人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

eコマースの仕事人ブログ

株式会社ボーダーライン

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

高級歯ブラシ MISOKA

2016-04-27 08:36:48 Theme: 売れてる商品
日経ビジネス3月14日号

・高級歯ブラシMISOKAは、1本1,000円から販売されている手作りの商品。

・毎月3万本は販売されていて、2007年の発売以来、累計150万本も売れている。


・歯磨き粉を使わなくても歯がツルツルになる革命的な高級歯ブラシとして、海外からも注目されている。


・一本の歯ブラシを作るために、毛の加工、包装や検品など、職人が最低でも7人は関わるといわれている。



この歯ブラシMISOKAを開発した[夢職人]はもともと微細加工を行うメーカー。自動車の洗車などに使う洗剤などに技術を活かせないかと試行錯誤していたが、参入障壁が高いと判断したことから、日用品で最先端の技術が使われていない歯ブラシに参入されたそうだ。


1本100円程度の歯ブラシに対し、高級路線で勝負すること自体、参入障壁が高いと単純に感じてしまうが、歯磨き粉が不必要になるという差別化が消費者の心をつかんでいると思う。


MISOKAのように、高級商品の開発でビジネスチャンスのある市場はないだろうか。


傘は、こだわりを追及する人はいるが、一般的にはビニール傘や安価なもので済ませてしまう人も多い。

しかし、折り畳みで無ければ、電車の中でぬれたまま乗車してしまうと周囲に迷惑をかけたり、急な雨に対応できない。

あっという間に水をはじく素材の折り畳み傘、簡単に折り畳みができて収納できる、IoT化されて忘れ物防止センサーが付いている、強風の時に傘の骨が柔軟に曲がって風力を吸収できる素材など、技術革新が反映された折り畳み傘はどうだろうか。




ボーダーラインのネット通販フルフィルメント・運営代行

ボーダーラインのデータベースマーケティングのご提案

株式会社ボーダーライン










AD

メッセ―ジャー世代の未来型ネット通販とは?

2016-04-25 08:49:03 Theme: ネット通販

日経コンピューター2016年3月31日号

 

・アメリカ オペレーター は、メッセンジャーアプリを使用したネット通販をアメリカ国内で展開している。

 

・欲しい商品のイメージ画像や情報を送るだけで、スタッフがオススメ商品を探してくれる。

 

・現在は、人的リソースのネットワークで商品を探しているが、将来的にはAI(人工知能)を使ったサービスに変化していくとみられる。

 

仕事で使いたいカバンで、普段着用している洋服、休日でも汎用的に利用できるもの、などの要望から適切な商品がピックアップされるようになる。

 

将来的には、AIが代行されるようになると普段買物をしている商品や行動履歴、検索履歴などから趣味嗜好が判別されて、勝手に適切なオススメ商品がポップアップされるようになるはずだ。

 

また、友人の誕生日プレゼントでは、その友人の属性情報を分析し、欲しいと思われる商品を予測することもできる。

 

日本では、メルカリ が勢いよく伸張しているが、自分と趣味嗜好、生活スタイル、家族構成などが似た方を関連づけられるようになり、商品を売買するにもマッチングまで自動で紐づけてくれるようになるだろう。

 

 

 

AD

ロボットタクシーの実証実験

2016-04-15 08:18:42 Theme: life
ロボットタクシー


・2月29日から3月11日まで行われた実験には、公募で選ばれたモニター10組の計51人が参加した。

・自宅からスマートフォンで配車予約し、イオン藤沢店まで自動運転車両で送迎した。



スーパーなどでは、自宅まで配送する当日宅配便が導入されている店舗が増えているが、今後はロボットタクシーが自宅近くの宅配ロッカーまで配送する時代が当たり前になるかもしれない。


定期ルートになっている送迎バスはロボット化される時代になるのだろう。幼稚園、物流センター、ディズニーランドなどの大型観光施設、遠隔地にあるオフィスビルなどの送迎バスが挙げられる。


ロボット化されれば、人的リソースは気にしなくてよいので、台数さえ確保できれば多くの便を増やせる。そうなると、最寄り駅からの距離を気にすることが無くなるので、住居やオフィスも遠隔地にすることは抵抗感がなくなるのではないか。





