雨宮処凛(あまみやかりん)
公式サイト
1975年、北海道生まれ。
作家・活動家。
00年、自伝的エッセイ『生き地獄天国』(太田出版)を出版し、デビュー。
以来、若者の「生きづらさ」についての著作を発表する一方、イラクや北朝鮮への渡航を重ねる。
06年からは新自由主義のもと、不安定さを強いられる人々「プレカリアート」問題に取り組み、取材、執筆、運動中。
メディアなどでも積極的に発言。
著作についてはこちら。
07年に出版した『生きさせろ! 難民化する若者たち』(太田出版)はJCJ賞(日本ジャーナリスト会議賞)を受賞。
「反貧困ネットワーク」副代表、「週刊金曜日」編集委員、、フリーター全般労働組合組合員、「こわれ者の祭典」名誉会長、09年末より厚生労働省ナショナルミニマム研究会委員。

【連載】
マガジン9 「雨宮処凛がゆく!」 (毎週水曜日更新)

東京新聞 「新聞を読んで」

毎日新聞大阪版 「雨宮処凛と憲法生活」 (毎月第4金曜日掲載)

THE BIG ISSUE 「世界の当事者になる」

イミダス 「生きづらい女子たちへ」

新潟日報 「生きづらさを生きる」(毎月第2・第4金曜日掲載)

北海道新聞 「鳥の目 虫の目」

月刊創 「ドキュメント雨宮☆革命」

週刊金曜日 「らんきりゅう」

第三文明「雨宮処凛が見る世界」

月刊社会民主「世界を掴むいくつかの方法」

neko


『仔猫の肉球』
(小学館/1300円)
2015年4月発売 !

~この子と出会って 私の人生は変わった~
生きづらい世の中を生きやすくする、あたたかくて、
柔らかくて、ふっと心がほぐれるエッセイ101篇



あなたにとって、温泉みたいな、寒い日のおでんみたいな本になれたらこれ以上嬉しいことはない。
もしくは、仔猫の肉球みたいな。(まえがきより)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-04-22 20:02:54

自由と生存のメーデー2016!!!

テーマ:日記
今年もやります、「自由と生存のメーデー」!!
なんと、今年は私がこのメーデーに参加して10周年!
どんなことがあった10年間だったかはこちらで☆

そして今年のメーデーの詳細は以下!
今年はデモはなく、映画、映像の上映とトークです。
「山谷 やられたらやり返せ」は上映会などがないとなかなか観られないのでこの機会にぜひ!!
ということで、以下です!

自由と生存のメーデー2016
アンダークラスの闘いーーー山谷、そして歌舞伎町

5月1日(日)15時30分(開場)
フリーター全般労働組合事務所(渋谷区代々木4-29-4 西新宿ミノシマビル2階)
              京王新線初台駅東口(オペラシティ―方面)より徒歩5分

▶映像/トーク 『山谷―やられたらやりかえせ』『キャバクラユニオンの闘い』
 平井玄(「山岡強一虐殺30年 山さんプレセンテ!」実行委員会)
 布施えり子(キャバクラユニオン)
 竹信三重子(ジャーナリスト・和光大学教員)

▶連絡先:電話 03-3373-0180  
     メール union@freeter-union.org
     twitter:@maydayFandL

「山谷」そして「歌舞伎町」。暴力による支配が蔓延し、搾取が、収奪が、執拗に繰り返される。そして搾り取るものが無くなれば、わたしたちは廃棄される。
まるで異世界の者を見るように人々は差別を隠さず、石を投げつけられて血を流す者をさらに排除し、奪われたものを奪いかえそうとする者に唾を吐きかける。

