1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-07-14 19:34:39

2017.7.16 NHK WORLD RADIO JAPAN !

テーマ:アニャンゴ の部屋

NHK WORLD RADIO JAPAN の収録でした!
アニャンゴがスワヒリ語で日本の文化と最新の話題をお届けする音楽番組。 今月のテーマは「伝統のお祭り 世界編」です!

        ・番組名:リスナーとともに / Ukumbi wa Jumapili
        ・放送日:7月16日《日》
        ・聴取方法:
以下のサイトから日本時間、16日(日曜日)の13時以降、1週間オンデマンドでおききいただけます。
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/sw/radio/listener/201707070600/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-02 09:17:56

公式通販「Anyango Official Online Store」

テーマ:アニャンゴ の部屋

先日オープンしました、公式通販「Anyango Official Online Store」。 ファンクラブ入会・更新がクレジットカードで決済できるようになったばかりでなく、今までライブ会場などでしかお披露目の機会のなかった、Tシャツやカラフルアフリカングッズ、アニャンゴの衣装にもなっている鮮やかな布などなどもお求めいただけるようになっております!

ぜひこのページの下の方まで御覧ください♪

http://www.yagijirushi.com/order/anyango/

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-07-01 14:14:56

【『アニャンゴ・ドット・ネット』会員限定   スペシャル特典映像シリーズスタート! 】

テーマ:アニャンゴ の部屋

【『アニャンゴ・ドット・ネット』会員限定

  スペシャル特典映像シリーズスタート! 】

 

アニャンゴオフィシャルファンクラブではこの度、会員の皆様限定で「アニャンゴ・ドット・ネット」スペシャル特典映像シリーズと題し、世に出ていない選りすぐりの映像を月一でみなさまにお届け致します!

 

1. ファンクラブメンバーにだけ特別公開、のアニャンゴ非公開映像シリーズスタート

 

6月

 

Anyango / Last Waltz

 

Live in Tokyo! 非公開映像(1)

 

http://www.anyango.net/

 

昨年リリースされた最新DVD『Anyango Live in Tokyo』に収録されなかった幻の名曲、

Last Waltzをファンクラブのみなさま限定で特別公開!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ケニア・ルオに伝わる竪琴 Nyatiti の世界初女性奏者,Anyango。

その12年の音の軌跡を集約したライブ映像がついにリリース!

 

Anyango Live in Tokyo  絶賛発売中

 

トラディショナルを超越し,World music シーンに新風を吹き込む Anyango の魅力満載の65分間。

Aska Kaneko,Nori Shiota,Latyr Syといった世界的ミュージシャンを迎え入れ,

西洋楽器とアフリカ楽器の織りなす斬新なコラボレーションは革新的サウンド !

特典として Anyango が新しい境地を切り開いた MV「Ogwang」も収録。

 

 

下記で、最新情報更新中です。ぜひフォローしてください♪

 

◆ Anyango Twitter : https://twitter.com/Anyango_

 

 

アニャンゴ・ドット・ネットは世界初女性ニャティティ奏者Anyangoの公式ファンクラブです。

ファンクラブのみなさま限定で、アニャンゴの映像を公開しています。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-30 19:37:07

2017.7.2 NHK WORLD RADIO JAPAN !

テーマ:アニャンゴ の部屋

2017.7.2 NHK WORLD RADIO JAPAN !

昨日はアニャンゴがスワヒリ語で日本の文化と最新の話題をお届けする音楽番組、NHK WORLD Swahili の収録でした!

今月のテーマは「伝統のお祭り」。

週末日曜日のお昼よりお聴きいただけます。

 

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/sw/radio/listener/201706230600/

 

番組名:リスナーとともに / Ukumbi wa Jumapili

放送日:7月2日《日》/ July 2 Jumapili

聴取方法 : namna ya kusikiliza

以下のサイトから日本時間、2日(日曜日)の13時以降、1週間オンデマンドでおききいただけます。

Unaweza kusikiliza matangazo haya kupitia tovuti yetu inayofuata

kwa wiki nzima kuanzia Jumapili Juni 4 saa 1 asubuhi saa za Afrika Mashariki.

