犬とダンスを踊るまで

愛知県常滑市にてドッグトレーナーをしています。
飼い主様の心と思考と体の変化を促し、愛犬との信頼関係を自ら実感していくまでを応援しています❤

犬達へ教えることよりも教わることの方が多い。

私の行うトレーニングは犬の心や考える力を引き出し、伸ばすことを軸に置いています。

愛犬が持つ個性には、その犬だから生まれ持った力があります。
人が望む型にはめていくような作る賢さではなく、
犬達自身が自分を信頼して自立した上で人と生きる楽しみを知ること、
感じることを目的にしています。

飼い主さまへはトレーニングを入り口に、
愛犬と協力し合う生き方にはどんな感覚があるのか?を伝えています。
一番自分を知っている愛犬が教えてくれることから、自分がどんな表現や想いをもって
コミュニケーションしているのか?
どうしたら伝えたいことを表現できるのか?
感じて頂ける時間としてサポートさせて頂いています。


トレーニングとは?
そのイメージもボンガーで変わる人も多いはずです。

変わってOKです!!!
だって犬道は一本道にあらず。
飼い主さんと犬のペアの数だけ幸せの形は違うのだから。

大切なのはお互いにわかり合えることだったり、日々作られていく愛犬との時間が満たされること。そして、それぞれが誰と比べる必要もない唯一無二のペア。

だから輝くことを制限していること全部手放してしまえたら良いなと思います。
私が犬達から教わってきたたくさんの智慧を皆さんとシェアできたらハッピーです♡


テーマ:
悲しみを抱いたまま、
私はあなたの体に触れよう。

寂しさを持ったまま、
私はあなたと手を繋ごう。



犬たちにはあなたが、私が、内側に抱えたものをお見通しです。

あなたが隠そうとして、
なかったことと追いやってみても、

忘れた気がしても、

体を通じて、

犬は感じとる。


それならば、

私が私に嘘をつかないことが、


唯一共有する間にすれ違いを生まない方法かもしれません。


人の体に触れる私ですが、
自分のメンテナンスに行った時に、

朱かねちゃんの体に悲しみが、寂しさが満ちるようにたまっているけれど体はそれを抜かないでって言っているよ。

その悲しみをもって、

その寂しさをもって、

相手を癒すからと。


これを聞いたとき、

犬たちに触れる自分の手を思い出しました。





コチョコチョ…❤




飼い主様も❤
伝わるんだよね、全部。


私はこの手で犬の気持ちを拾い上げる。

私は自分のありとあらゆるこころを持って犬に寄り添う。


ありのままとは、


受け入れがたい私の真っ黒さも、汚さも、
冷たさも、貪欲さも、

自分が選ばない選択さえも持ったまま、
それが流れることさえ、とどまることさえ、委ねて…

その瞬間に立つ。




相手に触れたとき、

相手は自ら動き出す。

もしかしたら、
相手に私こそが動きを生ませてもらっている。


私はあなたの前に立ち、

あなたと場を共有し、

あなたの心と交わる。


それだけが用意された、

完璧なシナリオ。


私がすべての犬と出会った、

時も、

場所も、

交わるに最高のタイミングだったんだよね。



私が引き寄せるのではなく、

場に引き寄せられよう。


そこで出会う犬たちに、

これまでとかわりなく、

今の私で寄り添おう。


なにも隠さず、

なにも偽らず、

信頼して動かし、動かされよう。



今夜は私が2月に20名の体へボディラブを流すワークをさせてもらって気が付かせてもらったこと。

完全に、
自分のための記録です(笑)。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2月に入る頃から、

ひとの体に触れていくつかお仕事と、

犬に携わるお仕事を平行して行っています。


20人の体を触る!

というミッションが降りてきて、

この三年間に飼い主さまを通じて
意識と体の関わりを学んできたことへ
新しい道を示されてます。


ドッグトレーナーの域を越えてるよね…

と感じつつも探求したい気持ちに押し出されて進んできましたが…

学んだことを一番最初にさせてもらった犬は我が子のどの犬でもなく、

私が最初にトレーニングをさせてもらった犬でした。


魂が決めて、

頑固とその道を貫いた、

その最後の別れの直前に、

その体をさわらせてもらう経験となり、


どうしてもまだ一緒にいきたかった私の個人的な気持ちとは裏腹に、

大切な経験をさせてくれて
虹に渡る前日の出来事でした。

それがこの犬が私にくれた最後の時間となりました。


子犬でやって来た時から

全く手のかからない

可愛いばかりの子でしたが…

最後の時も変わらず手をかけさせてくれることなく去るんだなんて寂しいばっかりです。




体をさわらせてもらう前





終わったあと



彼が私のトレーナー道の最初の一歩でしたが、

体に携わる一歩目も彼だったこと。


これからの道にあなたがいないことがどれだけ寂しいことなのか言葉にしきれないよ。

と、

今もまだ彼の選んだ人生の最後に涙が漏れます。


今をいきる


それは簡単なようで、

難しいのかもしれません。



笑顔で見送ることが今回はできないけれど、今感じる気持ちをただただ抱きしめようと思う。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



























ずっとブログ更新してませんでしたが、

毎日犬と飼い主様の間でお仕事してました。


柴犬のGちゃんも、
ピレネー犬のKちゃんも、

無事お預かり期間のトレーニングを終えて、現在飼い主様の練習に移っています。

卒業間近の飼い主様も!


先週は専門学校の訓練士実習生がインターンシップに来ていて新鮮でした。

自分の経験を多くの人と犬たちに伝えていくってことの深みが増すのが幸せです。


我が家の犬たちは…






大雪を満喫してましたラブラブ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)