日雇い労働者とその闘いを記録した山岡強一さんが制作途上で殺されて30年の今年、自由と生存のメーデーでは『山谷―やられたらやりかえせ』と『キャバクラユニオンの闘いの記録』を上映し考えようと思う。
手配師を囲み声を張り上げる30年前の映像に女の姿は無い。だが商品として用意される女は当時も今もその直ぐ傍らで、いや、あらゆる場所で集められる。過剰なネオンの下を歩くだけで、女たちはスカウトから値段を付けられるのである。
30年経ても自由と生存が脅かされる現状は変わらない。わたしたちはさらに細かく切り刻まれ、携帯の画面から収奪されるためだけのような賃労働を手に入れる。常に晒される暴力支配と収奪の中、抗い続け、指先を伸ばす先に何を掴もうとしているのか。
いま「山谷―やられたらやりかえせ」を見て、アンダークラスが共にたくらむことは可能だろうか?
論点提起者に平井玄、布施えり子、竹信三重子を迎え、アンダークラスの闘いを構想したい。
「暴力を脅かすためにわたしたちは集まり、共にたくらみ奪い返す」
                  
                  2016年3月 「自由と生存のメーデー2016実行委員会」

トークでは司会をします。
そしてそして、前日には前夜祭も!

4月30日19時30分より、フリーター全般労働組合事務所にて。
(渋谷区代々木4-29-4 西新宿ミノシマビル2階)京王新線初台駅東口(オペラシティ―方面)より徒歩5分 

ということで、メーデーで会いましょう~☆
雨宮処凛さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-10-29 21:27:26

25条大集会アピール文

テーマ:日記
昨日の日比谷野音で開催された
「人間らしく生きたい 10・28生活保護アクションin 日比谷 25条大集会」
に来て下さった皆さん、また動画配信などでご覧になって頂いた方々、本当にありがとうございました!
なんと集会には4000人が参加!
「生活保護」をテーマとした集会でこれだけの方が集まったのは、おそらく前代未聞ではないかと思います。

北海道から沖縄まで、全国からやってきてくれた方々、そして生活保護基準引き下げ違憲訴訟や生存権裁判の原告の方々も70名参加してくれて、それぞれの思いを語ってくれました。
今、800名以上の方々が、生存権を賭けた裁判を闘っています。

この夏、「9条壊すな」の声が日本全土を揺らしましたが、危機に瀕している25条・生存権を巡ってこれだけの人が集まり、声を上げたことに大きな希望を感じています。
何よりも、当事者の方々が、自分と同じ立場の人たちの言葉にすごく勇気づけられている姿に胸を打たれました。
9条も25条も守ろう、というプラカードも多く見ました。
戦争と貧困。この問題の親和性は、これからの日本を考えるにあたって、もはや避けて通れないと思います。

この日のことについては改めて原稿などで書きたいと思っていますが、今日はアピール文を掲載します。
文案は私が書かせて頂き、それに当事者の方々がいろいろと意見を述べて下さり、みんなで作ったアピール文です。

ぜひ、多くの人に共有してほしいです。

25条大集会・アピール文


貧困は、お金だけの問題ではない。
貧困は、人間の尊厳を破壊する。
人間関係を奪い、社会や他者への信頼も奪う。
教育の機会、医療へのアクセス、住む権利――。
住民登録を奪い、選挙の機会も奪う。
人並みの生活、そのすべてを奪い去る。

そして、自分は生きていい、価値ある人間なのだという自己肯定感も奪う。
自分は少しくらい迷惑をかけても助けられていい人間なのだ、
SOSを発信していいのだ――。そんな気持ちも奪う。
貧困が奪うもっとも大きなものは、
生きる上で一番大切かもしれない「助けて」という言葉ではないだろうか。

私たちは、無差別平等に生きる憲法と制度を持っている。
貧困に命を奪われないためのしくみはある。
私たちはもっと「助けて」と言っていいし、
私たちはもっと「助けて」と言われていい。
生活保護制度という命の砦を、私たちは守り、
より良いものに作り変えていく義務がある。

誰一人、貧困に殺されない社会。
そんな当たり前のために、私たちは声を上げ続ける。

2015年10月28日 25条大集会参加者一同

もし賛同してくれたら、このアピール文、拡散してくれると嬉しいです☆

雨宮処凛さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-07-24 16:52:41

『14歳からの戦争のリアル』

テーマ:日記


7月27日(都内書店は25日)、新刊『14歳からの戦争のリアル』が河出書房新社より出版されます!
昨年7月、集団的自衛権行使容認の閣議決定がなされてからすぐに企画し、様々な方に取材を重ねて書き下ろした一冊です。
ぜひ、多くの人に読んでほしいです!