ボーダーラインのネット通販フルフィルメント・運営代行

ボーダーラインのデータベースマーケティングのご提案

株式会社ボーダーライン










AD

ダイレクトマーケティングの歴史に未来へのヒントを学ぶ

2016-04-12 08:04:55 Theme: DMW
●テーマ:
ダイレクトマーケティングの歴史に未来へのヒントを学ぶ

●語り手・内容:
第一部<通販領域編>:
ダイレクトマーケティング(通販)の転換期とヒット商品開発の秘訣
公益社団法人 日本通信販売協会
理事 主幹研究員 柿尾 正之氏

第二部<非通販領域編>:
ダイレクトマーケティングによる売れる仕組み作り
株式会社アイ・エム・プレス 代表取締役社長/
「インタラクティブ☆マーケティングまとめサイト」編集長 西村 道子氏

●日時:
2016年4月15日(金)
開場 18:15~ 
第一部ワークショップ 18:30~19:30
第二部ワークショップ 19:40~20:40
のみなーる(懇親会) 21:00~

※ご来場いただいた方から順に、アルコール類・ソフトドリンク・ミニバーガー等を
 ご提供予定でございますので、お時間が許す方は、早めにお集まりください。

●会場:
NAGAYA AOYAMA
東京都港区南青山4-17-33 グランカーサ南青山2F
TEL:03-6434-9488

東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道駅」徒歩8分
東京メトロ銀座線「外苑前駅」徒歩11分
東京メトロ千代田線「乃木坂駅」徒歩9分

アクセスマップ(表参道駅からの道順が記載されています。)
http://www.nagayaoffice.com/aoyama/#unit-209

※当日の連絡先 担当:児玉 090-4131-1440

●会 費:
ワークショップ(第一部・第二部セット)/会員=2,000円:ゲスト=7,000円
のみなーる(懇親会)/4,000円程度

※のみなーるは、割り勘です。

※1984年に発足して以来、300回記念を開催できた感謝を込めて、
 二大講演のワークショップと 18時15分開場より、
 アルコール・ソフトドリンク・さらに、「ごちくる」にて
 三軒茶屋の人気店であるミニバーガー等をご提供予定でございますので、
 通常とは異なる会費設定とさせて頂いております。

※ワークショップ終了後の「のみなーる(懇親会)」には、
 講師お二方共に参加予定でございますので、ぜひこの機会に
 交流を深めてください!


4月のワークショップは、DMW東京300回記念としまして特別企画を実施致します!

通信販売業界を代表する公益法人、JADMA(通販協会)の理事である柿尾正之氏

そして、約30年に渡りダイレクトマーケティングにおける多くの企業成功事例を
取材され、昨年は「インタラクティブ☆マーケティングまとめサイト」
 http://im-press.jp/ を公開された
株式会社アイ・エム・プレス 代表取締役社長 西村 道子氏

の二大講演で

「ダイレクトマーケティングの歴史に未来へのヒントを学ぶ」

というテーマで、通販をはじめ他業種におけるダイレクトマーケティングの歴史、
現在に至るまで幅広く語って頂きます。

第一部の柿尾さんには、通販業界を中心にヒット商品の歴史を振り返り
そのヒントは現代ではどのように活かしていくべきなのかをお話頂く予定です。

第二部の西村さんには、通販以外の業界へのダイレクトマーケティングの広がりを
事例を交えて振り返り、現在に活かすヒントをお話頂く予定です。

マーケティング手法が多様化する現代において、原点である歴史から
改めて見つめ直すことで、新たな視点を得る機会につながるのではと考えています。

ダイレクトマーケティング業界を牽引されてきたお二方ならではの視点に基づいた
貴重なお話は、まさに300回記念ならではの特別企画、是非お聞き逃しなく!!


