チダイズム

『食べる?~食品セシウム測定データ745~』発売中!

◆ 原発ニュース最新情報 ◆


2013年4月2日から、原発ニュースをまとめた

有料メールマガジン(月540円/火・金曜刊)を

発行いたします。興味ある方は、ぜひご登録を!


$チダイズム ~毎日セシウムを検査するブログ~-magmag01




テーマ:

お父さんが総理大臣だけに、日本にも初の

女性総理大臣が誕生するのではないかと

期待されていた小渕優子さん。


その期待が「経済産業大臣」というポストに

表れていたのですが、残念ながら、後援会や

資金管理団体の不正なお金が発覚したため、

とうとう大臣を辞任することになったそうです。


福島第一原発を視察後、キリッとした顔で

「完全にコントロールされています!」という

アホコメントをされた時には卒倒しましたけど、

自分の金を管理できない人間が、国の経済を

回していけるはずがないんで、辞任するのは

仕方がないんじゃないでしょうか。


また、1人辞任するのも、2人辞任するのも

結果は一緒なので、松島みどり法務大臣も

同時に辞任することになりました。


こちらは「うちわ」が選挙法に違反していると

言われていますが、法律を司る立場にして、

死刑の執行権を持つ法務大臣のババァが

法律を守っていないって、この国は一体、

どうなっているんでしょうか?


さて、国会議員の先生は不甲斐ないですが、

一歩間違えると、これと同じようなことになり、

悲惨な未来が待っているのが、10月26日に

投開票が行われる福島県知事選挙です。


これまで5人の候補者の政策をまとめました。

いよいよ今日がラスト。金子芳尚候補の政策を

見ていくことにしましょう。


MTD034


豪快に笑う姿は、紛れもなく、土建屋の社長。

福島県白河市で「三金興業」という会社を経営。

土木、建築、不動産をやっている会社のようです。


資本金は1億円、年商は約20億円。

主に道路や上下水道の工事に実績があるようで、

従業員は約50名ほど。地元の工事がメインであり、

地方テレビ局の審議員などもやっているようです。

そんな金子芳尚さんの政策は、以下のとおり。


■ 食の安全チェックと風評被害の根絶。

■ 遅すぎる福島復興の加速と除染事業強化。

■ 2020年の東京オリンピックの積極的活用。

■ お役所仕事の一掃。

■ 福島空港を「福島コジラ空港」に改称。

■ 芸術家を招き、福島文化ルネッサンス。


ほんのりマック赤坂のニオイが漂ってきますが、

基本的に土建屋なので、「除染事業の強化」は、

まさに訴えたいところだと思います。


また、風評被害を根絶したいと言っているので、

この人もまた「福島県産の農作物はどこよりも

安全だ!」というアホのロジックを打ち立てている

人物の一人だと考えられると思います。


犯罪率が世界一の街で、「どこよりも警備員が

多く配備されているのだから世界一安全だ」

ホザいているようなもので、こんなアホの論理を

堂々と言ってしまう人ほど怖いものはありません。


さらに、興味深いのが「福島ゴジラ空港」です。

理由は、「円谷英二が福島県出身だから」ですが、

これだけ放射能がモリモリしている土地で、しかも、

「風評被害根絶」と言いながら、「福島ゴジラ空港」。


もはやギャグです。


こうやって政策を見てみると、「脱被曝」の観点で、

それぞれどう考えているのかを比べることができ、

誰に投票するべきなのかが一目瞭然になります。


内堀雅雄、金子芳尚は、経済優先で被曝無関心。

あんまり何も考えていないのが牧師の五十嵐義隆。

被曝を真剣に考えているのは、熊坂義裕、伊関明子、

井戸川克隆ということになるでしょうか。


残念ながら、選挙をする前から内堀雅雄が有利で、

非常に多くの票を集めると予想されているのですが、

みんなが真剣に政治や選挙のことを考え始めると、

日本の未来は少しずつ変わってくると思います。


自分が信じる人に投票しよう!


まわりの人が何を言おうと、「この人なら福島県を

変えてくれるかもしれない!」と信じられる人に

投票していただきたいと、心から願います。

いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

皆さんは、疲れた時に何で癒されますか?


かつては池袋の端っこのガールズバーで、

かわいい女のコと話すことが「癒し」だった

僕なんですが、最近は、あまりに忙しすぎて、

ガールズバーの「ガ」の字もございません。


酷い時には、週5ペースで遊びに行っていた

ガールズバーですが、お酒も飲まず、美女も

拝まず、徹夜で企画を考える日々。


三度のメシより美女が好き。


そんな僕にとって、ここ最近の美女不足は、

人生の9割を損していると言っても過言では

ございません。


何かで癒されたい!


