エコ・ブログトップへ スマイル・エコ・プログラム

こんにちは。山田あしゅらです。

わが家にもとうとう、介護の波がどどぱ~んと押し寄せてきました。


老いの迎え方は人それぞれ。いずれは自分も迎える道と思って、このブログを始めました。

まだ、子どもも家にいますので、出来ることなら明るい家庭を保ちながら介護したい。

無理なく(←ここ大事)、むだ(に怒ること)なく、今日も一日がんばりま~す。


13番さんの名前の由来は→こちら …ごめん。グダグダな由来で…


$13番さんのあな ―介護家庭の日常― ←こちらのサイトにも投稿してます

                          のぞいてみてね



 初めて読む人は→コチラ   コメント返信については→コチラ

          



                      

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

2014年・オッとニュース・5

2014年12月20日(土)
テーマ:介護家庭の日常

お待たせしました。
お次の方~。



その9【atsumiさんちのオッとニュース】




月に一度のケアマネさん来宅日のこと。

来宅予定時間の少し前
舅(じいさん92歳)がなぜか庭に出て行った。
杖を持ち玄関の戸を開けて外に数歩出たころ(だと思う)
ケアマネさんが到着。

私は急いで玄関に出て行きケアマネさんに挨拶。

舅はケアマネさんのことはわかっている様子だけど、、、
家の中に戻らず(笑)そのまま庭に出て行った。

オイオイ、誰のために来てくれてるの~。(心の声)

マイペースな舅は、相手のことはお構いなしで
自分の仕事(?)としている「盆栽の水やり」をしはじめた。

ケアマネさんはそういう舅を見て、イヤな顔をすることもなく
「いつも座っている姿しか見てないけど
動いている○○さんを見ることができてよかった♪」って
言ってくれる優しい人。

舅もしかして
ケアマネさん(女性)に良いところを見せたかった??(笑)







オトコってね
いくつになっても バカ 少年なのよ。

いや、それなりのおトシになると
男性も女性もそれなりに・・・。

おそらく
他人の世話になるばかりの我が身の歯がゆさを
認めたくない。悟られたくない。

空気読めないのも
一生懸命すぎて周りが見えなくなっちゃうから。


じいちゃん見てると
いろいろ勉強になります。








その10【ポルコさんちのオッとニュース】


両両親4人送った内
二人が(義父と実母)完璧な何処に出しても恥ずかしくない
モデル的認知症!

その内のヒヤリハットエピソード1。
実母です、当時2Fに上がると一人で降りられない母。
勿論お風呂はヘルパーさんが来られた日に入れてもらう頃でした。
ある朝階下(母は1Fで就寝)に降りていくと廊下がびしょびしょ。
ワーお漏らし? 寝室に行くとベッドにチンと寝ている。
ふとんの中をみると上は着ているが下はスッポンポン。
しかしズボンもおむつもない?(トイレにも)。
もしや、と風呂場を見ると、湯船開けっぱ
(我が家は共働きで24時間風呂)洗い場には(脱衣所じゃない)
パジャマとおむつがたたんである。
湯船は子供2人と一緒に入っても余裕の大きさ
よくぞ溺死しなかったものと
(パトカーが赤いランプをまわし、人だかりが、って想像したわ)。
母に聞くと「寒かったから入った」とのこと。
でも子細は覚えていない。
今だから笑える・ゾッとする逸話は山のごとくですね。







どこのお宅も似たようなお話がわんさかあるようで。

認知症の人のの行動は
ホント、予想を超えます。
家族も油断しているワケじゃないんですよ。
ただ、その予想超えについていけないだけ。

子ども相手の施設でバイトしている三郎が




と、言っていました。

そういえば息子たちも
赤ちゃんの頃、見えないものによく反応してたし
予想外の行動もよく似てます。

昔からある『童がえり』
つくづくぴったりな表現だと思ってしまいます。





その11【松田うめこさんちのオッとニュース】



実家では同居する
曾祖母のかぐわしいお風呂に悩まされていた私の
巻き込まれ系オッとニュースも聞いてください。

かなり冷え込むようになった晩秋の深夜のことでした。
家族が寝静まった後
実家の居間で1人録画した映画を観ていると
突然玄関をガンガンと叩く音が!
玄関の戸を叩く音に混じって
振り絞るような人の声らしきものも聞こえてくるが
何て言っているのかはわからない…

酔っ払い?変質者?
事件に巻き込まれた人が助けを求めてる???
と、怖さでパニックになった私は慌てて父を叩き起こし
護身用に野球バットとゴルフクラブを持って(笑)
おそるおそる玄関を開けると…
そこにいたのは車で10分程度のところに住んでいる
親戚のおばあちゃん(92歳)。
寝巻姿に手押し車で「お盆だから仏壇を参らせてくれ」と…

