• 30 Jul
    • 夏ハロー 札幌

      札幌・ニトリ文化ホールで行われた夏ハロー北海道公演に行ってきました。今回は「Sunshine Parade」の1公演のみ。念願の通路席で、メンバーの降臨を楽しめました。 「ハロプロタイムマシーン」は名古屋初日と同じ1999年。まーちゃん、さくら、はーちん、ちぇる、あいあい、ふじどん、あやぱん、あんみーの8人が「真夏の光線」、くどぅ、かみこ、きそらの3人が「ちょこっとLOVE」。 心理テストの「ハロコロジー」は、はまちゃん、きしもん、やなみんの3人。お題は「あなたに宅急便が届いたが、品目欄には記入がない。誰から送られたもの?」。今回はハローのメンバー全員が目を伏せ、会場だけがその深層心理を知る仕組み。 はまちゃんは「小川麗奈ちゃん」からで、「れなは自分のことが大好きなので、自撮りの写真を送ってきた」。 そのれなこは「田口夏実ちゃん」から。「田口夏実ちゃんは悪ガキなので、いたずらで送ってきた」。そのたぐっちは「小川麗奈ちゃんから」と回答。 きしもんは「船木結ちゃんから」。「結はテンションが高いときと落ち込んだときの落差が激しいので、テンションが高いときに送ってきた」。やなみんも「船木結ちゃんから」。「船木結ちゃんは私より年下だけど、すごく尊敬している。だからきっと何かを送ってきてくれた」。 そのふなっきは「ももち先輩から。メンバーのことを気遣って何かを贈ってくれたのでは」。ももちは「アップフロントの事務所から」。 どんどん話を広げるまことさん。あゆみんは「譜久村さんから」。ちっさーは「萩原舞ちゃんから」、まいまいは「千聖から」。 まことさんがようやく種明かし。送り主は「身近にいるのに、実は信用していない人」。 ふなっきがまずももちに弁解。ももちは会社の名前をあげていましたが、笑ってごまかしていました。さらにふなっきは矛先をやなみんに。やなみんは「船木結ちゃんのこと尊敬している。だから…」。言葉を濁すと、ふなっきが標準語で「だからじゃねえよ」と声を荒らげていました。 トークは、かっさーとおぜこ。 かっさーはロードバイク(スポーツ仕様の自転車)が趣味とのこと。父と母も乗っており、家にはロードバイクが3台。かっさー自身、エンデューロの大会にも出たことがあるそうです。自転車が趣味のまことさんの目の色が途端に変わりました。 おぜこは「車で北海道を1周したことがある」。おじいちゃんが北海道に住んでいるそうですが、「道の駅」のスタンプラリー参加が目的で、ほとんどのスタンプを集めたそうです。北海道で潮干狩りすると、「アサリのほか、ウニやタコも拾えちゃう」と驚きを語ってくれました。 アンジュルムは1曲目で「嗚呼 すすきの」を披露。娘の「泡沫サタデーナイト」のDJはまーちゃん。ともに北海道仕様でした。 開演前には「ハロプロ研修生北海道」のメンバーをお披露目。小学5年生から中学1年生まで(年齢は11歳と12歳)の7人で、6人が札幌市出身、1人が近郊の蘭越町出身。 黄緑色の格子柄の研修生の制服を着て、「おへその国からこんにちは」を披露してくれました。「めい」という名前の子には早くも「めいめい」と、声が掛かっていました。今後、どう展開していくのか、楽しみです。 終演は19時前で、まだこんなに明るいです。

      NEW!

      4
      2
      テーマ:
    • こぶしファクトリー 札幌

      こぶしファクトリーの3rdシングル発売を記念したトークショー&握手会に行ってきました。会場は札幌・ステラプレイス内のHMV。 これまでトークイベントは3人1組で、「KOBUSHI学園」のロゴが入った「バッチ来い青春!」のカラーの練習着でしたが、きょうは8人勢揃い、しかも私服。早速、「きょうの私服のこだわりポイント」についてトーク。 はまちゃんとたぐっちは事前に示し合わせて、黒のチューブトップのようなブラウスに薄手の白いカーディガン。はまちゃんの首にはハロショで売っている「Ayano」ネックレス。これがお気に入りだそうです。れなことみなみなは服装が偶然似ていましたが、2人ともサロペット。れなこはスカート、みなみなはパンツバージョン。 さこちゃんは先日、母と一緒に買いに行った青いワンピースで、きょうが初のお披露目。「初めて着たので、きょうはテンションが上がっている」。 あやぱんも、あやぱんにしては珍しい、肩を出した白いワンピース。「少し前に買ってもらったが、披露する機会が無かったので、きょうがお披露目」。ふじどんはメジャーデビューのお祝いに父からもらったというネックレスをつけていました。 「北海道の思い出」では、ふじどんが「私は夏も冬も来たことがある」と口火。あやぱんは札幌のほか、函館で夜景を見たことがあるという。このときは家族でログハウスを借りて滞在していたが、「大きなアブがいて、追い回された」というのが思いでも。 れいれいが自ら手を挙げて「私はここでどうしても言いたいことがある」。 言いたいことというのは、前回(2月)、札幌でトークイベントをしたときの涙の理由。このときも8人で、2人に1本のマイクがあったが、さこちゃんの話題のときに、さこちゃんと組になっていたれいれいにマイクが回ってきた。しかし、さこちゃんが「れいちゃんはマイク要らないって」と不用意な発言をしてしまったため、れいれいが泣いてしまったという。 この顛末を話している最中、既にれいれいは涙目。あやぱんが「れいちゃんは泣き虫だから」と引き取り、さらにトークを広げる。 ホテルでれいれいと一緒の部屋だったとき、れいれいが泣いていた。「テレビに映っていたワンちゃんがすごくかわいくて」。「ワンちゃんを見て泣く人いる?もう意味わかんない」と呆れるあやぱん。 すると犬好きのさこちゃんが「私は少し共感できる」とれいれいの肩を持つと、あやぱんが「さこが共感しちゃったら、れいれいの泣き虫エピソードが引き立たない」と厳しいダメ出し。こうやってトーク力を鍛えているんですね。 メンバーでポケモンをやっているのはみなみな、れなこ、たぐっちの3人。みなみなは「北海道に全然ポケモンいない」とぼやく。れなこはすでに飽きてしまい、ここ2、3日はやっていないそうだが、たぐっちによると「それはれながルールを理解していないから」。たぐっちはお母さんから「ポケモン捕まえてきて」と頼まれたため、「1匹は捕まえないと、怒られる」。 「流行には疎い」というこぶしファクトリー。ちょっと前までは、あやぱん以外の全員が「ツムツム」に夢中だったそうです。 告知では秋ツアーのお知らせなど。甲府がまた開催地に含まれましたね。 握手会はいつもの年齢の高い順でした。

      2
      テーマ:
  • 29 Jul
    • FULL CHORUS

      スカパー主催の音楽イベント「FULL CHORUS ~音楽は、フルコーラス in 日本武道館」に行ってきました。毎週火曜夜にBSスカパーで放送している同名の番組の特別企画。 ハロー系からは、アップアップガールズ(仮)、Juice=Juice、アンジュルムの3組が出演。11月に武道館単独公演がそれぞれ決まっているアプガとJuice=Juiceにとっては格好の予行演習になりました。アプガは今回が武道館初パフォーマンス。 アンジュルムに加入したばかりの笠原桃奈ちゃんは、デビュー13日目で武道館のステージでパフォーマンスするという快挙。モーニング娘。の12期は武道館でお披露目がありましたが、パフォーマンスはしていないので、かっさーがハローで最速かな? 司会はあのベッキー。美しいし、美脚でした。「皆さん、元気ですか?」と会場の声を拾うと、「私も元気です」と一連の騒動に引っ掛けて笑いを取っていました。 アプガは「パーリーピーボーエイリアン」の1曲のみ。歌い出しの佐保明梨ちゃんは「あたし、今、武道館で歌ってる」と喜びを噛み締めていました。曲中ではかりんやさゆべぇを引っ張り出して一緒に踊らせたり、その後、あやちょやたけちゃん、りなぷーらも参戦。エッグの絆ですね。 アンジュルムは「次々続々」「大器晩成」の2曲。しかも生バンド。盛り上がりました。「次々続々」で、かっさーが逆の方向に移動しようとしたところ、すかさずりかこにだき抱えられるように方向を直されていましたが、後は堂々と踊っていました。 Juice=Juiceは「Wonderful World」「ロマンスの途中」の2曲。こちらも生バンド。「Wonderful World」の方は、メンバーが書いた手書きの歌詞を、ステージのビジョンで映し出すという演出。 このほか華原朋美さん、flumpool、Silent Siren、あゆみくりかまき、神宿なども出演。ラストは華原朋美さんと、女性陣だけで「I'm Proud」を歌いましたが、21時を回っていたため、アンジュルムは5人、Juice=Juiceは3人だけになっていました。 トークでは、アプガで「これから挑戦したいこと」について、せっきーが「マグロの一本釣り」と答え、「大変だから鰹から始めれば」と一蹴されていましたが、本当にやりかねないのがこのグループ。 「メンバーの中でおかしい人は?」の質問には、全員が佐保明梨ちゃんを指さしていました。「ツイッターで文字よりびっくりマークの方が多い」というのが理由。 武道館に向け、全員がツイッターを始めましたが、「ブログは書くときに冷静になれるが、ツイッターは変なテンションのまま書いてしまう」と小夏。 Juice=Juiceは、番組司会も務めるもう一人の司会のハマ・オカモトさんが生ギターで「ロマンスの途中」をセッション。ともこは「途中で目があって嬉しかった」、あーりーは「生ギターの音に足が震えた」と持ち上げ、ハマさんも喜んでいました。 武道館公演のもようは、8月27日(土)に放送予定だそうです。 会場で配布していたアプガの武道館告知。たくさん観に来てほしいです。

