長谷川です。

 

中国の近代史から史実が消えているのを
ご存知でしょうか?

 

一昨日5月16日、中国では
文化大革命開始から50周年の日を迎えました。

 

しかし、この節目の日に…
共産党は驚くべき指示を出したのです。

 

産経新聞の記事より


文革に「一切触れるな」党通達 中国黙殺

 

中国の社会、文化に壊滅的打撃を与えた政治運動、文化大革命は16日、開始から50年を迎えた。重大な歴史事件の節目に記念イベントを開催することが多い中国だが、この日、文革と関連する公式行事は全くなかった。

欧米や日本のメディアが検証記事や特集を相次いで掲載するなか、共産党の機関紙、人民日報など中国の主要メディアは完全に黙殺した。

ある雑誌編集者は「文革に一切触れるなという党宣伝部からの通達があった」と明らかにした。

 

北京の人権活動家によれば、4月から5月にかけて、複数の改革派老幹部の誕生日パーティーが予定されていたが、治安当局がレストランなどに圧力をかけ中止になった。

いずれも文革中に迫害を受けた人で、当局はパーティーという名目で大勢の反文革派が集まり、政府を批判する集会になることを警戒したようだ。

また、広東省スワトー市にある文革博物館も4月下旬から閉鎖された。インターネットでは、「文革の精算は終わっていない」「政府は被害者に公式謝罪すべきだ」などと投稿された文革批判の書き込みは次々と削除されていった。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


今更ですが…


文化大革命(文革)とは…

 

中華人民共和国で1966年から1976年まで続き、1977年に終結宣言がなされた社会的騒乱である。
プロレタリア文化大革命(簡体字: 无产阶级文化大革命, 繁体字: 無產階級文化大革命)とも呼ばれ、略称は文革(ぶんかく)。

名目は「封建的文化、資本主義文化を批判し、新しく社会主義文化を創生しよう」という政治・社会・思想・文化の改革運動だった。

しかし実際は、大躍進政策の失敗によって政権中枢から退いた毛沢東共産党主席が自身の復権を画策し、民衆を扇動して政敵を攻撃させ失脚に追い込むための、中国共産党の権力闘争であった。

これにより1億人近くが何らかの損害を被り、国内の大混乱と経済の深刻な停滞をもたらした。(ウィキペディアより)

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


文革は共産党の中国を作った

毛沢東の国を挙げた一大イベントでした。


共産主義を貫徹するため、反対派を次々と殺していき
疑わしきものにはレッテルを貼り、粛清し

2.3千万もの人が亡くなりました。

 

例え、これが負の側面が大きかったのとしても
歴史として後世に伝えていくべきでしょう。

共産党が、「一切触れるな」という指示を出すことに驚きを覚えます。


さらに
中国は、1989年に発生した

『64天安門事件』も隠し続けています。

 

 

『64天安門事件』は
民主主義を求める
学生、民衆を

共産党が殺戮した痛ましい事件です。

 

このように
近代の中国は、歴史を次々と消しています。
私は「そのうち、中国は、1949年の建国以来、何をしてきたのか
近代史はほとんどなくなってしまうのでは」と思っています。


せめて日本にいる中国人には
真実を拡散していかねばならないと強く感じます。

 

ブログランキングに参加しております。

ご支援、よろしくお願い申し上げます。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村

AD