<講師紹介>
【公益社団法人 日本通信販売協会 理事 主幹研究員 柿尾 正之氏】
マーケティングコンサルティング会社を経た後、1986年4月、社団法人日本通信販売協会に入局。
おもに調査、研修業務を担当。主任研究員、主幹研究員を経て、現在、理事、主幹研究員。
日本ダイレクトマーケティング学会理事。早稲田大学大学院商学研究科客員准教授。
著書「成功するインターネット通販の進め方マニュアル」(アーバンプロデュース)等多数

■ 著書・論文
「通信販売はどこへ行く」(繊研新聞社)
「成功するインターネット通販の進め方マニュアル」(アーバンプロデュース)
「通販カタログづくりの決め手」(共著:中央経済社)
「通販業界ハンドブック」(共著:東洋経済新報社)
「DRTV TO JAPAN」(共著:アートデイズ)等。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【株式会社アイ・エム・プレス 代表取締役社長 西村 道子氏】
マーケティング・リサーチ会社勤務を経て、1989年に(株)インプレス
(2003年、(株)アイ・エム・プレスに変更)を設立、代表取締役に就任。
1995から足掛け20年間にわたり、月刊『アイ・エム・プレス』の発行人。
2015年に「インタラクティブ☆マーケティングまとめサイト」を立ち上げ、
同誌掲載の企業事例を順次、公開する傍ら、コラムを執筆中。
http://im-press.jp/

(一社)日本コールセンター協会 事業委員
日本ダイレクトマーケティング学会 WEBコミュニケーション研究部会 副部会長
ダイレクトマーケティング・ワークショップ 顧問
特定非営利活動法人 T.I.Eメンタリング・パートナーズ 理事

=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=

ご出欠のご連絡は2016年 4月 13日(水)AMまでにこちらへ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
  http://dmw-japan.org/tokyo/html/form/join/enq_form.html

=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=

中国人から見た日本観光スポット「花見、温泉、ラーメン」

2016-04-11 08:42:04 Theme: 売れてる商品
海外からも心待ち、日本の桜とお花見
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO98114740X00C16A3000000

・春節だけでなく、日本の花見シーズンに、観光目的で訪れる中国人が年々増加している。

・中国人が日本の観光イメージとしてメインに上げるのは、「花見、温泉、ラーメン」。

・日本人も同様だが、桜は「満開の期間が短い、はかなさも魅力」であるようだ。


としまえんは、花見専用席を設置し、飲み放題・食べ放題、こたつがあったりと、手ぶらで花見を楽しめる企画が充実している。


花見では、ゴミ問題が毎回課題に挙げられる。マイグラス、マイ箸、マイ皿を持ち歩いて食べ歩きがしやすいアウトドア用のトレーを活用することも広がってほしい。


また、水筒も技術が進化していくと、空気中の水素を集めて中身を自動洗浄して蒸発させ、水筒をゆすがなくても色んな飲み物を楽しめるような商品が開発されると流行りそうである。


花見の場所は、有名スポットだけでなく、近所やオフィス近くなど意外な場所にも多く咲いている。スマホの位置情報から探してくれるようなアプリも増えそうだ。




ボーダーラインのネット通販フルフィルメント・運営代行

ボーダーラインのデータベースマーケティングのご提案

株式会社ボーダーライン








高速道路の利用にもっとエンタメ性を付加できないだろうか?

2016-03-09 08:27:58 Theme: データベースマーケティング
首都圏の高速道路、迂回しても料金同額 渋滞緩和へ4月から

・高速道路の出入り口が同じであれば、どのルートを通っても高速道路料金を原則として同額にする。


・トラックなどが都心を挟んで長距離を移動する際に、割高な首都圏中央連絡自動車道(圏央道)を避けて割安な首都高速道路を通らないようにすることで都心部の渋滞緩和を目指す。



カーナビで渋滞情報などはリアルタイムに受け取ることはできるが、運転している途中の地域情報や飲食店、駐車場の情報はスマホで見なければならず、カーナビと連動しているリアルタイムの情報はほとんどない。


スマホアプリとカーナビが連動する機能が増えてくれば、チェックインでポイントが加算されたり、登録メンバーと競い合うゲーム性のあるコンテンツも楽しめる。


Foursquareが連動してくると、わざわざスマホでチェックインしなくても、車で通過したり駐車場に停車するだけで自動チェックインすることも可能になるはずだ。また、過去のチェックイン履歴から親和性の高いオススメスポットも紹介してくれる。


タイムスカードやTポイントカードは、一部の駐車場と連携してポイント加算できるが、これも駐車場を利用することで自動的にポイント加算してくれると、利用頻度も高くなると思われる。精算時に、ポイントカードを財布から出す手間も無くなる。