      2
      2
      テーマ:
  • 28 Jul
    • 研修生4人、活動終了

      ハローの公式サイトで研修生発表会の出演者更新の情報がアップされていますが、その中で、 ※横川夢衣・橋本渚・島野萌々子・仲野りおんは、研修活動終了しましたので、本公演に出演致しません と、ショッキングなお知らせ。 ゆーめいは大阪のハロコンに出ていませんでした。 4人とも、すでに研修生のプロフィール一覧から外されていました。

      1
      4
      テーマ:
  • 27 Jul
    • こぶしファクトリー 後楽園

      7月27日はこぶしファクトリーの3rdシングル「サンバ!こぶしジャネイロ/バッチ来い青春!/オラはにんきもの」の発売日。東京ドームシティ「ラクーアガーデンステージ」で行われたミニライブ&握手会の2回目公演に行ってきました。 きょうの衣装は「バッチ来い青春!」のユニフォーム。CDはめでたく完売でした。 セットリストは、 ①バッチ来い青春! ②オラはにんきもの ③念には念(念入りver.) ④サンバ!こぶしジャネイロ ⑤桜ナイトフィーバー ミニトークは、1回目公演の後にアトラクションに乗った話。 れなことれいれいはメリーゴーランド。れなこは「はまちゃんが隣ならジェットコースターに乗れたが、握手会の間にジェットコースターからの『キャー』という叫び声が聞こえたので、やめた」。みなみなは写真係としてメリーゴーランド組を撮影。その後、パン屋さんに行ったという。 あやぱん、はまちゃん、たぐっち、さこちゃんの4人はジェットコースターに乗車。「観覧車やビルの中をくぐり抜けた」「80度以上のほぼ真下に落下するような角度」「時速130km」と興奮混じりで感想を話していました。 ふじどんは「乗り物酔いするので、乗らなかった」。こちらもカメラマンとして、4人の乗るコースターの通過を階段で待ち構えていたが、実は乗車まで30分待ち。ふじどんにはその情報が伝わっていなかった。「まだかな、まだかな」と待っていたが、マネージャーさんから「本番30分前なので、そろそろ戻りなさい」と言われて4人の姿を見ることなく戻ってきたという。 握手会はいつもの年齢の高い順。 前作はウイークリーチャート1位の快挙。今回もいい結果になるといいですね。

      3
      2
      テーマ:
  • 26 Jul
    • 舞台「横浜グラフィティ」

      亀井理那ちゃんが出演する舞台「横浜グラフィティ」の初日公演に行ってきました。会場は六本木・俳優座劇場。 キャシー中島さんの青春時代の実話を、娘の勝野雅奈恵さんが脚本に仕立てた物語で、ストーリーテラーを兼ねた「Golden Cup」(舞台では「Silver Cup」)のマスター役に「テキサス刑事」の勝野洋さん、米兵役に勝野さんの息子の勝野洋輔さんと、勝野家総動員。キャシーさん役(舞台では「ナンシー」)は草刈正雄さんの娘の草刈麻有さん。 1960年代後半から70年代にかけての設定で、当時の洋楽やグループサウンズの曲をバックに物語が進行。「サミー」役のりなこもノリノリで踊っていました。「すべせんにぃ~」の宮原翔護さん(名前、変えたんですね)は今回は汗だくではありませんが熱い男の役。 まだ初日なのでストーリーには触れませんが、当時のハマの若者たちのいきいきとした姿が伝わってきました。 ハーフタレントの先駆け的な存在のキャシーさんですが、時代的な背景もあって、当時は辛い思いもしていたんだなということが改めてわかりました。今はいい時代ですね。 会場には、当時の横浜で青春時代を過ごしたと思われる、往年のやんちゃそうな元青年たちもたくさんいて、こちらが元ネタがわからないようなところでも笑いが聞こえてきました。 小さい劇場なのに、キャストは全41人。圧巻です。 会場でパンフを買ったら、手渡してくれたのはキャシーさん。驚きました。

      2
      テーマ:
  • 24 Jul
    • 夏ハロー 大阪2日目

      夏ハロー大阪2日目。 重要なニュースから言うと、れいれいは髪を切っていませんでした。詳細は後ほど。 きのうの夜に続き、きょうも「Rainbow Carnival」。トークのときに「押忍!こぶし魂」の衣装でひな壇に座るこぶしファクトリーが虹のよう。 シャッフルは定番の「赤」「青」のほか、「紫」が「初恋サイダー」、「ピンク」が「夏 LOVE ロマンス」、「緑」が「元気者で行こう!」。「ドットビキニ」はむろたんら、「オシャレ!」はももち、まーちゃん、あやぱんの、歌うま3人。 「ハロプロランキング」は「ペットの子犬として3日間くらい飼ってみたいメンバー」。 結果は、 ①森戸知沙希 ②佐々木莉佳子 ③鈴木愛理 ④羽賀朱音 ⑤田口夏実 たぐっちは3票。たぐっちに1票を投じたふなっきは「他人のことは言えないが、私も田口さんも小さいので、子犬として可愛がるにはちょうどいい」。勇気あるふなっきの発言に、たぐっちは「舐められてる?」。りさまるは「つばきとこぶしの楽屋が一緒だが、田口さんは小さいのに机の回りは汚いし、声が大きい」とペット的なところを指摘すると、たぐっちは「悪口?」とムキになっていました。 あかねちんは「ゆるキャラランキング」に続くランク入り。1票を投じたきそらは「あかねちんはすぐ手を噛むところが犬みたい」。あかねちんは最初は噛む事実を否定していましたが、「口の前に手を出されるから」と噛む理由を説明。 愛理はシャッフル曲の準備でひな壇には座っていませんでしたが、ランクインしたことを知ると、ステージ袖から緊急参戦。1票を投じたちぃちゃんは、「かわいいし、声も素敵」と愛理への憧れを語る。愛理は「私はたくさん食べるので、食費が大変だよ」。 すると、前日に愛理から誕生日プレゼントをもらい、浮かれているたぐっちが「私は鈴木さんに飼われてもいい」と、負けず嫌いのトーク参戦。愛理から「たぐっち、かわいいね。飼ってもいいよ」と嬉しい言葉を掛けられ、さらに舞い上がっていました。 りかこは「自分の名前がこの流れで呼ばれると思っていなかった」。 1位のちぃちゃんは9票。1票を投じたやなみんは、「愛犬のポンズと顔がそっくりで、2ショット写真だとどっちが森戸さんかわからないほど」。きのうとは違って嬉しいテーマでの1位だけに、ちぃちゃんは嬉しそう。 まことさんの木工作業中のケガは、筋肉にまで達していて、全治1カ月だそうです。きょう、テレビ朝日系で、その木工に関する番組に出演しているとのこと。 オープニングアクトは、ハロプロ関西のLovelys!!!!で、メロン記念日の「さあ、早速盛り上げて 行こか…!!」。早速盛り上がりました。 開演前にはさこちゃんとの2ショット撮影。「押忍!こぶし魂」の衣装でした。隣のブースではカントリー・ガールズが撮影していましたが、待機列から丸見え。握手を終えた人はそそくさとその場を後にするのに、やなみんはその人が部屋を出るまで手を振ってお見送り。本当にいい子ですね 終演後はこぶしファクトリーの握手会へ。順番はいつもの年齢の高い順で、衣装は「バッチ来い青春!」のユニホーム姿。 最後のれいれいに「髪、切ってないの?」とただすと、いたずらっ子のような笑顔を浮かべていました。 嘘をつく子には、お化けにお仕置きしてもらおうかな。まあ、れいれいが自ら「髪を切りました」と言った訳ではありませんが…。 オリックス劇場の3階に、これまで出演したアーティストのサインが飾ってありました。真野ちゃんも発見。こぶしファクトリーのサインは見当たりませんでした。

