勝ちたい奴は『休み明け』を買え!  
~逆を張る勇気が勝利を呼び込む~
大串 知広(小倉の馬券師T) (著)


データ本に分類されるが、中身はなかなかのもの。

読んでみたら、単なるデータ本じゃない。

本当に役に立つデータとは何か?

信頼できるデータとは何か?


過去10年の傾向など、分母が少ないから信頼できるかどうかは?

1度だけの高配当が回収率を底上げしている可能性ありで、再現性があるデータかどうかもわからない。

本当に役立つデータというのは分母が大きくて再現性が高い。

分母が大きいということは総数が多いということ。

分母が小さい(総数が少ない)データは隔たりがあり、1つ2つの高配当のデータが大きく影響しているので信頼できるデータとはならない。

信頼できるデータの総数を、同書では最低でも千という数字を挙げている。

例外的に千に満たないデータもあるが、それは元データが5千くらいあってなおかつそのデータが信頼できるものであれば、その元データからさらに条件付けして絞ったデータが千に満たなくても信頼できるデータとなる。

同書ではその元データのことを親データと呼称している。

青い鳥の表現力の無さには閉口(×ω×;)

この説明で何人の方がわかっていただけるだろう(;,;´_ゝ`;□ヾ(・ω・`。) フキフキ

勘や運に頼った買い方、思い込みの馬券はいけない。

それでたまたま当たることもあるだろうが、それは「たまたま」の域を出ない。

まぐれはまぐれだと。

タイトルにあるように休み明けの馬に特化した本だが、第6章では休み明け以外のデータも掲載。

休み明けの好調教は買いか?という項目が最も興味を引いた。

ちゃんと時計の目安も記載されている。

・・・とにかく、異色のデータ本。

青い鳥はそれこそ数多く馬券本・データ本を読んできたが、こんなデータ本読んだ記憶がない。

データに対する考え方が変わった(かもしれない)。


書評・レビュー ブログランキングへ
AD