笑顔のあふれる 個育てコーチングin仙台

1人1人の個性を引き出すコーチング「個育てコーチング」

子供たちの可能性を引き出すコーチングピアノレッスン♪

ママと子供たちのあふれる笑顔を引き出す子育てコーチング

生きづらさの解放~発達支援~

仙台でピアノ講師として20年間、延べ約300名の子供たちと向き合ってきた経験から、子供たちの可能性を信じて引き出す“コーチング”をお伝えしています音譜


子育ては、個育て。

1人1人の個性を大切に育むこと。


そして、子供を育てる大人もまた、自分自身を大切に自分の個性を育てる、個育てを。


両親が、我が子の可能性を心から信じること

先生が、生徒の可能性を心から信じること

そして、自分自身が自分の可能性を心から信じること


そこから、笑顔の輪が広がると信じています。

あなたの笑顔は、周りに幸せを運びます。


個々の可能性と笑顔を育てる個育てコーチングブログです。


NEW !
テーマ:

子供の笑顔を引き出す個育てコーチ 西城 あやです。

 

個育てコーチング連続講座

第10期(残席6) 日曜開催11期(残席4 ) 募集のお知らせはこちらです

 

 

台風が近づいているようですね…。

どうか、大きな被害が出ませんように。

 

 

エレベーターを待っていると

小学低学年くらいの

男の子の兄弟2人と、そのご両親も

同じくエレベーター待ちを。

 

 

男の子たち、あちこち押してみたり

さわってみたり

そして、2人でじゃれ合ったり。

 

 

可愛いなー。と思いながら

その光景を見ていると。

 

 

 息子たちの様子を見ていたお母さん

 

「やめなさい!」

 

「静かにしなさい!」

 

「ダメ!」

 

たたみ込むように

2人に向かって厳しい口調。

 

 

直ぐに静かになった

男の子たちの様子を見て

 

「お母さんの一言の効き目、さすがだわー。」と感心したのでした。

 

 

公共の場でのマナーを

教えることも、時に大切なことだと思っています。

 

 

教え方については

たくさんの情報がありますね。

 

 

「怒らずに、言い聞かせましょう」

 

だったり

 

「指示命令ではなく、質問して考えさせましょう」

 

だったり

 

 

「ガツン!としつけることも、大切です」

 

だったり。

 

 

私ね

どれも、間違っていない。って思うんです。

 

 

子育てって

マニュアルなんてないもの。

 

 

だからこそ迷うし、悩むのですけれど…。

 

 

どこかに学びに行けば

その講師が伝えることが正しいことのように感じます。

 

そして、その「正しそう」なことが

できない自分に落ち込んだり

 

 

「正しそう」なことを

一生懸命頑張ってやってみよう。としたり。

 

 

 

私の講座を受講してくださった方からも

よく聞くことです。

 

「講座中は、学んだことを実践しよう!って頑張っていたんですけど…。

講座が終わったら、また元のママに戻ってしまって、落ち込んだりして…。」って。

 

 

そんなお話を聴くたびに

毎日、我が子のために

こんなにも、一生懸命頑張っている

ママたちの姿に、本当に感動します。

 

 

それだけで、もう十分…。

 

 

慣れない子育てに

 

初めてのことばかりで

悩みもたくさん出てくる子育てに

 

一生懸命向き合っているからこそ

 

落ち込んだり

悩んだりするの。

 

それって、我が子を愛していればこそ。

 

 

もう、その愛は、我が子にしっかりと

届いていると思うんです。

 

 

だから

 

 

ほかの誰かの

「正しそう」な基準に照らし合わせて

悩んだり落ち込んだりしなくても大丈夫。

 

 

大切にしたいのは

ほかの誰かの基準よりも

 

 

目の前の我が子が

心も身体も元気でいるのか。

感情をしっかりと表現できているのか。

 

ママやパパの直感で

「この子、どこかいつもと違う…」と

感じることができるかどうかということ。

 

 

アンテナを立てるのは

多くの情報よりも

目の前の我が子の様子。

 

 

大丈夫!

こうして、日々一生懸命

 

子育てに取り組んでいるあなたの子。

 

 

 

まだ起こってもいない未来の心配を

することよりも

 

 

目の前にいる我が子と過ごせる今を

楽しんでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

子供の笑顔を引き出す個育てコーチ 西城 あやです。

 

個育てコーチング連続講座

第10期(残席6) 日曜開催11期(残席4 ) 募集のお知らせはこちらです

 

大切な日だけど…。

 

母、今日は電池切れのため

息子と2人、お祝いお寿司。

 

DSC_1005.JPG

今日は息子の19歳の誕生日。

 

 

いつまで、こうして母と一緒に

誕生日に夕飯を食べてくれるのでしょう(笑)

 

16-08-25-23-16-38-105_deco.jpg

 

おめでとう。

 

ケーキを食べないお誕生日、19年間ではじめてだったね。

って笑ったけど…。

 

 

来年は、一緒にビールで乾杯しようね!

