■旅カルチャーコース■



アンティーク・シルバー物語~銀器にまつわる知られざる逸話
<シルバー・スミス、ジョージ・ジェンセンの源を探る~ ヴァイキングが辿った銀の道>


講師:大原千晴
 

 

【単発で受講可】この講座は旅カルチャーコースの旅行、6/20 ~6/25「「青い海に映える白いアンティーク」を探すデンマークへの旅」(4泊6日)のプレ・クラスです。




■日時 3/4(土) 15時~17時
■会場 経堂教室
■受講料 6,000円 (お茶、お菓子付き)

■どなたでも受講いただけます

詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html


大原千晴(おおはら ちはる)
「英国骨董おおはら」店主。骨董銀器専門家。食文化ヒストリアン。早稲田大学法学部卒業。料理研究家の母・大原照子氏がイギリスに転居したのを機会に、日本と英国を行き来する生活が始まる。その過程で骨董銀器の魅力に開眼し、1991年「英国骨董おおはら」開業。著書に「食卓のアンティークシルバー」(文化出版局)、「アンティークシルバー物語」(主婦の友社)、「名画の食卓を読み解く」(大修館書店)。http://www.ohara999.com/


■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/


 
AD
アンティークシルバーのスペシャリストにして、食文化ヒストリアンの大原千晴先生の大ヒット本「アンティークシルバー物語」(主婦の友社)。
 
3月4日(土)開講から開講になる、プティ・セナクルの新シリーズ「アンティークシルバー物語〜銀器にまつわる知られざる逸話」の講座は、
今回の本をより詳しく、そして、もっと幅広くシルバーについて語りつくしていただくというアイデアから生まれました。
 
初回は、デンマークを代表する「ジョージ・ジェンセン」の歴史をたどりながら
なぜ、北の国、デンマークにこのような素晴らしいシルバースミスが生まれたのかという謎を解いていく講座です。
 
デンマークってレゴとか、マーメイドとか、チボリパークとか、なんだか豊かでないイメージですけど、現代ヨーロッパに残る数少ない王立国で、アマリンボーはじめのお城の地下室には金銀財宝がざっくざく。それは、革命があったフランス以上(!)。なぜって、18世紀にはバルト海の通行税はすべてデンマークの大蔵省に入っていたからなんです。
それに、遡ること何百年。バイキングたちが荒波を乗り越えて船出した目的。それは、「銀」にあったんです。
 
シルクロードならぬ、シルバーロード。
知れば知るほど楽しくなる、そしてメンタルが豊かに刺激される。
そんな「アンティークシルバー物語〜銀器にまつわる知られざる逸話」講座が
3月4日(土)15時スタートを切ります❤️
 
http://www.antiqueeducation.com
 
 
 
 
 
 
 
AD
1746年、フランス・アルザス地方のミュルーズで誕生した糸と織物メーカーDMC。のちに、糸専門の会社となったDMCは、今なお、世界中の手芸家に愛されている刺繍糸のメーカーです。ちょっと前に、倒産の危機に追い込まれた時に何人かの刺繍家が立ち上がって存続の危機を救った、そんな噂もきいています。

 
 
そんなDMCが所蔵するフランスとヨーロッパ全土の刺繍作品を公開したのがこの展覧会です。「一本の上質な糸から芸術作品は生まれる」。「布の上のファインアート」と呼ばれた、刺繍の世界に誘ってくれるまたとない展覧会です。
会場は、映画「男と女」の挿入歌を歌った故ピエール・バルーさんの奥さん、アツコさんのギャラリーです。文化村の目の前。アクセス楽ですよ!
 
「DMC GOLDEN HISTORY~ニードルアート270年の軌跡展」
会場:アツコバルー arts drink talk
渋谷区松濤1-29-1
クロスロードビル5階
 
AD

オーダーメードのバッグ

テーマ:
パリ在住の友人が持っていて、とっても可愛いから真似してオーダーしたバッグ。
なかなかパリに行けないでいたら、なんと、出来上がったものがどこかにいってしまったとかでhohokoke再度作り直すことに。
なくなってしまったのは、お店のせいなので、出来上がったら日本まで送ってくれることになりました。
 
待たされるのは嫌いだけど、こんなのは好き。だって、自分で本体のtoileの色を決め、ボーダーの皮色を決め、おまけにロゴの大きさを決めてイニシャルを入れてもらったんだもの!さて、センスのほどはいかに?楽しみに待っていました。
 
そのかいあって、パリから大きなダンボールが届き(関税で3500円くらい払ったけど)、なかから可愛いバックが登場!
無駄なものは何もついていなから軽いし、蓋もついているから旅行にはぴったり。
これから、飛行機に乗るときはこれと同じボルドー色のリュックをしょって搭乗しようとおもっています。
 
そのまえに、すでにヘビーローテーション。
本店は、カルカッソンヌのようですが、パリのお店は左岸、セーヌ川沿い。
でも、オーダーは、サイトからもできますよ❤️
 
L/UNIFORM
 
 
 
 
 


■アンティーク鑑定基礎コース■




<コスチューム・ジュエリー>

講師:田中元子

【単発で受講可】この講座はアンティーク鑑定基礎コース・2016年度(前期・後期各12回)の講座です。
アンティーク鑑定基礎コースはこちら

 

田中元子(著)「コスチュームジュエリーの世界―田中元子アクセサリーコレクション」(繊研新聞社)




