犬とダンスを踊るまで

愛知県、半田市にてドッグトレーニングとオーナートレーニングを行っています。
ひとりと一匹の間に愛のダンスを♡

犬達へ教えることよりも教わることの方が多い。

私の行うトレーニングは犬の心や考える力を引き出し、伸ばすことを軸に置いています。

愛犬が持つ個性には、その犬だから生まれ持った力があります。
人が望む型にはめていくような作る賢さではなく、
犬達自身が自分を信頼して自立した上で人と生きる楽しみを知ること、
感じることを目的にしています。

飼い主さまへはトレーニングを入り口に、
愛犬と協力し合う生き方にはどんな感覚があるのか?を伝えています。
一番自分を知っている愛犬が教えてくれることから、自分がどんな表現や想いをもって
コミュニケーションしているのか?
どうしたら伝えたいことを表現できるのか?
感じて頂ける時間としてサポートさせて頂いています。


トレーニングとは?
そのイメージもボンガーで変わる人も多いはずです。

変わってOKです!!!
だって犬道は一本道にあらず。
飼い主さんと犬のペアの数だけ幸せの形は違うのだから。

大切なのはお互いにわかり合えることだったり、日々作られていく愛犬との時間が満たされること。そして、それぞれが誰と比べる必要もない唯一無二のペア。

だから輝くことを制限していること全部手放してしまえたら良いなと思います。
私が犬達から教わってきたたくさんの智慧を皆さんとシェアできたらハッピーです♡


テーマ:
笑ってくれたり、

凛としてたり、

いかにもお利口さんな表情や

絶対楽しそうな笑顔も

見れて嬉しい犬の気持ちですが…




寝てるけどずっと見てる視線とか



愛のコミュニケーションというよりも孫の手代わりなだけじゃ…っていうシーンでとか



暑いなぁ…とか



おいっ!って覗いてる時とか…


基本的に

素の気持ちがそのまんま出てる

犬達の顔が大好きです。



良い子になるトレーニング

ロボットみたいな正確さを出す訓練

治すためのしつけ


個人的には全く魅力には感じず、

むしろ好きじゃない。


犬の個性はそのままに、

だけど協力するときにはきちんと同じ方向に心向けられる切り替えができたなら、


普段は犬なんだから、


犬を謳歌して、

犬らしくて良いんじゃないかと。


おバカさんで良いし、

抜けてて良いし、

ずるくて良いし、

正直でいてくれていい。


人が犬の個性のどこを引き出すかだけで、

犬が別人になる必要はない。



おーちゃんは犬として生まれ、

犬であることでの体験がしたくて生まれてきたので、

さしてトレーニングとか求めてない。


と、


いつかにハッキリ私は言われました。



今はその意味が理解できます。


犬で生まれたなら、


犬として生きることが充実してくれたら私は幸せです。


人と共に生きることも、
犬が良いものだと感じてくれるように心向けられたら良いんじゃないか?
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
飼い主様から依頼を受けて

最初にお会いしたときに


「困ってるんです」と、


止めどなく出てくる困ったエピソードや行動を話している飼い主さまの傍らで…


誰よりも困った表情でこちらを見る愛犬がいる。


私はよく見る光景です。

******


時々、ほとんど公表していないカウンセリングを口コミで知ったと依頼を受けたりします。


今回もお知り合いから聞いたということで、カウンセリングをしてきました。


私のカウンセリングは犬を変えるために行う

プチトレーニングや、
しつけを教えるためではなく、

飼い主さまの意識を変えて、
愛犬の行動を見る視点を切り替えるために行っています。


今回の相談からは

*人が来ると吠える

*年齢差がある犬同士の遊びは先住犬に負担をかけてないか?

*トイレを部屋でする


などだったのですが、

黙って聞いていればエンドレスに愛犬との間で問題になっていることが聞けそうでしたが、3つほど出たところで止めました。


一見バラバラの問題を犬達が起こしているように聞こえますが、


たったひとつのことから全ての行動は始まっています。


そして、

解決するのは犬側ではなく、人の側です。


解決できるのも、人なのです。


飼い主さまが困っているのは確かで、
愛犬との間にある問題なのも事実です。


例にあげた飼い主さまと気持ちになったとき、

犬も自分と同じように、

もしくはそれ以上に、


「困った…」と


愛犬こそが感じていることに目が向くでしょうか?


困った自分のままでいたいから、

困った気持ちを消化しようのない愛犬がずっと居続け、どうしたら良いかわからない!と表現します。


伝えてくれているだけでも、

犬達が解決してほしいのを諦めていない証拠。



これを解決するのは…


人が自分次第で犬との関係が改善する!


