13番さんのあな ―介護家庭の日常―

  難儀な『じいさん』と認知症の『ばあちゃん』。息子夫婦の『としお』と『あしゅら』。
3人の息子『一郎・二郎・三郎』はそれぞれ社会人に。(二郎はさくらちゃんと2013年に結婚)
こんな家族の日常をマンガを交えて紹介します。

こんにちは。山田あしゅらです。

 

わが家に介護の波がどどぱ~んと押し寄せ始めて約10年。

 

老いの迎え方は人それぞれ。いずれは自分も迎える道と思って

 

このブログを始めました。



 

13番さんの名前の由来は→こちら …ごめん。グダグダな由来で…



 初めて読む人は→コチラ  コメント返信については→コチラ


              


テーマ:

Pさん

いつもながら的確な解説ありがとうございまする。

 

ええ。

つるさんのない日 = 風呂入らん日だす。

 

つるさん入浴利用が始まった当初は

(と、言っても2週間ほど前のことだが)

 

ちょっとドキドキしてたけど

夜、ご飯食べ終わっても

当人、風呂のことには一切触れず。

 

そのままパジャマに着替えて

そのまま素直にご就寝。

 

高齢者が

そうそう毎日風呂に入らなくても良いこということは

当方分かっちゃいるけどさ

 

 

じいちゃんは

「入る」と思えば入っちゃう人だもん。

 

どう出るか

間際まで分からなかったのさ。

 

おそらく

 

毎夜の決死の入浴に

本人自身も限界を感じていたんだと思うのだが

 

何か大きなきっかけでもなければ

本人の納得は得られない。

 

2階からの居室移動も同様

 

その大きなきっかけが

転倒→大ケガでなかったことは

今さらながら本当に幸運なことだったんだと思う。

 

そういう意味でも

この2か月ほどの間に

これらのことが立て続けに変化したのは

ただの偶然ではないような気がするのだ。

 

 

つるさんのない日

すなわち風呂に入らない日も

下着の交換はしてもらう。

 

寝る前に

 

ベッドの上に

新しい下着(シャツとズボン下)

とリハパン

 

枕元に

翌日着るポロシャツ(胸元ファスナー)

とズボンを置いておけば

 

 

後は何とか自分で着替えてくれる。

 

そこらへんが

何かと手のかかるばあちゃんと違い

まだ認知症未満(おそらく)のじいちゃんのありがたいところで

 

ヨメは

 

SOSがかからない限りは

ほとんど手伝わない。

 

ただ

今まで脱衣所のイスに座ってやっていた着替えを

ベッド上でやるようになったので

 

 

シーツを汚されることもたびたびだった。

 

まだその頃は梅雨真っ最中なので

洗濯が大変だったわよ。

 

家で風呂に入らないってことは

そういう弊害も込みってことなのだ。

 

 

しかし

それだけじゃなくってね

 

2週間が過ぎたここ最近。

 

新たな問題が浮上してきたのである。

 

・・・と

思わせぶりに

 

ちゅじゅく

 


13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • トップブロガー
      • 芸能人

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。