エコ・ブログトップへ スマイル・エコ・プログラム

こんにちは。山田あしゅらです。

わが家にもとうとう、介護の波がどどぱ~んと押し寄せてきました。


老いの迎え方は人それぞれ。いずれは自分も迎える道と思って、このブログを始めました。

まだ、子どもも家にいますので、出来ることなら明るい家庭を保ちながら介護したい。

無理なく(←ここ大事)、むだ(に怒ること)なく、今日も一日がんばりま~す。


13番さんの名前の由来は→こちら …ごめん。グダグダな由来で…


$13番さんのあな ―介護家庭の日常― ←こちらのサイトにも投稿してます

                          のぞいてみてね



 初めて読む人は→コチラ   コメント返信については→コチラ

          



                      

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

あれあれオレオレ

2014年11月20日(木)
テーマ:介護家庭の日常





にぁんと
昨日記事にした
警察からの電話は
ニセだったとな?


コメント下さった方々の
大方のご意見は




ワタシが最初怪しんだ通り

ニセ生活安全課の
探り電話ではないかと。

女の人の声で
淀みのない
『振り込め』の注意喚起だったんだけど・・・。


数年前
詐欺事件が今ほど顕著ではなかった頃は


電話に出る時




と、丁寧に名乗ったものだが





今は





相手の素性が分かるまで名乗らない。


どうも
こんな状況になったのも
『個人情報』なんてモンが
やたら厳しくなってからのように思う。

秘すれば覗きたくなるのが人のサガ?


ある時




なんて
不躾に聞いてくるヤカラから
かかってきたときなんか




ムスメにナリスマシ。

逆オレオレを仕掛けてみたんだが






見事に看破(あたりまえだのクラッカー)

相手は百戦錬磨の海千山千。
あなどっちゃあいけやせん。








こっちの疑惑は
さかなさんが書いて下さったように
どうやら真っ当な電話だったみたい。


でも
金品の請求などがあったら
絶対に怪しいから
警察からの電話と言われても
信用しないでね~。



それにしても
世知辛い世の中。

この前は



たまたま別件で電話を待ってるときだったので
出ちゃったけど

じいちゃんのみならず
ワタシだって騙されないとは限らない。


やっぱ


留守番電話に頼るのが


一番かしらねぇ。





 13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

     

 応援クリック

  よろしく!

    ↓

 にほんブログ村 介護ブログへ





AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

留守番電話

2014年11月19日(水)
テーマ:介護家庭の日常


このブログ




電話がよく登場するが

我が家の『イエ電』は常時
留守番になっている。






じじ混乱期だった
かつて

どこからどんな電話がかかってくるか
戦々恐々としていて

いつも留守電ボタンは必須。

でも
じじの方からかける電話を阻止することは出来ないし

奴サン



留守電の解除の仕方が分かってるもんだから

まさに
イタチごっこ。

だからといって
電話機を取り上げれば




こうなることは必至。

嵐が過ぎ去るのを
待つしかなかった

あの頃。



今ではウソのように大人しくなって

電話への執着も
ほとんど無くなったようだ。





だから
留守電に切り替えなくても良さそうなものだけど


今度は

電話が鳴ってて
他の家族がすぐに出られない場合











と、こうなる公算の方が高いので

留守電切り替えは
まだまだ継続中。






おや、とか何とかいってたら
電話が。















そうか。

留守電にしておくのも
まんざら間違いではないワケだ。


でも





疑心暗鬼な世の中。



マジ

ヤダねぇ。




 13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

     

 応援クリック

  よろしく!

    ↓

 にほんブログ村 介護ブログへ






AD

思うことワタシも・3

2014年11月18日(火)
テーマ:介護家庭の日常





独居高齢者のことを書くとき
ちょっぴり悩む。

実家の母も立派な(?)
独居高齢者だから。


母もこのブログを読んでいるから
どう捉えるかが
気がかりだ。


そんな事を思いながら
ブログを書いていたら




母からドンピシャで
電話がかかってきた。




何の用事かと思いきや。


そういえば先日
展覧会を見に
こっちへ来た時
ランチしながら



話したっけ。





そんなありがたいお申し出ならばよろこんで。




76歳は
52歳より
うんと多忙なようだ。

掃除機取りに行くのは
しばらく後になりそう。


いえね。 何より。




高倉健さんがお亡くなりになったそうだ。
芸能界も訃報が相次いでいるが

ここんとこワタシも葬儀が立て込んでいる。

11月に入って
参列したのが3件
失礼してしまったのが1件。

ここんとこの天候不順が
お年寄りの身にはこたえるのかなぁ。


ばあちゃんが居ると
曜日によっては家の空けられない日があるから
連絡のあるもの全てとはいかないけれど
デイサービスが利用できて
不義理をせずに済むのはありがたい。


実は
今日も午前中

葬儀が。

以前大変お世話になった方の
ご主人様が亡くなられ
どうしてもお参りさせてもらいたい。

ちょうど火曜日。
たまたま通院はないし
ばあちゃん送り出せば
2時間くらいのこと。
じいちゃん一人なら留守番してても大丈夫だろう。

と、思っていたのだが・・・。




前日
デイから帰って来たじいちゃんに




そう
伝えておいた。


そして朝

ばあちゃんを送り出すと
大急ぎで準備して

居間に寝ているじいちゃんに声をかけ
出かけようとすると




素っ頓狂な声を上げて飛び起きるじじ。








聞いてないよ~。

他の診療科は
ワタシも随行するし
薬の残量などで
次回の診察日の目安は分かるけど

歯医者だけは

13番さんのあな ―介護家庭の日常―

待合室が手狭なため
ワタシは車で待機。

次回の予約は
後でじじが申告してくるってパターン。

もう、毎週毎週
何らかの診察ありきだし




ってのが
本音さ。


言って来なけりゃラッキー!ってなもんで。




ところがじじいわく






・・・知らんがな。(おクチは何のため?)



どうやら
昨日



と、ワタシが言ったことも

歯医者に行くこととはリンクしなかったようだ。


その時言ってくれれば
予約を変更するなり
手立てはあったのに。

おそらく
じじのアタマの中は




別個のあしゅらサンがいて

当然のごとく歯医者へ連れて行ってくれるもんだと
思ってるんだろう。


悪いが分身の術は会得していない。


しかし
今更、四の五の言ってる時間もなく





ワタシは葬儀に向かっちゃったんだけどさ。

行ったら行ったで心配なワケ。






どーでもいいじじなのにねぇ。

結局

出棺まで待たず

早々に帰って来たんだけど・・・。






と、家に駆け込むやいなや聞いたらば





何だ

一人でも行けるんじゃん。

(タクシーの運転手さんには
多大なご迷惑をお掛けしただろうけど)



しかし
カチンコチン
おケチじじ。

次は

あるのか?





実家の母だって
年相応に医者通いしてるけど

まだ一度たりとも
一緒に連れて行ったことがないことに

今更ながら
気がついたり。



この章

おわり






 13番さんのあな ―介護家庭の日常―-ブログランキング

     

 応援クリック

  よろしく!

    ↓

 にほんブログ村 介護ブログへ







AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

あなたもエコ・ブログでブログをつくりませんか?