何や長ったらしいタイトルでんな。

 

他の方の記事を読んで思い出した。

 

 

7月終わりにじいちゃんあてに届いた

この現況届けの書類。

年に1回届くものだが

 

今回が最後の届出になる。

 

 

コトの始めは

15年前。

 

難病指定の病気と診断がおり

主治医に勧められ

手続きに走ったあの頃。

 

窓口がどこであるか

申請書類はどう書いたら良いのか

どういった助成が受けられるのか

全く分からないまま

役所やら県税事務所やらを行ったり来たり。

 

思えば

その後に続く二人分、申請更新また申請の

介護・医療関連の申請ラッシュは

 

これが初めの1歩だった。

 

当の本人はその後すぐに

 

 

老人性のうつ病にかかってしまったりで否応なしに

届出とか申請の類のほとんどが

ワタシの仕事にシフトしたのだ。

 

 

 

最終的にお世話になったのは

 

医療費の助成と障がい者手当の受給のみ。

(あ~NHKの受信料の減免ってのもあったかな?)

 

 

在宅終盤の2~3年は

一人でタクシーに乗ることも出来なかったしさ。

 

 

まぁ、どっちにしろ

これら福祉システムに助けられるのは

13番さんのみ。

 

どんだけ申請に走ろうとも

書類作成の手間がかかろうとも

当方に1銭の実入りもないワケだが・・・。

 

 

今回が最後の届出になったのは

もちろん、施設入所のため。

 

介護保険施設又は社会福祉施設への入所

(ショートステイは含まない)

及び

3か月を超えて入院した場合は受給資格喪失となる。

 

入所にあたり

高額な難病の薬を中止にしてもらったのもそのためである。

 

 

わりば市ではちょうどタイミング良く

今年度から8月の切り替えとなったらしい。

(全国的にそうなのかな?)

 

早々

8月のアタマには書類提出は済ませてあるが

 

 

これを書いていて

ふと思った。

 

現況届を出しただけじゃダメかも。

 

申請した時もあれだけ煩雑だったんだから

取り下げる時も何らかの手続きが要るんじゃないか。

 

明日、役所に電話して聞いてみよう。

 

役所ってな

聞かないと肝心なことは教えてくれないとこだもん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本 お知らせ 本

 

 

『13番さんのあな』が7月28日

本になりました→

 

予約はこちら

 

Amazon↓

 

楽天↓

 

電子書籍の予約は→コチラ

 

 

「読んだよ~」って方

本当にありがとうございます。

 

レビューに感想を是非お寄せ下さい。

お待ちしております。

 


13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

AD