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-29 19:02:16

明日アニャンゴがラジオ、かわさきFM(79.1 MHz)に登場!

テーマ:アニャンゴ の部屋

明日アニャンゴがラジオ、かわさきFM(79.1 MHz)に登場!

 

6月30日(金)午後16:15-16:45 頃アニャンゴがかわさきFMラジオに生出演します。お近くの方、ぜひチューニングをあわせてみてください!

 

また、サイマルラジオ(ネットラジオ放送)でもお聴きいただけます。詳しくは、かわさきFMホームページをご覧ください。

 

http://www.kawasakifm.co.jp

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-22 19:40:15

アニャンゴの楽曲がリングトーン(着信音)に!

テーマ:アニャンゴ の部屋

アニャンゴの楽曲がリングトーン(着信音)でご利用になれます!

 

◆ニャティティソーラン2020 →

http://www.tunecore.co.jp/artist/anyango?id=23982&lang=ja

 

◆Seda →(画面下) 

http://www.tunecore.co.jp/artist/anyango?id=23982&lang=ja

 

なお、リングトーンはPC版iTunesではご購入いただけません。

iPhone/iPad版iTunesの「着信音/通知音」メニューから

ご購入ください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-22 19:27:01

アニャンゴ・ケニアベスト盤にターブ・オスーサからのコメント!

テーマ:アニャンゴ の部屋

昨年ケニアのketebul musicよりリリースした『Anyango- The Safari of Eriko Mukoyama』(邦題:アニャンゴ・ケニア・ベスト)にプロデューサーである、ターブ・オスーサ氏からコメントが寄せられました!
この機会にまだお手に取られていない方にもぜひぜひ聴いてほしい!! パンチのある15曲がそろっています★ (意訳は下に)

Ever since she first set foot in the country at the turn of the millennium, the Japanese diva Eriko Mukoyama has practically made Kenya her second home. Her music has become very popular and she is a household name especially among fans from Western Kenya. This is due to the fact that she can adeptly play the nyatiti, a traditional instrument of the Luo people from the region, and also speaks their language fluently. This has earned her the moniker Anyango, a popular name for women born in the morning amongst the Luo.
Her latest CD release 'Safari of Eriko Mukoyama' consists of select pieces of exciting musical works that include songs in different genres of traditional and contemporary Kenyan rhythms with elements of jazz and hip-hop. This creative potpourri sets Anyango apart from her contemporaries and further goes to confirm her as a creative force to reckon with in this constantly evolving world of music. By mastering how to play the nyatiti she has been able to break many cultural barriers on her musical journey. She is indeed a global citizen who is just as comfortable performing at any of the big venues in cities across Europe or the USA or at some remote village concert hall in Africa.
Her polyvalent emotion is well captured in the first track on the CD, 'Anyango Meets Kenge Kenge'. The song, which she wrote shortly after the Fukushima earthquake that shook Japan awhile back, features the popular Kenyan traditional group, Kenge Kenge. On this song, both Anyango, who sings in Japanese and Kenge Kenge in Dholuo, demonstrate a great human spirit of resilience when addressing the tragedy, albeit expressed in different languages. Other songs in the compilation, such as 'Uhiki' (a Kikuyu wedding song) and 'Mwana Mberi' (which praises the first born among Luhyas), are renditions of well known traditional classics that are very much celebrated by a large majority of Kenyans.
The 15-track CD ends with 'Jambo Nyatiti', where Anyango reintroduces herself and takes everybody on her melodic journey. She starts by narrating how she took a country-bound bus from Nairobi, the capital city, to Siaya in Western Kenya to settle in a small village in Alego where she met the legendary nyatiti player Okumu Korengo. For well over a year, Anyango lived in Karapul village as Korengo’s apprentice and learnt how to speak Dholuo. After several months of intensive training lessons she mastered the art of playing the nyatiti making her the first woman to play this revered and male dominated instrument in Kenya.
Although the CD ends on a sad note with Anyango paying homage to her mentor who has since passed on, she is full of hope for the future of nyatiti music and for Okumu Korengo's legacy which she promises to spread to all corners of the world.
by Tabu Osusa a.k.a ketebul music producer

