"つくね"をピーマンで食す

テーマ:

再放送されている「孤独のグルメ season1」

松重 豊さんが演じる井之頭 五郎が、

焼き鳥やで、常連さんの食べ方を真似て絶賛していた食べ方

やってみたくて・・・やっちゃいました。

 

 

●鶏つくね + 生ピーマン

 

 

 

(材料2人分)

 

鶏ひき肉 - 150g

塩麹 - 20g

 

■玉ねぎ - 小1個 (みじん切り)

■エノキタケ - 20g ( 〃)

■高野豆腐 - 1個 (摩り下ろす)

■生姜のみじん切り - 大さじ1

■片栗粉 - 大さじ1

■マヨネーズ - 大さじ1

 

ピーマン - 3個 (縦半分に切ってヘタと種を取る)

 

※タレ

醤油

みりん

砂糖

蜂蜜 - 各大さじ1

焼き肉のたれ

オイスターソース - 各大さじ1/2

 

(作り方)

 

1 鶏ひき肉と塩麹をビニール袋に入れて良く揉み

 冷蔵庫で4~5時間措く

 

2 鍋に湯を沸かす

 

3 ボールに■と1を入れて良く捏ねる

 

4 左手の親指を使って種を絞り出しスプーンですくって

  ピンポン玉くらいの大きさに丸めて沸騰した湯の中に入れる

 

5 浮き上がって2~3分したら取り出して水気を切る

 

6 小さめのフライパンにタレの材料を入れて火にかける

 

7 タレが煮立ったら5のつくねを入れる

 

8 火を強めて煮詰めてタレを絡める

 

9 串に刺してピーマンと一緒に盛り付ける

 

 

 

 

生のピーマンの中に入れた鶏つくねを親指で潰して

そのままかぶりつく!

 

ワイルドなピーマンの肉詰めかっ!

 

 

 

 

ピーマンの苦さとシャキシャキ感

甘辛いつくねが良く合うから不思議

 

 

何でもやってみないと気が済まない(料理に関しては・・・)

好奇心は、歳を重ねても衰えませんぞっと~

 

 

今日もお付き合い有難うございました。

 

 

 

 

 
 
 
どくしゃになってね…
AD

豚マヨ

テーマ:

カレーやシチュー用に売っている

豚の角切り肉を使ったお料理です。

 

 

●豚マヨ

 

 

(材料2人分)

 

豚肉角切り - 150g

塩麹 - 15g

 

南瓜 - 1/8個 (1cm厚さに切る)

パプリカ - 1/4個 (乱切り)

レタス - 6枚 (ザク切り)

 

※ソース

マヨネーズ - 大さじ4

ケチャップ - 大さじ1.5

蜂蜜 - 大さじ1

生姜のしぼり汁 - 小さじ2

酢 - 小さじ1

 

小麦粉 - 大さじ1

サラダ油 - 大さじ3

 

(作り方)

 

1 豚肉に切り目を繊維に垂直に3~4本ずつ入れる

 

2 1と塩麹をビニール袋に入れて良く揉み冷蔵庫で1晩措く

 

3 2の袋に小麦粉を加え空気を入れて膨らませて

  粉を全体にまぶす

 

4 ソースをボールに合わせておく

 

5 フライパンを熱して油を入れて3を並べて、弱めのの中火で

  じっくりと焼く

 

6 途中で裏返して南瓜とパプリカを空いたスペースに入れて

  一緒に焼く

 

7 楊枝を刺して豚肉に火が通ったらペーパーの上に取り出して

  余分な脂を吸い取る

 

8 7の豚肉をソースで和える

 

9 レタスを敷いた上に南瓜を並べて8の豚肉を盛る

 

10 ソースをかけてパプリカを飾る

 

 

 

海老マヨの海老が豚肉に変わったバージョンです。

 

角切り肉に切り目を入れると火が通り易くなって

加熱時間の短縮になります。

そして、塩麹の効果で仕上がりは、とってもジューシー。

 

このオーロラソースは、豚肉にも良く合いますよ。

 

 

 

今日もお付き合い有難うございました。

 

 

 

 
 
 
どくしゃになってね…
AD

火を使わない モズクのスープ

蒸し暑い日にぴったりの

ちょっと酸味を効かせた冷たいスープです。

 

●冷たいモズクのスープ

 

 

(材料2人分)

 

モズク - 100ml (食べやすいように包丁で切る)

豆腐 - 1/2丁 (さいの目切り)

白菜キムチ - 適宜

大葉 - 4枚 (千切り)

 

※スープ

水 - 300ml

白だし - 大さじ2弱

寿司酢 - 大さじ1

 

(作り方)

 

1 スープの材料を合わせて冷蔵庫で冷やす

 

2 器にモズクを入れてスープを注ぐ

 

3 豆腐・キムチ・大葉を盛り付ける

 

 

 

簡単すぎる~

 

白だしは、商品によって味が異なるので調節してください。

酸味のあるスープ 酸辣湯 から思いつきました。

 

すごくさっぱりして美味しかったですよ。

 

 

今日もお付き合い有難うございました。

 

 

 

「暑さ対策!火を使わないアイデア調理」コーナーにレシピを掲載中!