      4
      4
      テーマ:
  • 23 Jul
    • 夏ハロー 大阪初日夜

      大阪初日夜公演は「Rainbow Carnival」。 シャッフルは、曲が名古屋と同じでしたが、メンバーが一部異なっていました。 色別では、 ▼チーム「水色」(なっきぃ、はーちん、むろたん、かみこ、あやぱん、きそら)→「初恋サイダー」。なっきぃは「青」ではなく「水色」というのがミソですね。 ▼チーム「オレンジ」(くどぅ、あかねちん、りなぷー、ちぃちゃん、たぐっち、りさまる)→「夏 LOVE ロマンス」 ▼チーム「イエロー」(まいまい、はるなん、りかこ、さゆべぇ、ふなっき、ふじどん、きしもん)→「元気者で行こう!」 このほかチーム「レッド」「ブルー」は名古屋と同じメンバー、同じ曲。 「ドットビキニ」はかなとも、りなぷーら8人、「オシャレ!」は、愛理、さくら、さゆべぇの歌うま3人。 メンバーによる「レインボーランキング」は、「ハローのメンバー2人で7日間の温泉ロケ。2人一緒の部屋だが、同室になりたくないのは?」 ①梁川奈々美 ②生田衣梨奈 ③矢島舞美 ④佐藤優樹 ⑤植村あかり あーりーは3票。このうちの1票を投じたかなともは、「大ざっぱで、7日間も一緒にいたら部屋が散らかってしまいそう」。あーりーは「同じグループのメンバーだし、一緒にツアーを回っているのに…」と、身内からの投票が信じられない様子。 まーちゃんは4票。「まことさん、私に入れたの誰ですか?絶対に嫌いになってやる」。まことさんがそのうちの1人がまいまいだと明かすと、まいまいは「まーちゃんはずっとしゃべっていてうるさいから」。 舞美ちゃんの3位に、会場からも驚きの声。1票を投じた梨沙ちゃんは「女神さまのような人と7日間も一緒にいるなんて、畏れ多い」。するとふじどんが「山木ちゃん、私は2年でも一緒にいられるよ」。これには舞美ちゃんが「ふじどんと一緒は、私が無理」。 えりぽんに1票を投じたちっさーは「話しているときでも、携帯をいじっていそう」。えりぽんは「そうかも」と反省しつつも、「ポケモンGOをやっています」。するとちっさーが「私もやってる。気が合うね」と180度違う対応。 やなみんは9票。ちぇるは「梁川ちゃんは礼儀正しいので、浴衣はどちらにしますと、30分ぐらい話されそう」。たけちゃんは「私の知らない言葉で話し掛けられたら、混乱する」。ももちは「生田やまさきちゃんのようなネタに見えないので、これからもよろしくお願いします」とフォローしていました。 ちっさーは夜も2曲。焦らないでいいので、ゆっくり復帰してほしいです。 髪を切ったはずのれいれい。きのうと違い、きょうはいつもの長い髪。きょうはエクステ?それともきのうがなんちゃってショート?真相が知りたいです。 「泡沫サタデーナイト!」のDJははるなん。 「バッチ来い青春!」では、「かっ飛ばせ!りおちゃん!」のコールが入り、ふじどんがファーストに向けて走るところで、靴が脱げて転倒。ほんとうの野球だったら珍プレーに選ばれそうな場面でした。

      3
      4
      テーマ:
    • 夏ハロー 大阪初日昼

      夏ハロー、大阪初日昼公演は「Sunshine Parade」。 シャッフルは「ハロプロタイムマシーン」で、今回は「2000年」。 1曲目は、はまちゃん、れなこ、きしもんで、「I WISH」。 2曲目はメロン記念日の「告白記念日」で、みなみな、ききちゃん、ちぃちゃん、たぐっち。この曲の年に生まれたなんて、感慨深いです。 アンジュルムは1曲目に「ヤッタルチャン」。地元ということもあって、かななんがいきいき。「毎日ハッピーに…」とめいめいが先頭になってトレインになって歌うところは、むろたんが引き継ぎました。かっさーも楽しそうに踊っていました。 ちっさーは「Summer Wind」「何故 人はなぜ争うんだろう」の2曲のみ参加。音の厚みが違いました。やっぱりちっさーの力は大きいです。 深層心理を探る「ハロコロジー」は、ふなっき、かななん、あーりーの、大阪3人娘。 お題は「服を買いに行ったが、そこの店員の態度が悪かった。店を出てからその人の悪口を言ってください」。 これでわかるのが「自分の欠点」。 ふなっきは早口の大阪弁で「何しとんねん」などと罵倒。かななんは「何で私に声 掛けへんねん」などと、接客の段取りの悪さを指摘。あーりーも普段は使わないようなきつい言葉で「偏食なんじゃないの」などとたくさんの悪口を言っていました。 ふなっきの発言についてはももちは「私の前ではあんな言葉を使っていないが、陰で何言っているかわかんないね」。 かななんの発言についてはあやちょが「人との距離の取り方が下手。いつまでも私に気を使っている。私がエレベーターの扉のボタンを押してみんなが降りるのを待っているとき、かななんは私が先に降りるのを待っている。私は『早く降りてよ』と思っているのに」。自分から相手に飛び込んで行けないようです。 あーりーについては、ゆかにゃが「あーりーも偏食。コンビニで同じチョコを何個買うのと思うこともある」。 トークはかっさーときしもん。かっさーは特技がバレエということで、きれいなY字バランスを披露。 きしもんはまことさんに注文。「研修生の頃は私の名前をよく呼んでくれたり、ポスト早見優と名付けてくれて嬉しかった。今は若い子ばかり。私のこと忘れちゃいました?質問受け付けますよ」と攻勢。 まことさんは「新しいニックネームを考えてきている」と応戦。「ポスト比企理恵とポスト田中律子、どっちがいい?」。 2人の名前にピンとこないきしもん。「比企理恵で」と名前の語感で選んでいました。 「泡沫サタデーナイト!」のDJははーちん。大阪組が大活躍でした。 研修生は帯同6人と、地元の秋山眞緒ちゃんと野口胡桃ちゃん。

