雨宮処凛(あまみやかりん)
公式サイト
1975年、北海道生まれ。
作家・活動家。
00年、自伝的エッセイ『生き地獄天国』(太田出版)を出版し、デビュー。
以来、若者の「生きづらさ」についての著作を発表する一方、イラクや北朝鮮への渡航を重ねる。
06年からは新自由主義のもと、不安定さを強いられる人々「プレカリアート」問題に取り組み、取材、執筆、運動中。
メディアなどでも積極的に発言。
著作についてはこちら。
07年に出版した『生きさせろ! 難民化する若者たち』(太田出版)はJCJ賞(日本ジャーナリスト会議賞)を受賞。
「反貧困ネットワーク」副代表、「週刊金曜日」編集委員、、フリーター全般労働組合組合員、「こわれ者の祭典」名誉会長、09年末より厚生労働省ナショナルミニマム研究会委員。

【連載】
マガジン9 「雨宮処凛がゆく!」 (毎週水曜日更新)

東京新聞 「新聞を読んで」

毎日新聞大阪版 「雨宮処凛と憲法生活」 (毎月第4金曜日掲載)

THE BIG ISSUE 「世界の当事者になる」

イミダス 「生きづらい女子たちへ」

新潟日報 「生きづらさを生きる」(毎月第2・第4金曜日掲載)

北海道新聞 「鳥の目 虫の目」

月刊創 「ドキュメント雨宮☆革命」

週刊金曜日 「らんきりゅう」

第三文明「雨宮処凛が見る世界」

月刊社会民主「世界を掴むいくつかの方法」

neko


『仔猫の肉球』
(小学館/1300円)
2015年4月発売 !

~この子と出会って 私の人生は変わった~
生きづらい世の中を生きやすくする、あたたかくて、
柔らかくて、ふっと心がほぐれるエッセイ101篇



あなたにとって、温泉みたいな、寒い日のおでんみたいな本になれたらこれ以上嬉しいことはない。
もしくは、仔猫の肉球みたいな。(まえがきより)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-23 16:25:44

本日、『生きづらい世を生き抜く作法』発売しました!

テーマ:日記

 

 本日9月23日、『生きづらい世を生き抜く作法』があけび書房より出版されました!

 

『THE BIG ISSUE』にて、2006年から2015年まで続けていた連載「世界の当事者になる」(連載回数211回!)から、98篇のエッセイを厳選して一冊にまとめたものです。

 この連載にはいつも多くの反響を頂き、連載終了前から「ぜひ本にしてほしい」という声を多く頂いておりました。

(ちなみに現在は、毎月1日発売の号で新連載「雨宮処凛の活動日誌」を書いております)

 

 改めて読み返し、06年からの「この10年」の日本社会の変化の速度や空気感も感じられるものとなったかな・・・と思っています。

 

 はたまた、3・11以前から何かと「デモ」などについて書く機会、というか繰り出す機会が多かったのですが、3・11以降は多くの人が「デモデビュー」。3・11以前からデモジャンキーだった人間から見たデモと路上と民主主義、みたいなことについても書き連ねております。

 猫もちょくちょく登場します。

 

 ということで、以下、まえがきからの引用です。

 

------------------------------------------------------

 読み返してみると、この本は、この10年間の日本社会の変容も描いている。

 3・11前と、3・11後。一人ひとりが「あなたにとって大切なものはなんですか」と幾度も問われた大災害。あの日から、何が変わり、何が変わらなかったのか。そして、この国はどう変わり、どう変わらなかったのか。

 同時に本書は、31歳から40歳までの私の心の軌跡でもある。

 深夜、一人でパソコンに向かうたび、誰かに手紙を書くようにして言葉を紡いできた。

 そして時に、それは自己カウンセリングのような作用ももたらし、思わぬ悩みに答えが出たこともあれば、それまで気づかなかった自分の本心に出会うこともあった。

 この本が、あなたに寄り添う一冊になれれば、あなたの味方になれれば、これほど嬉しいことはない。

 どうそ、最後までおつきあいください。

 

