの、

現実はそんなに甘くなかったようです。


この世に壊れないものはない。


元日の地震で、福島第一原発の4号機は、

スキマサージタンクの水位が、すさまじい

スピードで低下していきました。


おそらく、タンクの配管に亀裂が入ったり、

何らかのアクシデントがあったと考えられ、

通常の5倍の速さで水位が低下したことは、

4号機に、今までになかった新しいリスクが

生まれたことを意味します。


1号機から3号機までの原子炉が壊れるのと

4号機の燃料プールが壊れるのでは、まったく

意味が異なり、4号機が壊れる方が深刻。


理由は、圧力容器や格納容器に覆われている

わけではないので、燃料プールの水位が低下し、

水がなくなると、完全に無防備な状態で燃料棒が

露出することになり、今までの比ではないレベルで

放射性物質が拡散してしまうからです。


メルトスルーして、チャイナシンドロームを

起こしている1号機から3号機は、どうやって

地下からグチャグチャの燃料棒を取り出すのか。

問題は山積みですが、幸か不幸か、燃料棒が

地下に潜ってしまったために、空気中に拡散する

放射性物質の量は圧倒的に抑えられていますが、

4号機の燃料プールが壊れた場合は違います。


大放出フィーバー状態。


パチンコだったら笑いが止まらないんですが、

悲しいことに、出てくるものは、お金に換金できる

パチンコ玉ではなく、農家や漁師が収入を失う

放射性物質。まったく笑うことができません。


いくら圧力容器や格納容器が頑丈に作られ、

安全だと主張しても、コンクリートが壊れて

燃料プールの水がなくなれば終わるんです。

これが原子力発電所の構造。安全なんて嘘!


しかも、この予断の許されない状況の中、

東京電力も、原子力安全保安院も、お正月は

何をしていたのかって、バカボン野田首相が

「収束宣言」なんかしちゃったもんで・・・、


正月休みです。


目の前に死にかけの患者がいる医者が、

「お正月だから」と言って休むようなもの!


一刻も早く収束させないと、こうしている

今だって、放射能はダダ漏れしてるってのに、

休んでいる場合じゃないだろ、バカ野郎め!


だいたい、5日に1回ペースで震度5以上の

地震が起きているというのに、年末年始には

地震もお休みになると思ったのでしょうか。


余裕をぶっこいて休んでいた時に、日本列島が

丸ごと揺れるような地震が起こって、4号機の

燃料プールの一部が壊れてしまったのです。


ちなみに、壊れた可能性があると言われる

「スキマサージタンク」というのは、洗面台が

燃料プールだったとすると、この穴のことです。


チダイズム ~毎日誰かを笑わせるブログ~-DRG009


洗面台の水と違って、燃料プールの水は

放射能に汚染されているため、そのまま下水に

流すことはできないので、一度、タンクに溜め、

処理されて、循環するようになっているのです。


燃料プールの水は、燃料棒が常に熱いせいで、

一定の割合で蒸発してしまうんですけれども、

蒸発しても水がなくならないように、いつも水を

流し込んでいるんです。だから、溢れないように

この穴が必要!


そして、穴に入った水は、タンクに入るのです。

で、そのタンクにあったはずの水が急激に減り、

どこかが壊れた疑いが強かったんですけど、

東京電力が言ったこと。


水がどこに行ったかは知らない。

だけど、気にするの、やめない?


国民が心配しちゃうと、他の原発も動かせなく

なっちゃうので、利権でウマウマできなくなって

困っちゃうから、「気にしないことにする」という

アホなことを言い出したのです。


友達から借りた高級車を、どこかの壁に

思いきりガリガリ言わせたけど、とりあえず

運転席は無事だから、気にしないことにする。


これぐらいのアホ!


オマエは気にしないかもしれないが、普通は

壊れたかもしれなかったら、気にするんです。

しかも、燃料プールに直結する大事な部分が

壊れたんだから、慎重になるべきなのに、


正月休みを最優先!

面倒だから隠蔽です。


東京電力は4号機についての情報を隠蔽し、

公開された数値を、何の説明もなく修正して、

データを改竄したという指摘まであるのです。


具体的に言うと、1月3日23時に2214mmと

言っていた水位を、何の説明もなく、いきなり

3948mmに変更しました。


一般ピープルの皆さんには、よくわからないと

思いますが、ザックリと一言で言うならば・・・、


ヤバいかもしれないけれど、

何もなかったことにするから、

皆さん、今年もヨロシク!


いい加減、本気で燃料プールの中に落として

やればいいんじゃないかと思いますけどね。

福島第一原発4号機は、僕たちの想像を

はるかに超えるボロボロ加減。またしても、

放射性物質が大量に大気を舞う可能性は

十分にあるということです。


だから、僕たちにできることは、東京電力や

政府の言うことを信じるのではなく、自分たちで

独自に情報を収集し、身を守るために動くこと。


政府の言うことを信じた浪江町の人たちは、

SPEEDIも公表されず、隠蔽されたために、

あり得ない被曝をしたのです。政府の言うことが

ちっとも信用できないことは、既に露呈済み!

一番のデマを流していたのは、政府なのです!


『チダイズム』では、緊急事態が起こった時には

Twitterとブログで、すぐ皆さんにお知らせします。


福島はもちろん、関東や東北地方にお住まいの

皆さんは、心の準備だけでもしておくべきです。

福島第一原発は、収束なんてしていないのです。


福島で震度4以上の地震が起こった時には、

このブログだけでなく、Twitterなどで情報を

集めるように努力しましょう。

コメント(18)