日本人の失明原因の第4位で、視力が低下したり、見たい部分がゆがんで見えたりする「加齢黄斑変性症」の認知度は40.6%で、白内障(99.6%)や緑内障(99.0%)、糖尿病網膜症(76.9%)に比べ、圧倒的に低いことがノバルティスファーマの調査で明らかになった。また、疾患名を知っている人に対し、加齢黄斑変性症が身体のどの部分の病気かを聞いたところ、「目の病気」と正しく認識している人は58.5%で、全体では23.8%にとどまった。

 さらに、目の病気と認知している人に対し、加齢黄斑変性症の4つの主な症状の認知度を調べたところ、最も高かったのは「視力が低下する」(57.5%)で、以下は「見たい部分がゆがんで見える」(55.8%)、「見たい部分が黒くなって見える」(38.2%)、「コントラストが低下する」(20.7%)と続いた。

 また、全員に眼科受診経験を聞いたところ、「過去1年より以前に受診したことがある」が49.3%で最も多く、1年以内に受診していたのは35.0%、一度も受診したことがない人は15.7%だった。

 加齢黄斑変性症は、加齢などにより網膜の中心にある黄斑に新生血管ができることで、網膜に障害を来す疾患で、国内の患者数は約70万人。

 調査は、全国の50-70代の男女を対象に、今年2月26日から3月8日にかけてインターネット上で実施。3000人から回答を得た。


【関連記事】
武田薬品とノバルティスがトップ―製薬企業イメージ調査
アルツハイマー型認知症治療薬の選択肢拡大へ
「政府とワクチン政策のあるべき方向性探る」―三谷ノバルティスファーマ社長
国内初のGLP―1受容体作動薬の承認を了承―薬事分科会
新製品の売り上げ拡大で好業績―ノバルティスファーマ7-9月期決算

<フジ>降り注ぐ紫 栃木・足利(毎日新聞)
“禁酒法”現代版?WHO、規制強化声明採択へ(読売新聞)
<小沢幹事長>政倫審出席へ 参院選など懸念か(毎日新聞)
<カンヌ映画祭>開幕 北野作品など19作出品(毎日新聞)
渋谷でバカラ賭博、16人逮捕 警視庁(産経新聞)
AD