今日の修善寺温泉は、曇り時々晴れ。

 

気温は昨日より低くなっていますが、風が無い分過ごしやすい一日です。

 

 

今日は昼間に「竹林の小径」を散策してきました。

 

入口の「独鈷の湯」や「河原湯」では、大勢の方が足湯を楽しんでいました。

 

 

新井旅館の横を通り過ぎながら竹林へ向います。

 

 

「独鈷の湯」から「桂橋」まで只今河川工事中。

  

工事が終わった場所は川底がとても綺麗になっています。

  

 

新井旅館「花の棟」の前は工事対象外。

 

自然の形が残されています。

 

「花の棟」の目の前は「竹林」

   

 

今日も大勢の方が、記念写真を撮られていました。

 

 

竹林を抜けると、

 

 

「楓橋」

   

  

「修禅寺物語」の主人公夜叉王の娘、桂と楓から名前をとっています。

 

「楓橋」を渡った先にあります「ギャラリーしゅぜんじ回廊」

  

 

只今「写真展 梅花のころ」が開催中。

 

 

 

修善寺梅林や修禅寺境内の梅の写真が飾られています。

  

 

入場は無料ですので、皆様是非お立ち寄り下さい。

 

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net  

 

 

 

 

 

 

AD

今日の修善寺温泉は、晴れ。

 

 

散策していると、少し風が冷たい感じがします。

 

 

土曜日ということもあり、伊豆の道路は午前中から各所で渋滞が発生していました。

 

温泉街も例外ではなく、車も人も多くなっています。

 

修善寺温泉に御越しの方のほとんどが訪れる修禅寺。

 

山門右の梅が咲き始めています。

 

 

まだつぼみも多いのですが、綺麗に開き始めた白梅。

 

 

山門には梅の木の鉢も置かれました。

 

 

紅梅と白梅が二鉢づつ置かれています。

 

 

この白梅、なかなか良い香りがしています。

  

  

境内の梅も、右の白梅は6~7分咲き

  

 

左の紅梅もいい感じに開いています。

 

 

 

本堂左の奥の庭にあるしだれ梅も、

 

 

とっても綺麗に枝垂れています。

 

境内でもうひとつ忘れてはならないのがこちら。

    

 

修善寺桜の原木。

  

  

つぼみがかなり膨らんできて、開待が待ち遠しくなってきました。

 

本堂を出て、お寺の脇の参道のしだれ梅。

  

 

ほぼ満開。

  

 

修禅寺の梅見と修善寺梅林の梅見、

 

修善寺温泉お出かけの際はどうぞ両方お楽しみ下さい。

 

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net  

 

 

 

 

 

AD

修善寺梅林開花情報

テーマ:

今日の修善寺温泉は晴れ。

 

昨日より気温も上がり、朝からポカポカお天気。

 

温泉街は今日も大勢の方が散策されていて、修善寺梅林まで歩かれる方も大勢いらっしゃるようです。

 

しばらくポカポカなお天気が続くようです。

 

そんなお天気ですので、修善寺梅林の梅も段々と開いてきています。

 

今日の修善寺梅林の様子です。

 

 

バスや車の方は、駐車場から歩いてくるとまずこちらの西梅林に到着します。

 

紅梅がかなり咲いてきました。

 

 

紅梅は特に青空に映えますね。

 

 

西梅林で一番早くから咲いていた奥の紅梅は、

 

 

もう満開です。

 

西梅林から東梅林に向います。

 

 

西梅林の白梅の中で、毎年一番早く咲く木がこの左の木。

   

満開に近くなって、いい香りがします。

    

   

西梅林を上から眺めると、こんな光景になってきました。

   

  

梅林の真ん中では、

  

 

「新井旅館 双皎山荘」にて野点が行われています。

 

 

東梅林の上の高台。

 

 

紅梅がかなり咲いて目立ってきました。

 

そして皆様がカメラを向ける方向がこちら。

 

