ハンバーガー ステーキコーヒーワインカップケーキ様々な美味しいものをいただきながら、

皆さんで楽しく集うイベント「カフェ・セナクル&マーケット」。

毎年、お盆のチョー暑い中開催していましたが、昨年は、なんと、クーラーが壊れたり

体力的な限界を感じあせるニヤ今年は、気候も良いGWに開催することにしました!

 

今年のテーマは、「アンティーク、ヴィンテージ、ブロカント、シャビー、和骨董,,,。古き良きものを傍らにおいて『遊ぶ』」をテーマにしてみようと思っています。

 

いろいろ目玉はありますが、

そのひとつは、プティ・セナクルのメイン講師の先生方の愛用の品を展示、販売し、先生の意外な一面を覗く!というもの。すでに決まっているところでは、テーブルコーディネーターの福田典子先生、デンマークアンティークの佐藤秀和先生、アンティークシルバー専門家の大原千晴先生や、西洋陶磁研究家の大平雅己先生,,,。といった面々です。なかには、販売していただけるものもあるらしい〜。どうしよ。わたしが買っちゃいそう、、、。

これから、どんどん決定していくと思うので、またご報告します。

 

それから、今年は、プロのフードコーディネーターやお料理研究家の先生に特別にランチを担当していただきます。

 

昨日は、奥沢のミモザガーデンのオーナーで、おもてなし料理の専門家の三田村美和先生のところに打ち合わせに行ってきました!

そのうえ、ランチまでご馳走になってしまったのです〜。

心づくしのおもてなしとは、まさにこのこと。季節の鯛を用いた昆布締めからはじまり、お麩のアーモンド揚げ、あさりの蕪蒸し、お椀、鯛飯とどれもこれも美しい器に盛り付けられた旬彩が

素晴らしかったです。先生ごちそうさまでした!!!

 

今回は、和食でしたが、もちろん季節によってはフレンチやイタリアンもお作りになる。先生曰くミモザガーデンでは、

「季節感を大切に。

すぐ手に入る食材や材料で、日常的におもてなしできる創作料理と

テーブルセッティグを教えている」そうです。

 

それに、お噂には聞いていましたが、先生のアンティークのコレクションはさすが。

イギリス、フランス、そして、日本ととても素敵なものばかりでした。

 

カフェ・セナクルでは、5月4日に先生に登場いただきます。

先生に作っていただく「西洋松花堂弁当」を召し上がっていただきながら、

「料理に合わせるアンティークの器とテーブルセッティング」のアイデアを

三田村先生とわたしでセッションします。

 

乞うご期待です。

詳しくは、プティ・セナクルのHPでおいおいUPしていきますね!

 

ミモザガーデン・三田村美和先生

http://mimosagarden.jp/cooking/

 

 

 

 

 

 

チュー

 

 

 

AD

冷たい雨が降っていて、桜の季節が到来したとは思えない休日の午後傘

こんな日は、外で雨が降っていることも忘れてしまう

感動で心震えるコンサートや美術館に足を運ぶに限りますね。

 

お友達がプロデュースしているコンサートに行きたい行きたいと思っていながら

やっと実現した昨日。よみうり大手町ホールに行ってきました。

家から駅まで2分。そして、地下鉄大手町から直接コンサートホールに行けてしまうので本当に雨が降っていることも忘れてしまうほどでしたアップ

 

ソプラノ歌手の芸大の大学院、文化庁オペラ研修所修了後、ミラノとミュンヘンで歌唱力を磨いたそうです。国際コンクールにも数々入賞。HNKスペシャル「坂の上の雲」のテーマソングも歌ったそうです。

NHK東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」を歌ってことがきっかけで、ここのところは3月に起きた東北・熊本震災、そして、9月のNYのテロの犠牲者、その遺族の方々のために祈りをこめて歌うレクイエムのコンサートを続けているのだそうです。

 

その透き通るような美しい歌声は本当に心に響き、

感動の渦に巻き込まれてしまいました。

それにしても、森さん、綺麗。スタイルも抜群で、ビジュアル的にもすーっと別世界に誘ってくれるのも素晴らしかったですポイント

 

アンコールも3回。こんな風に歌うには、どんな生活を心がけ、どんなに練習を積むのでしょうね。それを思うと本当に、本当に贅沢な時間でした。

それに、綺麗にしなくちゃと思わせてくれたのも収穫です!