----------------------------------------------------------

 

全国書店で発売中です。

また、9月26日頃からは、東京、大阪にて、THE BIG ISSUE販売者さんが街頭で販売もしてくれます。

 

手にとって頂けたら、とっても嬉しいです。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-08-26 14:48:28

27日、AEQUITAS(エキタス)のデモに参加します☆

テーマ:日記
27日、AEQUITAS(エキタス)のデモに参加します!
デモ前、スピーチもさせて頂く予定です。

以下、エキタスの告知文です。
賛同してくださる方、自分も声を上げたいという方、どんなものか見てみようという方、ぜひ☆


【8月27日 生活苦しいヤツは声あげろ貧困叩きに抗議する新宿緊急デモ@アルタ前】


私たちAEQUITAS(エキタス)は普段、最低賃金1500円を求めてブラック資本主義に対抗しようと活動している市民運動です。

先日NHKで母子家庭の高校生の貧困についての報道がされました。それに対してネットユーザーが、当事者のツイッターなどを見つけライブや映画、外食に行っていること、スマホを持っていることなどをあげながら、貧困当事者がこのようなことができるのはおかしいなどというバッシングを行いました。それに便乗して、生活保護バッシングを扇動した政治家である片山さつき氏が、NHKに説明を求めます、などとツイッターで発信しました。

27日のデモは、一連の貧困バッシングに抗議するデモです。一連のバッシングは、その地域で標準的な生活を送れない状態を指す「相対的貧困」を全く理解していません。このような無知なバッシングにもかかわらず、政治家がこれを助長するような発言を公式に行うことには強い怒りを感じます。こうしたバッシングを許していては、ただでさえ自己責任論の根強いなかで声をあげられなくなっていきます。バッシングは許されるべきではないということ、怒っている人がこれだけいるのだということを可視化することは非常に重要だと考え、エキタスで今回のデモを企画しました。


・日にち 8月27日土曜

・時間 19時分集合 19時15分出発

・場所 新宿アルタ前


それでは27日、お会いしましょう!!

2016-08-12 17:50:04

相模原障害者施設殺傷事件

テーマ:日記
相模原の事件を受けて共同通信で書かせて頂いた記事に大きな反響があり、「読みたいけど自分の地域の新聞に載ってないから読めない」という声が多く寄せられたため、以下に掲載させて頂くことにしました。

