事実は1つ。解釈は2つ

テーマ:

先日、賞与の支払いが終わりホッとしています。

 

賞与計算は、毎月定額の給与と違い、いくら貰えるかを社員がどう思っているのかが予測できないのがすごくストレスになります。

当医院は、スタッフ同士でも評価してもらい、患者様からの評価や諸々の実績なども加味するため、同期であってもかなりの差が出る事もあります。

 

今は運動会でも順位をつけないとか、タイムの近いメンバーで固めて走らせるとか言われて、競争のマイナスの部分にフォーカスするケースがありますが、競争にもメリットはあると思います。

 

人が人を評価していくことは難しい面もあります。

社会主義的に、一律同じ金額で支給する方がこちらのストレスは少ないですが、スタッフのモチベーションの点から今後も今の方式を継続していくと思います。

スタッフ間で競争することで、スタッフレベルも上がって患者様利益にもつながると信じています。

 

そもそも、競争のメリットとデメリットを考えた時に、「競争では勝者が優越感を感じて、敗者が劣等感を感じる」という点に問題があるような気がします。

勝者が敗者を見下したり、同じ職場においてスタッフ間に優劣があるということが問題だとしたら…………

 

優越感と言うのは麻薬のような効果があって、人間は優越感を感じたい動物だと思います。

それは人間の本能であって変えることはできないので、私は、優越感を感じること自体が問題だとは思いません。

優越感を感じた後に、その感情に溺れることなく、周りから評価されたことに感謝して今後も更に精進していけばいいのだと思います。

 

一方、高い評価を得れなくて劣等感に近い感情を感じた人は、劣等感を感じて自分には価値がないと思うのではなく、それをばねにして頑張るエネルギーにしていけばいいのではないでしょうか?

人間は、成功した時よりも失敗した時の方がより成長するものです。

 

優越感に浸って天狗になっていたり、劣等感に浸って落ち込み続けていてもどちらも、未来は開けません。

目の前の出来事1つ1つをどう受け入れていくかの積み重ねで、人生は大きく違ってくるのだと思います。

 

私の好きな言葉に「事実は1つ。解釈は2つ。」があります。

同じ事実を前向きに受け止めるのか後ろ向きにとらえるかは、その人の受け止め方次第なのです。

未来を明るくしていきたいのであれば、感情に流されないで前向きに受け止める方法を身に着けていくしかないのです。

 

「事実は1つ。解釈は2つ。」

 

自分の解釈は、明るい未来に向かっているのかどうなのかを常に関していかなくてはいけないと思います。

 

 

AD

求人難

テーマ:

以前に薬剤師の人材紹介の方とお話をする機会があり、薬剤師が不足しているので、薬剤師の世界では、「能力以上に高い評価を得ている場合も少なくない」ということを言われていました。

薬剤師が足りない以上、どんな人であっても勤務してもらうだけでありがたい、というスタンスの薬局も少なくないらしいのです。

 

今、歯科の世界は、薬剤師ほどではないにしろ、同様にかなりの求人難と言われています。

歯科医師、歯科衛生士とも求人しても応募がない医院が多いと言われています。

「応募がない→クリニックも応募者を選べない→勤務してもらえるだけでありがたい→厳しくして辞められると困る→きちんと注意できないからレベルの低い社員が育つ」という悪循環に陥っているクリニックをたくさん目にします。

幸い、当クリニックは上の人がしっかりしているので、こういう流れに巻き込まれていませんが、常に明日は我が身、と危機感を持っています。

 

人間には「楽をしたい」「自分が一番かわいい」「嫌なことは避けたい」などの本能があります。

仕事とは、これらの本能に打ち勝っていかなければ、お客様に満足してもらうことはできません。

それなのに、社員に注意もできなくて言いなりになっていたのでは、野放しの集団になってしまいます。

 

人間なんて、理性よりも感情が優先して、安易な安楽を求めてしまうと、ただ給料をもらうためだけに仕事をしていくことになってしまいます。

今の若者を見ていると、確かに楽をしたい気持ちもありますが、その一方で熱くなりたい気持ちもあるように思います。

 

