見せ方、伝え方を磨くコミュニケーション術&実践マーケティング講座

個人、小規模企業経営者のための、マーケティング方法をわかりやすく解説するサイト【Marketing Mall】のアメブロ版。データ&実践・検証に基つぃので、着実に成果を上げるマーケティング方法。webや文章が苦手な人でも、ポイントを押さえてすぐに実践!


テーマ:

こんにちは。古関です。

 

 

新しいスキルを身につけたり、

起業や副業のために、

 

セミナーに参加したり、

教材を購入して学ぶことがあると思います。

 

 

いまは、いろいろな

セミナーや教材が出ています。

 

内容はピンキリでしょうが、

かなり細かいことまで

ジャンルも多岐にわたっていますので、

 

学びたいと思えば、いつでも、

いくらでもチャレンジできるのは、とても便利です。

 

 

 

ところが、セミナーや教材に参加したから、

その通りの結果が得られるかというと、

必ずしもそうではありません。

 

参加したけれど、なにも変わらなった……

 

という状況になっている方も、

少なくはないはずです。

 

 

 

 

 

 

なぜ、そんなことが起こってしまうのか。

 

セミナーや教材の募集案内では、

 

「すぐに○○になれます!」とか、

「収入が○○倍アップします!」

 

など、すごいことが書かれています。

 

 

それを夢見て参加するのに、

終了時期になっても、その通りに

なっていないのは、なぜ?

 

 

夢見た成果が出ていないどころか、

始めたころと、

まったくなにも変わっていないかも。

 

 

なんて、ことにならないように、

ここでは、セミナーや教材で学んでも、

思うような成果が出ない理由についてお伝えします。

 

 

 

 

1.カリキュラム通りに進まない、続けられない

 

まずもっとも多いのが、

 

始めたはいいけれど、

カリキュラムで示されたスピードに従って、

進めていけない人です。

 

 

もちろん、新しいことを身につけるので、

わからないことや、

不安なことがたくさんあります。

 

 

 

しかし、そのたびに停まってしまったり、

わからないことが苦痛となり、

 

学習そのものが苦しいものに

なってしまうことも多いのです。

 

 

 

その結果、やりたくない、

進められない。

 

 

 

そのうえ、生活のなかで、

仕事や家事や育児、その他にも

時間を取られることがたくさんあります。

 

 

なかなか学習に充てる時間もとれず、

だんだんそのセミナーや教材から

離れてしまうのです。

 

一旦離れてしまうと、

再び戻るのは思いのほか難しいようです。

 

 

 

 

2、目標や夢を忘れてしまっている

 

始めるときは、

 

「こんなふうになりたい!」

 

という願望があったはずです。

 

 

そして、

 

「これをやったらうまくいく!」

「これをやったら救われる!」

 

と思っていたのです。

 

 

 

それが、スタートしてから

一定期間が経過すると、

 

だんだんトキメキや新鮮さが無くなり、

記憶の片隅へと追いやられ、

 

そのうちに完全に忘れてしまうのです。

 

 

 

日々の雑務に追われていれば、

なおさら一時の夢になってしまいます。

 

 

 

 

3、目標への執着がない

 

次に多いのが、目標への

執着心が薄いパターンです。

 

 

「できたらいいな~」と思いつつ、

 

「でも、忙しいからまたにしよう」と、

 

他のことを優先させてしまうのです。

 

 

 

できても、できなくてもいいか、

まあ、命を取られるわけでもないし~

 

 

という感覚ですと、

 

ちょっと障害が出たときに、

あっさりと諦めてしまうケースも。

 

 

 

どうしても、その成果を得なければ!