あまりに疲れすぎているからでしょうか。

先日、有楽町を歩いていたら、期間限定で

香りの良い紅茶の店がオープンしていたため、

うっかり立ち寄ってみることにしたんです。


MTD027


MTD028


MTD029


ロシアで生まれ、パリで育った「クスミティ」。

創業145年の伝統と香りを味わうことができる

人気の紅茶屋ブランドですが、僕としたことが、

まさかの「お紅茶」でございますよ!


隙あらば、チ●コだの、ウ●コだの言っている

下品な僕が、癒されるために、お紅茶ざます!


MTD030


ちょっとずつ昔の僕と変わっていくのでしょうか。

ちなみに、ティーバック20個入りで約2500円。

けっこうゴージャスなお値段の紅茶なんですが、

香りの良さは、かつてないほどでございます。


さて、今日お届けするのは、福島県知事選挙に

立候補している6名の新人の「政策」のご紹介。

昨日まで4人の候補者にスポットを当てましたが、

今日で5人目。共産党推薦の熊坂義裕さんです。


MTD031


「共産党推薦」と言うと、けっこう微妙な候補が

多いイメージですが、今回は、かなりしっかり!


熊坂義裕さんは、福島県の出身なんですが、

医師であり、岩手県宮古市長を経験した人物。

大震災の時には、市長を退いていたのですが、

このたびの福島の現状を見て、立候補を決意。


河北新報によると、中通りを中心に奮闘中で、

内堀雅雄に大差をつけられながらも、必死に

政策をアピールしている段階です。


そんな熊坂義裕さんの政策は、ご覧のとおり。

さすがは医師なだけあって、「脱被曝」の政策。


■ 「原発事故子ども被災者支援法」に則る。

■ 放射線を避けて暮らす権利を保障する。

■ 原発事故に関する、あらゆる情報を開示。

■ 避難者・帰還者の生活再建支援。

■ 「卒原発社会」のモデル地域となる。

■ 再生可能エネルギーの導入促進。

■ 最先端医療体制の整備。

■ 農林水産業の再生。

■ 卒原発型産業構造の構築。


福島県に住みながらも、「放射能はイヤだ」

思っている人は少なくないのですが、放射線を

避けて暮らしたい人には権利を保障してあげる。


仮に当選したとして、どこまで実現できるのかは

わかりませんが、「脱被曝」の概念を持っている

新しい知事は必要かもしれません。


「原発被害対策の総見直し」。


あらゆるデータや情報を開示し、被害を見直し、

放射線を避けたい人に、どんなことができるか。


共産党以外に、新党改革が推薦をしていますが、

「脱被曝」の問題は、これから大きくなりますので、

福島県民の皆さんは、誰に投票するべきなのかを

よく考えた方がいいかもしれません。

いいね!した人  |  コメント(5)

テーマ:

最近、小渕優子経済産業大臣の周辺で、

不可解な金の流れが話題になっています。


小渕優子と言えば、「平成」という額縁を持ち、

一躍人気となった小渕恵三元総理大臣の娘。


福島第一原発を視察し、「コントロールされて

いることを確認した!」とホザくレベルなので、

なかなかの無能っぷりを発揮しているのですが、

「アホのお坊ちゃま」と同様、「アホのお嬢様」

なかなか厄介です。


そんな小渕優子経済産業大臣なんですが、

資金管理団体が、ご親族が経営しておられる

服飾雑貨店で多額の買い物をしたり、後援会が

明治座のチケットを買い占め、破格のお値段で

有権者に観劇させたりと、やりたい放題!


