春の味覚

テーマ:
皆さまこんにちは!

今日からしばらくお天気がよくないらしいですが、これも季節の変わり目には仕方のないことでしょう。
早速、電車のなかでマスクをしていたら、汗だくの上に髪の毛はモワモワですが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。


私は仕事復帰するまで、
ほんのつかの間の優雅な専業主婦生活を満喫しております。

ただ家にいても巨大化する一方なので
川沿いをウォーキングするのが日課になりつつあるのですが、
こんなのんびり自然の中を歩くのは子供の頃以来。

桜はまだですが散歩道には春の草花が咲き始めております。


先日もお伝えしたように、
春の楽しみと言えば

春野菜
イチゴ(のスイーツ)
桜餅
と、甘いものに目がない私ですが、


見つけました!
春の味覚!!!
↓↓↓↓↓



ほとけのざ!!!

東京砂漠に育った都会っ子でなければ
大体のアラフォーの方は懐かしいのではないでしょうか!

この、小さな花弁を摘んで
中のほんの少し入っている蜜を吸うわけです。

これがね、
甘くて美味しいんですよねぇ(*´-`)



早速摘んでみました。



見えますねぇ。
ちょこんと蜜が入っているのが!


吸ってみます。







??????


??????????






あれ( ºωº )?

あまり甘くないぞ!!



もしかすると30年経って
ほとけのざの蜜が薄くなったのか?!
トマトも昔の方が味が濃かったとかいうし!

いや、

品種改良をしているわけもないし・・・



恐らく子供の頃の味覚が研ぎ澄まされていたのでしょう。

大人になって
酒だの酒だの酒だの
と、刺激のあるものばかりを口にするようになって、この繊細な甘さを感じなくなったのでしょう。


仕方がない。






大人はこっちで焼酎でも一杯やりながら
春の訪れを楽しみましょうかね。


うどの煮物
(油揚げと煮たかったんですが忘れたので道の駅で大量に買った椎茸と煮ました)

と、

うどの皮のきんぴら✨


きんぴらって焼酎と合うんですよねぇ(*´-`)
(↑どうしようもない大人)



さぁ、
体力つけて、春の味覚をジャンジャン楽しもう(*´∇`*)♪






鯉は食べないので安心してください。




AD

ブン散歩

テーマ:
こんにちは( ・ェ・)ノ

久々にも関わらず、お立ち寄りいただいてありがとうございました。

春が近づいていますねぇ。
私は花粉症でもないのに春が来ると絶望感がわいてきます。

なぜなら、



湿度と気温が上がる

暴風雨

天パで汗かきのデブは
女子でいられなくなる。

梅雨が来る

湿度と気温が更に上がる

天パで汗かきのデブは薄着になり、全身の皮膚が汗に負けて被れる。
化粧が溶ける。
人でいられなくなる。






     _:(´ཀ`」 ∠):_


夏が来るのが何より恐ろしいのである。
春の楽しみは春野菜とイチゴと桜餅くらいだ。
(*´・ω・)(・ω・`*)
結構あるじゃねーかw
しかも食い物ばっかなwwガヤガヤ

パン祭りもパンを食べない身としては関係ない。
(*´・ω・)(・ω・`*)
皿はほしいんだよねー。

嘆いたところで容赦なく夏はくるのだが、
先日もお伝えしたように、私は埼玉県の山奥にお引越ししてきました。
熊谷の近くです。

熊谷の近くです。

熊谷の近くです。

熊谷・・・・




((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ
ねぇ、しぬんじゃない?!わたし!!
しぬるんじゃない??!!

やだなやだなやだなやだな
怖いな恐いな怖いな


少し山に近いのでここまで暑くならないことを願うしかない・・・


関東平野の首都圏にお住まいの方なら
わかっていただけると思うのですが、
新しい住まいに見学へ行く途中、

ビルはなくなり、
海の気配はなくなり、
だんだん山が見えはじめ、
視界をさえぎる人工物がなくなる.....

ドナドナドーナードーナー♪小太り乗せ~て~♪


イ、イ━━━━((((;゚;Д;゚;))))ヤ━━━━━!!!!!!!!!!!!!



何せ見慣れないのは

「山」

である。

千葉県民首都圏属は山など観光地でしか見たことがないのだ。


ただでさえ大きな物と高い標高が苦手な私はまるで島流しにでもあっているかのような、寂しさと恐怖と覚悟で震えておりました。



が・・・・



遊歩道が整備された綺麗な川
↑川好き♪



お魚とワイ



野性味溢れる梅



垂れ桜



桜並木と判明したため、ここでお花見をする気満々



仲むつまじいカモご夫婦



横目でこちらの様子をうかがう凛とした白鷺


和菓子好きの私たちにはありがたい、
美味しい和菓子屋さんはすぐ裏手にあるし、

酒好きの私たちにはありがたい、
酒蔵が4件もあるし、

隣は大きめのスーパー
裏はドラッグストア

コンビニは徒歩1分以内に2件だわ、

なにせ駅から徒歩3分







なんて住み心地の良い町なんだ!!
ヽ( °д°)ノ!




