アロマの媚薬

アロマテラピーを取り入れたセックスライフ


テーマ:

古くから日本で利用されていたサンダルウッドのご紹介です。

日本名では「白檀」という名で親しまれています。

お香や京都の匂い袋、扇子などにも利用されていますね。

甘くオリエンタルで官能的なこの香りは昔から貴族の香水として

なじみの深いものだったそうです。また、東南アジアでは宗教的な集会で

サンダルウッドを試用することによって瞑想やトランスを促すそうです。

またアーユルベーダやヨガの世界では7つのチャクラの開放に大きな影響を与えるとして重要な役割と果たしています。


■歴史

文献によっては世界最古の香料として4000年の歴史があるとか・・・。十字軍の遠征に出かけた男性が帰省するときにいろんなお土産の中にこのサンダルウッドが含まれており、それを貰った女性は心の底から心配することから開放されたという文献もあります。


■世界のサンダルウッドの利用法

インドでは「この香りが漂うところには邪悪な霊は踏み込めない」といい伝われており、ヒンズー教では周りを浄化するために、そして神々を喜ばすために焚かれています。

※セラピストの間では、「若い女性が男性をマッサージするときにはこの精油の使用を避けること」といわれる程、男性に対して催淫作用があるといわれています。

■特徴

ベースノート(3日間は香ります)

甘くウッディーでオリエンタルな官能的な香り


■サンダルウッドで好転されると思われるセクシャルな問題

セックスで大胆になりたい男性

セックスに対して抵抗感や羞恥心が強い女性

大胆なセックスをしてみたいカップル

フェロモンを出したい男性

※特にセックスに自身のない男性、インポテンツ、精力減退、早漏、遅漏の方の救世主です。


■主な成分

セキステルペンアルコール類のサンタロール、サンタレン

アルヒデド系フルフラール、


■ホルモンとの関係

サンタロールは女性のフェロモンといわれるエストロゲンと似た作用を示します。

また、骨盤内のうっ血を取ることから、骨盤内の血j流が良くなり感じやすく、バルトリン氏線液の分泌を促し、子宮を暖めます。セックスの経験が浅くポルチオで傷みを感じやすい人にお薦めです。

■主な働き

1、心への働き:非常にリラックスさせ、緊張と不安を和らげる。

2、体への働き:催淫作用、泌尿器系のトラブル、呼吸器系のトラブル、血行増進に有用性がある。

3、肌への働き:皮膚を軟化させることから乾燥肌、老化肌に有用性がある。

4、注意事項:衣類につくと洗っても香りが落ち難い。抑うつ状態の時には使用しない。光毒性があるとも言われている。

5、相性のよい精油:イランイラン、オークモス、グレープフルーツ、クレメンタイン、ジョンキル、サイプレス、ジャスミン、ゼラニウム、ネロリ、バジル、パルマローザ、ブラックペッパー、フランキンセンス、ベチパー、ベンゾイン、ミルラ、ラベンダー、レモン、ローズ、ローズウッド

■木綿子の余談

アロマテラピーの基本は「自分がよい香りと感じるものは必要な香りである」とよく言われています。

この香りも独特な香りで、男性だけがよい香りと感じるカップルと女性だけがよい香りと感じる場合があります。私もこの香りが嫌いな一人なのですが、いつも不快な香りと感じるわけではありません。セックスに対して消極的になっている場合や、マンネリ化している場合、これでとても発情したことがあります。私はこの精油を「心を開放し、自由に快楽を貪るための精油」だと紹介しています。もし、いつものセックスに飽きてきたらこの精油を使ってみてください。

■ワンポイントアドバイス

特徴のある香りで好き嫌いがはっきりしますが、私はこの精油にグレープフルーツなどの柑橘系を加えて、オークモスなどを入れると非常に最高にいい香りです。私の中ではベストブレンドだとおもっております。







AD
いいね!した人  |  コメント(3)

テーマ:


「精油の宝石】といわれるジャスミンのご紹介です。
ローズが「精油の女王」ならばジャスミンは「精油の王」とい言われています。
とりわけ女性に好まれる香りですが、その効果は女性特有の症状に
とても有用性があるからなんでしょうね?