嫌われ者の朝日新聞によると、5000万円を

超える金額が不正に使われていた疑惑があり、

絶体絶命の大ピンチになっています。


「後援会の金がコントロールされているかは

確認できなかった」というのが本音でしょうか。

このニュースを注意深く見守ると、コントのような

展開が待っているかもしれません。


さて、今日お届けするのは、福島県知事選に

立候補している候補者を、わかりやすく解説。

今回、特集するのは、コンビニエンスストア店員、

伊関明子さんです。


MTD026


この写真は、伊関明子さんのFacebookから。

なんて表現すればいいのか分かりませんが、

「THE コンビニ店長」という感じです。


コンビニの店長ごときに、「知事」なんていう

ポジションが務まるのかという人もいるかも

しれませんが、森田健作が知事になる時代、

コンビニ店長の方がマシという説もあります。

そう、大切なのは「政策」です。


実は、伊関さんの政策は、かなりユニーク。

そして、かなり「脱原発」「脱被曝」の政策。

言ってしまえば、どこぞの副知事の政策より

放射能のことを考えていると言えます。


■ 福島の被曝データは、すべて公表する。

■ 国や東京電力の責任をしっかりと試算。

■ 災害に備えて、県庁機能の分散や移転。

■ 後回しにされている県庁の除染をする。

■ 「フクシマ」から脱原発を世界に広げる。

■ 女性の声を、もっと国に届ける。

■ 農林水産省と環境省を福島に設置する。

■ 県外避難者も含め、福島県民全員補償。

■ 桧原湖や猪苗代湖などの湖底の除染。

■ 補償金と補助金の利益扱いを中止する。

■ 原発の目途がつくまで、知事は4年制。


いかんせん知名度がなく、肩書きもないため、

かなり厳しい戦いになることは必至なんですが、

非現実的な部分はあれど、志は立派であると

僕は思います。


普通のコンビニのおばちゃんが、政策を立て、

立候補するという文化を、もっと広げたいです。

肩書きばかりが立派でも、中身を伴わない人は

たくさんいるのですから。

いいね!した人  |  コメント(3)

テーマ:

先日、「新潟県は嫌いだ!」と述べた上で、

「どうせ再稼働して原発事故が起こるのなら

柏崎刈羽原発で!」と書いたところ、いろんな

人から批判のコメントをいただき、最終的には

アクセス数が4倍になりました。


新潟に住んでいる人や、新潟出身の人には、

そりゃあ気分の良い話ではないし、どうしても

書かなければいけない内容だったかと言えば、

そうではありません。


その日の腹の虫の居所が悪かったんです。


結果、たくさんの人の気分を悪くさせた上に、

自分のイメージを下げ、何よりも最悪なのは、

日頃からネット上でディスることしかしていない

「兄ぃ」のようなゴミ野郎にエサを与えてしまう

結果になったことです。


「兄ぃ」を調子こかせてしまった自分を猛省!


そもそも僕は、何のためにブログを書くのか。

目的がないから、「兄ぃ」を調子こかせてしまう

記事を書いてしまうのです。目的が明確ならば、

きっと、こんな記事を書くことはありません。


僕は何のためにブログを書くのか。


もう一度、見つめ直して考えることにしました。

原発事故から3年半、そろそろ形が見え始め、

「心筋梗塞」「がん」が有意に増えています。


当初から警告し続けてきたとおり、さまざまな

病気が少しずつ増えて、103人の子供たちが

小児甲状腺がんを患いました。これからもっと

増えることが予想されています。


「兄ぃ」という無能な男は、子供たちを病気に

することに加担した、いわば合法的な犯罪者。


「危ないかもしれない」と警告した人を黙らせ、

ありとあらゆる嫌がらせを続けてきたのです。


少なくとも福島の103人の子供たちは苦しんで

いるのですが、この無能野郎は、「安全デマ」

広めまくったあげく、死刑になることも、懲役に

服すこともなく、アニメやゲームに夢中になって、

毎日をのうのうと生きてやがる。


マジで地獄に落ちろ!


誰が一番流してはいけないデマを流したのか。

3年半にして、ほぼ結果は見えているのですが、

「兄ぃ」は相変わらず、都合の悪い情報は無視。

今なお結果を見ることなく、「福島差別」などと

ホザいており、自分の罪を理解していません。


絶対に100倍返しで!


ただ、そろそろ僕の役目も終わったと思います。

どの食品に、どれくらいのリスクがあるのかは、

『食べる?』という本にすべて記したつもりです。


幸いなことに、今も市民測定所や測定機関は

生きていますし、3000円ほどで検査できます。

信頼できる、めたぼさんのような人も現れました。


今後、放射能検査の結果を公表しないわけでは

ありませんが、回数は少なくなるかもしれません。


次のステージに行こう。


「兄ぃ」のような社会の底辺にいる無能野郎には

永遠に理解できない話だと思いますが、そもそも

僕がやりたかったことは「ネタブログ」です。


「モテたいから放射能の話をしている!」とか

ホザいていますけど、これこそ無能の証拠です。

美女を抱けない底辺野郎は、発想が貧相です。


だいたい仕事でもなく、プライベートの時間を

削ってブログを書いているのに、無能を極めた

オタク野郎の罵声を浴びる義理はございません。

そろそろ自分の生き方を考えて、ブログぐらいは

自分のやりたいことをやってもいいのではないか。


自分の幸せのために生きよう。


AKB48の大島優子ちゃんもブログを辞めると

決めたそうですし、僕もそろそろ「ネタブログ」

再開してもいいのではないかと思います。

放射能検査の公表をまったく辞めるとまでは

言いませんが、これからはただ自分の書きたい

話を書いて生きていくことにします。ということで、

今後ともよろしくお願いします。

いいね!した人  |  コメント(25)

テーマ:

2週連続で台風が直撃している日本ですが、

皆さんは、台風19号対策、万全でしょうか?