 

日本人ディーバ、向山恵理子が21世紀の始まる頃に初めてこの国を訪ねて以来、ケニアは、文字通り、彼女にとっての第二の故郷となった。彼女の音楽は非常にポピュラーになり、殊にケニアの西部地方のファン(人々)の間ではお馴染みの名前(有名人)になっている。その理由は、ひとえに、彼女がその地方に住むルオー族に伝わる楽器「ニャティティ」を巧みに奏で、ルオー語を流暢に話すからである。そして、彼女に「アニャンゴ」、朝に生まれたルオー族の女の子によくつけられる名前、という呼び名(ニックネーム)が与えられることにもなった。

最近発売された彼女のベスト・アルバム「The Safari of Eriko Mukoyama」には、選び抜かれた素晴らしい音楽作品が収録されており、ケニアの伝統的なリズムだけではなく、ケニアのコンテンポラリーなリズムをもベースに、ジャズやヒップ・ホップの要素も取り入れた様々なジャンルの音楽を聴くことができる。このクリイティブな混合曲が、アニャンゴを同時代の音楽家と一線を画する存在としており、さらには、絶えず進歩し続ける音楽の世界の中で、新しいものを創りあげる「フォース」としての彼女を認知させるものである。 アニャンゴは、ニャティティの演奏法を完璧にマスターすることにより、彼女が続ける「音楽の旅」で出会う多くの文化的な障碍物を乗り越えることが出来たのである。 まさに、グローバルな存在(世界市民)である彼女は、欧米の大都会のコンサート・ホールでも、また、アフリカの辺鄙な村の広場でも、何ら変わることなく、気持ち良く演奏し、唄うのである。

このアルバムの1曲目、アニャンゴが日本の東北大地震の直後に書き下ろした曲をベースに、ケニアの人気のある伝統的な音楽グループ「ケンゲ・ケンゲ」をフィーチャーした「Anyango Meets Kenge Kenge」には、そのようなアニャンゴのマルチな才能と情感が良く捉えられている。この曲では、アニャンゴは日本語で、ケンゲ・ケンゲはDholuo(ルオー語)でという、異なる言語でありながらも、悲しい出来事に立ち向かう人々の偉大な生命力を、同じく表現している。また、このアルバムには「Uhiki」(キクユ族の結婚の唄)や「Mwana Mberi」(ルヒヤ族に伝わる、最初に授かった子供を喜ぶ唄)のような良く知られた伝統曲も収録されており、それらは多くのケニア人にとても喜ばれている。

アルバム最後の曲、15曲目の「Jambo Nyatiti」の中で、アニャンゴはあらためて自己紹介を行い、聴く人々に彼女の音楽の旅を体験させてくれる(人々を彼女の音楽の旅に連れて行ってくれる)。まず、どのようにして(どのような経緯で)ケニアの首都ナイロビから、田舎に向かうバスに乗ったのか、とアニャンゴは語り始める。そして、ケニア西部のシアヤ郡のアレゴと呼ばれる小さな村に辿り着いた彼女は、そこで、伝説のニャティティ奏者、オクム・オレンゴ師との出会いを果たす。一年以上に渡り、彼女はオレンゴ師の弟子としてカラプル村に住み着き、ルオー語を学ぶ。そして、さらに数か月に渡る厳しい修業を経た後、ニャティティの演奏技術を習得した彼女は、(宗教的に)畏敬されており、それまでは男性しか演奏することを許されていなかったこの楽器の、初めての女性奏者として認められるのである。

他界した彼女の師匠への追悼の悲しい調べで、このアルバムは終わりを迎えるが、ニャティティとその音楽の将来、そして、オクム・オレンゴ師が彼女に託した「私が行けなった世界の到るところに、私の代わりに、ニャティティとその音楽を伝えてくれ」という言葉の実現に、アニャンゴは大きな希望を抱いているのである。 
(ターブ・オスーサ ケテブル・ミュージック・プロデューサ)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-21 19:21:49