首都高から見える街頭広告のそばを通るとアイテムが増えてポイントやプレゼントがもらえたりするなど、広告効果を狙うアイデアがあっても面白い。




ボーダーラインのネット通販フルフィルメント・運営代行

ボーダーラインのデータベースマーケティングのご提案

株式会社ボーダーライン










無人島から教会、神社まで 変わり種レンタル

2016-02-15 08:43:49 Theme: 売れてる商品
日経ビジネス2016年2月8日号


・横須賀市の「猿島」は、1日7万8,500円でレンタルできるサービスを開始。


・教会や神社などの施設は、ミニコンサート、インテリア製品の撮影場所、料理教室などが開催されている。


スペースマーケットは、式が無い時の結婚式場、オフィス内の空き会議室、営業時間外のカフェ、などのユニークなレンタル仲介を手掛けている。


セキュリティの問題はあるが、一般企業で空いているデスク貸しをして、代わりに掃除や電話番なども請け負ってもらうことはできないだろうか。また、土日の事務所を有効活用するために、事務所内の書籍やPCを活用してもらうデスク貸しも考えられる。


自宅の空きスペースを活用するアキッパが伸張しているが、タイムスなどの駐車場スペースもカーシェアリング同様にWEB予約できると便利だと思う。


1人暮らしの住居は夜しかいないことも多いので、昼間だけ夜間生活の人に寝床として提供することも可能だ。


土日休みの都心飲食店は、法事や田舎から上京してくる家族の集まりとして活用できるプランを練ることができる。また、勉強会や英会話教室など、ランチパックもニーズがあるだろう。





ボーダーラインのネット通販フルフィルメント・運営代行

ボーダーラインのデータベースマーケティングのご提案

株式会社ボーダーライン






なぜ静岡の田舎の会社が30年以上存続し上場できたのか?

2016-02-01 08:39:44 Theme: DMW
●テーマ:
なぜ静岡の田舎の会社が30年以上存続し上場できたのか
「よろこんでもらえる喜び」が理念のティーライフ(株)の軌跡

●語り手:
ティーライフ株式会社
取締役経営企画部長・ネット事業部担当・萩原俊彦氏

●日時:
2016年2月18日(木)
開場 18:00~
ワークショップ 18:30~20:00
のみなーる(懇親会) 20:15~

●会場:
株式会社アサツー ディ・ケイ 第1プレゼンテーションルーム
東京都港区虎ノ門一丁目23番1号 虎ノ門ヒルズ森タワー 13階
https://www.adk.jp/company/relation/

※当日の連絡先 担当:児玉 090-4131-1440

●会 費:
ワークショップ 会員=無料、ゲスト=5,000円
のみなーる(懇親会)/割り勘(5,000円程度)


2月のワークショップは、

ティーライフ株式会社
取締役経営企画部長・ネット事業部担当・萩原俊彦さんに


なぜ静岡の田舎の会社が30年以上存続し上場できたのか
「よろこんでもらえる喜び」が理念のティーライフ(株)の軌跡

をテーマにお話頂きます!

高いサービスレベルを追及する中で生まれた
商品券セール、下取りセールなど、の実績やノウハウとは?

お客様お一人お一人を大事にするサービスから得られた多くのお客様の声とは?

理念を浸透させる社員教育や幸せな働き方を追求する組織づくりとは?

30年以上続くティーライフ株式会社の歴史に学ぶマーケティング手法から人材育成まで、ワークショップでしかお聞きできないお話をぜひお見逃しなく!


<講師紹介>
1968年5月3日生まれ(47歳)A型 おうし座 
群馬県高崎市生まれ 高校まで高崎 大学から東京 その後 名古屋、札幌、福岡、
宮崎 現在 住民票:宮崎 静岡へ単身赴任中

1992年 アンダーセンコンサルティング(現:アクセンチュア)
     とにかく働いた 月間200H以上残業  
2000年 テレマーケティングジャパン
     (ベネッセグループのCCエージェンシー)
     ここでダイレクトマーケティングに会う
     銀行のビジネスマッチング会でJ社創業者と出会う
2004年 JIMOS 通販を本格的に 青い血→赤い血
     忘年会などでは色々といじられた *DMW九州へも参加させて頂く
2009年 宮崎 水産会社 地域活性化、六次産業化プランナーなど
     地域での雇用数アップが地域が元気になる原動力
2013年 ティーライフ あるご縁から

