一級フードアナリスト・きき酒師 

  キラキラ あおい有紀のブログへようこそキラキラ


一級フードアナリスト(食のなでしこコンテスト 準グランプリ

きき酒師、焼酎きき酒師、儀典オーガナイザー、

日本箸教育講師などを取得し、日本のお酒、食文化の魅力、

大切さ、楽しみ方を伝えていきたいと活動中。


特に、もっと若い世代の日本酒ファンを増やしたい!と、

『アナウン酒サロン☆』 、『SAKE 日和♪』 を主催。

蔵元さんと一緒に、トーク、日本酒、お料理を楽しんで頂き、

日本酒に触れるきっかけをと、イベント、蔵元ツアーなど企画、

ラジオ、雑誌、新聞などメディアを通して多数発信もしていますキラキラ


2011年、酒サムライ を叙任。

10月に、京都下鴨神社本殿で叙任式がありました。


叙任式の様子はこちら から。雰囲気が伝わるかと思いますきらきら!!


あおい有紀オフィシャルブログ「Yuki Aoi’s Room」Powered by Ameba
フリーアナウンサー。

晴れフジテレビ 『とくダネ』内で、花王の生CMパーソナリティー

月~金、8:30~9:00のどこかで出演中


晴れBSフジ 『小山薫堂 東京会議』 日本酒プロジェクトにて出演

晴れYCV JCOM iTSCOMなど 『Lunch@Yokohama 』 食レポーター


花主な食文化・日本酒活動花  


晴れプレミアムジャパン 」 にて、日本酒連載

    “あおい有紀の気になる日本酒” 週1回更新

晴れ主催ツアー 『神楽×酒蔵 くらくらツアー♪』の模様はこちら  から。


【観光庁主導 酒蔵ツーリズムにて目利き役(2013年4月~)】

・播磨酒文化ツーリズム (兵庫県 姫路市役所 観光課)

・和酒女子に向けた日本酒ツーリズム (青森県十和田市役所 観光課)




《雑誌・ムック》

・『dancyu』(プレジデント社)  ・『食楽』(徳間書店) 

・『サライ』 『美味サライ』(小学館)  ・『東京カレンダー』  

・『料理王国』   ・『古典酒場』  ・『美ST』(光文社) ・『CREA』(文藝春秋)

・『日経レストラン』(日経BP社)  ・『おとなの週末』(講談社)

・『DRESS』(幻冬舎)         ・『ダ・ヴィンチ』(KADOKAWA)

・『週刊プレイボーイ』(集英社)

・『飲食店経営』(商業界)      ・『サンデー毎日』(毎日新聞社) 

・『choice』(ゴルフダイジェスト社) ・『PAVONE』(会員制雑誌)


『バッカンテ』 (双葉社) 日本酒特集全面監修・出演

・『SAKE SALON JAPAN』 酒を求めて…旅 鹿児島取材レポート

・『温泉批評』 (双葉社) 美味しい温泉水はどれだ?飲み比べ座談会
・『究極の手みやげ』『絶品ホルモン道』『人に好かれる大人のお作法』(エイ出版)

・『東京ウリのある美味しいお店390選』(サイゾー増刊号)

・『お酒手帖』(竹書房)