という強い意志がないために、

中途半端になってしまうのですね。

 

 

 

 

 

4、行動量が足りない

 

これもよくあることですが、

 

学んだことを、ちょこっとやってみて、

うまくいかないからと、

すぐに止めてしまうパターン、

 

あるいは、学習スピードが遅くて、

教材をこなすだけで精一杯になっている

パターンです。

 

 

学ぶことと、成果を出すことは、

まったく別物です。

 

 

そして、収入アップや、

新しいスキルを身につけるためには、

 

ある意味、身体で覚えていくというか、

寝ててもできるぐらいの熟練が必要なんですね。

 

 

そのレベルまでいけずに、

途中で諦めてしまうことがけっこうあります。

 

 

少しでも成果が出てくれば、

またおもしろくなるのでしょうが、

 

それも見ないうちに諦めてしまうか、

続けていたとしても、スピードがゆっくりすぎる。

 

 

これについては、おそらく認識

していない方も多いのではと思います。

 

なので、詳しくは後述します。

 

 

 

 

5、内容を理解できていない

 

また、よくあるケースでは、

ネットを使ったスキルなど、

 

学んでいることが難しすぎて、

ついていけてないパターンです。

 

 

たとえば、

 

ネットビジネスで稼ぎましょうとか、

ブログを書きましょうとか、

 

メルマガで商品を紹介しましょう、

という類です。

 

 

 

聞いている分には、

簡単そうに感じるのですが、

 

いざやってみると、

最初はけっこう難しいものです。

 

 

 

次から次へとわからないことが出てくるから、

そのうち心が折れてしまう。

 

 

モチベーションが

下がってしまうのですね。

 

苦手なジャンルや、まったく

関わったことがないジャンルに

 

チャレンジするときは、

よほどの覚悟が必要です。

 

 

 

あるいは、他の道がないか、

選択肢を探してみるのもいい方法です。

 

 

とくにネット系は、技術が

どんどん進化していきますので、

 

学ぶことも膨大ですし、

 

常に最新情報を追いかけたりして、

キリがありません。

 

 

そういう世界に飛び込むことが必要か、

 

本当にそれが適しているのかを、

冷静に判断してみることが大切ですね。

 

 

 

 

 

て、さきほど触れました、

 

行動量が足りていない

ところについて少し補足します。

 

 

まず、その題材を教えてくれる先生は、

そのジャンルで成功しているのですね。

 

 

いい成果を出しているわけです。

 

 

それって、どれだけの努力で

達成したものなのでしょうか。

 

 

おそらく、相当の時間と労力と気力を

つぎ込んできたはずです。

 

 

人一倍努力をするから、

人より高い成果がでるのです。

 

 

そして、一方で、

教材やセミナーを販売するときは、

 

「ラクにできますよ~」

 

と言ったほうが、

買ってくれる人が増えます。

 

 

自分と同じ努力をしろといったら、

 

たいへんそうに思えて、

だれもチャレンジしなくなってしまいます。

 

 

 

 

ちろん、その教材を使えば、

ポイントを抑えて、

要領よくこなしていけるのかもしれません。

 

 

そういう意味では、近道になります。

 

 

それでも、まったく初めてのことから、

お金をいただくレベルまで上げていくのは、

並みのことではできません。

 

 

それはなんのジャンルでも同じです。

 

仕事でも、スポーツでも、家事でも、

極めることはたいへんなのです。

 

 

 

 

 

 

こで大事になるのが、学び方です。

 

 

仕事と両立させたり、

短期間で成果を出そうと思ったら、

やり方が重要です。

 

短時間でマスターして、

成果を出していくためには、

 

そのための学び方、

実践の仕方があります。

 

 

少なくても、私たちは、

仕事を抱えていたり、

家事や育児を抱えていたり、

 

金銭的なプレッシャーを抱えていたり、

会社の拘束時間が長くて、

自由になる時間が少なかったり、

 

 

なにかとハンデを背負っています。

 

 

 

そのなかで、新しいことを

やっていかなければいけない。

 

 

そのためには、効率のよい

やり方が大事です。

 

 

それを知らないと、

教材だけを学んでも、まず追いつけません。

 

 

 

このあたりについては、

また次の記事で詳しく紹介していきますね!