転職時の流儀 「一緒に働いてみたい」という言葉に弱く転職

最近のトッピクス 昨年100kmウォーキング完歩、フルマラソン完走


=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=

ご出欠のご連絡は2016年 2月 15日(月)AMまでにこちらへ!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
  http://dmw-japan.org/tokyo/html/form/join/enq_form.html

=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=━=

インバウンドに「おもてなしガイド」(日経コンピュータ)

2016-01-18 08:40:08 Theme: life
日経コンピュータ2016年1月7日号

ヤマハが街中の日本語アナウンスをスマートフォンを介して多言語化する取り組みを始めている。


・駅や商業施設などで流れるアナウンスをスマホが読み取り、母国語で表示される仕組み。


・「トリガー」と呼ぶ人の耳には聞こえない高周波数帯の信号を放送することで実現する。トリガーがアナウンスの種類を示しており、ユーザーのスマホがこれを受け取ると、アプリ内にインストールされたコンテンツの中から対応するものを自動的に表示する。



公共施設でのアナウンスは、事故など万が一のことがあったときにも、大切になる必要な情報だとこの記事内で記載されている。


周囲の人、駅員などに声を掛けて行先を確認することは無くなり、すべてスマホのアプリ内で質問すれば解決できるようになると思われる。


また、駅ではご当地の雰囲気を出すために、ゆかりのあるアニメソングや歌などをモチーフにしたメロディが流れることがある。ご当地に関わらず、インバウンドのおもてなしを考えると、人気のあるアニメコンテンツの声優が語るアナウンスやセリフが使われる公共放送は、訪日外国人も楽しんでもらえるのではないだろうか。


バンダイ本社のエレベーターは、フロアを告げるアナウンスはキャラクターが使用されており、エンタメ会社ならではの雰囲気を醸し出している。場の雰囲気を盛り上げるバックサウンドは、見合ったメロディであれば、モチベーションを上げるものになる。




ボーダーラインのネット通販フルフィルメント・運営代行

ボーダーラインのデータベースマーケティングのご提案

株式会社ボーダーライン









ネット通販は受取拠点の充実さと速さで勝負(日経ビジネス2016年1月11日号)

2016-01-12 09:02:12 Theme: ネット通販
・アマゾンジャパンの「プライムナウ」は、年会費3,900円のプライム会員向けに890円の配送料を払えば、注文した商品が1時間以内に届くサービス。


・ヤマダ電機は、小型家電や日用品を最短3時間で届ける「スーパーエクスプレスサービス」を始めた。


・ヨドバシカメラは、最短6時間で配送する「エクスプレスメール便」を開始した。


・大手スーパーの西友は、店舗内に専用ロッカー「うけとロッカー」、店舗でスタッフから商品を受け取る「どーぞカウンター」のサービスを展開している。


配送スピード、配送方法、受取方法の多様化がネット通販において、競争が激化する傾向にあることをうかがわせる。


ただ、サービスの充実度UPを図ろうとするほど、人的リソースが必要になるため、人手不足が顕著になっている物流業界においては、悩ましい問題である。


ドローンの活用など試験運用は始まっているが、ITやロボットなどの活用で配送の自動化がどこまで現実的になるかは未知数だ。


ドローンの導入と並行して、新築のマンションではほぼ当たり前のように設置されている宅配ロッカーを一戸建てでも設置することが増えると予想される。


どの住宅でも宅配ロッカー設置が当たり前になれば、フェイストゥーフェイスでの受け取りをしないようになり、運送会社の都合で配達できるメリットもありそうだ。


また、配達ドライバーが配達ステータスを報告する端末と配達情報が連動できれば、GPS機能を活用して効率的な配送ルートを指示できたり、自動運転機能で指示されたルート通りに車が動いて、宅配ロッカーに届けるだけがドライバーの仕事になる日は近いかもしれない。


いずれにしても、すべてを自動化、ロボット化できるまでは時間を要すると思われるため、このような段階的な自動化によりサービスを高めつつ、進化を遂げていくように思う。




ボーダーラインのネット通販フルフィルメント・運営代行

ボーダーラインのデータベースマーケティングのご提案

株式会社ボーダーライン









1 | 2 | 3 | 4 | 5 |oldest Next >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。