慌てて親戚の家に連絡をすると
そちらも大騒ぎで探していたとのこと。
認知症が進み、家の中での移動もやっとの状態なので
「今年はお盆の集まりは遠慮させてもらう」と
おばあちゃん家族から連絡をもらって数カ月。
まさか一人で行くとは…と
驚きながら迎えにきてくれました。
おばあちゃん本人は
仏壇にお参りすると満足した様子で帰っていきましたが…

寒い夜に寝巻に上着も羽織らず
手押し車で一体どれだけ時間をかけて家まで来たのか…
お盆だ!仏壇に手を合わせなきゃ!と
スイッチが入ってしまったんでしょうが
その行動力と、そもそも家の場所を覚えていたことにびっくり!

事故がなくて本当に良かったと
両家族ホッとしたニュースなのでした。





こうなると
軽くホラーです。

外国ならソッコーでズドンとやられちゃっても
おかしくないレベル。
日本で良かった。

認知症の人は思い込んだら一直線。
自分や周りがどうであれ
脳の指令が『ON』になったら
イケイケどんどんで考えられない行動を引き起こします。

で、そのスイッチが何で入るのか
それが分からないのも困ったところ。


そして時間は
他の家族のが寝静まる
深夜とか早朝が多いようにも思います。

何事もなかったのは
もう運というしかありません。






その12【りんごさんちのじゃがいもその後】




いもをうえねばの婆様ですが
植えたじゃがいもはどうなったでしょう?
周囲の人は「絶対に腐る」と言いました。
私もそう思っていたのですが
本当の春がきたらちゃんと芽が出て茎は成長しましたよ。
婆様のやらねば根性が付いた芋だったのでしょうね。
ところが芋の花の咲く前にまたまた婆様の脳内季節は夏になり
ぜんぶ掘ってしまったのです!
(花が咲いてからでないと芋自体は成長しません)
とうぜん小さい小さいお芋しかありません。
ところが!婆様の長年畑仕事に従事した脳内では
立派なお芋が取れたはずなのに物が見当たりません。
「泥棒がきてみんな持って行ってしまった!」
最後は警察へ行くとまで言い出す始末。
(身体は健康なのでどこへでも行くし、じっとしていません)
このころは私たちも婆の言うことは完全無視か怒っていましたね。
本当に投げ出したい気持ちでいっぱいでした。







りんごさんが前回の後日談を送って下さいました。

スイッチが入ったり切れたりする認知症は
手前にあった出来事は消えてなくなりますが
次のスイッチで再現されることもあるんですね。

いも掘ったことまではおぼえてるんだが
さて、そのいもをどこへやったか?

「あんりゃ~。今年は作柄悪くて小芋ばっかだな~。
こりゃ使い物にならないな~。
しょうがない。また、埋めとこ~。」

うんしょうんしょ。

ここの部分だけスコーンと消える。

なぁんて、推理をしてみました。



長年携わられた農作業は
身体が覚えているので出来てしまいます。

けれど、ブチブチ切れる記憶の糸。
季節などの感覚もなくなっているけど
昔取った杵柄だけはなくならない。

そんなおばあちゃんにふりまわされるご家族の
ご苦労がしのばれます。




その13【cherryさんちのオッとニュース】




昨年の大晦日の朝ぐっすり寝て、目覚めると母が居ない
毎朝、しゅう徊に出ていたのですぐ戻ると思って
のんびりコーヒーを飲んでいると
固定電話に着信ランプが付いている
携帯にも直進履歴とメッセージが数件

知らない番号と、生活安全課(ノ゚ο゚)ノ
生活安全課にかけ直していると窓の外に

パトカー2台と警察官4人を従えた母が・・・帰宅

2㎞程離れた超高級老人ホーム(大昔の職場)の
敷地を歩いてたらしいです

保護してくださって連絡してくださった職員さんに感謝です

現在は、門扉に鍵を付けて敷地からは出れないようにしています

余談ですが、家の玄関の戸に母が開けれない鍵を付けると
虐待になるとケアマネさんから言われちゃったんです。

徘徊対策も大変ですね。







ホント、ご無事で良かった。

きっとお母様
お仕事に向かわれてるつもりだったんでしょうね。

それにしても予測のつかない認知症に
「どうせぃ」って言うんでしょうか?

話題になっていたJRの事故による賠償請求。
徘徊の末に何かあった場合
『監督不行き届き』と責められるのは
家族ではたまったものではありません。

まだまだ世間は実情が全く分かってないようで
暗澹とした気持ちになります。



さて2014年オッとニュース

次回が最後です。





 13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

     

 応援クリック

  よろしく!

