オゴオゴ作りの時期

テーマ:
昨日は、バンジャールのちびっこギャングが、オゴオゴの集金で、20人ぐらいで練り歩いてました。

そうかぁ。もうオゴオゴの時期なんですね~

オゴオゴ人形を制作するための費用を、町内にある家一件一件、自分たちの足で回って、子供達が(≧∇≦)みんなで回収するんです。

{0007A55B-F118-4B73-A2C3-535722F4D2B0:01}


バリ島の人々はバリ・ヒンドゥー教を信仰し「ウク暦」と「サカ暦」の二つの暦に従って生活しています。ニュピは、その「サカ暦」の新年にあたり、バリ・ヒンドゥー教徒にとって最も需要な日です。
ニュピの前日、「オゴオゴ」悪の神を祀り、善と悪のバランスをとります。村では、村々の辻に悪霊へのお供え物が置かれ、人形の山車やみこしが町を練り歩きます。人々は松明を持ち楽器を鳴らしながら、お供え物を食べた悪霊を追い払うため、大騒ぎをしな がら夜遅くまで練り歩きます。
それがオゴオゴです。
このお神輿「オゴオゴ」には各家庭から追い出された悪霊が乗り移ると考えられており、最後にはこのオゴオゴは悪霊とともに燃やして海に流します。
{D91FCB86-C4AE-42E6-A816-113F308C7BC5:01}


素敵な風習ですよね。
その風習を受け継ぐ子供達もまた、頼もしいと思いませんか?

こういうのを見ると、うちの子もそろそろ実家のバンジャールに参加させないとなぁ。と思います。

バリに来られる皆さん。
今年のニュピは、3月9日です。
ニュピの日はホテルからでられないので、通常旅行には嫌煙されがちですが、ニュピ前日のオゴオゴは本当に良いもんですよ!是非日程があえば体感してみてくださいね。


バリ島長期滞在ならアスティバリ
AD