      4
      テーマ:
  • 22 Jul
    • 井上玲音バースデーイベント

      こぶしファクトリーの末っ子、井上玲音ちゃんの15歳のバースデーイベントの2回目公演に行ってきました。会場は半蔵門・TOKYO FM HALL。 進行は上々軍団の鈴木啓太さん。 きょうのれいれいは、花柄の白いレースのワンピース。バッサリと短くした髪はアップでまとめて、少し大人っぽく見えました。 「15歳のうちにやっておきたいこと」は、「話し掛けられてもすぐに返せるようになること」。今すぐではなく、16歳になるまでに実現したいようです。 最初のコーナーは「れいれいに1問1答」。全10問でした。以下、覚えている範囲で順不同です。 ▼最近のプチ贅沢は? →コンビニで残っていた4パックのトマトを全て買った。 ▼自分を動物に例えると? →キリン。 ▼好きな曜日と理由は? →木曜日。木の感じがするから。 ▼自分の直したいところは? →飽きっぽいところ。ノートも3ページぐらい使うと、新しいノートに目移りする。 ▼こぶしファクトリーで一番仲がいいのは? →野村みな美ちゃん。 ▼こぶしファクトリーの誰かと入れ替わるとしたら、誰? →浜浦彩乃ちゃん。 ▼地球最後の日に何をする? →みんなでワイワイ騒ぐ。 「プチ贅沢」は、最初は次に買う人のために1パック残しておこうと思ったが、「ケースに並べて売っているのだから、私にも買う権限がある」と考えたという。 「キリン」は「首が長いので」。はまちゃんに長い首のことをよくいじられるそうで、ネックレスをつけてもらうときは「どこまでが首?」と聞かれたり、チョーカーをしてもらうときは「首のどの辺りにつける?上?真ん中?下?」と言われたりするという。 「好きな曜日」はちょっとこだわりの理由。山と海では、山が好きなれいれい。「音フェチなのです、地面に落ちた木や草のサワサワする音が好き。木曜日は木という字が入っているので」。 「仲のいいメンバー」のみなみなについては、1回目の公演で「もし男だったら、どのメンバーを彼女にしたい」という質問に対して答えたという。1回目と2回目の間にみなみな、はまちゃんと、れいれいの3人で握手会をしたばかりだが、「早く会いたい」と話していました。 「はまちゃんと入れ替わりたい」理由は、「足が長い、歌が上手い、ダンスが上手いのはもちろんだが、私に美容のことをいろいろと教えてくれる。浜浦彩乃ちゃんと入れ替われば、まだ教えてもらっていないことも分かる」。 次のコーナーでは、そのみなみなが登場。子供の甚平姿で、啓太さんは「座敷わらしみたい」と表していました。ゲームの前に、みなみなの音頭で「ハッピーバースデー」を会場とともに合唱。 ゲームはれいれいに関することについて、みなみながどのくらい知っているかを試すもの。みなみながボードに記入している間は、れいれいはアイマスク、ヘッドホンで、何も見えないし聞こえない状態。 1問目は、「れいれいの怖いもの」。 みなみなの答えは「お化け」。れいれいの回答は「ゆうれい」でみなみなが正解。れいれいは遊園地でも絶対にお化け屋敷には行かないそうです。 2問目はれいれいへのドッキリ企画。 れいれいには、ステージに出てきたテーブルのクロスを上手く引くことができるか、という質問だが、そのテーブルの下には「お化け」が隠れていて、れいれいがテーブルクロスを引いた瞬間にお化けが飛び出す仕掛け。そしてみなみなへのお題は「お化けに出会ったれいれいはどうなる?」で、みなみなの答えは「泣きわめく」。 段取りが終わり、お化け役が登場。貞子のような長い髪に、死装束。客席にも顔を見られないよう、頭には紙袋を被っている。このお化け役は、はまちゃん。 はまちゃんがテーブルの下に隠れ、準備完了。れいれいが勢いよくテーブルクロスを引くと、とっても怖いメイクをしたはまちゃんが飛び出す。悲鳴を上げて泣き出すれいれい。はまちゃんであることが分かっても近付けない。 「お化けをやってみたかった」というはまちゃん。明るいところで見ても見事なお化けメイク。みなみなと2人で入念に打ち合わせをしていたという。 みなみなが2問とも正解したということで、バースデーケーキが登場。れいれいもようやく笑顔。 最後にはまちゃんがれいれいにハグ。れいれいは顔を背けたまま。「長い首も、なで肩も、たくましい筋肉も、歌声も大好き」と、末っ子の誕生日を祝っていました。 ミニライブは5曲。 ①世の中薔薇色 ②(失念) ③初恋サイダー ④シャボン玉 ⑤大きな愛でもてなして れいれいの「初恋サイダー」、聴けてよかったです。愛理の声に憧れているそうです。「大きな愛でもてなして」はお姉ちゃんも好きで、カラオケでよく歌ってそうです。 会場では有志の方が紫のバンダナを配っていました。ありがとうございます。 純真という言葉がぴったりなれいれい。 素敵な1年になりますように。

      2
      2
      テーマ:
  • 19 Jul
    • こぶしファクトリー 音霊

      この夏、一番楽しみにしていたこぶしファクトリーの音霊公演に行ってきました。 最初の衣装はデニムのショートパンツに、薄手のブラウスやシャツ。 今年はステージがセンターに広く深くとってあり、横長だった一昨年の℃-ute公演とは様変わり。会場も段差無しのフラット。ステージが高くなっていたため、見えにくいことは無かったようです。 私はステージを真横から観るポジションに。普段、メンバー同士がアイコンタクトしている様子を、正面から間近で観ることができました。 メロン記念日の「夏」をこぶしファクトリーで聴いたのは今回が初めて。メロン記念日のレパートリーが増えていくのは嬉しいです。 音霊ライブにつきものと言えば、ステージからの水鉄砲攻撃。「HAPPY ! Stand Up」のときに、メンバー全員が水タンクを背負って攻撃開始。 たぐっちとふじどんの悪ガキ2人の攻撃を恐れていましたが、℃-uteちゃんたちに比べたらまだまだ。さこちゃんに至っては、引き金をいくら引いても、水が出てこないトラブル。来年のリベンジ、楽しみにしています。 着替えタイムのトーク、前半はふじどん、みなみな、れなこ、はまちゃん、さこちゃんの5人で「あいうえお作文」。 順番は、さこちゃん→れなこ→はまちゃん→みなみな→ふじどん。お題は「ゆいがはま」。 「ゆ」→優雅に歩き 「い」→色っぽく 「が」→画鋲を踏んだ 「は」→はまちゃんが 「ま」→マジ切れする この光景を一人一人実演することに。 髪をなびかせたり、どこから出したのかわからないような低い声で「痛っ!」と唸ったりと、面白いはまちゃんの真似が見れました。本人の実演では、軽やかにターンした後、小さな声で「痛っ!」と呟くような声でした。 ここでふじどんが「最年長の私で」と猛アピール。さこちゃんが「藤井梨央ちゃんも5文字だけど、小川麗奈ちゃんも5文字なので、れなを最後のオチに」と調停案。 「順番もシャッフルしよう」というみなみなの提案に、はまちゃんは「彩乃は3番」といち早く名乗り。会場から「やっぱりセンター」との声が出ていました。 順番は、さこちゃん→みなみな→はまちゃん→ふじどん→れなこ。 「ふ」→富士山頂で 「じ」→じーさん(藤井梨央ちゃん)がテレビを観ていたら 「い」→イチロー選手がやって来て 「り」→リードしていたら 「お」→「おい、みんなで野球やらないか?」 オチのれなこは、得意のジャイアンのものまねで、笑いを誘いました。 ここでメンバー交代。 あやぱん、たぐっち、れいれいの3人。たぐっちは「これまでの衣装で一番布の面積が少ない」と、デニムのショートパンツはそのままに、水着ほどではないもののお腹が大きく開いた胸元までの衣装。会場からも「フー」という声が飛んでいました。 こちらの3人は、箱の中から引いた3択問題に答えていくもの。 最初は、「もらえるならどれ?」。 「A」→好きな服が1着だけもらえる 「B」→好きなものを1回だけ食べられる 「C」→好きなところに1日だけ日帰り旅行 あやぱんは迷わず「C」。理由は「服や食べ物は頑張れば自分で買えるから」。 誕生日が間近のれいれいから「誕生日のプレゼント、まだこぶしファクトリーは2人からしかもらっていない」とアピール。あやぱんは、「もう買っていて、毎日持ち歩いているんだけど、コンサートが続いたので荷物になると思うから渡さなかった」と説明。たぐっちには「しまむらで買ってあげるよ 」。 2問目は、「恥ずかしいのはどれ?」 「A」→英字新聞を理解できないのに広げる 「B」→蘊蓄を語るが、間違えている 「C」→説教しているのにチャック全開 たぐっちが「蘊蓄って何?」と質問。れいれいとあやぱんが「豆知識のこと」と説明すると、たぐっちは「知らなくてもいいことね」と、さすがの答え。全員が「C」を選んでいました。 最後は「起きたら30分早かった。どうする?」 「A」→2度寝 「B」→ 30分早く準備 「C」→布団の中で30分だらだら あやぱんとたぐっちは「A」。こぶしで1、2を争う寝起きの悪さだそうで、この2人が同じ部屋のときは、集合時間の10分前に目覚めたことも。れいれいが選んだのは「B」。2人からは「さすがれいちゃん」。れいれいがホテルのドアを叩き、あやぱんを起こしていると、あやぱんから「分かった」と生返事。一向に起きないあやぱんに怒ることもあるという。 ここで着替えの終わった5人も登場。はまちゃんはさらに布の面積が少ないが、「写真集も出したので」と自信に満ちた余裕の答え。 アンコール後は「バッチ来い青春!」のカラーシャツで登場。みなみなからの指令で「間奏明けのところはみなさん、肩を組んでください」。アプガの「ENJOY!!ENJO(Y)!!」のような楽しい光景になりました。円陣を組むところも、近くの人と円陣を組んだら楽しいですね。みなみな、GJ。 最後の挨拶。 あやぱんは、「(バッチ来いの)自分の背番号は16番だが、エースナンバーなので、はまちゃんがつけている18番がよかった。でも16番は川上哲治さんが付けていて、巨人では永久欠番。私のこの番号も永久欠番にしてほしい」。 まだ引退しないでほしいと思っているところへ、「私だけでなく、こぶしファクトリー全員の番号は永久欠番。これからこぶしファクトリーの黄金時代を築きます」 と力強く宣言。さすが組長。 ふじどんは「℃-uteさんの音霊の映像を何回も観た。すごく楽しみにしていた」。 はまちゃんも「音霊に出るのがすごく楽しみだった。だから前髪も切って、体力作りもして、てるてる坊主も作った」。おかげでいい天気でした。はまちゃん、ありがとう。 れなこは「暑いので体力が心配だったが、無事、最後までできた」。さらに「ここで1つ、言いたいことがあるので言わせて」。会場の注目を集めると、「おい、みんなで野球やろうぜ」。得意のジャイアンで締めていました。 握手会はバッチ来いの衣装で、年齢の高い順。割とゆっくり目でした。

