えひめの NC750X と XR125L

バイクとキャンプと釣り


テーマ:

夢の森公園キャンプ場  2013.2.23-24 

薪ストーブ試運転の翌週・2/16-17で
石手川ダムの公園で、ソロキャンプ&実地試験を行いました。

結果、2-3時間おきに薪をくべれば、外気温0度ほどでも、
タープ内は18度程度はキープできるとのデータが出たために、
2/23-24に、初の冬ファミキャンを決行しました。

行き先は、愛媛と高知の県境を過ぎてすぐ位にある。
仁淀川町の「ゆめのもりキャンプ場」

2/23(土)は午前中、歯医者と仕事で、
それから積み込みをして、出発したのが13:00という遅さ。
さらに、買い出しをしながら、仕事の電話もひっきりなしにかかってくる中。


現地到着は、16:00

もうすでに薄暗い。

しかし、こじんまりとしたサイトながらも
完璧に手入れされていて、炊事棟もトイレも最上級にきれい。


 


ご覧の通りの、完全プライベートキャンプ場。
好きな場所を使い放題。

おそらく、5家族分くらいでいっぱいになるかもしれない
小さなキャンプ場ですが、綺麗な川もあって、夏は最高でしょうね。






キャンプ場の上には、アスレチック遊具や

ローラー滑り台があるという情報をえていったのですが・・・


 


 

ご覧のとおり、カブトムシ風の木製遊具があったはずでしたが
撤去されていて、金属製の骨組みだけになっています。残念!

それでも、滑り台だけは残っています。







さっそく設営して、
ようやく薪ストーブに火を入れたのが、17:00すぎ。

弾丸ツアー並みの慌ただしさに、疲れたけど
薪ストーブの炎のゆらめきに癒されますね。



誰かが残していった丸太の燃えかすがあったので
ストーブの横で乾燥してます。

丸太から湯気でてます。

いや、煙出てます・・・・?

おいおい・・・

薪ストーブの遠赤外線で、着火してます!!

おそるべし、薪ストーブの遠赤外線!

みなさんも、薪ストーブの近くに燃えやすいものを
置かないように注意してください。




外は、2度ですが、タープ内は、28度前後で汗だくです。

思わず上半身裸で、簡単な夕食を済ませたら

もう、19:00すぎ

なので、まだ何もしていないのに、お楽しみの、温泉へ。

温泉は、「ゆの森温泉」といって




キャンプ場から車で10分弱のところにあります。

 

ご覧のとおり、山と川に挟まれた大自然いっぱいの温泉です。
露天風呂もありますが、夜だと何も見えまえん。



 

一般客は、21:00閉店なので早めに行かないと締まります。
我々は、入ったのが、19:30。
出たのがちょうど21:00でした。


キャンプ場を出る前に、温泉から帰ってきても暖かいようにと
薪ストーブに、太さ15cmくらいのスギの丸太を二本ブッ込んで行きましたが

約一時間半後に帰ってみると・・・

見事なまでに

跡形もなく、灰になっていました・・・・

おそるべし、針葉樹!


なんだかんだ、慌ただしく
テントに戻ると、疲れてすぐに寝てしまいました。

ですが、夜中に目が覚めて、寒いと思ったら
温度計が15度でした。
あったかすぎて薄着で寝てると、温度が下がると途中で目が覚めます。

そこで、寝ぼけながらも

オガライトを3本ブッ込んでウトウトしてましたら・・・

ううー

うぃーーー

あつーーーい

と、温度計を見ると、34度。

そりゃ暑いでしょうよ。

汗だくで、薄着でまた寝てると。寒い((((;゚Д゚))))

ってのを繰り返しながら、清々しい朝を迎えました。

薪ストーブって、温度調整が大変です。

朝食も簡単に済ませて、のんびりと山の朝を堪能します。
なんとも、清々しい冬晴れ青空。


ところどころ氷が張っていたので、昨夜は氷点下だったのでしょうね。

 
 
それほど寒さは感じませんでしたが、風が強かったですね。

のんびりと、焼き芋やコーヒーを味わいながら、正午には撤収しました。

全行程、25時間の弾丸キャンプでしたが
ここのキャンプ場は、お気に入りになりそうです。


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
 2013.2.11(MON)

さっそくですが、前日に耐熱塗装した薪ストーブ
試運転をしてみました。

やってきたのは、玉川ダム。
 
 昔は、年に何回も何十回も通いつめた釣り場でしたね。
そこに何が沈んでるとか、水深がどれくらいあるとか 
湖底の地形がどうなっているとか、今でもだいたい覚えています。