 

今日は少し雲がかかっていますが、富士山が顔を出しています。

 

そして東梅林の入口。

 

 

温泉街から歩いてくると、この場所に20~30分で到着します。

 

 

このあたりは2~3分咲きといったところ。

 

 

咲き始めた梅はどんどん開いていますが、

 

まだまだこれからの木も多いですね。

 

 

明日・明後日のお天気は、「晴れ時々曇り」といった感じのようです。

 

気温も今日より上がるようなので、のんびりと梅見ができそうです。

 

 

 

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net  

 

 

 

 

AD

「月の棟」からの梅見

テーマ:

今日の修善寺温泉は曇り。

 

気温も低く、風が冷たい一日となっています。

 

チェックアウトが済み、部屋の片付けの最中の「月の棟 九号室」

  

 

正面は家族風呂「睡蓮」とその奥に「霞の棟」

 

 

左に「青州楼」、その横に「天平大浴堂」と「あやめの棟」

 

幾つかの有形文化財の建物に囲まれた池泉庭園。

  

 

ここにあります紅白梅が、「月の棟 九号室」からは丁度いい感じで見ることが出来ます。

 

 

下からはなかなか見づらい白梅が、目の前に見える感じです。

 

 

白梅の手前の紅梅も、

 

 

上から見るとかなりつぼみが膨らんできているように見えます。

 

 

これからまた楽しみです。

 

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net  

 

 

 

 

 

 

春を告げる花たち

テーマ:

今日の修善寺温泉は曇り。

 

気温も昨日より少し下がり、日が出ていませんので寒く感じる一日です。

 

そんな寒さですが、裏庭に行ってみると・・・

 

 

右奥に昭和11年築 安田靫彦画伯設計の「観音堂」

 

その手前に黄色い花が。

 

 

春を告げるように、マンサクがまんず咲いています。

 

 

そしてその左奥には、

 

 

修善寺寒桜のつぼみがかなり膨らんでいます。

 

 

そしてもうひとつ

 

 

ミツマタの花。

 

黄色い花が開き始めました。

 

今日は少し寒くなってきましたが、庭の花たちは着々と春に向っています。

 

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net  

 

 

 

 

 

駐車場の白梅が満開です。

テーマ:

今日の修善寺温泉は晴れ時々曇り。

 

最高気温は12度で、比較的過ごしやすい一日です。

 

 

この「華の池」の奥に、新井旅館従業員駐車場があるのですが、

 

 

こちらにある白梅が満開になっています。

 

 

駐車場内には、もう一箇所梅の木があるのですが、

 

 

こちらもいい感じで咲いていました。

 

 

この梅の木たちは、直接お客様に見られることはありませんが、

 

毎年枝を切り、旅館内に飾られていますので、

 

客室や廊下で皆様方に楽しんでいただいております。

 

 

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net  

 

 

 

 

 

「女将のもちより雛」の様子

テーマ:

修善寺温泉の中心に建つ、「福地山 修禅萬安禅寺」 通称「修禅寺」

   

  

1200年の歴史を持ち、平安時代は伊豆総禅院一千束と言われたお寺です。

  

 

只今、正面本堂右横の書院にて、

  

「女将のもちより雛と修禅寺庭園特別鑑賞」

  

が行われています。

  

  

見頃になってきた白梅の横を通って入口に向います。、

   

   

受付で入場料200円を支払います。

 

お抹茶を頂く場合はプラス300円。

    

 

入口には吊るし雛も飾られています。

 

 

廊下には、北条政子の人形も。

 

 

小松宮様の居間を移築した「鶴夢楼」には、明治・大正時代の雛人形

 

 

こちらが明治時代。

 

 

正面奥が大正時代の雛人形。

 

 

お抹茶はこちらで頂きます。

 

今年の床は、「花弄香満衣」 修禅寺三十九世 天真絶三老師の書

  

 