《新聞》

『朝日新聞』 『毎日新聞』 『日刊スポーツ』 『日刊ゲンダイ』 『東京スポーツ』


《テレビ・ラジオ》

・『PURE JAPAN』(LITV) アジア7ヶ国で放送 農水省企画番組レポーター

・『めざまし土曜日 ココ調』(フジテレビ) “マッコリブームの理由” 解説

・『アンサー (夕方ニュース)』(テレビ東京) “酒蔵巡りでアベノ効果?!” 解説

・『私も一言!夕方ニュース』(NHKラジオ) “日本酒ブームがきている” ゲスト解説

・『ミュージックジャムナイト』(ラジオ日本) 歴史学者 磯田道史氏と日本酒等トーク

・『なでしこRadio』(渋谷FM) “女性におすすめの日本酒” ゲスト解説

・『なでしこRadio』(FMサルース) “冬に楽しみたい日本酒” ゲスト解説 


《ネット》

・『 酒ゼミ 』(スマホ用日本酒マガジン)コラム執筆

・『Tradition japan』 日本酒対談

・『SUBWAY My healthy life』 インタビュー  


【最近の主催イベント・講演など】

宝石紫『SAKE日和♪』 和文化&日本酒を楽しむ会 定期主催

宝石紫『神楽×酒蔵 くらくらツアー♪』 主催・ガイド役

宝石紫『酒サムライコラボディナー』フレンチ&和食の融合×日本酒 主催

   レストランアイ 松嶋啓介シェフ、銭屋 高木慎一郎氏と共に

宝石紫『瀬戸内プロジェクト』 記者発表会にて日本酒アレンジ

宝石紫『食の魅せ方』 屋久島にて講演

宝石紫JC(日本青年会議所)酒類部会にて講演

宝石紫ロータリークラブ 卓話 講師 ・納涼会にて日本酒アレンジ

宝石紫『天満天神梅酒大会』 審査員、 『純米酒大賞』 審査員

宝石紫阪急うめだ本店 蔵元まつりにて、酒談義ゲスト

宝石紫土佐酒バル オープニングレセプションにて講演(高知県)

宝石紫日本総研にて日本酒セミナー講師

宝石紫『ごはんを食べよう国民運動推進協議会セミナー』 講演・パネルディスカッション


【司会】(12月・1月)

・澪×Suits(小学館)クリスマス「おもてなし」レシピ体験イベント 司会

・日経ウーマノミクスプロジェクト、セミナー&Xmasパーティー 司会

・NHK歳末助け合い協賛  第34回 「題名のない忘年会」 司会

・純米酒大賞 表彰式&楽しむ会 司会

・料理王国主催 新年シェフ交流会(東京・大阪) 司会

・ダイナースクラブ京都レストランウィンタースペシャル2014

               オープニングパーティー司会(京都)

・白鶴×サライ ワイングラスで大吟醸を楽しむ大人女子会 司会

Fマーク NEW facebookページ  作成しました!

   ※こちらの方が、更新頻度高いです…あせる   


2010年1月1日よりアメーバへお引っ越し。以前のブログはこちら



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-06-23 09:57:42

おとなの週末7月号掲載

テーマ:食、お酒の仕事

現在発売中の、おとなの週末7月号にて、掲載頂いてます。




表の表紙は上記のようになっていますが、裏表紙を見てみると…




『三ツ星チーズで家呑み大作戦』と、一面に出ているではないですか!





この裏表紙を開けると、2ページに渡り、十勝スマートチーズと

お酒について、対談しております。


お相手は、渋谷にあるBar石の華のオーナーバーテンダー、石垣忍さん。


以前伺ったことがあるのですが、その時に頂いた

生フルーツを使ったカクテルがあまりに美味しくて、

とっても印象に残っているお店だけに、

今回の対談もとても楽しみに伺いました音譜





十勝スマートチーズは、パルメザンブレンドとチェダーブレンドがあり、

それぞれに濃厚なコクがあるので、お酒のおつまみにぴったりなんですラブラブ


シンプルで、ちょっと塩味も効いているので、

そのままでも十分おつまみになりますが、

一手間加えると、また楽しみ方も広がってお勧めですよ。


どんな楽しみ方ができるかなど、石垣さんとお話させて頂いているので、

ぜひご覧になってみてくださいねニコニコ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
あおい有紀さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-06-20 10:10:15

かんぽの宿料理コンテスト「第6回グルメアワード」全国大会にて審査員

テーマ:食、お酒の仕事



先日、かんぽの宿 料理コンテスト

「第6回グルメアワード」全国大会があり、審査員で伺いました。


全国50ヶ所にかんぽの宿はありますが、

そのうち8つの地域大会を勝ち抜いてきた宿が全国大会へ。

会場は、代々木にある服部栄養専門学校にて開催。


一関、鴨川、磯部、焼津、恵那、有馬、湯田、阿蘇の

かんぽの宿の料理人の皆様がいらっしゃいました。



今年の秋メニューの、コース料理のメインとしてお出しする料理を、

五感」に訴えるを審査基準の一つとして掲げられており、

各お料理ともに、食材から盛り付け、演出まで

アイデア溢れるもので、この日を迎えるまでに

何度も試行錯誤され、真剣に取り組んでこられたのが

よく分かりました。







調理しているところから審査の対象となり、

各グループ30分ほど拝見しましたが、

審査員のお一人、服部幸應さんがじっとご覧になっていると、

手が震えておられる料理人の方も。


それは緊張しますよね




私も調理のお邪魔にならないように質問させていただき、

なぜこの食材を使っているのか、どんな調理をされているのかなど

それぞれの料理人の想いも伺うことができました。








そしてお料理完成後、

料理人の皆様からPRポイントをお話頂きながら、

質問を交えつつお料理を頂きました。



中には、かんぽの宿のスタッフ一同から、

応援のうちわや寄せ書きも!

