1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2006-05-31 23:12:18

大学の話をしましょうか

テーマ:中公新書ラクレ
森 博嗣
大学の話をしましょうか―最高学府のデバイスとポテンシャル
言ってる事はまあいいとして。
何じゃいこの手抜き本は!読者をなめとんのか!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-31 23:09:00

思春期の危機をどう見るか

テーマ:岩波新書
尾木 直樹
思春期の危機をどう見るか
ハッキリ言って、著者の世代の方が少年凶悪犯罪は多かったはずだよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-30 01:07:58

不勉強が身にしみる

テーマ:光文社新書
長山 靖生
不勉強が身にしみる 学力・思考力・社会力とは何か
何がテーマなのかよく分からん。どーでもいい様な言いたいことをただ書き綴ったという感じ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-30 01:05:03

現代ドイツ

テーマ:岩波新書
三島 憲一
現代ドイツ―統一後の知的軌跡
著者はドイツ思想が専門の人らしい。ということで、至る所にハーバマスの言説が登場したりするのだが、別に小難しい思想がテーマではなく、現代ドイツで繰り広げられている様々な論争を紹介するのがメイン。これが意外と面白かった。さて、親分に右に倣えで「ドイツを見習え」とか言ってるのは、今や中韓にイイ様に使われるだけのわが国の「進歩派」のみなさんだが、ドイツの進歩派は親米なのだとか。なんでも伝統的にドイツ左派はアメリカン・デモクラシーに多大な影響を受けているらしく、全体主義の専制国家や、国粋主義のウルトラ民族主義国家を崇拝する日本の左翼などは信じられないとチクリ。またスキンヘッズが駐独イギリス軍兵士由来だったというのも知らなかった。ドイツを見習えというなら、こんな連中も見習わなくてはならないのだろうけど、頻発しているらしいのに、なぜか一人の目撃者も犯人も現れないチマチョゴリ切り裂き事件なんか、ネオナチにかかったら冗談みたいなものだろう。ドイツ首脳が日本はこの問題を取り上げてこないので、気が楽だというのも、まあ皮肉なんだろうが、ドイツ同様、人種差別の国というレッテルを張られている日本にとっても、弁解しても、相手が聞く耳持たずじゃやりきれませんなあといったところか。実際、人種差別だとか声高に非難している国の人って、実はもの凄い差別意識を持っている場合が多いんだよね。これは差別が差別を生むではなく、自分たちの国は差別されていると思っているから、内なる差別には全く無頓着ということ。
★★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-24 23:00:19

小笠原クロニクル

テーマ:中公新書ラクレ
山口 遼子
小笠原クロニクル - 国境の揺れた島
特に優れてる訳ではないんだけど、他にいいテキストがないので。
★★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-24 22:54:57

国際政治の見方

テーマ:ちくま新書
猪口 孝
国際政治の見方―9・11後の日本外交
入門としてはこんなもんかな。まあ嫁さんはすっかり俗化してるし。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-23 10:51:36

子どもが壊れる家

テーマ:文春新書
草薙 厚子
子どもが壊れる家
元法務教官というキャリアもあるそうだが、この人の書くものは本当にいつも底が浅い。ゲーム脳が原因ですとは、いやはやなんとも。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-22 16:36:28

「カルト」を問い直す

テーマ:中公新書ラクレ
櫻井 義秀
「カルト」を問い直す―信教の自由というリスク
カルト総合。新宗教とカルトの線引きが甘いと思うが、命張ってる人っぽいので敬意を表したい。問題点の整理もほぼ完璧。
★★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-22 16:34:57

大欧州の時代

テーマ:岩波新書
脇阪 紀行
大欧州の時代―ブリュッセルからの報告
朝日の元ブリュッセル支局長の帰朝記念の本らしい。朝日本体の他、「世界」に寄稿したものをまとめたというのだが、EU入門の入門といった感じだし、当然「東アジア共同体」信者ではあるのだけど、それほど強烈ではないので、まあ許せる範囲。さすがにヨーロッパでまともな新聞チェックしてれば、中華のトンデモ論理に従属する訳にはいかなくなるだろう。EUの前提として民主主義や人権という共通価値観の厳守があるが、そうした前提を共有しない「東アジア」の共通価値観は「華夷秩序」しかないだろう。それが「歴史を鏡として未来に向かう」ということなのだが、米国の犬とか落日の国とか言われても時代に逆行して長いものに巻かれてはならない。EU並みとはいかなくとも、やはりASEAN、インド、オーストラリアなどを巻き込んんだ共同体創設を推進すべきだろう。「東北アジア共同体」に固執する人は別に不純な動機があると思って間違いない。さてこの新書にはEU議会、EU憲法にかなり詳しい説明があるが、共同理念を「歴史認識」だとする「東北アジア派」の人はこの点をどう考えているんだろう。拘泥する憲9を「東北アジア」に広めることは全くせず「人民解放軍」にも「先軍政治」にも何も言わないことは知っているが、まさか議会はEU並みに人口配分しろとか言い出さないだろうな。20××年。キモノを着せられたヤマト族代表が北京の東北アジア議会に出席して、多数決で中華合衆国が成立する。ああ....無情。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-18 21:22:19

大阪弁「ほんまもん」講座

テーマ:新潮新書
札埜 和男
大阪弁「ほんまもん」講座
予想通り、大阪弁は大阪人以外喋るべからずってとこか。
それにしても「日本笑い学会」とは何ぞや。
★★
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。