      4
      2
      テーマ:
  • 18 Jul
    • 富士山頂 猪突猛進

      世間では「海の日」ですが、富士山頂へ猪突猛進してきました。 横浜駅から富士山五合目行きのバスで9時半過ぎに現地に到着。13時頃に山頂にたどり着きました。 富士山頂で、こぶしファクトリーのマフラータオル広げた人、いるかな? アプガはこんなところでライブをしたんですね。本当にカッコいいです。

      2
      テーマ:
  • 17 Jul
    • 夏ハロー 名古屋2日目②

      夏ハロー名古屋2日目夜公演も終了。 夜は「Sunshine Parade」。アンジュルム新メンバーのかっさーはきのうは途中からの参加だったので、オープニングの「Good Bye 夏男」と、アンジュルム1曲目の「糸島Distance」にもようやく参加。ただ、グループシャッフルでの「チョット愚直に!猪突猛進」には不参加でした。 夜公演のシャッフルは「ハロプロタイムマシーン」で、今回は「2001年」。 1曲目はれいれいとりかこで、あややの「トロピカ~ル 恋して~る」。懐かしさの半面、「この歌の頃に生まれたの?」という衝撃も。りかこのセリフも、れいれいの表情もカワイイですね。 2曲目はまりあとさこちゃんで、中澤姐さんの「悔し涙 ぽろり」。この組み合わせは同郷、研修生同期でもあり、貴重。でもなぜ演歌? 2001年なら「チュッ!夏パ~ティ」とか、ほかにたくさんあるのに。 心理テストは、はるなん、たけちゃん、愛理の3人。 お題は「あなたは1個のダイヤモンドを持っています。それはどんなダイヤですか。そしてそれを盗ろうと狙っている人がいます。それは誰ですか?」 ダイヤモンドは自分自身。それを盗ろうとしているのは目の上のタンコブのような疎ましい人。 はるなんは「自分の顔ほどの大きなダイヤ。狙っているのは石田亜佑美ちゃん」と答え、会場から歓声。 たけちゃんは「ダイヤは泥だんごほどの大きさ。狙っているのは自分のお兄ちゃん」。「泥だんご」という言葉のチョイスが、なんかたけちゃんっぽいです。 愛理は「指先ほどの小さなダイヤだが、濁りのない透明なもの。狙っているのは65歳のおばさん」。謙虚さが表れていますが、65歳のおばさんって誰なんでしょう。 トークはかっさーときしもん。 かっさーは「親の影響で洋楽、特にビートルズをよく聴いている」という。好きな曲は「レット イット ビー」。ここでまことさんが「笠原さんの親御さんは今、何歳?」と質問。かっさーの答えは「32歳」。まことさんは「もう、孫の年齢ですね」と驚いていました。 きしもんは「今、はまっている」という「ラップ」の話題。家でも母と、身の回りの出来事をラップにして歌っているという。きしもんが用意してきた、名古屋公演の様子をラップで歌い、拍手を集めていました。 最後の挨拶で、各グループがそれぞれ決めポーズをしてくれました。こぶしファクトリーは猪突猛進のイノシシポーズ。アンジュルムは全員が決めた後、かっさーだけがバンザイポーズ。きっとアンジュルムのイタズラで、本当は全員でバンザイすると言っていたのだと思います。かっさーは恥ずかしくて顔を手で覆っていました。 れいれいの15歳のお祝いはステージでは無し。残念です。 研修生の児玉咲子ちゃんはカワイイ2つ結び。整った顔立ちで大人っぽく見えますが、実はかっさーと同じ2003年生まれ(学年は咲子ちゃんが1つ上)。我が軍は有望な子を揃えていますね。 会場にはあやちょが出演する「ビジュルム」からお花が。 ハロショには香音が卒業公演で着ていたヒマワリ柄の衣装が展示してありました。

      2
      2
      テーマ:
    • 夏ハロー 名古屋2日目①

      夏ハロー名古屋2日目、昼公演は「Rainbow Carnival」。初日公演に比べてシャッフルがたくさんありました。 メンバーカラーの色別では、事前に告知のあった「赤」が「赤い日記帳」。「青」は「青いスポーツカーの男」で、メンバー4人がエレキギターを抱えて登場。 さらに「紫」は「初恋サイダー」、「ピンク」は「夏 LOVE ロマンス」、「緑」は「元気者で行こう!」。 このほか、あやぱん、まーちゃん、ももちの「歌うま3人」のユニットはあややの「オシャレ!」。あやぱんの歌声、2人に負けていませんでした。はーちん、まりあら8人による「ドットビキニ」もあり、見どころたくさん。 色別ユニットでないものは、どんな共通点があるのか説明があると嬉しいです。願わくは、回替わりで曲目の入れ替えをしてほしいですね。 客席降臨はラストの「サンバ!こぶしジャネイロ」のみ。研修生以外の全員が一度は客席にやって来ます。 かっさー(ももにゃ)は、オープニングのメンバー紹介の映像にしっかり組み込まれていました。きょうも全アンジュルム曲に出演。もうずいぶん前からメンバーだったかのように、堂々としたパフォーマンス。「恋ならとっくに始まってる」の冒頭のめいめいのセリフはあやちょが引き継いでいました。 モーニング娘。'16の「泡沫(うたかた)サタデーナイト!」のDJははーちんでした。 トークコーナーは、メンバーの投票による「ハロプロランキング」で、今回は「ハロプロ初のゆるキャラを作るなら、モデルは誰?」。 結果は、 ①あかねちん ②ふなっき ③たけちゃん ④あいあい ⑤やなみん やなみんは「ハロプロを代表する5人に選ばれて光栄」と、いつものやなみん節。 たけちゃんが選ばれると、会場からの「おでん」の掛け声に、「うるさい」投票による一言。 ふなっきについては、梨沙ちゃんが「まずマスコット体型なこと。カントリー・ガールズには身長160cmを超えるメンバーが1人もいないが、結がいるおかげでみんな身長が高く見えている。だから感謝している」。 あかねちんは全メンバーの5人に1人が投票する圧勝。まいまいは「ぷにぷにしていて触りたくなる」。あかねちんは片手を双眼鏡のように目に当てるいつもの「あかねちんポーズ」をやってくれました。 きょう17日は,れいれいの15歳の誕生日ですが、昼公演では言及無し。紫チームのシャッフルで、税所はれいれいとちぇるの2人だけの登場だったため、誕生日のお祝いかと思いましたが、違いました。夜公演ではぜひお祝いしたいです。