ということで、以下、帯より。

集団的自衛権ってなに?
戦争の民営化ってなに?
「戦争できる国」って、どういうこと?
イラク、アフガン、太平洋戦争一一一。"戦場"を体験した人たち、それぞれのリアル。
おそらく、日本で一番わかりやすい「戦争」の本

第1章
イラク戦争に行った元兵士の告白
元アメリカ海兵隊員 ロス・カプーティさんに聞くイラク戦争のリアル

第2章 
24歳が経験した太平洋戦争
俳人 金子兜太さんに聞くあの戦争のリアル

第3章
戦争の現場で起きていること
ボランティア活動家 高遠菜穂子さんに聞く戦場で生きる人々のリアル

第4章
戦争を終わらせる方法
紛争屋 伊勢崎賢治さんに聞く各国紛争地のリアル

第5章
月収13万円、料理人、派遣先・イラク
ジャーナリスト 安田純平さんに聞く戦場出稼ぎ労働のリアル

第6章
徴兵拒否でフランスに逃げた若者
亡命者 イ・イェダさんに聞く韓国徴兵制のリアル

第7章
集団的自衛権ってなに?
元自衛官 泥憲和さんに聞く自衛隊のリアル

第8章
女優が見た戦争
女優 赤木春恵さんに聞く戦争のリアル

著者からのメッセージとして、以下の言葉を書きました。

「大切なもの。大切な人。時々退屈でくだらないけど愛おしかったりする毎日。
それを大切にし続けたいあなたに送ります。」

いろんな方にお話をうかがいました。
戦争について、知らないことばかりでした。
そして、戦争を経験した人々は、「知らなかった」ことを時に猛烈に恥じ、そして時に自分を責めていました。
戦場を見てきた人たちの、いろんな声が詰まっています。
そしてこの本が出版されるというこの時に、本書で取材させて頂いた安田純平さんは「シリアで消息不明」と報道されています。とても心配です。。

8月3日には、ロフトプラスワンにて本書の出版記念イベントを開催します。
ゲストは参議院の安保特別委員会の委員でもある山本太郎議員。
そして本書にご登場して頂いている泥憲和さん。
そしてそして、SEALDsメンバーも登場!
詳細はこちらで☆

この日、これからできること、すべきことをみんなで話し合えたらと思っています。

雨宮処凛さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2015-04-01 15:02:42

仔猫の肉球

テーマ:日記
なんと!
4月はじめ、小学館より新刊が発売されます!
タイトルは『仔猫の肉球』。
新潟日報で08年から7年連載している「『生きづらさ』を生きる」より、101本のエッセイを厳選した一冊です。

帯にある言葉は、
「生きづらい世の中を生きやすくする、あたたかくて、柔らかくて、ふっと心がほぐれるエッセイ101篇」。

1章 猫が教えてくれること
2章 自分と仲良くする方法
3章 生きづらさを生きるコツ
4章 3・11に思う
5章 生きづらい社会で考える

表紙は、以下。
可愛いぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!


自分の本史上、最高の表紙です!