    ↓

 にほんブログ村 介護ブログへ







AD

2014年・オッとニュース・4

2014年12月19日(金)
テーマ:介護家庭の日常

すみませんね。
中断しちゃって。

お待たせしました。

では早速。



その7【みーろんさんちのオッとニュース】



母方の祖母は82歳で叔父家族と祖父と住んでます。
今年の2月にインフルエンザになりそこから肺炎になりました。
インフルエンザなので個室で1週間以上入院。
もともと、バイクを乗り回し畑や買い物をしていた祖母は
退院後認知症の症状が…。

約1年たった現在。
昼食後お昼寝から起きると
「お昼食べなきゃ」
とお昼は2回食べる。

家にいるのに
「早く家に帰らなきゃ」
と言う。

毎日お風呂に入るのが嫌なようで、
お風呂の話をするとオデコに手を当てて
「なんか頭ボーッとするなぁ。熱はかろう」
案の定、熱はありません。

結婚して30年の母に
「あなたが結婚したのを誰も教えてくれないから、知らなかったよ」

昔の記憶から消えていくと言うのを目の当たりにしてる日々です。












認知症の発症はどんなきっかけで起きるのか
わかりません。

我が家のばあちゃんの場合は



脳梗塞の発作からだけど→コチラ

それ以前から
ちょくちょくおかしなことは結構あったのです。

どうもね
当時の記憶は曖昧。

自分自身、忙しかったこともあり
おそらく直視したくなかったのね

現状を。


認知症という病気の認識も持とうとしなかった。

あの時そのまま逃げちゃってたら
今でも逃げられてたのかしら?


ロールプレーイングゲームのごとく
人生もやり直しが出来るといいのに。






その8【あきさんちのオッとニュース】




うちのお義母さんは、週5もしくは6で
デイサービスを利用してもらってます。
限度額ギリギリまで。

一度、私が帰宅しお義母さんの部屋へ行くと、
『誰の服着てんの?』
朝着ていったのと違う。
しかも、お義母さんのじゃない。
服を脱がせてみると、ちゃんと名前が書いてある。
一揃え全部。
お義母さんは自分のだとか、違うとかもうわからないので
仕方ないのですが、着せてる方は?
名前書いてあるのに?
『洗濯して、後から持たせます。』
と、電話したら、
『すぐ、確認します。』
と。
しばらくして、お義母さんの服を持っていらっしゃいました。
『こちらで、着替えさせていただきます。』
『はぁ。どうぞ…。』

例えば、服だけならまだしも、送迎間違ってたら大変よね!
名前の確認て、どうしてるのだろうか?
と、思った出来事でした。






今からちょうど26年前
二郎を出産した病院であったことです。

出産後初めてシャワーを浴びることが出来
い~気持ちで詰め所に預けてあった我が子を
もらい受けに行きました。

「はい。ベビーちゃんね。」と渡された赤ちゃんを見て

「あれ?」

新生児の顔なんて
あまり違いは分からないんですよね。猿みたいで(おい)

でも、明らかにうちの子より大きい。
シャワー浴びてるうちに膨らんだか?

ワタシも産んだばかりで
顔や特徴をそれほどしっかり覚えているわけでなく
自信がない。

恐る恐る足についてるタッグを見ると・・・




あらまの
名字1字違い。



実はワタシが出産した後
ドドド~っと誕生ベビーが立て込んで
病棟は一気に満員御礼。

新生児室の保育器も満員。

あれって月の満ち欠けとか
潮の満ち引きに関係あるとか聞いたことがあるけど
どうやらワタシが引き金引いたか?

ま、そんなことどうでもいいけど
もうちょっとで取り違え事件が発生するトコでした。


あれ?
このハナシ、前にも書いたよーな(;´▽`A``






その9【じーじょさんのオッとニュース】




スーパーでレジを済ませ、台で袋詰めをしていたら
強烈な大臭気・あっ誰か 大出てる

食品を扱う所で凄まじい臭い
そこに居たのは、身なりはきちんとしたおじいさん1人
誰も居なくて1人で来ているようでした。
Gパンをはかれ、リハパンみたいではなく、膨らんではいない
声をかける訳にも店員さんに言う訳もいかず
じっと見守って床に落ちていかないのだろうか?
と思ってはいましたが
どうする事も出来ないですね。





テレビで高齢の著名人が出て来ると
ついついその人のおパンツ事情を想像しちゃう
介護人のワルいクセ。

どんな立派な人だって
年取ればそれなりに・・・。



あーそういえば
かつて13番さんがまだ自由に歩けていたころ


じじのばあちゃん




リハパン拒否はかなり強固でした。

嗅覚が衰えているものだから
本人たちは頓着ない。





そんなでお昼しょっちゅう通ってたうどん屋さん。

営業妨害で訴えられるレベルだったかと。


家族も言えない
お店も言えない

周りは押し黙るしかないこの時期が

案外一番厄介なのかも知れません。




ご心配いただきました昨日の雪。
思いのほかたくさん積もってびっくりでした。

案の上慣れない雪に
街中大混乱でしたが

そんな中、つるさんかめさん
1時間遅れながら
迎えに来て下さって
感謝感激でした。


さて

2014年オッとニュース。
募集締切は今日まで!