女性に生まれたんだから磨かなくちゃねベル

 

次回は、5月30日(火)19時からクザヴィエ・ドゥ・メストレのハープリサイタルがあるそうですよ。ハープ界の貴公子。またも美形ですおじさん

私も好きですけど、お友達、実は美形好き(笑)

こちらも楽しみですねえ。

 

www.xavierdemaistre.com

問い合わせ・読売新聞東京本社文化事業部

電話03−3216−8500

 

 

 

AD

英国シルバー by 大原千晴

テーマ:

春分で暦の上でも春だし、桜も咲いたし、あっという間に4月だし。

3ヶ月、お外に出ない日もあるくらいずーっと原稿書いていた私ですが、そろそろ冬眠から覚めたクマさんのように活動開始!

 

4月1日からライフスタイルに生かす「西洋アンティーク基礎&鑑定講座」が始まります。初回は、最近、テレビ出演も頻繁な大原千晴先生の「英国シルバー」。王道ですねアップ

 

 

特に、英国ではシルバーの刻印がきちんと定められていて、まずは、これを頼りにスタールングシルバーを探してください。横向きのライオンしし座そして王冠まじかるクラウンね。

あと、首都ロンドンで作られたものはA。これは、首都パリも同じ。覚えておきましょ。

あとはね、アルファベットなんですけど、これなかなか大変。どんな囲みがあるのか、結構読みにくいです。それでも、イギリスの刻印はフランスのもの比べると大きくて簡単。

でも、なぜ、刻印ってあるの?誰が作ったの?いつ?

そんな疑問に答えるのがこのクラスです。

今年から、鑑定要素もばっちり加わり、リニューアルした基礎コース。

英国シルバー手に入れたいあなた。お申し込み、お待ちしていますポイント

 

 

 

AD

ライフスタイルに生かす西洋アンティーク基礎&鑑定講座(2017年度)


<英国シルバー>

講師:大原千晴

 

食卓のアンティークシルバー 文化出版局
大原千晴先生の著書「食卓のアンティークシルバー」(文化出版局)

 


英国 フランス テーブルウエア インテリア アート 紅茶 ファッション

 

【単発で受講可】

この講座は西洋アンティーク基礎&鑑定講座(前期・後期各11回)の講座です。

■日時 4/1(土) 15時~17時
■会場 経堂教室
■受講料 5,800円

■どなたでも受講いただけます

詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html


大原千晴(おおはら ちはる)
「英国骨董おおはら」店主。骨董銀器専門家。食文化ヒストリアン。早稲田大学法学部卒業。料理研究家の母・大原照子氏がイギリスに転居したのを機会に、日本と英国を行き来する生活が始まる。その過程で骨董銀器の魅力に開眼し、1991年「英国骨董おおはら」開業。著書に「食卓のアンティークシルバー」(文化出版局)、「アンティークシルバー物語」(主婦の友社)、「名画の食卓を読み解く」(大修館書店)。http://www.ohara999.com/


■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/

 

---------------------------------



ライフスタイルに生かす西洋アンティーク基礎&鑑定講座(2017年度)


 前期 (第1回~第11回)
<期間:2017年4月~ 2017年9月>

 


1. 英国シルバー
  #英国 #テーブルウエア
  講師 大原千晴
  日時 4/1(土) 15時~17時
  会場 経堂教室
  単発の受講料 5,800円

 

2. エリザベス女王からブリジット・ジョーンズまで アンティークと現代英国人のライフスタイル
  #英国
  講師 木本玲子
  日時 4/12(水) 19時~21時
  会場 ジェオグラフィカ 3F ライブラリー
  単発の受講料 5,800円

 

3 . エリザベシアン、ジャコビアン・スタイルのアンティーク家具と調度品
 #英国 #インテリア
  講師 木本玲子
  日時 4/26(水) 19時~21時
  会場 ジェオグラフィカ 3F ライブラリー
  単発の受講料 5,800円

 

4 . ウイリアム&メアリー、クイーン・アンスタイルのアンティーク家具と調度品
  #英国 #インテリア
  講師 木本玲子
  日時 5/17(水) 19時~21時
  会場 ジェオグラフィカ 3F ライブラリー
  単発の受講料 5,800円

 

5. 18世紀ヴェルサイユに花開いた装飾様式と文様 バロック、ロココ、ネオ・クラシシズムスタイルの家具と調度品
  #フランス #インテリア
  講師 石澤季里
  日時 5/31(水) 19時~21時
  会場 ジェオグラフィカ 3F ライブラリー
  単発の受講料 5,800円

 