現代は物が溢れている状況で、「本当の幸せが精神的な充実にあるのではないか?」と気づき始めている人も少なくない様にも感じます。

これからは、スピリチュアルの時代だと言っていた人がいますが、若者の心を動かせることが出来る職場にしかいい人材は来ないような気がします。

 

「類は友を呼ぶ」と言われていますが、若者が熱くなり、充実感を実感できる職場にしていくことが、求人難を乗り切る唯一の方法のような気がします。

 

求人対策は、最終的にはノウハウではなく、トップの情熱なのだと思います。

 

 

AD

人生の問題集

テーマ:

人は、魂を成長させていくために輪廻転生を繰り返して、何度もこの世に生を受けているという教えがあり、その中で

「目の前に起こっている現実は、生まれてくる前に自分自身がシナリオを描いて決めてきたストーリーである」と言われています。

目の前の問題は、自分の魂を成長させていくための人生の問題集なのです。

 

学生時代に数学の力をつけようと思えば、数学の問題集を解いていきます。

簡単な問題ばかりを解いていても実力はつきません。

難しすぎる問題ではできないと思って諦めてしまいます。

 

人生においては、「その人に解決できる問題しか起きないようになっている」と信じれるか信じれないかで成長の速度が違ってくるのではないかと感じます。

「必ずこの問題は解ける」と思って向き合うのと、「たぶん解けないだろう」と思いながらその問題と向き合うのとでは、出てくる知恵が違ってきます。

「解ける」と信じればどうやって解けるかに知恵が向かいますが、「解けない」と思えば解けない言い訳を考えるようになってきます。

 

そうはいっても「必ず解ける」と思うのか「解けない気がする」と思うのかは、それまでの成功体験の違いのような気がします。

解けないまでも「解ける」と信じて向き合うことを繰り返していれば、いつかは解けるようになってきます。

すぐに「解けない!!」と諦める習慣がついてしまうと、もう少し頑張れば解ける問題も、「今回も解けなかった」という悪循環が習慣になってしまいます。

 

数学の問題も人生の問題も簡単にあきらめていたのでは、明日につながらないでしょう。

「解けないかも??」という不安が湧き上がってきたときに、この問題は自分が生まれる前に自分で設定した問題やシナリオだと信じることで勇気が湧いてくるのではないでしょうか?

「この問題は自分には解けない」とギブアップするのは、解けると思ってその問題を出した自分を否定することにつながります。

 

その問題を出したのが自分なのか神様なのかは分かりませんが、いずれにしてもその問題はあなたを困らせるために起きていると受け取るのか、愛をもって貴方を成長させてくれるために出現したと受け取るかで、向き合い方が違ってくるような気がします。

 

魂を成長させるために輪廻転生があるとすれば、今世では「あなたはどのレベルの問題集まで解くことができましたか?」と言うことを人生から問われているような気がします。

 

 

AD

夜回り先生

テーマ:

子供に付き合って「まんが図書館」に行ったら、夜回り先生の本がマンガになっていたので子供に便乗して借りてしまいました。(笑)

水谷先生の本は、単行本では何冊か読んだことがあったので復習のつもりで借りたのですが、漫画でとても読みやすいし、水谷先生について、知らないこともたくさんあったのですごくいい本でした。

今は本離れも進んでいて、漫画になっている単行本も多いですが、気軽に読めるという点では、これからもマンガの需要は増えていくのではないかと思いました。

 

さて、漫画の内容ですが、自分の人生をかけて夜の子供たちと向き合われている水谷先生には尊敬の念しか思いつきません。

あそこまで水谷先生を駆り立てる源泉は、何なのかということを考えると「使命感」「責任感」という言葉で軽々しく表現するのもはばかられますが、とにかくマザーテレサ並みの何かが彼の心を突き動かしているとしか思えません。

 

「子供を信じるのが先生の仕事」「グレたくてグレる子供は一人もいない」「他人のために動けば人生が変わる」など、水谷先生の教育観が伝わってくるマンガでした。

 