今日の『チダイズム』は、福島県知事選に

立候補している6人の候補者を、徹底解説!

今回、取り上げるのは、こちらの方です。


MTD024


五十嵐義隆(36)さん。


職業は、まさかの「牧師」。

仏教を信じている人が多くを占める日本では、

牧師さんと出会うのは結婚式ぐらいなんですが、

福島の現状を見つめ、立候補を決意したそうです。


ちなみに、五十嵐さんは、新潟県三条市出身。

自宅の一部を教会として開放しているのですが、

「アイラブジーザスチャーチ」というチャーミングな

名前がつけられており、そこで牧師をしているとか。


「アイ・ラブ・ジーザス・チャーチ」。


なんとなく、「アイ・ラブ・ニューヨーク」的なものを

感じてしまうのは、僕の発想が貧相だからでしょう。


五十嵐さんは、「アイラブジーザスチャーチ」

牧師として活躍する一方で、自殺者ゼロを目指す

宣教活動、その名も「ラブレボリューション」も開始。


超超超超いい感じのネーミングセンスなんですが、

この活動では、ゴスペルアーティストとともにCDを

作ったりしたそうです。


そして、今年の1月からは、パレスチナの平和を

願うプロジェクト、「シオンの喜び」とやらに参加。

ちなみに、「シオン」とは、エルサレムの別名です。


どんな人なのかは、なんとなくわかったでしょうか。

少なくとも、ネーミングセンスは、新潟クオリティー。

だけど、大切なのは「政策」です。


五十嵐義隆さんが掲げている政策をまとめると、

このような感じになっています。


■ 放射線量のデータは、予防のために公表。

■ 除染や廃炉の技術は、皆さんから公募する。

■ 子供たちの被曝を守る新商品を公募する。

■ 知事の給料は自分の本の印税で負担する。

■ 知事の退職金は、子供たちの教育に使う。

■ 福島県産の農作物を県がネット販売する。

■ 震災復興のためにベーシックインカム採用。

■ 10代は福島空港から世界に飛び立て!

■ 海、湖、川を使ってのアニマルセラピー。

■ デートや結婚式&披露宴をプロデュース。

■ 被災地を生かした空間アートやイベント開催。


他にもいろいろ書いていますが、概念的な内容が

比較的多いため、具体的な政策は少ないのですが、

「結婚式プロデュース」は、かなり牧師的な発想だと

言えるでしょうか。少子高齢化対策のようです。


ちなみに、これらのマニフェストを読む限りでは、

基本的に福島県産の風評被害を払拭したいと

考えておられるようで、子供たちの被曝を守ると

福島県産の農作物を積極的に売るということには

矛盾が生じていることに、気づいておりません。


さらに言うと、カッコ良く、知事の給料を本の印税で

補填すると言っていますが、「何冊売れんだよ!」

現実的なところでツッコミを入れずにはいられません。

たいして売れなければ、全然補填にならないんです。

また、福島空港を活用し、10代が世界に飛び立つ

準備をするそうで、福島-韓国、福島-中国などの

路線を再び作ると言っているのですが、これには

航空会社が黒字になるようなメリットを出さない限り、

実現しません。つまり、このままでは机上の空論で、

概念ばかり言っても、何も始まらないのです。


「居酒屋をやって1億円稼げばいいじゃん!」

言ったところで、どういう居酒屋をやれば1億円を

稼げるのか。大切なのは、概念的な話ではなくて、

具体的な落とし込みの部分だったりするのです。

そして、世の中には、これができる人が少ない!


具体策を思いつかない人には、

知事が務まるのかどうかが疑問。


そして、大切なことは「反省」です。

五十嵐さんは、いわき市長選に立候補するも、

残念ながら落選しています。その時の得票数は、

当選した清水敏男(50)が5万5367票だったのに、

五十嵐さんは、わずか3377票でした。


同じく落選した渡辺敬夫(67)が、4万8179票。

宇佐美登(46)が、3万1402票。どれだけ大差で

負けたのかという話です。立候補するからには、

もちろん、当選するつもりで戦っているのでしょう。

だったら、何か作戦を考えなければなりません。


接戦で負けたとしても、善戦するまでの戦略を

考えられない人が、知事になって名案を思い付く

ことができるのかどうか。このあたりがミソだろうと

僕は思います。

いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:

先日、「乃木坂46」の超人気メンバーが、

チビ編集者と路上でキスしていたところを

週刊文春先生にパパラッチされた騒動で、

あのゲス編集者とアイドルが出会った場所は、

新宿の「紀伊国屋書店」だと発覚したそうです。


僕にも可能性があったってことか!


