今日セレクトする1枚は、土岐麻子の1stソロアルバムです。

最近ではACの「今、わたしにできること」のナレーションや、

少し前では資生堂のCMソングでおなじみ・・・というか

このブログでもCymbals、ゲスト参加作含め相当紹介してきた方ですが

今日紹介するこちらが初のオリジナルソロアルバムになります。

(ジャズスタンダードナンバーを歌う「STANDARDS」シリーズは2枚既発でした)


キリンジ・堀込高樹が作曲した「ロマンチック」で幕を開けるこのアルバムは

Cymbals時代とは違う軽やかなシティポップスアルバムとして

気持ちよく聴けるアルバムに仕上がっております。

歌詞の仕掛けにも注目の「私のお気に入り」など

春の日差しにぴったりな、気分が軽くなるポップスを9曲収録。


現在は80年代ポップス路線に展開している土岐さんですが

かつての渋谷系を彷彿とさせる、ジャズ風味のポップスを聴ける

この1stや「TALKIN'」あたりのアルバムから聴いていくのがおすすめかな、と

個人的な好みとしては思ったりもします。

春に似合う1枚として、ドライブミュージックにもおすすめです。


Debut/土岐麻子
¥2,730
Amazon.co.jp



AD