やりがいと大変さは比例しますが、水谷先生の人生って普通の人の何倍も濃厚な人生なのだろうと思いました。

 

人は、ついつい「安気に流れる」生き方をしがちですが、水谷先生の生き方を目の当たりにすると、人は「何のために生きていくべきなのか」を真剣に考えさせられます。

 

久しぶりに真剣に「生きる意味」を考えさえられました。

 

人生の目的

テーマ:

「乗り越えれる試練しかその人の前には現れない」と言われていますが、「乗り越えれる」と信じることが出来れば、出来る方法を必死になって考えますが、「できないかも……」と思った瞬間に、逃げ道や言い訳を考えてしまうのだと思います。

 

「できる!!」と考えるのと「できないかも…」と考えるかの境界線は、その出来事の先にどういう「意味と価値」を見いだしているか、そのことに対する「執着の差」の違いのような気がします。

 

快楽に生きれば、出来ない理由や言い訳を考えますが、「やるしかない状況」では、できない理由や言い訳を考えるだけエネルギーが発揮できなくなってしまいます。

「やるしかない状況」=「執着の差」が成功と失敗の分かれ目になるような気がします。

 

現代の日本のように恵まれた環境では、何かに執着することも減ってきています。

今の日本では、何か形のある「物」に満たされないからその「物」に執着するということは減ってきていますが、心の虚無感は昔以上に感じている人が多いように思います。

 

若い人と接していても、物への執着は減ってきても「心が満たされることへの執着」は年々増してきているような気がしています。

 

「心が満たされることへの執着」を満たすためには「誰かの役に立つ」「誰かに喜んでもらう」ということを栄養にしていかなければなりません。

この「誰かの役に立つ」「誰かに喜んでもらう」ということを満たしてくれるのが仕事の「意味と価値」のような気がします。

 

日本が貧しい時代には「食べていくため」「生活のため」「お金のため」に仕事をしていたと思います。

しかし、豊かになった時代には「誰かの役に立つ」「誰かに喜んでもらう」を追求している会社しか生き残っていけない時代になっているような気もします。

 

私は「人は魂を成長させるためにこの世に生まれてきている」ということを信じていますが、魂を成長させるためには、試練は避けるものではなくて、むしろ歓迎しなければならないものなのかもしれません。

 

歯科医の一生

テーマ:

歯医者としての道のりは大体パターンが決まっています。

学生時代には、ただただ試験に通るために勉強します。

最終的に国家試験に合格して、歯科医師の免許をとってから「歯科医師人生」が始まります。

 

勉強としての知識を持ったら、今度は「スキル」としての技術を学んでいきます。

勤務医師として、知識とスキルの習得に励み、開業してからは「経営」を学びます。

 

「経営」とは、治療以外のクリニックを運営していくために必要なことを学んでいきます。

一般的には、雇われている時には必要ではなかった税務や労務だったり、勤務医時代に未学習のことを勉強します。

そうして、とにかく自分が生活できるため、生きていくために頑張ります

人間、必死になればどうにかなるもので、とにかく「食っていける」レベルが、まずはどのドクターにとっても、初めの目標でしょう。

 

そうして食べていけるレベルが過ぎると、今度は社員と衝突します。(笑)

これまで、自分が頑張ればどうにかなる問題ばかりだったのが、今度は社員に変わってもらわなければならないので、社員を力ずくで変えようとして、反発を食います。

力ずくの恐怖政治でも何人かは変わってくれますが、力ずくでのコントロールを繰り返していますと必ず大きなしっぺ返しを食らって、反乱を起こされます(笑)

 

学生時代に優秀だった人ほど社員の気持ちが分からないで、社員がダメ人間に思えて上から目線で命令し続けます。

そうしているうちに、多くの人は「相手を変えようとするよりも自分が変わるしかない」ことを学びます。

 

一昔前なら経営者の方が「雇ってやっている!」という上から目線で経営できた時代がありましたが、今では社員の方が「働いてあげている!」という力関係の時代なので(笑)、力づくで社員を変えようとしている限り、衝突が絶えなくて組織は発展していきません。

