イベント事故について

テーマ:

アートイベントで出火した
痛ましい事故を受けて

それが学生の作った作品だったというのに
思わず納得してしまう。

最近、参加型のメディアアートや
インスタレーションが多くなってきてるじゃない。

だから小さいお子さんのいる方々には
是非知っておいて欲しい話なのだけど

こういうイベントに出展されてる作品の
耐熱性素材テスト
強度検査
配線など…は
かなり…みんなが思っているのとは
違うと思う。

ゼミの学生だったら尚の事
自分達で何人か試してイケるから
オッケーじゃね?

とか

だいたい6歳くらいまでにしときゃ
平気でしょ。

とか。

今回問題になりそうな電気関係も、
大元配線の振り分けは電力会社が安全基準を守ってやっても、

そこから作品までの配線とか、
作品に何をどう使うか…に関しては、だいたいノータッチだからね(-_-)

いちいち電力会社の
人が作品に取り付けてるわけじゃないんだから、
危ないっちゃ危ないんだよ。

安全性などそんなもん。

なぜなら
「作品は安全保証の裏打ちされた
商品じゃない」からね?

普通に公園にある遊具は
どんなにショボい物でも
鉄、強度の高い木、クッション
使われる素材ぜーんぶに検証に検証を重ねて
デザインも100パーセントの安全を求め
考え抜いて
基礎工事から作ってる。

それでも時々事故があったり
故障したり…するんだよね。

そこから考えたら
インスタレーションが
どれだけヤバいものか分かるでしょ?

だから参加型のアートイベントは
危ないから止めよう…
と言ってるんじゃないよ。

私もよく子供達連れて行くし。
楽しいし、これからのアートに
触発されて欲しいと思うもの。

でも、

ここは公園じゃない‼️
絶対に目を離さない‼️

この事をしっかり念頭において
参加させて欲しいなと…。

時々、こういうイベントで
子供達を公園よろしく自由に遊ばせてたり
写真とることに夢中になってる親を
見かけるけどね、

そういうのに限って
子供が配線の上を踏んでたりするんだよ。

電気会社のやってない
素人配線だからね。ソレ。

と言いたくなる。


「商品の安全性」と
「人が乗っても大丈夫な展示物」の履き違えを
しないように楽しめたら良いなと思う。




iPhoneからの投稿
AD

ムスメの成長

テーマ:

ムスメも15才になりまして…ニコニコ

ほんのすこし前まで
細くて恥ずかしがり屋の
小さな女の子だったのに

今じゃもうすっかり
大人っぽくなっちゃって…[みんな:01][みんな:04]

どんな感じになったのか、
久し振りに
ムスメを書こうかと
思います[みんな:02]


アレは夏でしたね。
今年の夏。


お弁当箱は帰って来たら
すぐにキッチンに出して置いてね
って言ってんのに

カバンに入れっぱなしで
忘れるムスメ。


そりゃ…

夏に放置された弁当箱は
臭えだろ❓

おいドクロ



そこで、
お弁当の事などすっかり忘れて
リラックスしているムスメに
向かって

photo:01


photo:02


photo:03




!?


恐ろしい事に
どんなに振り払おうとしても
びくともせず、
洗うまで
一歩も動けなかったよ[みんな:03]


ムスメ。
15才。



腕力に物を言わせる
立派な怪力女の子に
成長したよ[みんな:05][みんな:06]


iPhoneからの投稿
AD

料理番組

テーマ:

海外の料理番組が好きで
面白い番組は録画して見る目

数々見てきた中でも、
数年前朝毎日放送していた
「世界の料理ショー」は
私のナンバーワンラブラブ!合格

ところで、海外の料理番組には
いくつか絶対の共通項がある。

1:バターの量がハンパない!!
2:牛乳より生クリームを使うドキドキ
3:使っている道具がおしゃれラブラブ!
4:味見が大袈裟過ぎて顔芸にひひ
5:女性はおっぱいがでかい。化粧も濃いキスマーク
6::男性は料理よりトーク部分が大事べーっだ!
7:肉は脂肪分の少ない部位を使い、大量バターかラードで調理する叫び
8:計量スプーンで計るレベルの調味料は目分量で投入するグッド!
9:塩胡椒に味の運命を委ねがち音譜