そんなことは、どーでもいいですが
ここって、実はキャンプ場だったんですよね。
最近まですっかり忘れていました。

今日は、二月とは思えないくらいに
ポカポカの絶好の釣り日和でしたが
ステーサー360と、カートップのジョンのみでしたね。

昔は、駐車場にはいれないくらいごった返してたんですけどね。

 
 このとおり、誰もいません。

来てすぐにスクリーンを設営して、煙突を立てました。
煙突は、ポール二本で両側から支えて、ペグとロープで下に引っ張って
左右のグラつきを抑えています。

 
  
 煙突の取り出しは、ファスナーのところから。
幕よけの板を加工しています。
一応、折りたたみ式で犬小屋型にしてみました。

煙突の荷重は、チェーンで吊って支えています。 

ほかの方のブログを拝見すると、脚立だったり、車のジャッキだったり
建築用のツカだったり、パイルドライバーだったり、いろいろでしたが、
巻くよけと支えを兼用する。これが一番、部品数が少なくてすみます。
  
 
内側には、念のため台所用のアルミを貼りましたが
煙突自体は、それほど高温にはなってなかったですね。
これだけ空間があれば、焼ける心配はほとんどないと思います。
(でも、輻射熱の還元効果はあるかもしれません)
   
 
  何よりもまずは、火入れ。

この日は、本当にお天気が良くて
二月だというのに、上着がいらないくらいでしたけど
薪ストーブをたいたら、汗だくだくでした。(スクリーン全開でも)

あと、もう一つ簡単な改造をしました。

 
これなんですが。

円形のステンレストレーに石膏を厚さ2cm敷いたものです。
これを、薪ストーブの本体底にセットします。

 
測ってないけど、ぴったりですw

 

これは、火床のために作ったのですが
ストーブの下で、サラマンダー替りにピザなどを焼いている方が
ブログを拝見すると、いらっしゃったのです。

ということは、
底部分からは、かなりの熱が逃げていることになるし
それじゃー熾火の温度が下がって、火持ちが悪くなるだろうと考えたわけです。

今回使った燃料は、オガライト1本と、
そのへんに落ちている、直径2cm位の木の枝。10本程度でしたが
2時間以上、暖かさが持続できていましたので、かなり燃費いいと思います。

 
最終的に、こんな感じで、熾を火床に集めておくと、
1時間以上持続していましたし、
底部分は素手でさわれるくらいに断熱されていました。
これは、石膏の断熱と、蓄熱のおかげだと思います。
あと、底に穴があくのを防いでくれるとかもあるし。
地面を焦がさないってのもありますね。

以上、初の薪ストーブ試運転は大成功でした。

本当は、激寒の中で
「ひぃぇぇぇぇさびーーーー」
「でも、薪ストーブは、あったかいねぇ」

ってのを、やりたかったのですが
今回は、とにかく汗だくでした・・・・


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

2013.2.10(SUN)

  春先のキャンプに備えて、薪ストーブを導入してみた。

先に、ポータブル石油ストーブで実験してみたけど
一台では話にならないくらい、あまり暖かくなかった。

なので、世話がかかることを承知で、薪ストーブにすることにした。

ストーブ本体は、ホンマ製作所のAF-52
(オプションでガラス窓付き)
  
 でも、このままじゃ
焼けるとすぐに錆びてしまうのは目に見えているので
はじめから、呉の耐熱ペイントで、 塗装することにしました。

 
  
 いい感じの、高級感? 二回塗装しました。

塗料の説明によると
塗装後、約一時間自然乾燥させたあと
200度の熱で、一時間焼いてくれとのことだったので
 
 
さっそくですが
煙突をセットして、火を入れてみます。

 
 今回は、薪なんか用意していないので
 ストーブを梱包していた、ダンボールが燃料です。

それにしたって。よく萌えます。

ダンボールって、馬鹿にしていたらあーた。
近寄れないくらいに、アツアツですが。

200度でいいってーのに。

 
 なんか、塗装が焼けて
変な煙が黙々と出てきました。モクモクで、目がいたいくらいです。

これを、胸いっぱいに吸い込んだら
たぶん、寝込みます。気をつけてください。 
 


   
 いい感じに、焼きあがりました。

これと、並行して
スクリーン幕よけの加工も行いました。

翌日、さっそく試運転します。 


HONMA ホンマ製作所 時計型薪ストーブ AF-52

¥3,709
楽天
こちらの、ホームセンターヤマキシで買いました。
本体、煙突3本、L曲がり、Tトップ、ガラス窓、耐熱塗装、
全部込みでも、1万くらいでした。
 
■【送料無料】ホンマ製作所 黒耐熱窓付ガラス窓付け替え扉【ASW-60B】
はじめから塗装もして、ガラス窓付きのもありますね。
¥15,500
楽天
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。