なんとも悔しい気持ちでいっぱいですけれども、

今日の『チダイズム』は、福島県知事選を戦う

候補者たちのマニフェストを見比べます。

今回の特集は・・・!


MTD019


井戸川克隆(68)さん。


福島第一原発が立地している双葉町の元町長。

原発事故が起こった時、町民たちをバスに乗せ、

避難させていたのは、井戸川克隆さんでした。


ご自身も被曝しており、原発事故直後は何度も

鼻血を出していたといい、国民的な騒動となった

「美味しんぼ」にも登場。町民の声も聞いていて、

こうした健康被害は現実として起こっているのだと

主張しています。


そんな井戸川さんが掲げているマニフェストは、

「福島第一原発事故をしっかり検証すること」。


被曝による健康被害も明らかにするべきだと

言っており、演説は100%、原発に関すること。

実際に目の前で原発事故を体験したからこその

マニフェストであると言えると思います。


ただし、それなりに投票する人はいるでしょうが、

知事に当選できるかと言うと、かなり厳しいです。


福島県民が現在、最も関心を持っている内容は、

被曝による健康被害ではなく、「復興」なのです。

井戸川さんのマニフェストには、被曝の被害を

最小限に留める以外の政策がありません。


県民は、明るい話を期待している!


除染をしたり、国道6号線が通れるようになっても、

みんなが期待するような「復興」は難しいでしょう。

しかし、口先だけでも「復興」と言ってほしいもの。

放射能の話ばかりでは、人々の心は掴めません。


ただし、井戸川さんはとても重要なことを皆さんに

伝えようとしています。


まず、国や福島県が進めている「帰還政策」。

年間20ミリシーベルト以下であれば安全であると

科学的根拠のないことを言い、住民たちを放射能

汚染が深刻な地域に帰還させようとしていますが、

「もし健康被害が出たら、誰が責任を取るのか」

福島県に聞いたら、こんな答えが返ってきました。


「責任は、国と東京電力です!」


福島県としても、「復興」を謳い、一日でも早く

住民を帰還させようと政策を進めているのに、

そこに責任はないと言い出しているのです。

キチガイとしか言いようがありません。


そして、いざ健康被害が出た時、「それだったら

東京電力の責任ですね!」となるかと言ったら、

そうはなりません。東京電力は何と言うでしょう。


「帰還するように進めたのは、国と福島県です」


一体、誰が責任者なんだか分からなくなって、

結局、死ぬのは罪もない県民ということになる。

内堀雅雄さんに投票するということは、すなわち、

そうなっても構わないという県民の意思表示です。


また、井戸川さんは県外の原発についても

再稼働するべきではないと主張しています。

どんなに避難計画を立てたところで、その通りに

できるかどうかは不明で、福島第一原発事故を

教訓にしなければ、また同じ失敗を繰り返します。


MTD020


たとえ、井戸川さんが落選をしたとしても、

一人でも多くの人に、井戸川さんが体験した

生々しい話を伝えられれば、選挙に立候補した

意味があるのではないかと思います。

いいね!した人  |  コメント(15)

テーマ:

いよいよ10月26日は、福島県知事選です。

福島第一原発事故以来、初の知事選ですが、

福島県民の皆さんは、選挙に行くでしょうか?


『チダイズム』では、今日から6日間にわたり、

立候補した候補者のマニフェストを徹底分析。

皆さんにわかりやすく、ご紹介してまいります。

今回、特集してみる候補は・・・!


