12月4日に全線開業する東北新幹線の延伸区間・八戸(青森県八戸市)-新青森駅間(81.8キロ)に17日、新型車両E5系が初めて乗り入れた。本州最北端の新青森駅では公募市民ら約500人が、開業後は最高時速320キロの「はやぶさ」となる新顔を出迎えた。

 10両編成のE5系は午前10時、新青森駅とともにオープンする七戸十和田駅(同県七戸町)を出発。平均時速約140キロで走行し、約20分後、新青森駅上りホームに滑り込んだ。先頭の長い鼻が特徴の緑色の車両が見えると、待ちかねた市民らはカメラを向けたり「早く乗りたいなあ」などとうれしそうに話していた。

 ホームとの間に段差がないかなどを確認するため、鉄道建設・運輸施設整備支援機構とJR東日本が試験走行させた。延伸区間では9月まで速度向上試験などが予定されている。【山本佳孝】

【関連ニュース】
雑記帳:新キャラ「はやぶさ翔」は東北新幹線PRを担当
東北新幹線:はやぶさ来春投入 八戸-新青森間12月開業
掘り出しニュース:新幹線が青森へ 伊奈かっぺいさん「いち念あお組」結成
初代ミニ新幹線 400系「つばさ」ラストラン 東京駅にファン800人
次世代新幹線「E5系」:東京駅に初乗り入れ

坂本副会長らを再任―日看協が通常総会(医療介護CBニュース)
母親が1歳次女と無理心中か 交差点で突然下車、マンションから飛び降り(産経新聞)
故永井氏めぐり首相と渡辺氏が“まな弟子”対決(産経新聞)
<東西線>車両点検の影響で運転中止 煙のようなもの発生?(毎日新聞)
北教組幹部に有罪判決、小林議員は辞職表明へ(読売新聞)
AD