 

 

 
 
 
どくしゃになってね…
AD

イトヨリのオーブン焼き

テーマ:

昨日は、気になっていた家事を片づけた一日でした。

 

朝の早い時間に、まずタオルケットを洗濯

そのあとは、部屋の掃除

お昼過ぎには乾いたタオルケットを取り入れたら

梅雨明け恒例のベランダの大掃除です。

 

新しいマンションじゃないので、ベランダに水栓は無し。

お風呂場から散水用のホース・リール(15m)を使って

水を撒きながらタワシやデッキブラシでゴシゴシ・・・

サッシも網戸も洗い流します。

サッシ6枚 横に約10mの掃除は、けっこう重労働

でも、基本的にベランダに物を置かない質なので

物の移動は、無いから楽ね。

 

ベランダの掃除が終わったら玄関ホールにホースを移動して

エレベーターホールに面しているサッシの掃除

すっかりきれいになりました。

 

汗びっしょりになったので、再び洗濯して終了

お疲れさんな1日でした。

 

 

さて、お料理は1尾150円と破格だったイトヨリです。

 

 

 

●イトヨリのオーブン焼き

 

 

 

(材料1人分)

 

イトヨリ - 1尾

 

玉ねぎ - 小1個 (1cm厚さに切る)

ズッキーニ - 1/3本 (1cmの半月切り)

パプリカ - 1/3個 (乱切り)

椎茸 - 2個 (縦3つに切る)

セロリの葉 - 適宜

タイム - 10本

パセリのみじん切り - 少々

 

白ワイン - 50ml

オリーブオイル - 50ml

美味しい塩 - 適宜

ガーリックパウダー

粗びき胡椒 - それぞれ好みの量

ピンクペッパー - 小さじ1

 

(作り方)

 

1 イトヨリの鱗をしっかり取り内臓・エラを取り除く。

(器に入らないので後から泣く泣く頭を落としました)

 

2 良く洗って水けを拭き上になる方に包丁目を入れて

塩を多めに全体に振りセロリの葉をお腹に詰める

 

3 ガーリックパウダーと胡椒を全体に振りかける

 

3 耐熱皿に野菜類とイトヨリを入れて野菜にも塩を振る

 

4 白ワイン・オリーブオイルの順にかけてタイムを入れる

 

5 250℃に温めたオーブンで15分加熱する

 

6 パセリとピンクペッパーを散らす

 

 

 

 

 

美味しくできました。ほったらかしなのにね。

 

 

↓身もふっくらです。

 

 

 

 

イトヨリは、鱗がびっしりなのでしっかりとらないといけません。

 

お腹を開けたりするのは、キッチン鋏を使いますが

鱗取りは、専用のツールを使っています。

 

 

 

↑鱗が飛び散らなくて使い易いからお気に入り~

 

 

今日もお付き合い有難うございました。

 

 

ゴーヤとベーコンのチャンプル

テーマ:

昨晩は、「広島みなと 夢 花火大会」でした。

今年も良く聞こえた~

見えないのが不思議なくらいの臨場感ある爆音

綺麗だっただろうなぁ~

 

↓画像をお借りしてみました。

 

みなと花火大会 広島 に対する画像結果

 

 

お料理は、ゴーヤを使って一品

 

 

●ゴーヤとベーコンのチャンプル

 

 

(材料2人分)

 

ゴーヤ - 1本 (種とワタを取って5㎜に切る)

 

◆ベーコン - 70g

◆玉ねぎ - 小1個 (薄切り)

◆パプリカ - 1/2個 (乱切り)

 

しめじ - 1/3房

 

■トマトジュース(無塩) - 100ml

■トマトケチャップ - 大さじ1

■ウスターソース - 大さじ1

■昆布茶 - 小さじ1/2

 

▲パルメザンチーズ - 大さじ1

▲ガーリックパウダー - 小さじ1

▲粗びき胡椒 - 少々

 

(作り方)

 

1 フライパンに◆を入れて中火で炒める

 

2 ベーコンから脂が出て玉ねぎに火が通ったらしめじを加える

 

3 しめじに脂が絡まったら■を加える

 

4 ゴーヤを加えて好みの硬さになるまで炒める

 

5 ▲を加えて仕上げる

 

6 盛り付けてパルメザンチーズ(分量外) を振りかける

 

 

 

 

ベーコンの風味とトマトの味がマッチしたチャンプルです。

ベーコンの脂だけでオイルの追加は無し。

パルメザンチーズは、旨味が出るので多めがオススメよ。

 

今日もお付き合い有難うございました。

 

 

 

 
 
 
 
どくしゃになってね…