MTD018


内堀雅雄(50)さん。


前職は、福島県の副知事をされておられ、

自民・民主・公明・社民党が相乗りで応援中。


特に、自民党は日銀の福島支店長を応援する

予定だったのに、「負けたくない!」と言い出し、

急遽、民主党が立てていた内堀さんに相乗り。


今期で引退を表明している佐藤雄平知事にも

「後継者」として指名してもらい、万全の態勢で

選挙に臨むことになっています。


さて、肝心の内堀さんのマニフェストですが、

最も力を入れていくのは、「復興」のようです。


福島県民にとって、最重要課題とされるのは

「被曝による健康被害」ではなく、「復興」です。


あと数年すれば、課題も変わるのでしょうけど、

今は汚染の深刻な地域であっても住民の帰還が

最優先となっており、内堀さんも明言しています。


「もっと外国人観光客に、福島に来てもらう」。


内堀さんの認識では、福島はとても安全であり、

ただ「風評被害」に悩まされているだけであると

考えているようです。


いまや「JAふくしま」の売り上げは、震災前より

高くなっていますので、日本全体で、内堀さんと

同じような認識なんだと思いますが、福島県に

人も企業もどんどん誘致していく作戦です。


また、「福島県産のトップセールス」というのも

マニフェストに掲げているので、佐藤雄平知事が

やってきたように、今後も、福島県産の農作物や

水産物を日本全国にお届けするようです。


原発事故から3年半。放射能に汚染されている

食べ物を100ベクレル以下なら大丈夫だと言い、

全国にお届けするのはどうかと思ったりしますが、

単純な話で、そうしてほしい人がたくさんいるから

こういうマニフェストを掲げているのです。


これを良い政策と言う人もいる。


その証拠に、内堀さんをはじめ、立候補している

6人全員が「福島県内の原発は廃炉に!」という

マニフェストを掲げています。


あれだけ「原発を動かすべきだ!」と言うのなら、

福島第二原発だって動かすべきだろうに、それを

言ったら当選できないことを知っているからです。


だけど、「福島の農作物は安全で、風評被害だ。

だからトップセールスで全国に売る!」と言うのは

マイナスにはならない。むしろ、プラスになるという

計算をしている現実。


おそらく、内堀雅雄さんが当選することになったら、

これまでの佐藤雄平知事の政策と何一つ変わらず、

これまでの3年半が7年半になるだけだと思います。


福島県民は「それでいい」と言うかもしれませんが、

放射能入りのゴハンを食べさせられる県外の人は、

「冗談じゃない!」と思うことでしょう。


これが日本の現実。


福島第一原発事故から3年半が経ちました。

今さら、何を言っても、何を書いても、世界が変わる

わけではない。だとすれば、僕たちにできることは、

選挙の情勢を静かに見守り、できる限りのことを

淡々とやっていくことだけではないでしょうか。


けっして大きな声を出す必要もありません。

ただ黙々と自分の信念に則って行動するだけの話。


現実的なところで言うと、多くの人がイメージで投票し、

自民党や民主党などの支持政党のある人が組織的に

入れるため、内堀雅雄さんの当選は確実だと言えます。


東京大学を卒業し、大蔵省、総務省の高級官僚を

経験してから福島県副知事になった輝かしい経歴を

お持ちの人物なので、あとで「大変だ!」ということに

なった時に、うまく対処してくれるのかどうか。

僕たちには見守ることしかできません。

いいね!した人  |  コメント(10)

テーマ:

昨日は、僕がどれほど新潟県を大嫌いかを

書いたんですが、「たった1人の無能野郎が

嫌いだからって、新潟県民全員を捨てるのは

頭がおかしいんじゃないか?」というお叱りを

いただきました。


確かに、おっしゃることは、ごもっともです。

なんてったって、「兄ぃ」はゴミのような男でも、

それ以外の新潟県民の多くは、きっといい人。

そんな人にまで、「どうせ事故るなら柏崎刈羽

原発で!」とか言ってしまっているんですから、

きっと怒るに違いありません。


こういうのを、「八つ当たり」と言うのでしょう。

しかし、今となっては、ファミマに恥じらいもなく

初音ミクの看板があっただけで、もうファミマで

買い物をしないと思うほどマルッと嫌いなんで、

どうしようもありません。


「器が小さい!ガッカリだ!」なんて言葉も

いただきましたが、3年以上もバカとプロレスを

しているタイプの人間なんで、結果、同レベル!

僕をリスペクトする時代は終わりですよ、皆さん。


あの「兄ぃ」という野郎に、「承認欲求の塊」とか

「モテるためにやっているんだ!」とか言われて

おりますが、誰にも認められないし、モテないのを

わかっていながら、バカと泥仕合するのが僕です。


僕は完璧な男ではありませんし、まだまだ未熟。

過度に期待しても、その期待に応えられません。


僕のことを嫌いになった人、そのまましばらく

嫌いでいてください。それくらいがちょうどいい。


それでもまだ僕を応援しようなんていう人は、

頭から氷水でもかぶって、何かに募金した後に

もう一度冷静になって、ブログを読んでください。

きっと、「兄ぃ」と似たようなウンコ野郎がブログを

書いていることに気づくと思います。


「ウンコvsハエ」。


今日もウンコの上に立ち、手をモミモミしながら

ブログをお届けしようと思っているのですが・・・。


今日から3連休でございます。

皆さんは、この連休をどう過ごす予定でしょう?


