大阪府警などが21日から始める「春の地域安全運動」に先駆け、浪速署は16日、通天閣にそっくりの二足歩行ロボット「通天閣ロボ」(高さ約1.7メートル、重さ約30キロ)と、野球評論家で元阪神タイガース監督の中村勝広氏(60)を「一日署長」に迎え、「街頭犯罪撲滅を」と区民らに呼び掛けた。

 警察の制帽をかぶった通天閣ロボと中村氏は同署前で、「街頭犯罪ワースト1返上」と通行人らに訴え、自転車用のひったくり防止カバーなどを署員らと配った。通天閣ロボは、通天閣を運営する通天閣観光と同署管内の日本橋筋商店街振興組合が先月に共同制作した。浪速署は「大阪のシンボルにあやかって、犯罪防止につなげたい」と話している。【阿部弘賢】

【関連ニュース】
<関連写真特集>通天閣ロボ:東京タワーに現る
<関連写真特集>ロボット:実在の女性そっくり 映画「サロゲート」の時代到来も間近?
<関連記事>通天閣ロボ:大阪PR「どこでも行くで」

都心で41年ぶりの遅い雪 千葉では記録更新(産経新聞)
阿久根市長不信任案提案へ「市長派市議がなぜ」(読売新聞)
政府税調 消費増税論議始まる 集約は政治主導待ち 積極派にも溝、混迷模様(産経新聞)
厚労省室長、停職処分 「地方へ」うそ人事で部下から100万円(産経新聞)
沖縄知事、県内移設反対集会に出席=20日表明-普天間(時事通信)
AD