この5月20日に國民党の馬英九氏が大統領
就任式
を終えました。その就任式の時に、
夫人を連れて階段を登っていたのですが、
ニュースで流れてた場面では、その夫人を
後にスタスタと先に歩く馬英九氏の姿。

夫人とともに歩くべき場面ですが。

こういう方は大統領だけではないですね。
結構男性陣、こういう人多いんじゃないでしょうか。
ご近所の奥さんも愚痴ってましたが、うちの主人も
同じです。

式典のことで頭がいっぱいなのでしょうか?
はたまた他のことが頭に入っていないのか?

そこで夫人が
「你可不可以等我一下啊!」
(ちょっと待ってくれませんか?)

すると、馬大統領「はい」と振り向いてようやく
わかったようで、しかし、夫人がひとこと、

「奇怪耶你!」
(おかしいわよ、あなた)

奇怪というのは、変とか、おかしいという意味です。
特別な言い回しというよりは、普段みんなが使う言葉。

わたしなんて、しょっちゅううちの主人に使ってます。
というのも、うちのご主人様も、いつもわたしを置いて
スタスタ先に歩いてあんまりにも距離が開いているので、

「你很奇怪耶!」

そんな時、主人は、悪びれず、
「ああ、前に危ないものがないかどうか
確認してるんだよ」なんていうものだから、
余計に腹が立ちます(笑)

相手をちょっと責めるニュアンスですね。

「あなたひどいわ」
「変でしょ」
「おかしいわ」

なんて感じです。

相手のしたことに対して、普通そんなこと
しないでしょ的な意味で相手に発する言葉です。

ただ、こういう言い方というのは、夫婦とか
家族とか親しい間柄だから発せられる言葉で、
会ってすぐの人とかにはあまり使えませんね。

このニュースを聞いた翌日、主人が学校へ出勤したら、
なぜかみんな「你很奇怪耶!」を言う場面でないところでも、
「你很奇怪耶!」を言っていたそうです。

どうやらしばらく話題の言葉になりそうです。


読者登録してね ペタしてね


今日もご訪問ありがとうございます。
学べる一日を!(o^-')b
クリックの応援よろしくお願いします

にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

にほんブログ村 海外生活ブログへ




世界各国のブログはこちらから


台湾滞在記
 

AD