私もよくカウンセリングのときに話すのですが、
「その人に必要な香りは、必ずいい香りに感じるものです」

■歴史
クレオパトラが薔薇と同様に愛した香りとして有名です。
敵対する将軍にクレオパトラがこのジャスミンを多様して
クレオパトラを自分のモノにしたい!と欲情させ、悩殺!!
そして国を落としたという逸話もあるんです。

■世界のジャスミン利用法
インドやアラビアでは古くからこのジャスミンを利用してきました。
ジャスミンは「夜に香りが一番増す」といわれており、
催淫特性は「ためらいを取り払い人間の本能を呼び起こし、
人間としての欲求を開放する花」といわれています。
この花を「夜の女王」と呼びこの媚薬効果を存分に利用していました。

■特徴
ミドル~ベースノートのとても甘く官能的なフローラルな香り
※ちなみにジャスミンは精油ではありません。本来精油というのは水蒸気蒸留法という
方法で採取されるものです。ジャスミンはとても繊細な花弁を取り扱うので水蒸気蒸留法では
ジャスミンのデリケートな香りは採取できません。普通はアブソリュート法という豚の油で成分を取る
方法で多くは採取されています。

■ジャスミンで好転すると思われるセクシャルな問題
・内向的で緊張しやすい人
・セックスに対して不安や恐怖を抱えている人
・子宮が未熟で深くペニスを挿入されると痛みを感じる人
・大胆になりたいと思っている人
・セックスに自信が無い人
・心理的インポテンツ

■主な成分
モノテルペン系アルコールのネロール
酢酸リナリル
テルピネオール ジャスモン ゲラニオール
エステル類のアントラニル酸メチルなどを含みます。

■ホルモンとの関係
・酢酸リナリルは脳内のセロトニン(幸福ホルモン)の分泌を促します
・ゲラニオールは女性のフェロモンといわれるエストロゲンの分泌を促します
・エステル系は神経を落ち着かせ、安定した精神を保たせます

■主な働き
1、心への働き:気分を紅葉させながらも、緊張を解きほぐしリラックスさせる
2、体への働き:分娩をスムーズに促進させホルモンバランスを整える。男性の性的コンプレックスにも有用性がある。
3、肌への働き:乾燥肌、敏感肌お整え肌の弾力を高める
4、注意事項:妊娠中は使用しない。使用しすぎると体液の働きを妨害する危険性がある。集中力が必要なときは使用を控える。
5、相性のよい精油:オレンジ、サンダルウッド、ゼラニウム、フランキンセンス、ネロリ、ローズ、パルマローザ、ベルガモット、マンダリン、メリッサ、ローズウッド、ホーリーフ、クレメンタイン

■木綿子の余談
花を利用する精油ののほとんどに催淫作用があるとおもって間違いないです。
花の花弁は人間で言うと性器に当たる部分といわれています。
蜂や虫をおびき寄せ受粉するために香りで引き寄せ、蜜を与える・・・

きゃーなんかいやらしい!!
女性の性器みたいじゃないですかぁー!

注意しなければならないのは
この花を利用する精油のほとんどに
「エストロゲン様作用」といわれる生理を引き起こす可能性の
ある成分が含まれていることです。ジテルペンケイアルコール類や
セキステルペンアルコール類など多くの成分があります。
ですから妊娠初期~中期に関しては禁忌の精油となりますが、
逆に月満ちた臨月に入ると分娩の助けになると欧米では分娩時に
利用されていることでも有名です。

■ワインポイントアドバイス
最近の30~40代の女性の3~4割の人がかかっているといわれる
子宮内膜症や子宮筋腫の原因のひとつは骨盤内の「冷え」だといわれています。
実はこれは現代の日本の生活によって引き起こされた現代病なんですって!
ジャスミンのような子宮の強壮作用のある骨盤内を暖めるといわれている
精油がとても助けになると思われます。
他に子宮を暖める有用性のある精油は:ローズ、ネロリ、クラリセージなどが有名です。




AD
いいね!した人  |  コメント(4)

[PR]気になるキーワード