僕は連休中にもかかわらず、ジメジメした部屋で

ブログを書き続ける連休を過ごす予定なんですが、

10月26日(日)に福島県知事選が行われることに

なっていますので、大々的に特集してまいります。


福島第一原発事故が起こって以来、初の知事選。

現職の佐藤雄平知事が、今期限りの引退を表明。

そのため、立候補する人は自動的に全員が新人。

今回は、6名の候補者が立候補しています。


最有力候補とされるのは、自民、民主、公明など、

複数の政党が推薦を表明している内堀雅雄(50)。

これまで福島県の副知事だった人物なのですが、

佐藤雄平から「後継者」として指名された人物です。


原発や被曝の問題よりも「経済」「復興」が優先。

今も多くの福島県民が、やはり「復興」を望むため、

政策的に見ても、最も当選の確率が高いでしょう。


一方、福島県民の被曝の問題に特化しているのが

元双葉町長の井戸川克隆(68)。体調に不安のある

おじいちゃんですが、「原発事故の検証」というのが

何よりのマニフェスト。これを堂々と語ってくれるのは

井戸川さんしかいないため、注目すべき存在です。


同じく被曝問題に関心が高いのが、医師としての

経験を持つ、元岩手県宮古市長で熊坂義裕(62)。

福島県出身で、バランスの取れた政策を打ち出す

候補者ですが、いかんせん知名度が低すぎるため、

どれだけの得票数を集められるのかが気になります。


ちょっと変わった経歴の人物では、職業が牧師の

五十嵐義隆(36)。選挙に出るのはジジィやババァと

相場が決まっている中、次なる世代からの立候補。

「牧師」というのは、なかなかレアな職業だと思われ、

彼の人生に興味があります。


伊関明子(59)は、コンビニエンスストア店長。

勤めているコンビニがファミマだったら、それだけで

僕が「投票しない!」とか言い出しそうなんですが、

なぜコンビニの店長が福島県知事に立候補したか。

レジ横の肉まんと同じくらいの熱があったのでしょう。

彼女の人生にも興味があります。


最後は、建設会社社長の金子芳尚(58)。

建設会社の社長から政治家になろうという人が

意外と多いのは、そもそも政治家と交流が深く、

身近な存在だからなのでしょうか。


6候補が激闘を繰り広げる福島県知事選2014。

どの候補者に入れるべきなのか。明日から政策を

詳しく見ながら、わかりやすく解説してまいります。

いいね!した人  |  コメント(5)

テーマ:

皆さんは、新潟県を好きですか?


僕は大嫌いです。


日本酒がおいしい、スノボを楽しめるなど、

新潟にも若干の良い所はあるんでしょうが、

僕の中で、住みたくない県のダントツ1位は、

何と言っても、「新潟県」です。


住んだらバカになっちゃうかもしれない!