「鶴夢楼」の脇床には、昭和30・40年代に流行った御殿飾り

   

 

お抹茶を頂いた後は、修禅寺庭園を拝見。 

 

 

廊下に座って庭を見ていると心が洗われます。

 

 

その後、つるし雛などを見ながら「掣龍閣」へ、

 

 

女将さんたちが持ち寄った、たくさんのお雛様が所狭しと並んでいます。

 

 

3月11日(日)まで開催しています。

 

 

昨年の「女将のもちより雛と修禅寺庭園特別鑑賞」の記事は→2017年2月19日の日記

 

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net  

 

 

 

 

 

 

修善寺梅林 開花情報

テーマ:

今日の修善寺温泉は晴れ。

 

昨日までの強風はなくなりましたが、気温は4度ほど下がっていますので、手や顔が冷たい一日です。

 

今日は修善寺梅林にて、

 

地元伊豆市の太鼓打組「喜酔会」さんの太鼓演奏があるというので見学に行ってきました。

 

まずは今日の修善寺梅林の開花の様子です。

 

東梅林 

 

 

紅梅・白梅ともにかなり開いてきた感じです。

 

 

高台も少しずつ開き始めています。

 

 

高台からの富士山、

 

 

少し雲がかかっていましたが、時間とともにはっきり見えている時間もありました。

 

この高台で、今日は「喜酔会」さんの太鼓演奏が行われました。

 

 

大勢の方が足を止めて聞き入っていました。

 

 

そして西梅林の様子です。

 

 

高台から西梅林を眺めてみると、紅梅が結構開いているのがわかります。

 

 

観光協会の発表では、「四分咲き」

 

 

これから日を追うごとに綺麗に咲いてくる梅の花たち。

 

「修善寺梅林」

 

本格的な梅見のスタートです。

 

 

「新井旅館 双皎山荘」にて、野点もお楽しみ下さい。(金・土・日開催)

 

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net  

 

 

 

 

 

 

今日の玄関

テーマ:

今日の修善寺温泉は晴れ。

 

昨日よりも気温は4度ほど上がり、最高気温13度と暖かくなりましたが、

 

今日も風が強い一日です。

 

今日の玄関の様子です。

 

 

大正8年からほとんど変っていませんが、

 

 

玄関に置かれているものが時代によって変っています。

 

 

只今、桂流コシヒカリの稲掛け

 

 

彫刻家・杉村孝さんのわらべ地蔵と川端龍子画伯によるつくばい、

 

そして白梅。

 

裏の駐車場から切ってきた白梅がかなり開いてきて、

 

玄関にいい香りを漂わせてくれています。

 

 

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net  

 

 

 

 

 

今日の修善寺温泉は晴れ。

  

 

気温は昨日よりも8度近く低く、最高気温は9度ほど。

 

午前中は穏やかだった風も、午後になってまた吹き始めました。

 

一昨日、昨日の暖かさで修禅寺の梅も少し開き始めたかと思い、ちょっと寄ってみました。

 

 

一昨日まだほとんどつぼみだった参道の枝垂れ梅。

 

 

遠目から見てもピンク色が目立ってきています。

 

 

この2日間でびっくりするほど開いています。

 

 

修禅寺境内でも、

 

 

本堂右には白梅。左に紅梅がありますが、

 

 

白梅も開き始めています。

 

 

この白梅の奥にあります書院にて、

 

明日から「女将のもちより雛と修禅寺庭園特別鑑賞」が始まります。

 

 

本堂左の紅梅も、

 

 

少しずつ開いてきました。

 

 

この様子ですと「修善寺梅林」の梅もかなり開き始めていることかと思います。

 

週末の修善寺温泉、にぎわいそうです。

 

 

 

 

 

新井旅館のホームページもどうぞご覧下さい。
We look forward to your visit to our website.

            ダウン

歴史・文化に囲まれた宿 新井旅館  www.arairyokan.net