以下、「まえがき」からちょっと引用。

「毎回、深夜にまだ見ぬ誰かにラブレターを書くような気持ちで書いている。私の言葉が、生きづらかったり、死を思うほどに追いつめられていたり、それほどじゃなくても『なんか違う』という違和感に苛まれている人の心を一瞬でも軽くするものになれば、と願いながら。
 あなたにとって、温泉みたいな、寒い日のおでんみたいな本になれたらこれ以上、嬉しいことはない。もしくは、仔猫の肉球みたいな。あたたかくて、柔らかくて、ふっと心がほぐれる感じ。思わずにっこりしてしまうような、小さな命の剥き出しのぬくもり。
 日向ぼっこでもしながら、読んで頂けると幸いです」

都内の書店では、明日(4月2日)には店頭に並んでいるようです。
都内以外でも、今週中には書店にあるはず。

とってもとっても、心を込めて書きました。
難しい話は出てきません。
ぜひぜひ、お手にとってみてくださいね。

※数ヶ月ぶりの新刊の告知が、よりによって4月1日になってしまう自分のタイミングの悪さが嬉しいです☆
雨宮処凛さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
2014-12-13 22:35:31

選挙を前に

テーマ:日記
明日は投票日ですね。
以下、共同通信で書かせて頂いた「解散・総選挙」についての記事です。
読んで頂けると嬉しいです。



 安倍晋三首相が、「女性の活躍」という看板政策を投げ打ってまで解散した。
 解散については批判の声が多く上がっているが、「国民の信」が問われるということは、私たちがこの2年間の安倍政権への審判を下す時が来たということだ。
 現在、増税や景気の問題ばかりが注目されているが、ここで安倍政権がこの2年間にしてきたことを振り返りたい。

 まず思い出すのは、廃案を求める人々の声をまったく無視する形で特定秘密保護法を可決、成立させたこと。そして同じように反対世論が渦巻く中、集団的自衛権の行使容認を閣議決定。一方で武器輸出も可能にし、川内原発への再稼働へ動いた。これらのうちひとつでも、私たちの「信」など問われたことがあるだろうか?

 実現してはいないが、やろうとしていたことは、残業代をゼロにし、カジノを作り、また「生涯不安定雇用」が増えると懸念される派遣法の「改正」である。
 これらから見えるのは、「命よりお金」という徹底したスタンスだ。

 解散にあたって、「アベノミクスの失敗」なども指摘されているが、そもそも庶民のほとんどはアベノミクスの恩恵など一滴たりとも受けてはいない。何しろ実質賃金は下がり続け、貯蓄ゼロ世帯は3割超と過去最悪。有効求人倍率が22年ぶりの水準と言っても、内実を見ると求人の中心は非正規だ。安倍政権発足当時から、正社員は31万人減り、非正社員は129万人増えている(労働力調査 2014年7~9月期平均)。

 また、安倍政権が最初にしたこととして忘れたくないのは生活保護費の引き下げだ。「自分には関係ない」と思っている人たちにも、この「最後のセーフティネットの引き下げ」は大きな影響を与えた。例えば、就学援助。経済的に厳しく、学用品代や給食費を工面できない家庭に支給されるものだが、自治体によって「生活保護基準の1・2倍未満の所得」などと生活保護が基準とされているため、引き下げによって就学援助を受けられなくなった子どもたちが続出している。昨年、「子どもの貧困対策法」が成立したものの、もっとも貧しい子どもたちの未来が閉ざされるような事態が進行しているのだ。

 弱者を切り捨てるような政策を打ち出してきた安倍政権だが、一番問題だと思うのは、「当事者の意見を一切聞かない」という点だ。生活保護引き下げも、派遣法も、原発の再稼働にしても、政権は一度でも真摯に当事者の声に耳を澄ましたことがあるだろうか?

 第一次安倍政権の発足から、8年。当時「若者の再チャレンジ」と強調してきた安倍首相は自らだけが再チャレンジに成功した。その8年の間に当時の若者は既に中年となり、その間ずっと年収200万以下の生活に喘いでいる。この8年で流行った言葉はワーキングプア、ネットカフェ難民、無縁社会、老後破産といったものだ。自己責任論が徹底された結果、この国はあまりにも生きづらくなった。

 最後に、思い出してほしいことがある。2年前の選挙で、自民党は秘密保護法について何ひとつ言及せず、集団的自衛権の行使容認についてもマトモに問わず、TPPに至っては「断固反対」だったということだ。
 そんな人たちが「信を問う」という。実に面白い話だ。


雨宮処凛さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。