共同通信2016年7月30日配信

差別の芽ないか心配ろう 「命」二重基準まかり通る
 作家・活動家 雨宮処凛

 叔母がこの事件を目にしなくて、よかった。
 事件の第一報を聞いた時、思った。今年6月、肺がんで亡くなった叔母は、長らく障害者の権利向上を求める運動に携わってきた。それは自らの娘が知的障害を抱えていたからで、私のいとこにあたるHちゃんは十数年前、20代の若さで短い生涯を終えた。
 身体は健康だったのに、たまたま風邪の菌が脳に入ったとかそんなことで、急激に体調が悪化。救急車を呼ぶものの「知的障害の人は受け入れられない」と病院に拒否された。自分の状況を説明できないからだという。
 結局、翌日に受け入れ先の病院が見つかった時には既に手遅れの状態で、数日後に亡くなった。
 今回の事件では、19人の命が失われた。あまりにもむごく、今でも信じられない思いでいる。同時に、報道などで繰り返される「かけがえのない命」「命は何よりも大切」という言葉にうなずきながらも、ふとした違和感も覚える。この社会は、果たして本当に「命」を大切にしてきたのだろうかと。
 「ああいう人って人格があるのかね」「ああいう問題って安楽死なんかにつながるんじゃないかという気がする」
 この発言は1999年、東京都知事になったばかりの石原慎太郎氏が障害者施設を訪れた際に発した言葉だ。
 一方、今年6月、麻生太郎副総理は高齢者問題に触れ「いつまで生きるつもりだよ」などと発言。また、2008年には「たらたら飲んで食べて、何もしない人の医療費をなぜ私が払うんだ」という発言もしている。
 「かけがえのない命」と言われる一方で、その命は常にお金とてんびんにかけられる。費用対効果などという言葉で「命」は時に値踏みされ、いかに利益を創出したかが人の価値を計る唯一の物差しとなっているかのようなこの社会。
 ちなみに、これまで障害者の事故死などを巡る裁判で、彼らの逸失利益(将来得られたはずの収入など)は「ゼロ」と算定されるケースがままあった。重度障害者の場合、「働けない」とされてしまうからだ。逸失利益ゼロが不当として提訴した障害者の母親は「生きている価値がないのかと屈辱的だった。働くことだけが人間の命ではない」と述べている。
 この国には、このように、命に対するダブルスタンダードがまかり通っている。
 軽く扱われているのは障害者の命だけではない。「健常者」だって過労死するまで働かされ、心を病むまでこき使われ、いらなくなったら使い捨てられる。その果てに路上にまで追いやられた人を見る人々の視線は、優しいとは言い難い。
 事件から3日後、犠牲になった方々が生活していた津久井やまゆり園を訪れた。山を切り開いたような住宅街の中、緑に囲まれたのどかな場所だった。容疑者の住む家はそこからわずか車で5分ほど。深夜、容疑者はどんな思いで車を走らせ、施設に向かったのだろう。コンビニさえ辺りにない寂しい集落で、彼の悪意はどのように熟成されていったのだろう。
 「死刑になりたかった」のではない。「誰でもよかった」のでもない。彼は衆院議長への手紙で「日本国と世界平和のために」とまで書いている。
 痛ましい事件が起きた時だけ「命は大切」と言うのはもうやめよう。日頃から、社会が、そして政治が、私たち一人一人が命を大切にする実践をしなければならない。「稼いでいない者」をお荷物扱いするような言説を見つければ声を上げ、自分の中に、近しい誰かの言動の中に差別やヘイトクライムの芽がないか、心を配ろう。
 最後に。容疑者の手紙の言葉に対して全メディアにもう少し配慮した報道を望みたい。新型出生前診断が注目されたころ、あるダウン症の子どもは「自分は生まれてこないほうがよかったの?」と口にしたそうだ。
 そんなこと、誰にも言わせてはいけない。
2016-04-22 20:02:54

自由と生存のメーデー2016!!!

テーマ:日記
今年もやります、「自由と生存のメーデー」!!
なんと、今年は私がこのメーデーに参加して10周年!
どんなことがあった10年間だったかはこちらで☆

そして今年のメーデーの詳細は以下!
今年はデモはなく、映画、映像の上映とトークです。
「山谷 やられたらやり返せ」は上映会などがないとなかなか観られないのでこの機会にぜひ!!
ということで、以下です!

自由と生存のメーデー2016
アンダークラスの闘いーーー山谷、そして歌舞伎町

5月1日(日)15時30分(開場)
フリーター全般労働組合事務所(渋谷区代々木4-29-4 西新宿ミノシマビル2階)
              京王新線初台駅東口(オペラシティ―方面)より徒歩5分

▶映像/トーク 『山谷―やられたらやりかえせ』『キャバクラユニオンの闘い』
 平井玄(「山岡強一虐殺30年 山さんプレセンテ!」実行委員会)
 布施えり子(キャバクラユニオン)
 竹信三重子(ジャーナリスト・和光大学教員)

▶連絡先:電話 03-3373-0180  
     メール union@freeter-union.org
     twitter:@maydayFandL

「山谷」そして「歌舞伎町」。暴力による支配が蔓延し、搾取が、収奪が、執拗に繰り返される。そして搾り取るものが無くなれば、わたしたちは廃棄される。
まるで異世界の者を見るように人々は差別を隠さず、石を投げつけられて血を流す者をさらに排除し、奪われたものを奪いかえそうとする者に唾を吐きかける。