組織が発展しないどころか、常に社員に辞められる恐怖を持ちながら診療していかなければなりませんので、そういう状況では診療でもミスが出かねませんし、そんな状況では仕事が面白いはずがありません。

多くの院長がこのレベルでもがいています。

 

社員との関係がうまくいかないのは「能力」ではなく「人格」の問題です。

常に自分本位で相手のことを尊重していかなくては、職場は地獄と化していくことでしょう。

 

私の目標は「天国のようなクリニック」にしていくことですが、「天国」になるか「地獄」になるかは、どれがけお互いがお互いのことを尊重できるかの差だと思っています。

これは人間にとって死ぬまでのテーマだと思っています。

 

みんな「自分が一番かわいい」し、いつの間にか自分本位の考えが頭をよぎりますが、そういう誘惑に打ち勝っていかなければ、職場の人間関係は「地獄」になってしまうのだと思います。

 

「自分が一番かわいい」という本能と向き合いながら、自分以外の人を大事にしていく気持ちを育んでいかなければ、経営はうまくいかないようになっているみたいです。

自分よりも他人を大事にしていかなければ、誰もついてきてくれない時代なのだから、相手を変えようとしないで、自分が変わるのが一番簡単なのかもしれません。

 

これは歯科医だけのテーマではなく、どんな職場においても家庭においても、全ての人間関係に当てはまる法則の方に思います。

 

 

金スマ アンミカ

テーマ:

先週の金曜日に「TBSの金スマ」でアンミカというモデルの方の人生を特集されているのを見ました。

私は彼女のことを知らなくて何気なくテレビを見ていましたが、すごく考えさせられ勉強になりました。

 

アンミカさんは子供の時にすごく貧乏をされたけど、今はセレブの方と結婚され「シンデレラストーリー」の現代版のような感じでした。

女性の視点からこの番組を見ると、「玉の輿にのってセレブ婚をした」ということがクローズアップさせるのだと思いますが、私がこの番組を見ていて一番学んだことは、彼女にとって子供時代に貧乏だったことは決してマイナスではなかったということです。

むしろ子供時代の貧乏が、今の彼女のプラス思考の根柢の部分を形成しているのだと感じました。

 

松下幸之助さんは、成功の要因の1つに「自分は貧乏だったから、少しの給料でも他の人は「たったこれだけか!」と思うところを自分は「こんなにもらえるのか!」と思って心から頑張れた!」と言われていました。

中村橋之助と三田寛子夫妻は、自分達はグリーン車に乗っても子供たちは指定席にのせると言われていましたし、元芸人の島田紳助は子供たちには高い価格のお寿司屋には連れて行かないと言われていました。

それは、子供たちが成人した時に、デートでそういう店に連れて行ってもらっても,

当たり前に感じて感動しない女性にはなってほしくなかったからだ,と言われていました。

 

人間の幸せのバロメーターは、どれだけ「感謝、感動」できるかではないかと思っています。

「感謝」の反対語は「当たり前」「普通」だと言われています。

 

「グリーン車」に乗るのが「普通」の人は、「指定席」に乗っただけで、自分が不幸に感じるかもしれませんが、「指定席」に乗るのが「普通」の人がグリーン車に乗った時には、多少の幸福感を感じるでしょう。

子供の時に、自分にとっての「普通」や「当たり前」を骨身にしみさせることは親の責任であり、すごく大切なことだと思います。

今の恵まれた時代では、特に、子供の当り前の基準を高くする行為は、将来的にも、自分の子供を不幸にしてしまっていることではないかと思います。

 

修行僧が厳しい修行をするのは、自分の「当り前」や「普通」の基準を下げるためだと言われていますが、その人が幸せか不幸せかの判断基準はその人の「当り前」や「普通」がどの位置にあるかで決まってくるような気がします。

 

周りから見たら十分恵まれている環境にもかかわらず、いつも不平不満を言っているような人は、明らかに「当たり前」の基準が高い人だと思います。

人間は放っておけばすべてのことが「当たり前」になってきます。

自分の当たり前の基準が知らない間に上昇していることを自覚していない人は、「自分は普通である」、という錯覚の下で自分を不幸の主人公に仕立て上げていくのだと思います。

 

幸せか不幸せかなんて、何と比較して生きていくかで決まるものです。

自分のことを不幸せだと思う人は、自分の比較対象が高すぎないかと見つめなおすことも必要なのではないかと思います。

 

 

 

与え続ける give&given

テーマ:

人の価値観として「損か得か?」という判断基準があることは否定できないのではないでしょうか?