…とまぁ。

キリがないんだけど、
私は大好きラブラブ

最近見ているのは、
パリの小さな自宅をレストランにして
パリっ子に大人気の女性が
実際に自分のお客に出すメニューを紹介する番組。

彼女は、フランス映画に
出てきそうな可愛らしい女性で
作る料理も、彼女みたいにとってもおしゃれ[みんな:01]

先日は、
パリ本場のクレープを紹介していたので
真似っこして子供たちと作ってみた。

大事なのはマロンクリーム。
栗の水煮を生クリームで煮て
ペーストにする。
…コレは絶対美味しいはず[みんな:02]

3人でウキウキ盛り上がって作って
クレープ生地も沢山焼いて
予想通り美味しいのができて
うはうは食べたら

その後、
全員


バターと生クリームとマロンクリームに悪酔いし
動けなくなった[みんな:03]

iPhoneからの投稿
AD

日の出屋旅館の偶然

テーマ:
さて、面白い偶然がありました。

漫画家の知り合いで
100年くらい前のイギリスを調べている人がいます。

彼女によると
100年前(第二次世界大戦前)のロンドンには

日本の旅館や和食屋さんが比較的多くあり

ヨーロッパ文化の中にいても
そこにいる日本人は日本らしい生活を忘れず
海外生活を送っていたそうな。

彼女の持っている資料写真には
現代で言うタウンページなのか、
いくつかの日本旅館や和食屋の広告欄がありました。

その中に
「日の出屋旅館」と書いてあるものがある。。。。

おや?

どこかで聞いたことのある名前だな。

と思ったら、ちょうど今読んでいる本に
正にその実在した「日の出屋旅館」の描写があった!!

おおお~~~!

イギリスで実際に使われていたタウンページと
60年前日本の作家が書いたノンフィクションが
小さな旅館で交差している・・・。

こういう発見は、
ノンフィクション好きには結構な
幸せだったりするの。

第二次世界大戦前、「日の出屋旅館」は
当時の日本陸軍駐在将校の御用達だったそう。

本間くんという陸軍将校が
ちょうどロンドンに駐在していた頃、
日本に置いてきた自分のかわいい愛妻が、
若い男と不倫して、駆け落ちしちゃったんだって。

「俺はもう死にたい!」

と「日の出屋」に親友の将校を呼び出し、
飲めない酒を煽って
窓から飛び降りようとしたところを
この「日の出旅館」のオヤジと
親友将校が寸前のところで足を取って
助けた・・・。という

そんな舞台になった場所。

助けた今村くんという将校はとても良いやつで
精神的に不安定になってしまった自殺未遂の友人と
その後4ヶ月同居して、支え続けたという・・・。

普通に考えて、よくできるよね・・・。

そんな今村くんは
後のジャワ島攻略司令長官
自殺未遂した本間くんは
後のフィリピン島攻略司令長官なんだから

「日の出屋旅館」の事件が未遂じゃなかったら・・・

第二次世界大戦は
もっと早く終わっていたかもしれない
歴史の分岐点だったのかもね・・・。

なんてね~w

昭和25年、33年の5円玉

テーマ:
たまった小銭を銀行に預けに行ったら

銀行の二階に、穴に小銭を入れると自動的に数えてくれるマシンが
手数料がかからないので
じゃーっと小銭を入れたわけ。

ところが、
「数えられない硬貨があります」って
いわれて

なんだろう・・・?と。

返金口にコロッとでてきたのが

昭和25年と33年の5円玉。


結構古いんで、なんかプレミアついてないかな。
と、思って調べてみたら


つ い て た

へ~~~~。。。。

硬貨収集の趣味はないから別に
関係なく使うけどw