連ドラについてじっくり語るブログ

連続ドラマでこれは面白いという作品のみをマメにチェック!

その内容紹介、批評、さらに視聴率報告、ヒット分析など、あらゆる情報を

連ドラ好きの方々のために提供するブログです。

NEW !
テーマ:

初回が始まって早い段階で登場する「鳥の唐揚げにレモンをかける」論争のシーン。

そのストーリーとは関係のない細かいことを長々とやりとりするだけのシーンを、聞いていられるか、いられないか、ここで視聴者はまずふるいにかけられたんではないでしょうか?

 

 

 

 

面倒くさいな~聞いていられないよ~とムッとした方は、このドラマを見続けない方が良いでしょう。

このドラマはその面倒くささを楽しむドラマなのですから。

 

 

 

 

 

TBS 火曜22時

「カルテット」 第1話

 

主演…松たか子

脚本…坂元裕二

演出…土井裕泰

 

 

 

 

 

ながら見はもちろん、気楽にボ~っと見ることも、このドラマは視聴者に許してはくれないんです。

 

 

 

セリフ一つ一つに用心深く耳をすまさなければいけないし、演じる俳優のちょっとしたしぐさや表情も注意深く見ていなければなりません。

 

 

 

 

そうすることで、深い意味の込められたセリフの重みが分かってくるし、登場人物一人ひとりの裏に秘めた部分を想像するという楽しみも増すわけです。

 

 

 

 

…というわけで、難解なドラマだと簡単に片付けられてしまう可能性は十分にあるドラマです。

しかし、じっくりドラマを見るのが好きな人にはたまらない魅力の作品ではあります。

 

 

 

 

では、肝心の中身についてですが、偶然カラオケボックスで出会った4人が、それぞれ弦楽四重奏の演奏者で軽井沢で共に暮らし、演奏をすることになる…って話なんですが。

 

 

 

 

そんな偶然があるわけがなく、どうやらそれぞれにヒロインの真紀(松たか子)に近づく目論見があってのことのようなのです。

 

 

 

 

今回分かったのは、すずめ(満島ひかり)は真紀の姑(もたいまさこ)に頼まれ、失踪した真紀の夫が「殺されてるのでは疑惑」に迫らなければならない…ということ。

 

 

 

 

 

このドラマで松たか子は抑えた中にミステリアスさを感じさせる、実に繊細な演技をしていて、ホントに殺してるかも?って思わせる静かな不気味さがあるんです。

 

 

 

 

 

やはり、松たか子って只者ではない女優だと、このドラマをよ~く見るとご理解いただけると思います。

 

 

 

 

満島ひかりはいつも通りと言えばいつも通り。猫の目のようにコロコロと感情や行動に変化があるのが、松たか子とは好対照になっています。

裸足で演奏する感じがいかにも彼女らしいですね。

 

 

 

 

 

らしい、といえば美容院のアシスタントを普段やっている家森を演じる高橋一生も、彼らしさが

セリフの端々、行動の端々に見えて、オリジナル作品ならではのあて書きの妙味があります。

 

 

 

 

同じ坂元裕二脚本の「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」では出番が少なく物足りませんでしたが、今回はたっぷり高橋一生らしいデリケートな演技がたっぷり見られそうです。

 

 

 

 

そして、もう一人、演技パターンとしては映画「舟を編む」での演技に近い、世界的指揮者の孫である別府役の松田龍平。

 

 

 

 

 

ポーカーフェイスで温和そうな別府が何を秘めているのか?今はあまりにわからず、そのミステリアスがこちらも魅力的です。

 

 

 

 

4人以外では、彼らが演奏することになる店のウエイトレス役の吉岡里帆が、嘘くさい笑顔の元地下アイドルを演じていて、キラッと光る存在感を示しました。ちょっと注目です。

 

 

 

 

音楽家としては挫折してしまった4人の複雑な感情からくる、セリフのやりとりは、いろいろ考えさせられスリリングです。

 

 

 

 

見ていて心がザワザワするドラマになりそうです。

 

 

 

 

あと、エンディングの曲も映像も素晴らしいです。

一見の価値あり!これが一番のおススメかもしれません。

 

 

 

 

今回の評価は…4

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

初回の記事とまた似たようなことを書いて恐縮ですが、やはりキャストの演技と演出にはあまり文句は無いものの、第2話も脚本に物申したい私めなのです。

 

 

 

 

フジテレビ 火曜21時

「嘘の戦争」 第2話

 

主演…草なぎ剛

脚本…後藤法子

演出…三宅喜重

 

 

 

 

今回は、一ノ瀬(草なぎ剛)の家に、家族が殺された当時新聞配達に来ていて、今は二科家の顧問弁護士になっている六反田(飯田基祐)への復讐。

 

 

 

 

 

前回も指摘しましたが、今回も脚本に粗さが目立ち、復讐する方も、される方も随分無用心で雑だな…ってところが多すぎるんですね。

 

 

 

 

 

なので、そんなに甘っちょろくはないだろうって、シラケてしまうところが多々あるんです。

 

 

 

 

たとえば、今回で言うと、一ノ瀬は防犯カメラも気にせず、堂々と六反田の事務所に潜入するし、六反田は弁護士と思えないほど平気でヤバイことをメールでやりとりするし、大事な録音テープを鞄にもしまわずに手持ちで出歩くし、用心深そうな二科(市村正親)はかなりなことをベラベラしゃべってるし、

 

 

 

 

なんかね~、ご都合主義で…。

テンポよく進むからって大丈夫ってことでは無いと思うんですけどね。

 

 

 

 

一ノ瀬の復讐が行き当たりばったりに見えるのは損だし、天才詐欺師らしい周到さはやはり見せて欲しいんですよね、随所に。

 

 

 

 

そこが足らないのが一番の不満です。

あと、疑い続ける次男(藤木直人)との駆け引きはもっと見たいですね。

 

 

 

 

草なぎの演技には文句は特にありません。

滑舌の悪さがちらつきはしますが、それをうまくカバーしていて、それももはや草なぎの演技の味になってますからね。

 

 

 

 

一番のお困りはやはり山本美月。医師にはどうしても見えません。

看護師か研修医で良かったんじゃないですかね。

 

 

 

 

今回の評価は…3

 

 

 

 

ネット情報によれば第2話の視聴率(関東地区)は12.0%。

初回の11.8%をわずかに上回ったそうです。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

一応、第2話見てみましたが、見始めてしばらくしたら、もうすぐにリタイアを心に決めました。

 

 

 

このドラマを見続けたらストレスがたまる一方ですから。

それは御免です。

 

 

 

 

ハートウォーミングなホームドラマなのか、ラブコメなのか、悪事暴露に向かうサスペンスなのか、軸がグラグラしたまま、この先も進むんでしょう。

それは見てはいられません。

 

 

 

 

正月の記事で今年の注目の若手男優にあげた成田遼が出ているので気になるところではあるんですが、彼は他の作品で見ることにして、こちらは未練なくリタイアにします。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。