 

 

生まれてきてくれて

元気に生きててくれて

 

本当に、ありがとう。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

子供の笑顔を引き出す個育てコーチ 西城 あやです。

 

 

個育てコーチング連続講座

第10期(残席7) 日曜開催11期(残席4 ) 募集のお知らせはこちらです

 

先日、ピアノ教室を卒業した

Kくんと、Mちゃん兄妹がいました。

 

 

お引っ越しをされて

お家が遠くなったことや

色々な理由があっての卒業。

 

 

Kくん3年生

Mちゃん1年生。

 

 

本当に、元気いっぱいで

たくさんのことを

私も学ばせてもらえた

素晴らしい兄妹。

 

そんなKくん、Mちゃんの

お母さんが、ピアノ教室でのことを

ブログに書いてくださいました

 

もう…

私、泣いちゃいました…。

 

 

2人とのレッスンのあれやこれやを

思い出し…。

 

そう。

 

私、この2人に試されました。

レッスンをスタートさせた頃に。

 

 

何度も、何度も

体当たりで「本当に、先生のこと信じても大丈夫?」と

確認されているかのように。

 

 

時には、ひっくり返って泣き

時には、教室で大暴れし

時には、抱っこ抱っこで。

 

子供たちのパワーって、なんて真っすぐで

なんて純粋なんだろう…。

 

そのたびに

 

「大丈夫よ! 先生は、決してあなた達のこと

キライになったりしないから。

 

どんなあなた達のことも、心から愛してるから。」って

 

思いながら

2人との時間を過ごしてきました。

 

ピアノを弾かない!と暴れた時も(笑)

 

ピアノを弾かせたいわけじゃないから

それでもいい。

 

私の教室のピアノは

生徒さんが何かひとつでも

「できた!」って自分に自信を持ってもらうためのツールにすぎない。

 

例え「ド」の音ひとつであっても

88鍵盤の中から、見つけることが「できた」あなたは

やっぱり、すごい!

 

30分のレッスンの中で

1分でも、集中してピアノを弾けたのなら

その1分は、あなたにとってものすごく価値のある1分。

 

 

時に

「お母さん方、ここのピアノ教室、本当に大丈夫?」って

不安になったりしていないかな…。

 

 

と、不安に襲われることもあるんです(こんな私でも)

 

それでもね。

私は、やっぱりこのスタンスで

子供たちと向き合っていたい。

 

 

もしも

私の教室で「ピアノが好きになった!」って子供たちが

言ってくれるのなら

 

それは

「自分に自信がもてる!」

「自分のことも大好き!」って

思ってもらえることも同時であること。

 

そう思いながら

日々、子供たちと本気で

向き合いたいのです。

 

 

Kくん、Mちゃんとの思い出は

たくさん在りすぎて、どれを思い返しても

1人、頬が緩みます。

 

最後のレッスンの時

2人から、お花とお手紙をもらいました。

DSC_0996.JPG

 

「これまでありがとうございました。

おわっていないきょくは、いっぱいあるけど

たのしかったです。」と書いてありました。

 

たのしかったです。

それは、私も同じです。

 

これまで、本当にありがとうね。

 

そして、2人のお母さんのEさん。

いつも、本当に温かく見守ってくださって

ありがとうございました。

 

これからも、私はずっと教室にいます。

 

いつでも、お顔を見せに来てくださいね。

Fotor_146124649348966.jpg

 

いつも、天才的な

ブロックの作品を作ってくれたKくん

 

一緒に作詞、作曲をしたMちゃん。

 

2人の大いなる可能性が

これからも、グングン広がっていきますように!