■日時 2/25(土) 15時~17時
■会場 「アクセサリーミュージアム」(目黒区・祐天寺)
■受講料 5,800円

■どなたでも受講いただけます

詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html


田中元子(たなか もとこ)
目黒区祐天寺、アクセサリー・ミュージアム館長。実家は、コスチューム・ジュエリーを作る工房で、幼い頃からアクセサリーに親しむ。自ら、アクセサリーデザイナーとして創作活動を続ける傍ら、収集した5万点を越える所蔵物を展示するミュージアムや著書「コスチュームジュエリーの世界」を通して、その魅力を伝え続けている。http://acce-museum.main.jp/


■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/

 

---------------------------------



ライフスタイルに生かす西洋アンティーク基礎&鑑定講座(2017年度)


 前期 (第1回~第11回)
<期間:2017年4月~ 2017年9月>

 


1. 英国シルバー
  #英国 #テーブルウエア
  講師 大原千晴
  日時 4/1(土) 15時~17時
  会場 ジェオグラフィカ 3F ライブラリー
  単発の受講料 5,800円

 

2. エリザベス女王からブリジット・ジョーンズまで アンティークと現代英国人のライフスタイル
  #英国
  講師 木本玲子
  日時 4/12(水) 19時~21時
  会場 ジェオグラフィカ 3F ライブラリー
  単発の受講料 5,800円

 

3 . エリザベシアン、ジャコビアン・スタイルのアンティーク家具と調度品
 #英国 #インテリア
  講師 木本玲子
  日時 4/26(水) 19時~21時
  会場 ジェオグラフィカ 3F ライブラリー
  単発の受講料 5,800円

 

4 . ウイリアム&メアリー、クイーン・アンスタイルのアンティーク家具と調度品
  #英国 #インテリア
  講師 木本玲子
  日時 5/17(水) 19時~21時
  会場 ジェオグラフィカ 3F ライブラリー
  単発の受講料 5,800円

 

5. 18世紀ヴェルサイユに花開いた装飾様式と文様 バロック、ロココ、ネオ・クラシシズムスタイルの家具と調度品
  #フランス #インテリア
  講師 石澤季里
  日時 5/31(水) 19時~21時
  会場 ジェオグラフィカ 3F ライブラリー
  単発の受講料 5,800円

 

6. アンティークを読み解くための基礎知識①中世からルネッサンスまで
  #アート
  講師 中川真貴
  日時 6/7(水) 19時~21時
  会場 ジェオグラフィカ 3F ライブラリー
  単発の受講料 5,800円

 

7. 古典とモダンの融合 アンティークシルバーを現代的に取り入れるテーブルセッティング
  #英国 #テーブルウエア #紅茶
  講師 多賀谷洋子
  日時 7/1(土) 15時~17時
  会場 ジェオグラフィカ 3F ライブラリー
  単発の受講料 6,000円

 

8. ヨーロッパの陶磁器の基礎知識 ルネサンスから新古典主義まで
  #テーブルウエア #紅茶
  講師 大平雅巳
  日時 7/22(土) 15時~17時
  会場 ジェオグラフィカ 3F ライブラリー
  単発の受講料 5,800円

 

9. ジョージアンスタイルの家具と調度品 アンティーク・カフェでお茶会
  #英国 #インテリア #紅茶
  講師 木本玲子
  日時 7/26(水) 18時半~20時半  
  会場 「三菱一号館美術館 Cafe1894」
 千代田区丸の内2?6?2 三菱一号館美術館内 http://mimt.jp/cafe1894/
  単発の受講料 6,000円

 

10. 紳士のステータス・シンボル アンティーク懐中時計と腕時計の歴史と選び方
  #ファッション
  講師 中島正晴
  日時 8/30(水) 19時~21時
  会場 ジェオグラフィカ 3F ライブラリー
  単発の受講料 5,800円

 

11. 紀元前からアール・デコスタイルまで アンティーク・ジュエリーの変遷
  #ファッション
  講師 有川一三
  日時 9/6(水) 19時~21時
  会場 「アルビオンアート」
 赤坂・アーク森ビル イーストウイング13階 http://www.albionart.com
  単発の受講料 5,800円

 

 

 

■講座名 「西洋アンティーク基礎&鑑定講座 (2017年度)」

■定員 12名

■会場 ジェオグライフィカ 3F ライブラリー

*他の会場で開催する回があります。上記をご確認ください。

■受講料 前期:63,500円(第1回~第11回) 後期:調整中(第12回~第22回)

*前期・後期とも、2回に分けての分割払い可能

 

■どなたでも受講いただけます。

 

 

 

■ 注意事項 ■

2016.12.30更新

 

  • 初回単発として受講後でも、空席がある場合にはコース受講への変更が可能です。その場合はコース受講料の差額分をお支払ください。
  • 病気、出張など、講師のやむを得ない事情で日程が変更になる事があります。
  • 講座開始までに、人数に達しない場合、講座がキャンセルになります。その場合、受講料は返金いたします。
  • 欠席の場合は、収録DVDで各自学習ください。DVD代として1クラスにつき1000円頂戴いたします。振替・返金はいたしかねますのでご了承ください。

 



■お申込み・お問合せ
カルチャーサロン「プティ・セナクル」

http://www.antiqueeducation.com/

 

 


西洋アンティーク基礎&鑑定講座はこちら

■詳しいお申込手順はこちら
http://www.antiqueeducation.com/tejun.html