日雇い労働者とその闘いを記録した山岡強一さんが制作途上で殺されて30年の今年、自由と生存のメーデーでは『山谷―やられたらやりかえせ』と『キャバクラユニオンの闘いの記録』を上映し考えようと思う。
手配師を囲み声を張り上げる30年前の映像に女の姿は無い。だが商品として用意される女は当時も今もその直ぐ傍らで、いや、あらゆる場所で集められる。過剰なネオンの下を歩くだけで、女たちはスカウトから値段を付けられるのである。
30年経ても自由と生存が脅かされる現状は変わらない。わたしたちはさらに細かく切り刻まれ、携帯の画面から収奪されるためだけのような賃労働を手に入れる。常に晒される暴力支配と収奪の中、抗い続け、指先を伸ばす先に何を掴もうとしているのか。
いま「山谷―やられたらやりかえせ」を見て、アンダークラスが共にたくらむことは可能だろうか?
論点提起者に平井玄、布施えり子、竹信三重子を迎え、アンダークラスの闘いを構想したい。
「暴力を脅かすためにわたしたちは集まり、共にたくらみ奪い返す」
                  
                  2016年3月 「自由と生存のメーデー2016実行委員会」

トークでは司会をします。
そしてそして、前日には前夜祭も!

4月30日19時30分より、フリーター全般労働組合事務所にて。
(渋谷区代々木4-29-4 西新宿ミノシマビル2階)京王新線初台駅東口(オペラシティ―方面)より徒歩5分 

ということで、メーデーで会いましょう~☆
2015-10-29 21:27:26

25条大集会アピール文

テーマ:日記
昨日の日比谷野音で開催された
「人間らしく生きたい 10・28生活保護アクションin 日比谷 25条大集会」
に来て下さった皆さん、また動画配信などでご覧になって頂いた方々、本当にありがとうございました!
なんと集会には4000人が参加!
「生活保護」をテーマとした集会でこれだけの方が集まったのは、おそらく前代未聞ではないかと思います。

北海道から沖縄まで、全国からやってきてくれた方々、そして生活保護基準引き下げ違憲訴訟や生存権裁判の原告の方々も70名参加してくれて、それぞれの思いを語ってくれました。
今、800名以上の方々が、生存権を賭けた裁判を闘っています。

この夏、「9条壊すな」の声が日本全土を揺らしましたが、危機に瀕している25条・生存権を巡ってこれだけの人が集まり、声を上げたことに大きな希望を感じています。
何よりも、当事者の方々が、自分と同じ立場の人たちの言葉にすごく勇気づけられている姿に胸を打たれました。
9条も25条も守ろう、というプラカードも多く見ました。
戦争と貧困。この問題の親和性は、これからの日本を考えるにあたって、もはや避けて通れないと思います。

この日のことについては改めて原稿などで書きたいと思っていますが、今日はアピール文を掲載します。
文案は私が書かせて頂き、それに当事者の方々がいろいろと意見を述べて下さり、みんなで作ったアピール文です。

ぜひ、多くの人に共有してほしいです。

25条大集会・アピール文


貧困は、お金だけの問題ではない。
貧困は、人間の尊厳を破壊する。
人間関係を奪い、社会や他者への信頼も奪う。
教育の機会、医療へのアクセス、住む権利――。
住民登録を奪い、選挙の機会も奪う。
人並みの生活、そのすべてを奪い去る。

そして、自分は生きていい、価値ある人間なのだという自己肯定感も奪う。
自分は少しくらい迷惑をかけても助けられていい人間なのだ、
SOSを発信していいのだ――。そんな気持ちも奪う。
貧困が奪うもっとも大きなものは、
生きる上で一番大切かもしれない「助けて」という言葉ではないだろうか。

私たちは、無差別平等に生きる憲法と制度を持っている。
貧困に命を奪われないためのしくみはある。
私たちはもっと「助けて」と言っていいし、
私たちはもっと「助けて」と言われていい。
生活保護制度という命の砦を、私たちは守り、
より良いものに作り変えていく義務がある。

誰一人、貧困に殺されない社会。
そんな当たり前のために、私たちは声を上げ続ける。

2015年10月28日 25条大集会参加者一同

もし賛同してくれたら、このアピール文、拡散してくれると嬉しいです☆

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。