2014年3月16日(日)に埼玉県障害者交流センターで、

CPサッカー(脳性まひの人たちがプレーする)とアンプティーサッカー(下肢や上肢を切断した人たちがプレーする)

のコラボイベントが行われました。

ご縁があり、ノジマステラ神奈川相模原U15のみなさんもいらっしゃいました。一般参加者、見学者含め総勢100人以上に。



下は笑顔が素敵なFCアウボラーダ川崎の新井選手。アンプティーサッカーの日本代表でもいらっしゃいます。



足を向けては寝られない恩人のプロカメラマン、平野さんの素晴らしいお写真でふり返ります。

今回、ご縁としかいいようのない出会いから、スペシャルゲストとしてプロフットボーラー、小澤英明選手にお越しいただきました。



・・・感無量。おっさん感無量。

12年前に3人から始まったクラブが、プロ選手をお呼びしてのイベントを行えるなんて、当時の誰もイメージはできなかったと思います。ASの旗の前で、、、涙

しかも普通はこういうことはしてくれません。小澤さん、ナイスガイすぎます。



イベントは3本立て、、、の前に開会式。



ご来賓の方々。左からアンプティーサッカー協会の後藤理事長、CPサッカー協会の丸山会長、小澤選手、アンプティーサッカー代表監督の杉野さん、CPサッカー強化担当理事の村上さん。

そして司会。



・・・おっさん再び感無量。正視できず。

彼がウチに来てくれた時、まだ高校生だったんですよ。それがまあ立派に、、、涙

さてこの後はCPサッカークラブ対アンプティ―サッカークラブの交流戦。

両サッカーとも同じ7人制だからやりましょうや!とどこぞのおっさんが熱望し(笑)、FCアウボラーダ川崎の半澤監督のご協力もあって実現しました。

両キャプテンによる握手。なかなかに歴史的な一枚。



初めて見る人を驚かせた交流戦、、、はまた次回m(__)m
AD

コメント(1)