呪怨的なアレ。

テーマ:
にゃにぃぃぃいいいいっ!
後10日くらいで2月が終わるとなっ??

ねぇねぇ!お雛様出した?
やっべーぞ。

また今年もださないフラグだ。

あ~~~~~・・・。
なんか、もうさ。

呪いの人形でもなんでもいいから
人形が勝手自分箱から出て

起きたら
知らない間に飾ってあった
っていう
そういう楽な展開

に、ならないかな~~~


AD

私かわいそう…。

テーマ:

おいおい。
洗濯機がヤバイよ。


変な音がするの。

メーカーに問い合わせたら
修理呼ぶだけで4、5千円かかるんだって。
長期保障に入ってたんだけど
ちょうど去年の11月に切れました。

くっそ~~~。
壊れるのが、あと4ヶ月早ければタダだったのに。

なんで図ったようなこのタイミング?

そして、今さっき。

今度はドライヤーが壊れました。
冷風しかでない・・・。

・・・その昔、聞いたことがある。

電化製品は死ぬとき、
一人で逝くのは寂しいから
友達を連れて行くんじゃよ。



・・・いや、ちょ・・・・
それ、良い話なの?

まじでカンベンして・・・。

ってオイっ!
洗濯機っ!おめー友達何人いるんだよっ?
連れてく友達の人数によっちゃぁ、

こっちはかなり深刻な問題になるよ?


まさか。


・・・私より友達多くないよね!?

機械の洗濯機ごときに、
これ以上友達いたら、


私・・・なんか・・・

わたしなんか・・・・・っ

ちょー可愛そうなんだよっ!!?


あ~、
心がカサつく。

AD

よく仕事をした夜は。

テーマ:
は~・・・。
疲れたな~~~って

ムスコの寝てるホワッホワのシーツに
顔を埋める。

「・・・・

そして。
ムスコのヨダレでカピカピになった所を



「くんくん・・・・っ


いやいや・・・
ごめん。


嘘言った。

実際は。







「クンカっ!


クンカクンカ
クンカァァァアアアア"ア"ア"ッ!!!!!!!
ひふあんうぇhなpうぇふぃあcうぇいjふぁhうぇぇいっ!!!!!」



はい。
どーもどーも。


変態さんが通りますよ~。

AD
「考えていることを何でも話して。」

って言われたら、話したいこと
全開になってしまうのは仕方がないと思うのね。

そんなわけで、
担当さんにメール送るのも
考えてることを「包み隠さず何でも伝える」を心がけてます。

モヤモヤしている事や
考えていることを、順序だてて
人に伝わるように書いていると…

不思議と頭って整理されるのね。

もともと、メールで文章書くのが嫌いっていうか…

そもそも
「長文は読む側にとって負担になるだろう。
それは忙しいのに申し訳ないし、なんか言い訳っぽいから
モノ(作品)で伝わればいい。」
なので、

基本
『お世話になっております。
うえみです。

「作品タイトル」のネームが仕上がりましたので
ご確認頂けますと幸いです。

何卒宜しくお願いいたします。』

以上。

それ以外は、何か特別な事がない限り
文章が増えることはない。。。

という…あっさり事務的メールが9割だったんだけど
いや、ちょっと勉強になったわ。

メールで相談とか思案中の話を書いていると
勝手に自問自答して…
「あ、こうすればいいのか。」って
答えが出てくる。

他人にスッキリ伝わるように工夫することで
自分の頭にもスッキリ伝えられるのね。


こういう経験はきっと、
みんなとっくにしてるんだろうな。
と思いつつ、

担当に書いてる途中で
解決しちゃって送り損ねたメールが
「下書き」ボックスでだんだん増えてきているのが
面白くて、楽しい。
どーなのかね

ツイッターでさ、よくテレビで見かける北村弁護士が
気に入った本を褒めてたのね。

それが、どうやら問題のある作家さんが
書いた本だったらしく、
アンチの方からフルぼっこ(その辺は調べりゃわかるので割愛)
→炎上

かいつまむと

「弁護士の人権侵害擁護なんじゃないの?」
「弁護士としての意見をお聞かせ願いたい。」
「そんなんなら弁護士やめれば。」


などなど。


ちょっとね・・・。


変だと思わない


さて、まぁちょっと話はそれますが、
私。
実は、ムスコの小学校では漫画家ということを
ひた隠しにして生きております。

それは何故かというと

「ねえねえ、絵うまいんでしょ?プロの漫画家さんなんでしょ?
今度、PTAのイベントに使うポスター書いてくれない?
ちゃちゃ~っとでいいからさ

「ねえねえ、絵うまいんでしょ?プロだもんね~。
今度趣味で手芸品を販売するんだけど、そのロゴみたいの
ちゃちゃ~っと書いてくんない


って、頼まれちゃうから。
うふ


えーとね。
その

ちゃちゃ~っと書く技術のためにね。

たぶん頼んだ人が想像する100倍くらいの
枚数の絵を描いて
100倍くらいは踏ん張ってきたんだよね。

絵を描いて稼げるようになりたかったから
そのために犠牲も払ったし
努力もしたわけでですね・・・・

なので、
そもそも線一本
ただで売る気がないのが
プロなんですね。

(全員じゃないですよ?勿論例外もいます。
仕事に対しての考え方の違いはあります。)


それでもありますよ。
「絵がうまいからちゃちゃっと描いてくれない
っていうお願いは。

そんな時は

「ごめんね。仕事は全て有料なの。

それ以外のギャラなしで受けてる依頼は
営利目的のない、子供たちのために活動している団体で、
その活動内容が
「せひ力になりたい!
ギャラは全額寄付します!」
と納得のいくものしか


受けられないんだ。」

と説明しているのね



さて、
話は戻るけど
北村弁護士。


・・・に突っかかってる方々はね

「弁護士としての見解を聞かせてほしい。」

ってお願いはさ、

ちゃんと弁護士相談費用を払って聞くとか
取材費を払って聞くとかね・・・・。
しないと駄目でしょ

弁護士の専門的な知識をベースにした見解は
商品なんだって知ってるのかって話ですよ


彼、本職なんだから。

自分が弁護士に相談するときって
幾ら払うか知ってる?
それをさ、気軽にツイッターだとタダになるとか・・・・


そんなんねーんだわ。