誰しも損をすることが分かっていて、それに向かい合うことはできないように思います。

 

「損して得取れ」「海老で鯛を釣る」という諺もありますが、最終的に得することが分かっているのであれば、あえて一時的に損をすることも受け入れられますが、初めから損をすることが分かっていたら、誰もその行為には手を出さないような気がします。

 

しかし、「人間万事塞翁が馬」ということわざもある通り、一見すると損をしているように感じたことが振り返ってみれば大きな得であることも少なくありません。

 

人間は欲深い生き物なので、初めから得することが見えていることには、あっという間に多くの人が群がり、ぺんぺん草もないぐらいにきれいに刈り取られてしまいます()

 

しかしながら、そんなことをしても意味がないとか、絶対に損だと思えることには誰も興味をしましません。

イエローハットの創設者の鍵山秀三郎さんは、社員の心が荒れているのを少しでも改善したいという思いでトイレ掃除に精進するようになりましたが、そんなことをしても無駄だし、そんな会社は潰れると噂されるようになりましたが、トイレ掃除を続けていくうちに1部上場企業まで発展していかれました。

 

カルロスゴーンさんは、日産の経営を任されたときに多くの社員と面談を繰り返し、日産の問題点を探し出したと言われています。

経営のトップが、多くの社員と面談を繰り返すには膨大な時間と労力が必要です。そんなことをしても時間の無駄だ、もっと楽で有効な手法があるはずだ、という意見があったことと思います。

そんな意見に惑わされないで、一見意味がない、効率が悪いと思えることを続けることができる人とそうでない人の違いは何なのかと考えると、信念や使命感などの違いではないかと思います。

 

Give&takeという言葉がありますが、「恋愛と仕事においてはgivegivenと思って向き合え」と教えられたことがありますが、見返り(take)を期待していたらショックで継続できなくなってしまうのだと思います。子育ても同じですね……

人間関係において、自分の得することしか考えなくて、相手を利用しようと考えている人もいますが、例えそういう人間だと気づかないで裏切られたとしても、人間不信になって後ろ向きな言動になるのではなく、ズルい人もいれば、そうでない人もいるということを冷静に判断して、やはり自分のいいと思う事を与え続けていかなければ、いい人間関係は構築できないのではないかと思います。

 

確かに、自分の得することだけを考える人もいますが、そうでない人もいます。

Takeを期待するのではなくいつの日かgivenしてくれる人がいると信じて与え続けていくことがトップの心がけだと思います。

自分が得することだけを考えているズルい人間には損だと思えることも、使命感や責任感の強い人には、損得を超えた意味と価値が見えてくるのではないかと思います。

 

ひと昔前なら、自分だけ得したい、という動機でもいい思いをできた時代があったように思いますが、今の時代は、社会に役立つことをしたい、誰かに喜ばれたい、という気持ちがなければ、誰も応援してくれない時代になってきているように感じます。

与え続ける人間にしか見えない世界があるのだと思います。

これからも経営者を続けていくのであれば、いつかはそんな景色を見てみたいと思います。

 

良きことのみを考える

テーマ:

私の信念の1つとして「心が体を動かす」ということがあります。

 

心に思っていることが、意識、無意識に関係なく行動になってしまうのだと思います。

警察官は、挙動不審の人に声をかけますが、警察官を見てやましいと思った時には、自然と行動に不自然な動きが出てしまうのが人間なんだと思います。

 