      3
      2
      テーマ:
  • 16 Jul
    • 夏ハロー 名古屋初日

      夏ハローがついに開幕。初日からビックリする大ニュースが飛び込んできました。 アンジュルムにハロプロ研修生の笠原桃奈ちゃん(12歳、神奈川県出身)の加入を発表。 後半戦で各グループが持ち歌を披露するとき、アンジュルムはステージ上に6人だけ。 あやちょが「みなさんに大事なお知らせがあります」と神妙な面持ちで話し始める。 「ついに来るものが来たか」「それとも不在の2人の卒業?」。短い時間でいろんな思いが頭をよぎるなか、あやちょが「アンジュルムに新メンバーが加入することになりました」。 客席後方から、アンジュルムの旗を掲げるたけちゃん、かななんに挟まれる形でそのメンバーが入場。やがて客席後方から歓声が広がっていきました。 ステージに立ったももにゃ。(アンジュルムのメンバーのブログではかっさーと呼ばれているので、いずれそちらに収斂するのかな?)。「ハロー!プロジェクトにはこれまでいろいろなグループにたくさんの新人が入ってきましたが、私は最強の新人と呼ばれるようがんばります。アンジュルムに革命を起こします」と力強く宣言。 挨拶直後の「大器晩成」では、もうメンバーの一員として参加するももにゃ。半年前にはかみこちゃんがまだあやちょに腰を押されて右往左往していたのと比べると、さすが研修生、そしてさすが最優秀賞。 次に登場したときは、「次々続々」を9人で披露。ももにゃはセンター位置に来ることもありました。最後の靴音を響かせるところでは、後ろ向きになった際に足を滑らせて尻もち。まだハイヒールに慣れていないので仕方ないですね。 終演後には早速、日替り写真と、ソロ2L、アンジュルム9人の集合写真を発売。あやちょとむろたんに挟まれ、最前列センターで収まるももにゃ。身長はすでにむろたんを抜いているようです。 きょう発売の8人体制のマイクロファイバータオルはレア物となるのかな? 初日は「Sunshine Parade」公演。 オープニングの「Good Bye 夏男」でメンバーが客席降臨。私は上手通路側でしたが、通路側にお立ち台が設けられ、最初にたけちゃんとりかこ、続いてはまちゃんがお立ち台に登ってくれました。 エンディングの「泡沫サタデーナイト!」でも降臨。上手通路のお立ち台にはあやぱん、佳林ちゃん、きららちゃんが登りました。きららちゃんは佳林ちゃんの肩ほどの身長。間近で見ると本当に小さいです。 進行のまことさん。趣味の木工できのう、足をカッターで切ってしまい、数針縫ったばかりという。まだ傷口が塞がっていないので足取りもゆっくり。 声帯結節の手術を無事終えたちっさーはきょうはトークのみの出演。 ちっさー不在の℃-uteは4人体制でしたが、4人でもさすが℃-uteと思わせるパフォーマンス。なっきぃや愛理がちっさーのパートをカバーしていました。舞美ちゃんのデコ出しが新鮮。 モーニング娘。'16は、「泡沫サタデーナイト!」のDJがまりあ。 Juice=Juiceは9月発売の新曲2曲と、ツアーで歌っていた「如雨露」を披露。新曲はいずれも前に進んでいくメッセージング。 カントリー・ガールズも新曲を披露。まなかん抜きの新曲には少し複雑な思いです。 こぶしファクトリーは「オラはにんきもの」と「サンバ!こぶしジャネイロ」の2曲。踊りが簡単な「オラはにんきもの」の方は、早速コールも入っていました。 きょうのシャッフルは、「ハロプロタイムマシーン」という企画で2曲。ハロプロの懐かしい楽曲を、その年に生まれたメンバーが歌うもので、今回は1999年。 まず「真夏の光線」で、あやぱん、ふじどん、はーちん、ちぇる、まーちゃん、さくら、あんみー、あいあいの8人。次の「ちょこっとLOVE」は、かみこちゃん、くどぅー、きそらの3人。グループを超えた組み合わせが面白いです。 グループカバーでは、モーニング娘。'16がカントリー・ガールズの「愛おしくってごめんね」。冒頭のセリフはあかねちん。会場から歓声を浴びていました。 トークコーナーは心理テストで、あゆみん、ゆかにゃ、たぐっち。問題は「魔女がいました。どんな魔女でどんな魔法を使うか」。読み解く心理は「自分では気付かない本当の自分」。 あゆみんは「ネガティブな魔女で、自分が羨ましいと思うことは魔法でダメにする。脚の長いはるなんを短くしたり、お姫様のような鈴木愛理さんの服をボロボロにする」。 ゆかにゃは「期待に応えようと一生懸命な魔女。悪い魔女と思われているなら、ネットで検索して悪い魔女に成りきる」。 たぐっちは「わがままで、自分勝手な魔女」。 それぞれ、「なるほど」と思わせる回答。ゆかにゃについてはメンバーから「本当は髪をショートにしたいんだけど、ファンの方が今の長い髪が好きだから伸ばしているし、私服も本当に自分が着たいものではないものを着ている」解く普段からの「努力」の様子を明かしてくれました。ショートのゆかにゃもカワイイと思いますよ。 ももにゃの1件もあり、中身の濃い2時間半でした。 研修生は帯同組がいっちゃん、かえでぃ、きづき、ひかるん、こころちゃん、るんるんの6人。地元組がきららちゃん、児玉咲子ちゃん、さおりんの3人。ももにゃの昇格は嬉しいけれど、かえでぃの気持ちを思うと…。

      4
      4
      テーマ:
  • 04 Jul
    • 金澤朋子バースデーイベント

      7月2日に21歳の誕生日を迎えたJuice=Juiceの金澤朋子ちゃんのバースデーイベントの2回目公演に行ってきました。会場は川崎・CLUB CITTA'。進行役は上々軍団の鈴木啓太さん。 進行・セットリストは、 ▼ラジオ風のトーク=開演前 ①チクタク 私の旬 ▼バースデービデオメッセージ ②愛して 愛して 後一分(モーニング娘。) ③好きすぎて バカみたい(DEF.DIVA) ▼ゲームコーナー ④サヨナラのLOVE SONG(後藤真希) ⑤恋 ING(モーニング娘。) ⑥どんなことがあっても(中島卓偉) ▼挨拶 ⑦My Days for You(真野恵里菜) 開演前のラジオ風のトークは東京都港区のFM1010からの放送という設定で、パーソナリティーは金澤クリスティーナ朋子さん。梅雨時の部屋干しの話、天気予報のほか、大阪の17歳のリスナー、ラジオネーム「うえむー」さんからのお悩みの手紙。 うえむーさんは「周りから『天然』と言われ悩んでいる」という相談。靴の中敷きを左右反対に入れて履いていたり、イヤホンのコードが絡まったまま聴いていたりして、周囲から天然だと言われることに不満を感じているという内容。 クリスティーナさんは「靴の中敷きを左右反対にしたら履けないでしょ」と指摘した上で、「天然というより、がさつなのかな。自分は真似できないが、天然ってカワイイと思う」と、一応フォロー。 番組のエンディングの曲としてセットリストの1曲目が流れ、かなともがステージに登場。 きょうのかなともは、白いサマーニットに、白いチュールスカート。燕尾服のように後ろが長く前が短いスカートで、自慢の美脚がよく見えました。 啓太さん登場で、21歳でやりたいことについて。20歳になったときは「大人の女性になる」と語っていたが、自己評価では「落ち着きがなく、目標が達成できなかった」と反省。元々理系だったこともあり、ハロ!ステの日本語講座があまり出来なかったことから、「勉強してたくさんいろんなことを吸収して、今年こそ大人の女性になる」と気持ちを新たにしていました。 ビデオメッセージはつばきファクトリーの浅倉樹々ちゃん。ハロプロ研修生として初めてハロコンに帯同した時、「一緒に写真を撮ろう」と初めて声を掛けてくれた先輩がかなともだったという。樹々ちゃんはかなともについて、「凛としていて、歌声がすごく素敵」とベタ誉め。 かなともは「凛としてなんて難しい言葉を知っているね」と感心していたが、樹々ちゃんは高校1年生だと知って、「5個以上も離れているなんて、恐ろしいですね」。 2曲目、3曲目はスタンディングのミニライブ。意外な選曲でした。 ゲームコーナーは、最初がブーブークッションを使ったもの。会場から4人をステージに上げ、かなともがそれぞれの座る位置を指定。かなともを含め5人で順に座り、1つしかないブーブークッション無しの座席に当たればクリア。 最後の1席を争うところまで生き残ったものの、惜しくも敗れるかなとも。それにしてもステージに上がった人の名前を覚えていることに驚きました。 次のゲームは「古今東西」。タイマー仕掛けの爆弾風船を回しながら、お題に答える。最初は「すき屋のメニュー」、次が「金澤朋子の魅力」。ただし1戦目はかなとも以外は1人2個、2戦目は同3個を答えなくてはならないハンデ戦。「朋子様の言うとおり」というタイトルがついていました。 最後のゲームはかなともがはまっているしゃぶしゃぶの肉を賭けたもの。引いた紙に書かれた数字にぴったりの人数の回答者がいる問題を出せればクリア。1回目公演で1問正解だったのを持ち越し、2回目公演で1問正解なら「そこそこの牛肉」、2問正解なら「高級黒毛和牛」、3問正解なら「牛1頭」が賞品。 1問目は「1人」が正解になる問題。ちなみに1回目公演でも「今月結婚する人」で1人正解の問題をクリアした。 「親類に五輪メダリストがいる人」などいろいろ悩んだ挙げ句、「海外から来た人」に。なんと会場に3人もいて、クリアならず。 2問目は「5人」が正解の問題で、「ハロプロのオーディションを受けたことがある人」。これは見事クリア。 3問目は「3人」が正解の問題で、「苗字が金澤の人」。正解はわずか1人。1問目と3問目が逆ならパーフェクトで牛1頭をゲットできていただけに、かなり悔しがっていました。 4曲目から着席ライブ。4、5曲目は「私が憧れている鈴木愛理さんが歌っているのを聴いて好きになった曲」。 最後の挨拶では、いろいろあったこの1年の振り返り。 病気の公表については、「自分がこんなことになるなんて本当に驚いたし、公表すべきかどうかすごく悩んだ」。次第に涙を浮かべるかなとも。 「自分から辞めることを伝えたこともあったが、『Juice=Juiceには金澤が必要』とマネージャーさんが言ってくれた」「ハロコンや220ツアーではステージに出られないことが多かった。ステージに出たくて、ステージ袖にいたが、『今、ステージに出て倒れたら、もっと大変なことになる』と言われた」など、苦しかった胸のうちを明かしてくれました。 簡単に治る病気ではないと思いますが、最近は症状も安定しているようで、元気な姿を見ることができ嬉しい限り。武道館まであと128日。最高のパフォーマンスを楽しみにしています。 ラストの真野ちゃんの歌。スタッフやファンら、自分を支えてくれた人たちへの感謝の思いが込められていて、心に沁みました。 お見送りの後で「ぬんとぅん」のステッカーを配布。 なっきぃに続き、かなとももついに写真付き食品を発売。美しい写真が当たりました。

