エコ・ブログトップへ スマイル・エコ・プログラム

こんにちは。山田あしゅらです。

わが家にもとうとう、介護の波がどどぱ~んと押し寄せてきました。


老いの迎え方は人それぞれ。いずれは自分も迎える道と思って、このブログを始めました。

まだ、子どもも家にいますので、出来ることなら明るい家庭を保ちながら介護したい。

無理なく(←ここ大事)、むだ(に怒ること)なく、今日も一日がんばりま~す。


13番さんの名前の由来は→こちら …ごめん。グダグダな由来で…


$13番さんのあな ―介護家庭の日常― ←こちらのサイトにも投稿してます

                          のぞいてみてね



 初めて読む人は→コチラ   コメント返信については→コチラ

          



                      

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

日がな一日

2014年09月01日(月)
テーマ:介護家庭の日常


最近
ばあちゃんが家に居る月曜日は
買い物に出られない。




こんな季節
何もあえて修行することもあるまい。


だから
日曜日のうちに必要なものは買いそろえておいて

月曜日に
買い物に出なくても良いようにしているのだ。



昨日は暑くはなかったけど
結構な大雨。

ところが





リハパンを買い忘れ
夜の分まで足りそうもないことに気がついた。
(遅いっちゅうの)







お蔭で
無事リハパンは間に合った。

とは言っても
近くの店まで買って帰って来ても
ほんの10分。

以前ほど動けなくなっているばあちゃんなんだから
三郎にお留守番を頼まなくても
大丈夫っちゃあ大丈夫だけど・・・。




大丈夫そうにみえて
そうじゃないのが認知症。

たとえ10分のことでも
その間何かあったらと思うと
おいそれと家を空けるわけにはいかないのだ。


周りの人と
よくある




このやりとり。

介護者と世間一般の『忙しい』は
意味合いが違うのだ。

忙しいというより
家が空けられないというだけ。

ナニが起きるか分からない




ばあちゃんに

いつ すっ転ぶか分からない




じいちゃん。

このデンジャラスな二人
どちらか一方でも家にいれば
おいそれと家を空けることもままならない。

ま、家に居たとて



何かが起きる確率も
今では
さほど高いワケでなし。


ワタシが家で番してるのも
見張り&13番さんの安心安定のためのようなもの。



だけどさ
今日なんか
訪問看護のあとで
お医者があったワケでなし。

生協の注文書 書いて

二人でおひるごはん食べて

ばあちゃんのお昼寝中に
4コマアップして

ばあちゃんの伸びた
ズボンの修理してたら





何だか
この生活に慣れきっちゃってるところもあるが


ああ。

花の50代。





そのうち
クサるんじゃね?

と、

ふと不安になるときもあるのさ。





    
 
13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

     

 応援クリック

  よろしく!

    ↓

 にほんブログ村 介護ブログへ






 
AD

あきのおとずれ・・・かな?

2014年09月01日(月)
テーマ:ブログ


今日から9月。

わりば市界隈も
朝晩はだいぶ過ごしやすくなってきた。

でも
水曜日あたりからまた夏日が復活するらしい。




長期の暑さで疲れがたまっているこの時期は
特に身体が変調をきたしやすいのだそうだ。

皆さまどうか
より一層のご自愛を。


さて
忘れたころにやってくる


13番さんのあな2


先ほど更新いたしました。


毎度お手数をおかけしますが
お帰りの際は




    
    
 
13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

     

 応援クリック

  よろしく!

    ↓

 にほんブログ村 介護ブログへ









AD

これもコメント参考

2014年08月31日(日)
テーマ:お役立ち情報

静かな8月最終日の日曜である。





先回の記事にも
色々重要コメントが。


同じようなことウダウダ書いてる本文より
よっぽど有益なことも。

コメント欄はトップページから入ると表示されないので

各回のタイトルをクリックして
記事の下までスクロールするか

記事の最下段



コメント(数字)をクリックすると表示されます。



特養の申し込みなんかでもそうだけど

ワタシやほとんどの人は未経験者で
周りにはそれほど詳しく教えてくれる人はいない。

これだけ情報化が進んでいる時代なのに
福祉・介護は特に
かん口令でもしいているんじゃないかしら?ってくらい
行政でも肝心なことは教えてくれないんだもん。


それぞれの家庭で
取り込みたい情報は様々だけど

介護者や専門職の方が経験、実践された上での知識は
本当に貴重だと思う。

これぞ!と思う情報は
是非ご参考に。




さて

半月ほど前

『意外に不都合』 という記事を書いた。


ばあちゃんが手を洗う際




洗面台の蛇口まで手が伸びず
不便しているという話だ。


あれからネットやホームセンターで
適当なものはないか探してみたけど
これはというものには出会えず。
(もっと探せばあったかも・・・根性なし。)


洗面台の用途は名前の通り
顔を洗うというのが主で
蛇口が飛び出ていては
洗いにくいって配慮だろう。

それに
健常な人間にとっては



この形状がベストってことか。

ばあちゃんの手洗いには都合よくても
他の人間に都合悪くてはどうしようもない。

と、いうワケで
カランのみの交換はあきらめた。


でも




やっぱり
ばあちゃんの手は洗いにくいまま。


どうしたモンだべ。


そこで
コメントで教えていただいた



商品の詳細

コレ
Amaz●nで注文してみた。


実を言うと注文時は
『ダメ元』

千円ちょっとだから
もし使えなくても「ま、いっか」ってな気持ちだった。




ところがね。届いてみると・・・。


使い方はカンタン。




蛇口に差し込むだけ。

差し込む部分は
柔らかいシリコンで出来ているので
大体どんな形状で出来た蛇口にも合うと思うし
結構しっかりした素材なので
水を多少多めに出しても受け止めてくれる。


つまり
蛇口から出た水が
プラスチックのアヒルさんのくちばしをたどって
前方に流れるってしくみだ。



リンクしたサイトを見てもらえば分かると思うが
これベビー用品なのね。

洗面台に手が届かない小さいお子さん用。




ほんの数センチ
水が前に流れてくれるだけのことだが

認知症高齢者にも
バッチリだった。

すごいな~この発想。


何より
取り付け取り外しがカンタンなのがgood。


使い始めて1週間ほど

毎日毎回重宝してマス。



ありがとうございました。



    
 
13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

     ↑

 応援クリック

  よろしく!

    ↓

 にほんブログ村 介護ブログへ





AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

あなたもエコ・ブログでブログをつくりませんか?