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

子供の笑顔を引き出す個育てコーチ 西城 あやです。

 

 

個育てコーチング連続講座

第10期(残席8) 日曜開催11期(残席4 ) 募集のお知らせはこちらです

 

 

ここ数年、よく耳にしたり、目にしたりする

 

「お金への執着を手放しましょう!」的なフレーズ。

 

 

フムフム…

なるほど…。

 

そうするべきね…

 

 

などなど、いろいろと考えさせられたりするものです。

 

 

…が

 

我が家の娘や、息子を見ていると

一生懸命、仕事に取り組んでいます(息子はバイトですが)

 

 その大きな理由は

 

「働いて、たくさんお金を得たいから。」

これです。

とっても素敵だなぁと母は思います。

 

 

そして私も

離婚後、お金がカツカツで(あ、結婚中もだった(笑))

子供たちを育てていくために

 

一生懸命、お金を得ようと

本当に必死で働きました。

ダブルワーク、トリプルワークと

掛け持ちしながら…。

 

それは、執着というよりも

生きていくために、必要だから。

 

なりふり構わずです。

 

 

それでも、なかなか思うように

お金を得られない日々がとても長く続きました。

 

 

今、お陰さまで

やりたい仕事のみを

楽しくやりながら

 

あの頃のように、必死でトリプルワークをしなくても

生活できるようになりました。

 

 

裕福とか

成功とかを

 

追い求めていたあの頃より

今は、その部分はまったく追っていません。

それでも、あの頃には想像もできなかったほど

心が平和です。

 

 

それはなぜか?

 

確かに、あの頃よりも

お金に対する執着はなくなったかもしれない。

 

でも、生きていくために

必要なお金は、絶対的に稼ぎたい!と

執着に似た気持ちは常にあります。

それを悪いことだとも思っていません。

 

 

あの頃からずっと

私の中で変わらない想いがあることに

気づきました。

 

 

それは

私の大好きな仕事

ピアノ教室の仕事や

コーチングの仕事で

 

たくさん稼ぐぞー!とは

思っていないということです。

 

 

ですが、常に

大好きな子供たちの笑顔を見たい一心で

私にできることは、何か?

 

目の前の人に対して、損得なしに

誠実に向き合っているか?

ということは、最も大切にしたいと思っています。

 

 

お金は、自分が仕事をしたところから発生する。

 

というのが、私の信条です。

 

お金を得るためのパイプが

たくさんあることは知っていますが

私にとって、それはあまり魅力的な話ではありません。

 

 

私が手放したいと思う執着

それは…

 

 

お金に対する執着というよりも

 

「自分の仕事を通して、相手をコントロールしようとすることへの執着。」

 

 

これです。

仕事で、お金をたくさん得ようと執着すると

 

どうしても

結果が欲しくなる。

 

結果を得ようと執着しようとすればするほど

お仕事で向き合う相手をコントロールしたくなってしまいがち。

 

「喜んでもらいたい」

 

「何かしらの変化をもたらしたい」

 

「感謝してもらいたい」

 

「相手に、結果を出してもらいたい」

 

「自分の顧客になってもらいたい」

 

などなど…

それは、相手のため…と言いつつ

無意識レベルで自分のため。

 

 

自分の仕事で

絶対に大きな収入を得るぞーーー!と

めいっぱい頑張っていたあの頃

上手く行かなくて苦しかったのは

 

そんな無意識レベルの

相手へのコントロールが

しっかりと伝わっていたからなのだと思うのです。

 

 

 

私には、その部分への執着が

ありません。

 

 

ご縁を頂けた方に対して

私にできることを

 

誠実にひとつひとつ

日々、やらせていただくのみです。

 

そして、そんな自分のことを

信頼することができるのです。

 

だから

相手が、変化することもしないことも

私にとっては、問題ではありません。

 

心から相手の生き方を

信頼しているし

尊敬しているので。

 

 

お金と仕事。

おそらく、我が家の子供たちも

将来、立ち止まり

向き合う課題になることでしょう。

(自営業だったら尚更)

 

そんな時が来たら

 

 

不器用ながらも

試行錯誤しながらも

私なりに、行きついた感覚を

伝えられたらな…

 

 

ぼんやりとそんなことを思う母です。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

子供の笑顔を引き出す個育てコーチ 西城 あやです。

 

 

個育てコーチング連続講座

第10期(残席8) 日曜開催11期(残席4 ) 募集のお知らせはこちらです。 

 

 

今、猛烈に眠気に襲われながら

記事を書いています…(笑)

 

 

今日は、夏休み特別企画「原始反射統合セッション」最終回でした。

 

 

DSC_0995.JPG

MIGAキッズさん

そして、葉月さん

いつも、細やかなお気遣いを頂き

本当にありがとうございます!

 

 

今日は、雨の予報でしたが…

 

あ、あ、あっついーーー‼‼

 

汗だくのセッションとなりました。

DSC_0984.JPG

小学1年生のHくん。

 

もう…

このきゃわいい笑顔に

私、メロメロです~!