とまず決意できるかどうかです。


そのあとに、

どういう手段で具体的に変化を起こせるか?と悩める段階にステップアップします。


犬の問題。


そしてそれに困っている私は被害者。


その被害者をまず辞める気にならないとね。



今回のお客様には何一つ具体的な解決法方はお伝えしませんでした。


困った自分を辞める気にならなければ、

100の手段を教えたところで

また新しい困ったエピソードを見つけてくるから意味がないのです。


心底悩みを解決したい飼い主さまがいる。

その人は、

関係が変われることを目指しているので必ず変化を起こします。


それとは反対に問題があるので何とかしたいと表現することで「私は愛犬を愛している」と見せたい方もいます。


後者の人の場合は、
犬との関係ではなく困るネタを探すのが目的なので何をもってしても変化は起きません。


起こすことに本人のメリットはないから。

困る現実じゃないと、

本当の意味で困るのです。



カウンセリングでは、

こういう人の無意識の癖を切り替えていくひとつのきっかけとして使ってもらうものです。


本当は困らなくても、

自分は自分から見て魅力的だと感じるだけ。


自分の評価を切り替えること。



心底困った顔していた飼い主さまの愛犬が笑顔になるために、

飼い主さまが決意すると良いなーと思いつつ、

投げ掛けをたくさんして、

丸投げして帰ってきました。


自分で気が付きたくなったとき、

必ず思い出せるように付箋を残すのも…


私のやり方です。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
動物が好きで、

どの動物に関わることを選んでも、

トレーナーもしくは、訓練士という仕事を選びたいと夢見ている方へ。


私の体験からですが、

この職業は、


動物達から学ぶことを選び、

学びから得た知識や智慧で、


動物達の可能性を伸ばすことと、

その動物に関わる人々へ理解をもたらす伝達者であること、


その2つを通じて、

自分自身が動物と人を深く理解していく仕事です。


人が苦手だから動物に関わる道を選びたい!という方もいるかと思います。

その理由を大事にしてください。

人からではなく、まずは動物達から学ぶ方が自分が乗り越えられると感じる人だっているのです。


人の心を理解し、

自分も怖がらずに人と接していけるプロセスになるのだから、

動物達から癒され、
甘えさせてもらい、

安心感を知っていくところから始めたら良いんだと思います。


自分が癒されるということを知ったとき、

その体験を人へ伝える勇気を持たなければならない時が来ますが、

その時には一人きりで伝えているのではなく、

関わる動物達が必ず共に居てくれることを思い出してください。


鈍感になれず、

他人が感じる以上に繊細なハートゆえに、

最初から人間関係の中で自分を表現しにくいと感じる人達だっています。


その繊細さ、

それがあるからこそ、

他の人には気付けない愛を動物達から汲み取れる感性として
活かせることもあるはずです。


訓練士とは、

決して動物達の上に立ちひれ伏させる職業ではありません。


無意識にでも、

コントロールを持ち込まない動物達が相手に立った時、

コントロールを知る私達が強さを示したくなる瞬間が誰の心にもあります。


そのとき、

この仕事が人や動物にとってどんな役割を果たせる職業なのか思い出してください。


時には、

自分を癒す必要が何年目になっても訪れるでしょうし、

自分の弱さやずるさを知る機会もあるかと思います。


それは、

あなたが人間関係で味わったことを逆の立場で感じる体験となるかもしれません。


そのとき、

相手が故意にあなたを傷つけたかったわけじゃないことを知るかもしれませんし、

相手にとって自分の弱さやずるさをごまかすためだと気付くかもしれませんし、

相手にとっての正しさ故に起こったことかもしれないと、

人への理解が動物を介す自分から発見することもあると思います。


訓練士とは、

ひと世代前とは役割が変化しています。


今からの時代、

人は人種を越えたように、多くの人が異種間でも心の触れ合いを持ちたいと感じ始めています。


その時に、

あなたの感性で知った動物達のことを教えてあげてください。

動物達とどうしたら仲良くなれるのか伝えてあげてください。


経験者から学べる技術も、

動物達から学べる知識も、

両方を大事に自分の中で育ててください。



私は決して人が嫌いではありませんでしたが、

傷つくことが少なかったわけでなく、

鈍感でもいられませんでした。


訓練士という職業を選んだ時には自覚はありませんでしたが、

自分を表現することへの怖さ、

自分の感性と他人のそれとの違い、

自分への自信のなさは、

動物達と接し始めて知りました。


私が五感を越えて、

六感の領域で動物達の心とコミュニケーションを取れたのは、

動物達から学ぶと決めて、

上下関係のある訓練士のイメージを捨てた時からです。


一度決めても、

何度も弱さやずるさ、怖さと直面する機会がありました。


今、

私は動物を自然と愛するように、

人のことも愛していると感じています。

愛することを表現できるのは、

上記に書いたような経験を私自身が体験してきたからです。



これから私と同じ職業を志したいと思っている方へ、

12年以上かけた経験のすえに知った知識を贈ります。



動物たちを救う側面だけ、

動物達に救われる側面だけ、

片方だけはありません。


あなたにとってどんな理由が訓練士という職業へと心動かすかはかわりませんが、


あなたにとってここからの道が叶えたいことを叶え、

この道を選んで良かったと感じられる日に続いていますように。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)