      8
      2
      テーマ:
  • 03 Jul
    • アプガ お台場

      アップアップガールズ(仮)のZeppツアー「The Seven PARTY LIVE Alien」のツアーファイナルに行って来ました。会場はお台場・Zepp Diver City。2時間半もあっという間の濃いライブでした。 今回は座席指定。いつものライブハウスとは異なり、荷物を置くスペースと、ある程度踊れるスペースが確保できるのが、よいところ。 冒頭はLovendoЯの魚住姐さんがゲストギタリストとして登場。アプガの4曲にギターの生演奏が加わり、曲の厚みを感じました。 リハーサルから「メンバー全員とアイコンタクトを取る」ことが目標だった魚住姐さん。明梨ちゃんだけとは目を合わせることができず、「本番では佐保さんと目を合わせる」と宣言していたそうです。しかし本番ではやっぱり目が合わず。明梨ちゃんは「目が合った」と主張していましたが、実際は客席を見ていたそうです。 あやのんは「楽しかったので、またやりたい。LovendoЯのツアーに呼んでくれませんか?」。まぁなは「最前列センターで観たい」。アプガとLovendoЯは一緒にステージに立ったことがあるそうですが、リーダーのれいなが「アプガ、うるさい。10年ぐらいしたら、また一緒にやろう」と、アプガを敬遠しているという。魚住姐さんは「うちのリーダーを説得する」と応じていたので、再び同じステージに立つことがあるかも。 姐さんが引き上げた後、あやのんが「魚住姐さんが参加したのは私がきっかけ」と説明。あやのんは姐さんからギターを習っているところだという。その腕前を披露ということで、「このメロディを君と」をアコギで生演奏。後ろで心配そうに踊るメンバー。まだまだ発展途上でしたが、いつか、ものになることを楽しみにしています。 後半戦はレーザー光線が飛び交い、会場もヒートアップ。「美女の野獣」ではキレキレのダンス。「サマービーム!」ではあやのん以外が客席降臨。明梨ちゃんだけは2階席にまで遠征。最前列の女性が馴れ馴れしく明梨ちゃんに手を伸ばし、「スタッフは止めないのかな?」と思っていたら、アンジュルムのたけちゃんでした。 武道館に向けて、メンバーから3つの重大発表。 ①10月11日に新曲発売。大森靖子さんが作詞作曲。アプガファミリーとの絆をテーマにした歌だそうで、「記録より記憶に残るものにしたい」とみーこ。 ②「アプガ制服コレクション」と題し、学生がいなくなったアプガが制服を着た3つのイベントを実施。「バレバレ I LOVE YOUを制服を着て歌うMV」「最新のVRを駆使し、360度見渡せる胸キュンのミニドラマをメンバー全員分」「7月31日にAKIBAカルチャーズ劇場で初の制服ライブ。ミニドラマと、そのアナザーバージョンも公開」 ③7月28日にタワレコ渋谷店で「パリピナイト」開催。 ここでタワレコの嶺脇社長がステージに登場。「何かあるのでは」と怯えるメンバー。 社長は武道館公演に向けて2つの試練を発表。 ①断崖絶壁に囲まれた孤島でライブ。メンバーは前乗りし、ステージを自分達で作る。ただしその孤島には電気が通っていない。 ②武道館公演の中でメンバーがやりたがっているソロコーナーを実施。ただし歌えるのは1人だけ。その権利を争うため、9月8日のF.A.D. YOKOHAMAと、16日の吉祥寺・CLUB SEATAで予選ライブを開催。ソロ曲を持っていない人は、持ち時間を何に使っても可。 嶺脇社長は4月24日の新宿・BLAZEの公演で「武道館公演決定」を告げるはずだったが、「大切な人の誕生日を祝うため、早く会場を出た」。この日は新宿・牛込箪笥ホールでこぶしファクトリーのはまちゃんのバースデーイベントが行われた日でした。 やっぱりアプガは楽しいのだが、ちょっと謎の発言も。 ブログで「大事なお知らせがある」と予告していたせっきー。公演の中盤で涙ながらにこれに関して説明。 「アプガが前に進むための試練。この話を聞いたとき、メンバー全員が泣いた」。 制服動画が涙を流す理由とは考えにくい。次の新曲が「記憶に残るもの」としていることも引っ掛かりました。お願いだからこれが「ラストシングル」なんてことにはならないでほしいです。まだまだアプガは上を目指して進んでもらわなきゃ。 公演に先立って行われた「Rehearsal Show & ミーグリ」にも参加しました。 Rehearsal Showは、リハーサルの一部を公開で行うもので、普段は見ることができないリハーサル風景を見ることができ、貴重な体験でした。 まぁなが立ち位置を仕切っていたり、小夏が他のメンバーの振り付けを確認したり、せっきーが自分のマイクの音量をもっとあげてほしいと要望したり。これ自体が本物のリハーサルの一部なのか、あるいはリハーサル仕立てのショーなのかはわかりませんが、面白かったです。 一方で、本番で初めて知る内容の一部がネタバレになってしまう側面も。「サマービーム」の曲中にメンバーが客席降臨することや、明梨ちゃんだけ2階席まで行くことは、公演前に知ってしまいました。これはこれで仕方ないですね。 その後ミニライブ、握手会、自分の携帯を使ったメンバーとの8ショット撮影と盛りだくさん。充実した内容でした。 会場で売っていた「武道館10万円チケット」は後ろ髪を引かれましたが、ひとまず見送り。平日なので、確実に参加できるとは限らないため。でも悩むなぁ。