 

Hくんの声も

本当に優しく、癒されちゃう~!

 

 だけど、やっぱり男の子。

DSC_0990.JPG

一緒に来てくださったパパは

終始、Hくんにやっつけられっぱなしでした(笑)

 

DSC_0989.JPG

 

こんな風に、パパが

身体全部で、おもっいきり遊んでくれる経験。

 

Hくんにとって

本当に幸せなことだと思います。

 

 

午後は

小学2年生のSちゃんを筆頭に

兄妹3人で来てくださいました。

DSC_0994.JPG

DSC_0991.JPG

身体能力が高いSちゃんは

こんなふうに、バランスボールを使っての

ブリッジや、逆立ちもとっても上手!

DSC_0993.JPG

はじめは、ちょっと恥ずかしがっていた

Sちゃんですが、私と、たくさん

遊んでくれました。

 

この夏休み

本当に、たくさんの親子が

セッションに足を運んでくださいました。

 

 

何度も、何度も

子供たちの笑顔と

お父さん、お母さんの温かい

見守りの笑顔に

胸がいっぱいになりました。

 

 

 

多くの親御さんが

 

我が子に対して

 

「〇○が心配で…」と

悩みを話してくださいます。

 

 

 

でもね。

私が、これまでピアノ教室も含め

多くのお子さんとマンツーマンで

接してきて確信していること、

 

それは

「ダメな子は、1人もいない!」ということ。

 

子供たちの成長に

多少の差はあっても

必ずしも、それがその子のマイナスではないということ。

 

 

そして

子供たちは、自分が生きていく上で

今、何が必要なことなのかを

無意識で本能的に分かっているの。

 

 

大人の私たちに出来ることは

その成長を、信じて見守り

然るべき環境を整えることのみなのかも。

 

 

 

一般社団法人 ここ からだの代表

灰谷さんが、おっしゃっていました。

 

 

いずれ、「発達支援コーチ」という役割がなくなることが理想なのだ。と

 

 

私も、心からそう思うのです。

 

大人の都合で

子供たちの遊びに、ムダな制限をかけることなく

 

コントロールすることなく

信じて見守ることこそ

 

子供たちが、自分らしく成長し

自分らしく生きていくための、最大のサポートなのではないかと。

 

 

思い返してみても

私は、とても幸せな環境で

育ってこれたのだなぁ…と

思います。

 

 

時間を忘れて、外で思いっきり遊び尽せたこと

 

親が、子供の世界には簡単に介入してこなかったこと

 

 

どこに行くにも、自転車をひたすら漕いで行けたこと

 

野山を飽きるほど、駆け回ったこと

 

様々な遊びや

 

夢中で、お友達や兄妹と遊んだあの時間が

 

私の生きる土台を創ってくれていたのだと

今、やっと理解できます。

 

 

情報は、とても少なかったけれど

その分、自分たちの経験が安全、危険の基準になれた

 

 

田舎の小さな地域での遊びだったけれど

その分、地域の方たちとのコミュニケーションが

1人で生きてるんじゃない。っていう安心感に繋がっていた

 

どこまでも、走り回って

遊びに行っていたことで

体感として、距離感や時間を知ることができた

 

 

などなど…。

数えきれないほどの

生きて行く上での大切な学びを

知らず知らずに得ていたのです。

 

 

今、子供たちを見ていると

沢山の制限がある中で

本当に一生懸命

成長しようとしています。

 

 

だからこそ、そのエネルギーを

止めないであげたい。

 

 

そして、育児に悩むママたちが…

 

子育てについて、何も学んだ経験が無いにも関わらず

一生懸命日々がんばって育児をしているママたちが

 

 

疲れたり

不安にあったり

落ち込んだりした時

 

 

それでも絶対に大丈夫!と

背中をポン!と叩いてあげることが出来る場を

大切にしていたい。

 

 

ちょっとくらい

心配なことがあっても

ここがあるから、大丈夫!って

思ってもらえる場を

創っていたい。

 

 

この夏休み

 

原始反射統合セッションを通して

 

 また強く思えました。

 

私は、決して器用な人間ではなく

直感のみで歩んでいることのほうがはるかに多い。

 

ゆえに、周りの多くの方々に

たくさんの手助けをして頂いて

ここまで生きてこれました。

 

 

だからこそ、これからも

苦手なことは

遠慮なく助けてもらい

 

私に出来ることは

ほかの誰かのお手伝いを

喜んでさせて頂きたい。

 

心からそう思います。

 

 

本日も、お休みの中

セッションにお越しくださいました

皆さま

本当に、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。