街に出ても、たいした刺激がないんです。

冬なんて、雪が積もるから外にも出なくなる。

結果、アニメやゲームに夢中になってしまう。

子供の頃から、そんな環境で暮らしていると、

数人に1人は「兄ぃ」みたいになるんです。


外に出ずゲームする時間を勉強に変えれば、

もしかして、少しくらい賢くなるんでしょうけど、

何していたのかって、「コスプレ」ですからね。

これを「SEKAI NO OWARI」と言うのでしょう。

通称、「セカオワ」です。


セカオワと言えば、あのイタいボーカル野郎が

付き合っていた、きゃりーぱみゅぱみゅ先生が

ジャニーズの手越君とフライデーされたそうで。


一説によると、手越君のファンのBBAたちが

きゃりーぱみゅぱみゅに「私たちの手越君に

手を出さないで!」と言っていたそうですけど、

週刊誌を読む限り、手出しが一線を越えたのは

手越君の方なんじゃないかと思うんですよね。


ただ、手越君のファンのBBAもそうでしょうが、

自分の彼女を手越君とやらに寝取られた男の

心境こそ、まさに「SEKAI NO OWARI」でしょう。

おあとがよろしいですが、まだ終わりません。


話は脱線しましたが、僕は新潟県が嫌いです。

もともとは、好きでも嫌いでもなかったんですが、

浜崎あゆみの最新シングルよりも終わっている

バカ野郎が新潟県に住んでいることが理由です。

日本列島の背中に、ベッチョリとウンコがついて

いるようなもの。


新潟県在住の方は、気分を害してしまうかも

しれませんが、一切の新潟県産を拒否しながら

生きているのが、僕のスタイルになっています。


その昔、ペッパーランチの従業員が、客として

食べに来た女のコに乱暴する事件がありまして、

あの時から僕は、二度とペッパーランチでメシを

食わない決意をして、以来、今日の今日まで

一度も食べたことがないんです。


それくらい気合いを入れ、嫌いな物を徹底的に

拒んできたタイプの人間なんで、新潟が嫌いに

なってからは、「八海山」さえ飲みません。


秋葉原もゴミのような街です。


かつては職場と家の距離の関係で庭のような

場所だったのですが、今ではアニメやゲームに

夢中になっている、社会の底辺にいる人たちが

群がる、滅びるべき街にしか見えません。


で、なんでこんな話をしてきたのかと言うと、

先日、新潟県から「ご当地アイドル」が登場し、

ちょっと話題になっていたんです。その名も!


「新潟ライスガールズ」。


「アイドル」と言いながらも、メンバーは全員、

50代~70代の農家のババァ。握手会ではなく、

ババァが握ったオニギリが食えるコンセプトです。


「チェンジ!」


農家のババァを、「アイドル」と言いきってしまう。

これぞ「新潟クオリティー」だと言えると思います。

こういうのを面白いと思ってやっちゃうセンスです。


農家のババァはアイドルではない!

農家のババァは農家のババァだろ!


ただし、新潟県には、この程度がお似合いです。

僕がどれほど新潟県を嫌いなのかが垣間見れる

話だと思いますが、どうせ原発を再稼働した時に

事故るんだったら、ぜひ柏崎刈羽でお願いしたい。


なにしろ、福島程度の汚染なら健康に害はないと

豪語しているオジサンたちが暮らしていますので、

新潟が汚染されても、まったく問題ございません。

まあ、その前にTPPで一網打尽ですが。

日本がTPPに参加すれば、JAに頼りきっている

才能のないアホの農家から死んでいくことになると

思いますんで、僕より先にあのバカが死ぬでしょう。

そう思えば、TPPもデメリットだけではありません。

いいね!した人  |  コメント(38)

テーマ:

皆さんは、「乃木坂46」を好きですか?


「AKB48」より、ルックスのクオリティーは

確実に高いでお馴染みの「乃木坂46」。


ゆえに、三度のメシより美少女が大好きな

僕としては、「AKB48」より「乃木坂46」

注目していたのですが・・・。


先日、アンチAKBグループとして知られる

週刊文春先生に、「乃木坂46」のTOP3に

入っている女のコが、集英社の編集マンと

路上キスしていたところをパパラッチされて、

涙の謝罪となりました。


抜群に可愛らしいアイドルが

雑誌の編集マンとパパラッチ。


なんて夢のある話でしょうか!

本人の謝罪によると、出逢いのキッカケは、

よりによって「ナンパ」だそうで、進路に迷い、

モヤモヤしていた時に声をかけられたため、

心の隙間に入られてしまったそうです。


しかも、路上でキスをした日は、飲み慣れぬ

お酒を飲んでしまったため、甘えん坊モードに

なってしまい、勢いでキスをしたとかなんとか。

えぇ、もう一度繰り返します!


なんて夢のある話でしょうか。


「恋愛禁止」がルールのアイドルという職業。

このまま青春時代を、恋愛もせずに過ごして

いいものだろうかと悩んでいるところを狙い、

声をかければ、路上キスできるかもしれない。


すさまじい朗報です!


さらに言えば、30代のチビ雑誌編集マンは、

妻子がいらっしゃるそうで、いわゆる「不倫」。

全国の鬼嫁に縛られている旦那の皆さんにも

勇気と希望を与えてくれる話だと言えましょう。


ただ、個人的な思いを言わせてもらえば、

たとえ真実だとしても嘘臭い話をされるより、

「恋愛禁止、恋愛禁止って言われるほど恋を

してみたくなって、心に隙間が生まれてしまい、

キスがレモンの味だと知ってしまいました」とか

言われた方が、応援できたかもしれません。


何にでも正論を吐きたくなるアニメアイコンの

バカどもは、ファンでもないくせに叩きまくって、

精神的ダメージを与えるために必死でしょうが、

本当のファンは、泣きながら応援するでしょう。


そうです。よく考えたら、進路で迷っている時、

ナンパされて路上キスしてしまった女のコです。

スキャンダルに晒され、ファンから厳しい言葉を

投げかけられている今こそ、心の隙間に入る

大チャンスと言えるかもしれません!


まず街に出よう!


ここ最近、鬼のごとく忙しい毎日なんですが、

街に出る時間も必要じゃないかと思いました。

最近は、ガールズバーにも久しく行ってません。

「乃木坂46」級の美少女と出会えますように!

いいね!した人  |  コメント(3)