鷲林寺、観音山トレッキング

テーマ:
夜勤明け、休みを頂いたので

勤務先を後にして自転車で帰路へ

まっすぐ帰るのももったいない

こんな日はワンパターンとなりつつあるけど、仁川から甲山へ


最近はサイクルコンピューターをつけてないので

速さ(遅さとも言う)を気にせずともヒルクライムできる

体調不良で乗ってなかったので、

久々のヒルクライムはしんどいけれど

この日は楽しさが上回ったよ♪


結局、そのまま鷲林寺(350m,strava)までやって来た

その奥にある社からはハイキングコースがある

古い案内図、せせらぎコースとパノラマコースがあるらしい

自転車を置いて、山に入っていく

パノラマコースから展望岩をへてせせらぎコースで戻ってくる予定

一時間あれば行けるかな

結構な風化した岩場の急登を喘ぐと、振り替えれば絶景

ちょっとかすんでるんだけどね、この日は暖かくて春霞かな?


鉄塔をこえて、出発から20分過ぎでほどなく展望岩(500m)へ

六甲山頂、芦有展望台が近くにみえる

結構な高度感がある

南は甲山、北山貯水地が正面に

六甲山系では数少ない絶景スポットらしい


この後はせせらぎコースを求めて進むが

どうやら通りすぎて奥池方面に迷いこんでしまったので

おとなしく来た道を引き返した

日陰はまだ雪がチラホラ残ってたよ♪

鷲林寺についた頃には膝がガクガクプルプル

ダウンヒルは暖かい天候で気持ちよかったなぁ
AD

淡々と、2017年

テーマ:

正月三日

 

昨年の春以来、えらく遠ざかっていた東六甲へようやくいってきた


脚つきしてしまうんじゃないか、登れなくなってるんじゃないか

 

そんな自分をみつけてしまうのが恐くてずっと避けてたんだけれど

 

なんとか登って来た

 

 

ゆっくりゆっくり、息が上がることもないペースで

 

しんどいけれども、楽しみながら登ることができたよ♪

 

 

正月の東六甲は、すごい数のローディー達が続々と山頂を目指してた

 

ママチャリも2台、Runの人もいたし

 

なにより、あまりにも温かい正月、ダウンヒルですら凍えることもなかった

 

 

今日の発見、逆ハニーのほうが、東六甲よりもきついかもしれないよ

 

 

 

 

AD

真冬ののんびりライド

テーマ:

仕事納めの翌日、29日は特にDutyもない自由な一日だったので

 

のんびりとどこかダイエットを兼ねて走りに行こうと思っていたんだけれど

 

朝、布団からなかなか出れず、起きてもだらだらのんびり

 

どうも走りに行きたいルートが見つからない

 

車載して走りに行きたいところならいっぱいあるのにね

 

 

結局宝塚を出発し、川西あたりから北上

 

阿古谷あたり

すっかり冬枯れの一枚が撮れた

 

阿古谷から稲荷坂へ

何度目だろうか、こんなにきつい坂だったかなぁと思いながら

 

最近は坂を避ける習慣になってしまい、十万辻すら敬遠気味、

 

少しは坂を登る練習もやっておかねばと思う

 

 

浮峠着

前回は雪景色だったけれど、どちらにしても静かな静かな峠である

 

能勢温泉の赤鬼の出迎えを受けて、ここからは天王へ

このあたりは旧道なので車はほぼ皆無、風切り音のみのヒルクライム

 

思う存分ゆっくりと気兼ねなく登れるのがよい。

 

スリップ注意! の旧標式を発見(現役かも)

↓ こんなやつね

子供の頃、この標識をみて、どうやったらこんなスリップ痕になるんだろうと

 

ミニカーで再現を試みたものだが・・・ 不可能だったよ

 

 

九十九折れの旧道を登り、意外にきつい最後の坂を登りきると

ずいぶん舗装が荒れてきた、はらがたわ峠到着

 

少しちらつくのは雪か?

 

 

空は少し雲行きが怪しくなってきて

 

羽束川沿いの気持ち良いダウンヒルを楽しもうと思ってたけれども

どうやら向い風が続く模様

ところどころ休憩しながら

 

大平山を左に見て高平につく頃には、暴風向い風

なぜだろう、いつも冬場のこのあたりは向い風のような気がする

 

つくしの里で雨宿り、ここの草餅はほんとに美味しいよ

いい加減お腹すいてきたので木器亭で昼食

ミックスフライ定食は思った以上のボリュームで満腹、ダイエット計画はどこへ・・・

 

大坂峠を越えて

西谷〜裏十万辻経由で帰宝

 

距離 89.6km

時間 4:12分

平均速度 21.3km/h

獲得標高 1243m

消費カロリー 3314kcal

平均気温 2.7度

 

後で見た平均気温に少し驚いたものの

 

冬用ジャージに途中からはウインドブレーカーを着込んだおかげで

 

思ったほど寒くはなかった冬ライドだった

 

 

AD