団結力が伺えますね…ラブラブ!



それでは、それぞれのお料理をご紹介しましょう!


かんぽの宿 有馬 

【海鮮湯けむり蒸し】




蓋を開けると、なかからふんわりと湯気が立ち、

温泉の湯気を連想させます。

地元の食材である、木の芽を香りづけに。

ソースが3種類あるので、

好みに合わせて選べるのも嬉しいですね。



かんぽの宿 磯部

【上州牛とパンプキンの青朴葉蒸し】



ごぼうや人参のシャキシャキ感と、

旨味たっぷりな上州牛の相性バツグン!


パンプキンも、ゆず風味が楽しめて、ほっくり。

女性が好む味わいです。



かんぽの宿 鴨川

【海老と鮑のカダイフ包み 選べるソース】



カダイフに包まれた海老や鮑のプリプリ食感、

噛むごとに旨味がじゅわっと広がって、

カダイフのパリパリ感とともに楽しめますよ。


和風出汁の餡かけか、マスタードソースから選べますので、

それぞれに違うお料理になりますね。


かんぽの宿 湯田

【ふくの白子プリンと拘りの出汁】



白子プリンの濃厚でプルプルな食感に、

あさつきや穂紫蘇、クコの実、しいたけや舞茸など

様々な香りが立ってくるのですが、そのバランスが絶妙!!!


ランプフィッシュキャビアのつぶつぶ感も楽しめて、

醤油ジュレがそれぞれの味をまとめます。

これは日本酒が進みそうな一品…お酒


お椀をいただきホっとしながら、お酒も楽しみたいですね。




かんぽの宿 焼津

【しぞ~香 秋の焼津味三昧】



タイトル通り、まず盛りつけの美しさに驚き、

様々なお料理が一膳にどんと出てくる、贅沢なメイン料理!


ゆずの中には、カニ身やホタテなど旨味たっぷりの魚介のすり身に、

カリカリの桜えびが乗っていて、

香ばしさも相まって楽しく美味しい一品。


スティック野菜には、味噌ディップソースをつけながら、

お好みで、乾燥させた金木犀の花を香りのアクセントに。


塩麹につけた鮪は、陶板で焼き、熱々をわさびソースにディップ。

わさびのツーンとする風味とよく合いました。


スティック野菜の下には、抹茶ブラマンジェ!

メイン料理でデザートまで楽しめるとは驚きです。




そして、銅賞に選ばれたのは、


かんぽの宿 恵那

【美濃けんとん角煮 馬鈴薯あん トリュフの香り

パリパリ食感ライスペーパーの中に】



サクサクのライスペーパーをスプーンで崩すと、

中からねっとりとした馬鈴薯あんに絡まった角煮が出てきましたよ。


角煮も蒸すことによって、旨味がぎゅっと凝縮されていました。

コンソメの効いた馬鈴薯あんで、旨味が倍増!


いちじくの赤ワイン煮は、酢豚のパイナップルをイメージして、

お好みで酸味をプラスできるとのこと。

なかなか素敵なアイデアですね!


このお料理もまた、日本酒が進みそうです~音譜




そして、銀賞は、


かんぽの宿 一関

【杉板三種香焼き】



なんとも美しい盛り付け。

料理人の技が光りますキラキラ


杉板の香りがふんわり感じられるそれぞれのお料理は、

いわて南牛、酒粕に漬けたホロホロ鳥、そして西京漬けのお魚。

杉板の中に何が入っているのかと、

開けていく時のワクワク感もありますよね。


お味がしっかりついていて、お料理を頂きながら、

これまた日本酒が飲みたくなりました…ラブラブ



そして堂々の金賞は、



かんぽの宿 阿蘇

【秋の恵み 阿蘇カルデラ焼き】



熱々の陶板皿に熊本産のトマトジュースを入れ、

芳ばしい香りの味噌を溶かしながら、

宮崎の牛肉ロースを焼いて頂くというもの。

好みで味わいを調整しながら…。

料理全体で阿蘇を表現し、お料理も旨味の相乗効果で、

目にも舌にも楽しめるお料理でしたニコニコ




まさか優勝するとは思わなかった!と

表彰後に吉山料理長から率直なご感想をいただきましたが、

かんぽの宿阿蘇の皆にとっても、励みになります、と。


熊本地震発生後、避難場所として利用されていたりと、

一時営業できない状況でしたが、

先週末の6月18日から営業を再開されました。


吉山料理長の美味しいお料理もぜひ楽しみに、

訪れていただければ嬉しいです!