次回も続きます。






 13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

     

 応援クリック

  よろしく!

    ↓

 にほんブログ村 介護ブログへ





AD

ちょっと一休み

2014年12月17日(水)
テーマ:介護家庭の日常

北の地方は猛吹雪になってるそうだ。
爆弾低気圧とやら。



雪には慣れている北国の人たちに
「不要不急の外出は避けましょう」
と呼びかけているくらいだから

おそらく、かの地の通所施設はお休みのところも
多いんじゃないかしら。


早くバクダンが通り過ぎてくれることを祈ります。




さて
今日は午前中
ケアマネきいさんの月イチ訪問があった。




13番さんは二人とも
デイサービスに行ってくれているので
気兼ねなく話が出来る。


度重なる転倒で




頭に縦横無尽な線路が通っているじいちゃん。

運なのか転び方が上手いのか
毎回、流血騒ぎにはなるものの



今のところ大過なく。

そんな中




2階の魔窟が我が家のトリデであることは
今も変わらず。




じいちゃんが2階に行ってくれることは
ワタシたちの精神衛生の安定に大きく貢献している。

じいちゃん自身も
一人2階に上がってしまえば



誰に気兼ねなく
自分のやりたいことが出来る一方

取りあえず
自分のことは自分でしなくてはならない。

今朝も
またまた
時間になっても下りて来ないので




2階に呼びに行くと




だいぶ長いこと
ボタンと格闘していたらしい。

じじシャツの上にスエット
その上に厚手のザックリセーター
そのまた上にベストと
(外に出る時はその上にまたジャンパー)

モッコモコの格好ではベストのボタンもはまるまい。

これでワタシたちがそばに居たとしたら
はめてやるなり
適当な量の服に替えるなりしちゃうのだろうけど。

この格闘だって意味があるのだ。





ばあちゃんはその点ちょっと失敗。




毎度手掛け足掛けし過ぎてる。



動かないからついついやっちゃうが

自分で動けないワケではないのだもの。





特にばあちゃんは依存心の強い認知症だから
ワタシの顔を見ただけで
出来ることも出来なくなっちゃう。


介護者と被介護者の密着は
あまり良いことではないのだよ。

まぁ
ここまできちゃったら
どうしようもないのだけど。



ここでひとつ
きいさんに聞いておきたいことが


それでなくても
衰えが進んできた




ばあちゃん。


自分の足で歩けるのも
いつまでだろう。

もし寝たきりの状態になってしまったとしたら
かめさんの利用は出来るのだろうか?

以前、コメントでも
その辺のところ、確認しておいた方がいいですよと
アドバイスをいただいた。

事業所によって
対応は異なるらしい。

そこで





と、聞いてみた。

すると




とのことで
安心した。





去年の二郎の結婚式から
ショートを使わないのは
やっぱり
利用後のばあちゃんの落ち方が・・・。→



いっそ
じいちゃんのように



言葉で拒否られた方がどんなにか気が楽。


とはいえ
ばあちゃんのこれからの状態次第では
毎日通うかめさんより
行き来の少ないショートや入所の方が
本人に負担は少ないだろう。

色んな意味で
必要は感じてはいるんだけど・・・。








じいちゃんは

ばあちゃんの面倒を見てるワタシたちに対して

幾分かの申し訳なさと遠慮があるようで




オレの世話も・・・と言い出せない様子が見て取れる。



ばあちゃんがいなくなったら




こういう図式にならんとも限らない。

だったら
ばあちゃん見てた方がい~も~ん。
・・・ってのが
正直な気持ち。



二人同時に果たされない限りは
ワタシたちの負担解消にはなりえない。







つかず離れず

このビミョ~なバランスのやじろべい


今年は何とか傾かずに終わりそう。




ばあちゃんは通いなれたかめさんで

そして、じいちゃんはつるさんと魔窟で


今しばらくがんばってくれぃ。



きいさんは







と、帰って行ったのでありました。




明日はどうやら
雪がつもるとか。

数センチの雪で大騒ぎになるこの地方。



どうか
つるさんかめさん
どちらもお休みになりませんよう。




次回はオッとニュース
続きの予定です。






 13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

     

 応援クリック

  よろしく!

    ↓

 にほんブログ村 介護ブログへ



AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

あなたもエコ・ブログでブログをつくりませんか?