12月4日に全線開業する東北新幹線の延伸区間・八戸(青森県八戸市)-新青森駅間(81.8キロ)に17日、新型車両E5系が初めて乗り入れた。本州最北端の新青森駅では公募市民ら約500人が、開業後は最高時速320キロの「はやぶさ」となる新顔を出迎えた。

 10両編成のE5系は午前10時、新青森駅とともにオープンする七戸十和田駅(同県七戸町)を出発。平均時速約140キロで走行し、約20分後、新青森駅上りホームに滑り込んだ。先頭の長い鼻が特徴の緑色の車両が見えると、待ちかねた市民らはカメラを向けたり「早く乗りたいなあ」などとうれしそうに話していた。

 ホームとの間に段差がないかなどを確認するため、鉄道建設・運輸施設整備支援機構とJR東日本が試験走行させた。延伸区間では9月まで速度向上試験などが予定されている。【山本佳孝】

【関連ニュース】
雑記帳:新キャラ「はやぶさ翔」は東北新幹線PRを担当
東北新幹線:はやぶさ来春投入 八戸-新青森間12月開業
掘り出しニュース:新幹線が青森へ 伊奈かっぺいさん「いち念あお組」結成
初代ミニ新幹線 400系「つばさ」ラストラン 東京駅にファン800人
次世代新幹線「E5系」:東京駅に初乗り入れ

坂本副会長らを再任―日看協が通常総会(医療介護CBニュース)
母親が1歳次女と無理心中か 交差点で突然下車、マンションから飛び降り(産経新聞)
故永井氏めぐり首相と渡辺氏が“まな弟子”対決(産経新聞)
<東西線>車両点検の影響で運転中止 煙のようなもの発生?(毎日新聞)
北教組幹部に有罪判決、小林議員は辞職表明へ(読売新聞)
AD
 国際宇宙ステーション(ISS)に5カ月半滞在した野口聡一さん(45)が9日夜(日本時間)、米テキサス州ヒューストンで記者会見、元気な様子が宇宙航空研究開発機構の東京事務所にテレビ中継された。青い訓練服姿の野口さんは笑みを交え、「地球は素晴らしい星。毎日いろんな表情や姿を見せてくれ、半年間見飽きなかった」と話した。
 野口さんは昨年12月21日、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地からソユーズ宇宙船で飛び立ち、2日昼(同)に帰還。宇宙滞在は2回目だったが、今回は163日に及び、日本人最長となった。
 ISS滞在中は「寝付きにくかったり食欲がない時もあった」が、帰還後の体調は万全。現在は専門医の指導の下で毎日2時間、リハビリを進めており、「部活の新人のようなしごかれ方」という。
 帰還時について「カプセルから出た瞬間の驚きはまだ残っている。空が抜けるように青く、土や草のにおいがし、別の世界に来たような気がした」と振り返った。
 今後の目標については「まだ白紙。今はリハビリをこなすのに精いっぱい」。帰還日は鳩山由紀夫前首相の辞任表明が重なったが、菅直人首相について質問が及ぶと「安定した政権で、新しい視点からの(問題)解決を期待している」と話した。 

【関連ニュース】
【動画】菅直人首相、就任初会見
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
【特集】菅直人内閣閣僚名簿
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕金星探査機「あかつき」

巨大吸い殻で禁煙週間PR=栃木〔地域〕(時事通信)
「願いかなう」いすに行列 神戸・北野異人館(産経新聞)
<全日空>旭川-関西線 日航にかわり就航(毎日新聞)
<たちあがれ日本>参院選比例代表、新人の永木氏を擁立(毎日新聞)
「小沢隠しが奏功」「一時的」=菅氏期待アップに自公幹部(時事通信)
 「沖縄を裏切れない」。米軍普天間飛行場の移設問題をめぐり、28日に罷免された社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相はこう言い残し、閣外に去った。党首としては“筋”を通した形だが、「普天間問題」に力点が置かれたせいか、鳴り物入りで発足した消費者庁のリーダーとしては存在感を発揮できなかった。

 ≪「言葉に責任を」≫

 「言葉に責任を持ちたい」。福島氏はこの日夜、党本部で記者会見した。「言葉の軽さ」を指摘される鳩山由紀夫首相を意識したかのような言い回しで政府方針に従わなかった理由を説明した。予定より約15分遅れ、政府方針を決定した臨時閣議終了の直後に始まった会見。会場に入った福島氏は少し疲れた表情で視線を左右に動かした。

 100人以上の報道陣を前に、マイクを握り締めた福島氏は「私は沖縄を裏切ることはできない。沖縄の人たちにこれ以上の負担を押し付けることに加担できない」と話した。

 この日の福島氏は大臣の職務をこなしながら、与党内の水面下の交渉を続けた。大臣として会議出席後の午後3時前には、突然執務室から出てきて、報道陣に「罷免するということはわたし個人を切ることではなく、社民党を切ること」と一気にまくしたてる場面もあった。

 ≪政治主導なく≫

 普天間移設問題をめぐり、社民党党首としての発言が目立った福島氏だが、消費者担当相としての影は薄く、「消費者行政全体の司令塔に」と望まれたイメージと比べれば、物足りなさも残る。

 消費者庁は、各省庁ごとに管轄していた製品事故情報を一元化し、消費者に提供する目的で平成21年9月に発足。パロマガス湯沸かし器による死亡事故など、散発する事故の情報が分からなかったことで家族を失った遺族にとっては悲願の発足だった。

 ただ、こうした事故対応の多くに消費者庁が直接手を下すことはない。こんにゃく入りゼリーの窒息事故の問題など所管省庁がない「すき間事案」は消費者庁に権限があるが、基本的には所管省庁やメーカー、関連団体などに申し入れを行うことや、消費者に注意を促すことが業務だ。

 ところが、福島氏の大臣就任以降、すき間事案はほとんどなく、「政治主導」で何かを動かしたわけでもない。全国消費者団体連絡会の阿南久(ひさ)事務局長は「功績はなかなか思い出せない」と話した。

黄砂対策で前進=日中韓環境相が合意―北海道(時事通信)
介護福祉士、認知症85歳入所者殴り逮捕 1カ月の重傷負わす(産経新聞)
「赤い靴」の女の子像完成…異人さんの国へ贈呈(読売新聞)
500株のバラまとう 大手町のオフィスビル(産経新聞)
【同盟弱体化】第3部 迷走のツケ(上)「総理 なぜ決断できぬ」(産経新聞)