6. アンティークを読み解くための基礎知識①中世からルネッサンスまで
  #アート
  講師 中川真貴
  日時 6/7(水) 19時~21時
  会場 ジェオグラフィカ 3F ライブラリー
  単発の受講料 5,800円

 

7. 古典とモダンの融合 アンティークシルバーを現代的に取り入れるテーブルセッティング
  #英国 #テーブルウエア #紅茶
  講師 多賀谷洋子
  日時 7/1(土) 15時~17時
  会場 経堂教室
  単発の受講料 6,000円

 

8. ヨーロッパの陶磁器の基礎知識 ルネサンスから新古典主義まで
  #テーブルウエア #紅茶
  講師 大平雅巳
  日時 7/22(土) 15時~17時
  会場 経堂教室
  単発の受講料 5,800円

 

9. ジョージアンスタイルの家具と調度品 アンティーク・カフェでお茶会
  #英国 #インテリア #紅茶
  講師 木本玲子
  日時 7/26(水) 18時半~20時半  
  会場 「三菱一号館美術館 Cafe1894」
 千代田区丸の内2?6?2 三菱一号館美術館内 http://mimt.jp/cafe1894/
  単発の受講料 6,000円

 

10. 紳士のステータス・シンボル アンティーク懐中時計と腕時計の歴史と選び方
  #ファッション
  講師 中島正晴
  日時 8/30(水) 19時~21時
  会場 「マサズパスタイム」(吉祥寺) 武蔵野市吉祥寺本町2-35-11 

          http://www.antique-pastime.com/
  単発の受講料 5,800円

 

11. 紀元前からアール・デコスタイルまで アンティーク・ジュエリーの変遷
  #ファッション
  講師 有川一三
  日時 9/6(水) 19時~21時
  会場 「アルビオンアート」 赤坂・アーク森ビル イーストウイング13階
          http://www.albionart.com
  単発の受講料 5,800円

 

 

 

■講座名 「西洋アンティーク基礎&鑑定講座 (2017年度)」

■定員 12名

■会場 ジェオグライフィカ 3F ライブラリー  

*他の会場で開催する回があります。上記をご確認ください。

■受講料 前期:63,500円(第1回~第11回) 後期:調整中(第12回~第22回)

*前期・後期とも、2回に分けての分割払い可能

 

■どなたでも受講いただけます。

 

 

 

■ 注意事項 ■

2016.12.30更新

 

  • 初回単発として受講後でも、空席がある場合にはコース受講への変更が可能です。その場合はコース受講料の差額分をお支払ください。
  • 病気、出張など、講師のやむを得ない事情で日程が変更になる事があります。
  • 講座開始までに、人数に達しない場合、講座がキャンセルになります。その場合、受講料は返金いたします。
  • 欠席の場合は、収録DVDで各自学習ください。DVD代として1クラスにつき1000円頂戴いたします。振替・返金はいたしかねますのでご了承ください。

 



■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/

 

 


西洋アンティーク基礎&鑑定講座はこちら

■詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html




 

Bistro Marx@銀座プレイス

テーマ:

パリの星付き老舗レストラン、「ルドワイヤン」や「ロブション」で修行し、現在は、「マンダリン・オリエンタルホテル・パリ」内に星付レストランを構えるティエリー・マルクスシェフ。

そのマルクスシェフの味が、東京銀座で楽しめるのがここ「ビストロ・マルクス」です。

世界初の料理とパンの融合が楽しめる店としてオープンしたこの店は、

お手作りの美味しいブリオッシュと、上質の肉でつくる

ハンバーガーが有名ラブラブ!ハンバーガー

 

ブリオッシュをこよなく愛したアントワネット様が今いたら、

きっと行きつけのレストランになっていたことでしょう恋の矢

 

また、夜は銀座4丁目の夜景を望みながら美味しいワインと料理が楽しめます。

5000円以下のメニューもあるし、とても広々とした店内なので予約なしでも行けるのが安心です。

デジェスティフやapéritifの種類もとっても豊富なので、

お友達とのおしゃべりが興に乗ったら、バーの気分でちょっと長居ができるのも嬉しいカクテルグラス

 

今回は、ちょうど春先ということもあり、すみれの花の香りのするムースがあったり、

この時期美味しい子羊があったりと、

季節感を感じさせるメニューが揃っていました。

ブリジット・バルドーがバカンスを楽しんだサントロペのスペシャリテデセール「トロペーズ」もオレンジの花の香りが軽やかで病みつきになりそうゲラゲラ

 

お隣のガストロノミック・レストラン「ティエリー・マRU

クス」もいつか行きたいな。

 

www.THIERRYMARX.JP