こんばんは(・ω・)/

12月も中盤になると、何故か気持ちが焦りますね。



大掃除って言ったって、年末の3日ほどで済ますつもりだし

店だって特にいつもと変わらないはず。



なのに、なんか焦る。

なぜなんでしょう~???



○●○●○●○●○●



さて、今日はそんな焦る気持ちの中

こんな実験をしてみたよ。



手芸やクラフトでよく使うボンド。

どんな種類のボンドを使ったって

中身なんてそんな大差あるとは思えないけど

専用ボンドは何故か価格が高い。



価格が高い分、特別な何かあるのか?

すごーく気になった私は実験してみた。




 

左は金属やプラスチック、ゴムはともかく

紙や布、木材などにはよく使う「木工用ボンド」。

某社のものだけど、私もクラフトの時にはよく使っている。



右はフェルト専用のボンド。



 

 さっそくフェルトにボンドを付けてみる。

特に何も考えずに塗ったから良く違いもわかっていない。



まぁ、しいて言うならフェルト用の方は

ノズルが長くて先が細くなっているから

隙間に塗るときなんかは便利だろうな~ってくらい。



で、フェルトをフェルトに貼ってみる。



 

 このまま1分。



 

 めくってみる。



木工用ボンドの方は、ボンドがフェルトに浸みこんで

1分ぐらいじゃ~すぐに剥がれる。



フェルト用の方は、粘度が高いのか繊維に絡まる感じで

はがす力に対して抵抗する感じあり。

フェルトに浸みこんでいるというよりは

フェルト同士の繊維の上にとどまって

繊維同士をくっつけ始めてる感じ。







また、新しいフェルトを用意して

今度は3分間放置してみた。


 

 ↑ 木工用ボンド。



 

 ↑ フェルト用ボンド。



完全に差が出ていた。

木工用ボンドの方は、かる~くくっつき始めてる感じ。

フェルト用の方は、はがすぞ!って気持ちがなきゃ剥がれない。

無理にはがしたらフェルト自体が崩れそう。



そして1時間経過すると

どちらもくっついていたけど、仕上がりに大差が出た。



木工用ボンドの方はもしっかりくっついていたけど

フェルト同士がくっついているところ、ようは

ボンドの浸みこんだ場所がカチカチに固まっている。



フェルト用のボンドは、ほぼ風合いの変化がなく

折り曲げても、柔らかいので

スムーズにその後の成形をすることができた。



柔らかさという点では大きく差がついたと思います。



そして、木工用ボンドは洗濯すると剥がれます。

フェルト用ボンドの方は剥がれませんでした。



ボンドの箱にかいてある説明によると

24時間で完全に接着するそうですが

洗濯の方法や回数、布の種類によっては

剥がれたり弱くなったりすることがあるらしいです。

ドライクリーニングは不可のようです。



今回の実験。

気温や湿度によっても差は出るだろうけど

わたし的には、こんなに仕上がりに差が出たのには

ちょっとびっくりしました。



お値段と作品の完成度の高さ。

天秤にかけたらってことなんだけど、

スタッフと私は「やっぱり専用だわ~」っと思いましたとさ。



では、また (●´ω`●)


See you~ノシ

 




レトロな手芸品のお店へGO!


 
手芸品セール会場へGO!
 

にほんブログ村↑↑↑に参加しています(・ω・)/
ポチリと応援していただけると小躍りします♪


もっと応援してやってもいいぞっ!て思ったら
↓こちらもアチラ↑もポチっと♫



手芸用品・材料 ブログランキングへ

Thank you☆

 

       φ(.. )  じーっ




AD