遠隔霊視と宇宙のネットワーク(Ameblo版)



皆さんこんばんは。何事もなく無事に終了した1月17日、阪神淡路大震災の日、実は日本は周辺海域

四方八方からの巨大人工地震による破壊陰謀に晒されていたことがわかりました。そしてアルジェリア

天然ガスプラントでの人質事件は、こうした謀略から目をそらすための陽動作戦だったのではないかと

推測されます。それは、1月17日に日本列島近海に大量に出現したUFOの配置で如実にわかります。



画像に見られるように、おとといの17日、日本の上空にはなんと52機もの葉巻型母船が出現していま

した。1~52までUFOが滞空している箇所にナンバリングした大きな画像をダウンロード出来るように

しましたので、是非ご自分の目で確かめてみてください(下記URL=約16MB)。

https://box.yahoo.co.jp/guest/viewer?sid=box-l-3bkk2t7ehhjm43h2fv4ierq6oa-1001&uniqid=d57921e1-4e73-4764-a388-8347a162a632&viewtype=detail

また、元のNASA衛星画像もご確認いただくことが出来ます。

http://lance-modis.eosdis.nasa.gov/imagery/subsets/?subset=Japan.2013017.terra.250m



私が赤丸をつけたUFOの滞空位置をよく見てみてください。主なものを北から順番に見ていきましょう。

六ケ所村沖 (12・14・15)

三陸沖 (26)

福島はるか沖 (27)


会津若松 (52)

新潟中越地方 (23・24・25)

長野 (28)

千葉東方沖 (42・43)

東海・東南海・南海沖全域 (41・45・46・47・48・49)

琵琶湖 (37)

名古屋 (38)

福井 (29・36)

和歌山 (40)

広島 (39)

日向灘 (50)


日本海は北から南まで全域 (1~51 上記を除く)


※ 位置関係を見れば見るほど、見事な布陣であることがわかります。



すべて、地震の巣(人工地震で狙われている場所)であり、何らかのトリガーが加われば一箇所だけでも

大変な被害をもたらすエリアばかりです。特に、千葉東方沖から東海・東南海を経て、四国沖の南海まで

同時に起きたら、太平洋側は全滅するところでした。これもイルミナティ傘下のメディアが311以降しつこく

続けてきた、巨大地震誘発報道のエリアと一致しています。そして昨年指摘したように、年明けからは

日本海での巨大地震の可能性など、笑ってしまうような話が持ち上がっていましたので、イルミナティの

策略は手に取るようにわかっていたわけです。そして、再び1月17日に日本攻撃をやろうとしていた。



さらにその前日、目をそらすためにアルジェリアで人質事件を起こした。311の時はその直後にリビア

攻撃が始まっていますから、彼らの中では作戦的にリンクしているのです。ところが、本命の日本攻撃が

何も出来なかったので、アルジェリアの人質事件が意味がなくなった。だからこれほどまでに情報が錯綜

しているわけです。イルミナティは「こんなはずじゃなかった!」と、再び地団駄を踏んでいる事でしょう。

そして私が何度も言っている、「葉巻型UFO船団によって日本は守られている」ことが、奇想天外でも

荒唐無稽でもウソデタラメでもなく、事実であることが、おわかりいただけると思います。しかもこれほど

大量のUFOが出現しているのは、この日本だけです。他の国には、ほとんど出現しておりません。

コメント(10)