<< ニャティティソーラン2020 一般流通スタート!! >>

テーマ:アニャンゴ の部屋

<< ニャティティソーラン2020 一般流通スタート!! >>

 

今から10年程前、日本に帰国したばかりの私に、よさこいソーラン事務局からお声がけ頂き、ニャティティソーランは生まれました。仲間たちとともに徹夜で振り付けを考え踊りをつくり、和太鼓チームにも協力してもらい音源を作成。ケニア人ダンサー×日本人ダンサーのパフォーマンスで会場は沸きに沸きました。
ニャティティソーランは、ケニア・ルオーの伝統音楽「ニャティティ」と、日本の「ソーラン」が融合して生まれた音楽であり踊りです。魂を揺さぶるようなリズムに自然と心も体も動き出します。踊っている人も周りの人も元気になる楽しいダンスです。
その後も全国からあの踊りを踊り続けたい!という希望がたくさん集まり、音源も新たに取り直し「ニャティティソーラン2020」として生まれ変わりました。

今、全国の小・中学生が、運動会や体育祭で踊ってくれているそうです! そのCD、待望の流通&配信がスタートしました。

 

『ニャティティソーラン2020』

by Anyango / アニャンゴ 
価格  1500円(税込)
レーベル名:JOWImusic / JOWImusic

 

◆ amazon → 

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8B%E3%83%A3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3-2020-Anyango/dp/B06Y45PZ2G/ref=sr_1_9?ie=UTF8&qid=1498038923&sr=8-9&keywords=anyango

 

 

◆ iTunes → 

https://itunes.apple.com/jp/album/%E3%83%8B%E3%83%A3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B32020/id1216598614?i=1216598929

 

 

◆ ニャティティソーラン2020 ダンス指導DVDも好評発売中♪

<説明>
ダンスの振り付けをわかりやすく解説したDVDです。
新録音の音源を採用し、シンプルバージョンのダンスも追加しています。プロダンサーを起用し、ハイビジョンで撮影しています。わかりやすく、楽しく踊れます。

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8B%E3%83%A3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B32020-CD-%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%8C%87%E5%B0%8EDVD-%E3%83%80%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%8C%87%E5%B0%8EDVD%E3%83%86%E3%82%AD%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88-Anyango/dp/B06Y46TFSZ/ref=sr_1_4?ie=UTF8&qid=1498039689&sr=8-4&keywords=anyango

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-06-02 20:46:49

6月4日(日)NHK WORLD Swahili きいてください♪

テーマ:アニャンゴ の部屋

NHK WORLD Swahili 今月のテーマは「水」でした!
あさって水曜日のお昼よりお聴きいただけます。Have fan ^^)

 

 

番組名:リスナーとともに / Ukumbi wa Jumapili
放送日:6月4日《日》/ Juni 4 Jumapili
聴取方法 : namna ya kusikiliza
以下のサイトから日本時間、4日(日曜日)の13時以降、1週間オンデマンドでおききいただけます。
Unaweza kusikiliza matangazo haya kupitia tovuti yetu inayofuata
kwa wiki nzima kuanzia Jumapili Juni 4 saa 1 asubuhi saa za Afrika Mashariki.

 

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/sw/radio/listener/201705260600/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-05-05 18:24:21

NHK WORLD RADIO JAPANの収録でした !

テーマ:アニャンゴ の部屋

アニャンゴがスワヒリ語で日本の文化と最新の話題をお届けする音楽番組、NHK WORLD RADIO JAPAN 第2回目の放送はこちら。

 

 

番組名:リスナーとともに / Ukumbi wa Jumapili

放送日:5月7日《日》/ May 7 Jumapili

聴取方法:namna ya kusikiliza

以下のサイトから5月7日(日曜日)の13時以降、1週間インターネットでおききいただけます。

https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/sw/radio/listener/201704280600/

 

■ NHK WORD Twitter → @nhk_rediojapani

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>