      4
      テーマ:
  • 29 Jun
    • こぶしファクトリー 川崎

      こぶしファクトリーの3rdシングル「サンバ!こぶしジャネイロ/バッチ来い青春!/オラはにんきもの」の発売を記念したトーク&握手会に行って来ました。会場はタワーレコード川崎店(タワ崎)。 きょうのメンバーは、みなみな、はまちゃん、さこちゃん。はまちゃんが仕切り・進行、さこちゃんがツッコミ、みなみながボケの役回り。 「バッチ来い」のアナザーバージョンの衣装で、背番号はみなみなが「37」、さこちゃんが「35」、はまちゃんが「18」。語呂合わせの背番号であっても、エースナンバーを背負うのは、さすがはまちゃん 。さこちゃんは高い位置でまとめたポニテでした。 トークの冒頭は、昨日の盛岡でのわんこそばの話。はまちゃんが182杯、れなこが209杯という大記録を打ち立てたが、みなみなが「盛岡県で」と誤り、はまちゃんから「盛岡県?」とすかさずツッコミ。「れなと同じ間違いをしている」と笑っていました。 みなみなはわんこそばに2回挑戦したことがあるそうで、「昨年の発売記念イベントでは50杯くらい、モーニング娘。'14のツアー帯同のときは34杯」。それでも成人女性の平均だそうです。さこちゃんは80杯くらい。 今回は食べる時間が45分と長かったこともありますが、「れなは80杯くらいの時は『もうお腹いっぱい』と言っていたのに、そこからが凄かった。あの子は頭が弱いから、お腹がいっぱいなことも感じないんじゃない?」と容赦ない指摘。「こぶしファクトリー8人で1000杯」もできそうですね。 続いて新曲のタイトルにちなんだトーク。 まず「バッチ来い青春!」にちなんで「この食べ物ならずっと続けて食べられる」という「バッチ来いフード」の話。 さこちゃんは「ピンクグレープフルーツ」。はまちゃんとのBlu-ray「Greeting」でも「好きな食べ物」として紹介していましたね。「ずっと食べてもいいし、少し飽きたら搾ってジュースにして飲む」。 はまちゃんはもちろん「ラーメン」。「朝は塩ラーメン、昼は味噌ラーメン、夜はあっさり醤油ラーメン。スープにご飯を入れてもいい」。はまちゃんは「浜浦軍の人は共感してくれるはず」と話していました。 みなみなは「パン」ではなく「ご飯」。さこちゃんから「ご飯なら会場にも3食ご飯という人がいるんじゃない?」と指摘。みなみなも「ご飯は意外ではないか。だったらキュウリの味噌漬け」。しかしさこちゃんは「私、けさそれ食べた」。家庭菜園をやっているさこちゃんのおばあちゃんから、トマトと一緒に届き、さこちゃんは合わせ味噌をつけて食べたそうです。 「こぶしジャネイロ」にちなんだ「私、○○ジャネイロ」。他人から○○と見られているが、私は○○ではないという話。 さこちゃんは「私は女子大好きジャネイロ」。みなみなは「メンバーにベトベトしているから」と説明していましたが、ここもさこちゃんから「ベタベタ」と直されていました。特段、女の子が好きという訳ではないとのこと。 はまちゃんは「私は蛙ジャネイロ」。たぐっちから「蛙に似ている」とよく言われ、バースデーカードに蛙の絵が描いてあったという。「でも最近は慣れてきた。蛙のキーホルダーも持っているし、蛙でもいいや」。 みなみなが「じゃあ、はまちゃんを動物に例えたらという質問では、皆さんは蛙と答えてください」と煽ると、はまちゃんは低い声で「それは許さない」。たぐっちに言われるのは仕方ないとしても、浜浦軍のファンには言われたくないとのこと。はまちゃんを動物に例える場合は「猫」と答えるようにお達しがありました。 7月1日からこぶしファクトリーの舞台「Weekend Survivor」がインターネット放送で公開になるということで、話題は当時の裏話に。 ▼れなことたぐっちがふじどんを奪い合い→ちょっとやんちゃな男の子タケシ役のふじどんに、れなことたぐっちがメロメロ。「カッコいい」と、ずっと熱い視線を送っていたという。はまちゃんやみなみなは一歩引いて、そんなれなこたちを見ていた。 ▼変顔にふじどんが吹き出す→みなみなが演じるチアキと、ふじどんが演じるタケシが言い合いになって見つめるシーン。客席からはみなみなが背を向けていて表情が見えないが、この時みなみなは眉を寄せたりして変顔をしていた。リハーサルでやったところ、ふじどんが「面白い」と言ってくれたことで、どんどんエスカレート。見つめ合った直後にはタケシが真剣なセリフを話す場面だったが、ある回ではふじどんが吹いてしまい、笑いを必死で堪えながら下を向いて何とかセリフを話していた。はまちゃんから「それ、ステージでやっちゃダメなやつだよね」と厳しい指摘。 ▼マジ寝した子は…→メンバー全員がステージで眠っているシーン。1人、また1人と目が覚めて話が進んでいくが、たぐっちがマジ寝してしまい、セリフまで妙に間が空くことがあったという。 ▼あやぱんの苦労→ふじどんはショートヘアのため、タケシ役も問題なかったが、ロングヘアのあやぱんは、ユウトになるためにショートヘアのかつらに髪を押し込めなければならない。かつらがちょっと曲がっただけで、変な顔になっていた。 ▼みなみなはDVDを観ていない→みなみなが演じるチアキは病弱という設定。「自分が弱っているところは見たくない」という理由で、まだ観ていないという。はまちゃんとさこちゃんは5回くらい観たそうです。 ▼れなこは本気→劇の主題歌「サバイバー」の振り付けで、こぶしで床を叩くところがあるが、れなこは本気で床を叩いていて、こぶしに青あざができていた。その頃のれなこは「かまってちゃん病」だったので、マネージャーさんに「どうしてくれるんですか」という勢いで見せていた。(さこちゃんによれば、かまってちゃん病は今もだという)。 ▼千穐楽はみんな大号泣→舞台千穐楽ではメンバーの半分は泣いていたそうです。 泣かないことで知られるみなみなは、「プロレスで泣いて以来、泣かないことを決めた」という理由で、ステージでは涙を流さなかった。 みなみなが泣いたプロレスというのは、昔やっていたハロプロ研修生の番組「ただいま研修中」で、りこちゃん、りっちゃんとともにリングに上がり、女子プロレスラーからキックを受けたときのこと。りこちゃんは豪快に吹っ飛び、みなみなは必死で踏ん張っていたので吹っ飛びはしませんでしたが、あまりの痛さに最初は笑い出し、やがて涙がこぼれていました。当時の映像はYouTubeにあります。 最後の挨拶でみなみなから不満の声。「2人のうちどちらかはぺったんこの靴を履いてくるかと思ったが、2人とも高いヒール。私と身長差がありすぎる」。 ちなみに現時点でみなみなの身長は下から4番目だが、あやぱんを抜いたそうです。伸び盛りのれいれいもれなこを抜いたそうなので、現時点では和田>浜浦>井上>小川>野村>広瀬>田口>藤井となります。 握手会は前回の横浜と比べてゆっくり。夏ハローまで待ち遠しいです。 この会場に来るたび、デビュー直後の真野ちゃんが、薄着の衣装で寒さに震えながらピアノを弾いていたのを思い出します。

      3
      2
      テーマ:
  • 26 Jun
    • 函館マラソン 猪突猛進

      北海道新幹線の開業を記念して、今年からフルマラソンが併設された函館マラソンを走ってきました。 前日から大荒れの天気。当日もすごい風、雨。 風と闘っていつも以上に消耗しましたが、35キロ地点のエイドで元気復活。「夕張メロン」、函館名物のイカ、ウニ、カニ、イクラ、ホタテ、ガゴメ昆布を盛り付けたミニ海鮮丼、函館名物の塩ラーメンのスープをジュレにした冷たい塩ラーメンなど、このレースならではのおもてなしも。地元特産の菓子もありました。 これから温泉で疲れを癒してきます。

      3
      2
      テーマ:
  • 24 Jun
    • 続・11人いる!

      池袋・サンシャイン劇場で行われたモーニング娘。'16とつばきファクトリーの舞台「続・11人いる!東の地平・西の永遠」に行ってきました。京都では初日公演を観ていますが、東京では初めて。 きょうは「EAST」公演。くどぅーが女装している方、まーちゃんが酔っぱらいの国王の兄の方です。 きょうはバセスカ王を演じたふくちゃんが迫真の演技。自分を暗殺しに来た友達が、自分を殺さずに自殺して、国王に両国の和平を託すシーンでは、心が揺さぶられるほどの叫び。涙が出そうでした。 くどぅーも声に張りがありました。 あと2日間で舞台は幕を閉じますが、最後まで頑張ってほしいです。 カーテンコールの挨拶もくどぅー。 「原作のファンの方や、宝塚のファンの方で私を知らない人もいると思います。あの茶髪のカワイイ子は誰だろうと思ってネットで検索しても出てこないんですね。私は普段は黒髪ショートのカワイイ子なんで」。 メンバーからも笑いがこぼれるなか、あゆみんは「最近、ようやく慣れてきた。カワイイよ」と、フロル役のくどぅーをほめていました。 開演前のミニ解説。京都では説明役の高瀬くるみちゃんと石井杏奈ちゃんの名前だけ紹介していましたが、地図を持ってきた橋本渚ちゃんと小野田暖優ちゃんの名前も紹介してくれていました。

      3
      2
      テーマ:
AD
AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

SCOTT

性別:
男性
血液型:
A型
お住まいの地域:
神奈川県
自己紹介:
マラソンと自転車、ハロプロ参戦が趣味。2015年はハロプロ系で自己最多206公演に足を運びました。 ...

続きを見る >

読者になる

このブログの読者

読者数: 26

読者になる

ランキング

総合ランキング
27242 位
総合月間
97159 位
ハロプロ
16 位
ジョギング・マラソン
88 位

ランキングトップへ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。