スポーツにおいても、心が冷静な時と感情が高ぶっている時とでは、パフォーマンスは当然違ってくるのだと思います。

ラグビーの五郎丸選手の「ルーティーン」が話題になりましたが、スポーツ選手は心を惑わさないために、いろんな工夫をしている人が多いように思います。

心が乱された状態で行うパフォーマンスは、自然と結果も思わしくない場合が殆どです。

 

京セラの稲盛会長は、「ビジネスがうまくいかないのは、トップの人間性が駄目だからうまくいかないのだ。自分の利益しか考えない心が、お客様に伝わって売り上げが低迷するのだ。心には、良きことのみを考えろ」ということを書いたり言われたりします。

常にお客様のメリットや世のため人のためのことを考えていれば、自然といい考えや行動が伴うものだということを言われます。

本当に成功されている方の言うことは奥が深いと思います。

 

人はついつい自分の利益のことを最優先で考えてしまいます。

自分の利益を考えることを0%にすることは不可能ですが、相手のこと、社会のことを考える割合が多い人ほど、お客様や社員や社会からも評価されるようになっていくように思います。

 

人は、自分のエゴと向き合うために日々生きているのだ、と言った人がいました。

人間はエゴの塊です。

生きている限りエゴから逃げきることはできません。

自分のエゴに気づいた時に、エゴを否定したり戦ったりしたくなります。

でもやはりエゴは消えていません。

 

結局、自分のエゴを受け入れて、そのエゴが暴れださないように徳を積み重ねていくのが正しい生き方なのではないかと思います。

 

陽徳を積めば、周りからのプレッシャーで押しつぶされそうになり、陰徳を積むには、強い信念が必要になります。

いずれにしろ、エゴから解放されたければ、徳を積んでいくしかないように思います。

 

 

 

顔色を見て欲しくない

テーマ:

私は子育てや社員教育をしていくうえでいくつか意識していることがあります。

その一つに「私の顔色を見て行動を変えて欲しくない」ということがあります。

 

「親(院長)が怖いから言うことをきく」ということは避けたいのです。

 

「親が怖いから従う」のか、「親の言うことが正しいと思うから従う」のかでは雲泥の差があります。

「怖いから従う」のであれば、常に親の顔色を見るようになってきますが、「正しいから従う」のなら自分の頭を通すことになり、そういう判断を繰り返していくことで成長していけます。

社員も同じですが、上司やトップが「怖い」から従うのではなく、誰が言っても「正しい」ことは正しいので、「怖い」からではなく「正しい」から動いてほしいのです。

 

そのためには、出来るだけ相手が言いやすい雰囲気を作らなければいけません。

言いやすい雰囲気を作れば、子供や社員は大儀のない利己的なわがままなことを言ってくるリスクもあり、親や経営者としては「カチン」ときてしまう能性もあります。

私は、教育に対してこういう信念を持っていますが、現実には、子供を頭ごなしに叱ったり、社員に対して「カチン」ときていることが顔に出てしまうことがあります。

 

子供にしろ社員にしろ「自分勝手な考え方」をしたときやこちらの気持ちに余裕がない時などは、つい話し合おうという気持ちよりも「それは違うだろう!」とか「自分勝手だろう!!」という気持ちが先に出て、ついつい顔に出たりしてしまいます。

 

そういう失敗を繰り返しながら、理想と現実の違いを痛感して、日々反省しいるつもりですが、子供や社員が自分の頭で「正しい」ことを判断していくためには、家庭や職場においても、決して頭ごなしには怒られないという「安心感」「信頼感」などがないといけないと思っています。

 

「この親(院長)は気分で怒る」という先入観を持たれることだけは避けたいと思っているので、たまに感情的になってしまうことがあることは否定できませんが、心に余裕があるときや意識している時には話し合える「安心感」「信頼感」を感じてもらえる努力をしているつもりです。

 

子供や若い社員が自分勝手な論理を並べたてることに腹を立てるのではなく、自分もそういう時期を経て今の考え方があるのだから、自分も親や上の人に同じような思いをさせてきたのだと振り返りながら対処していくことが正解なのかと思っています。