空気もきれいだし、
星はきれいだし、


おかげで咳はすっかり治まり
引っ越して良かったと思っているのですが

埼玉県はスイーツ激戦区、
そしてデカ盛りグルメの街。


ここは楽園なのか。
はたまた
魔界なのか・・・・






こんな本格的で美味しいスイーツの食べ放題!はじめて❤
アハハハ~♪アハハハ~♪
‹‹\(´ω` )/›› ‹‹\(  ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››✨




埼玉県、
恐ろしい子・・・


AD

安井金比羅宮2016 御利益編

テーマ:
みなさまこんばんは!
3月とは思えない寒さですね。
まだまだインフルエンザも流行しております。お気をつけくださいましね。


さて、
「安井金比羅宮2016 御参り編」(前編)
に続き 後編の御利益編でございます。


旅行に行ってからと言うもの、案の定状況は変わらず忙しい日々をおくっておりました。

桜の季節が過ぎ


紫陽花と新緑か梅雨に濡れて輝く6月。





私も金比羅さんの事を忘れかけていたその時でした。
何の前触れもなく御利益が襲ってきたのです。


アイドル君のお誕生日。
風の便りに彼がパパになることを知りました。

その日は火星が地球に再接近する日。

私はベランダから一睡もすることなく、
火星が西の空に沈むを眺めながら自分のくすぶった心も西の空へ沈んで行くのを見届けたような気がしました。

たいして落ち込まなかったのは以前から憧れていた素敵な人とお出掛けの約束をしていたり、前の職場の可愛い男子と食事をする予定があったり、幼馴染みで初恋の人と童心にかえって遊んだりと、神様が心に衝撃防止のクッションを敷いていて下さったためでした。

まぁ、この方逹とどうにかなったというわけではないのですが、おかげさまで短いながらも目まぐるしく心の整理がつきはじめ、

「あぁ。私にはやっぱり一緒にいて子供の頃の自分みたいに、誰かの面倒を見ながらボーっと穏やかに過ごせる人が合ってるんだなぁ。」

と、人生41年目にしてようやく気づけたのでした。

6月も終わりに差し掛かった頃、
身も心も限界だった私はSNSで話題の
「濃溝の滝」
http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000184651/

へ行きたい行きたいと騒ぎまくっておりました。

すると、以前からちょくちょく仲良くしていた元空挺団のお友達がわざわざ群馬から船橋まで来てくれて、濃溝の滝まで連れていってくれると言うので、ドライブも大好きな私は喜んでお願いすることに。




6年くらい仲良くしているものの、
実はちゃんとお話ししたこともなかったそのお友達でしたが、不思議と何も気を遣わないし、一緒にいてとても心地のいい人で、途中スピード違反(注※危険な運転はしていません)で白バイに捕まっても(オイオイ)お巡りさんと楽しく談笑したり、バイクを見せてもらったり...




こんなことがあるのも良い思い出になるよね♪と、スピード違反を猛反省しつつも
とても穏やかなその彼と付き合うことに。

その後、8月のお盆には彼の実家のある北海道へあそびにいく話が持ち上がり、ご挨拶に行くことに。
その前に私の両親に挨拶をした方がいいだろうと、7月に彼を紹介。











砂糖?キャラメルシュガー?!
((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ


旅行中、喧嘩ひとつすることなく、かといって言いたい事を飲み込んだり我慢したりするわけでもなく、お互いがとても自然でいられました。
長い苦しみが無ければこの穏やかさが
いかに大事なものなのか、気づけなかったかもしれません。

9月に入り、体はとうとう限界を迎え、
働きたくとも売り場にたてないほど咳がひどい状態となり、ドクターストップ。
そのまま仕事を休職せざるを得ない状況になりました。

原因がストレスだったこともあって、
彼の趣味で以前から興味のあったサバイバルゲームに連れていってもらい、二人の共通の趣味もできたころ、

10月に結婚を決意する出来事もあり、
11月1日結婚。

その頃、職場復帰は不可能という事でブラック企業を退職。

彼の職場である埼玉県の山奥にお引越し。

出会いから結婚まであっという間の4ヶ月。そして、出会いから半年後には今まで聞いたこともないような土地で新婚生活。

愛する地元も金比羅さんの判断では悪縁の地だったのだろうか。
そして、ジェットコースターのような怒涛の半年が過ぎ、見事に心に引っ掛かっていた人々とはキッパリ縁も未練も切れ、
幼稚園に上がる子供の頃以来であろう
穏やかな生活を送りながら日々の幸せをかみしめております。

悪縁なのかもしれないけれども
今まで出会ってきた人達には感謝しかありません。

こうしてここには書けないとんでもないことも含め、自分の人生の激変っぷりに
ついていけないほどの荒々しい御利益をいただけました。

神社仏閣は行くものではなく呼ばれるものだといいます。
2016年はなにか神がかった一年でした。
落ち着いたら今度は夫婦で御礼に行きたいですね。

これから安井金比羅宮へ行こうと思っている方、相当な覚悟をもって行かれた方がいいでしょう。

それではまたチョイチョイblog更新したいと思いますので宜しくお願い致します。


ここまで読んでいただき誠にありがとうございました(*´∇`*)
AD