ちなみに、かんぽの宿阿蘇では、

一週間連泊されるお客様もいらっしゃるそうで、

2日以上連泊の方には、

毎晩違うお料理を出されているのだそうです。


素晴らしい配慮ですね。






それぞれに良さがあり、順位を決めるのはとても難しく、

試食後の審査委員同士意見もかなり活発に交わされましたが、

それぞれに思考を凝らした、魅力あるお料理でした。


かんぽの宿でお料理にここまで力を入れていらっしゃるとは

存じませんでしたが、このような取り組み、素晴らしいですね。


宿泊客は年配の方がメインとのことですが、

食を楽しみに旅行する若い人達にもお薦めだなぁと感じました。





最後に、審査員でご一緒した服部幸應先生、

フォーリンデブはっしーさん、管理栄養士の柴田真希さんと。


私自身もいろいろと勉強になる、貴重な機会でした。

お声がけ、有難うございました!!



















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
あおい有紀さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2016-05-07 09:09:44

芸能人格付けチェック2016

テーマ:食、お酒の仕事

少し前になりますが、

4月5日に「芸能人格付けチェック」(テレビ朝日)が放送され、

4時間の特番の中で少し出演させて頂きました。


と言いましても、格付けされる側ではなく…。

「食事の作法」のところで、カレイの煮付け一尾を美しく食べる方法、

配膳の正しい順番と置き場所について、

正解VTRの人として出演いたしましたよ。





ハウススタジオで事前に収録があったのですが、

カレイの煮付けは焼き魚に比べてとっても難易度が高いんです。


上下にひれがあることで小骨も沢山あり、

身も柔らかいのでポロポロと崩れていくんですよね。

とっても緊張する中での収録でしたが、何とか一発OKでホっとしました。...


実際にはスタジオで、タレントの恵 俊彰さんがカレイの煮付けを、

薬丸裕英さんが配膳をなさっていましたね。








実は、普段食やお酒の魅力を発信する活動をしている上で、

ぜひ知っておきたいという思いから、

食のマナーや文化、大切さを学ぶ「食輝塾」に以前通っていました。http://totalfood.jp/service/shokkijuku  


主宰の小倉朋子先生から食のマナー

(懐石、懐石、フレンチ、イタリアン、中華、ビュッフェ、ホテルの朝食など…)

を学んでいて、一巡するのに6年かかるのですが、昨年9月に無事卒業!


小倉先生は、芸能人格付けチェックの監修をずっとなさっていて、

番組内でも解説されているのですが、

今回その御縁でお声掛けいただき…。





後から聞いた話ですが、番組スタッフも


「難易度が高い魚を提案したけれど、

カレイの煮付けを綺麗に食べられる人っているんですか?!

予想以上の難しさですね…」と仰っていたそうで、

まさかその回に私にお呼びがかかるとは(笑)。


収録まではとても不安でしたが、結果1回でOKいただき、

小倉先生からもお褒めの言葉をいただけて、ちょっと自信がつきました!


ちなみに収録で使ったお箸は、食輝塾卒業の日に、

小倉先生からプレゼントとして頂いた兵左衛門のものを持参しましたが、

滑りにくくとても使いやすかったです。





放送後、「カレイの煮付けの食べ方、初めて知りました!」

という感想を沢山いただけて、嬉しかったです♪


日本箸教育講師の資格を活かして、

お箸の講座をさせていただくこともあるのですが、

食への敬意、感謝の気持ちと食べ方には通づるところがありますし、

今後もお伝えできる機会があれば喜んで馳せ参じますよ。





小倉先生も沢山著書を出版されているので、

ご興味ある方はぜひ手にとってみてくださいね。

普段とは違った役回りでのテレビ出演でしたが、

よい刺激をいただけました!


貴重な機会を、有難うございましたニコニコ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
あおい有紀さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み