犬とダンスを踊るまで

愛知県、半田市にてドッグトレーニングとオーナートレーニングを行っています。
ひとりと一匹の間に愛のダンスを♡

犬達へ教えることよりも教わることの方が多い。

私の行うトレーニングは犬の心や考える力を引き出し、伸ばすことを軸に置いています。

愛犬が持つ個性には、その犬だから生まれ持った力があります。
人が望む型にはめていくような作る賢さではなく、
犬達自身が自分を信頼して自立した上で人と生きる楽しみを知ること、
感じることを目的にしています。

飼い主さまへはトレーニングを入り口に、
愛犬と協力し合う生き方にはどんな感覚があるのか?を伝えています。
一番自分を知っている愛犬が教えてくれることから、自分がどんな表現や想いをもって
コミュニケーションしているのか?
どうしたら伝えたいことを表現できるのか?
感じて頂ける時間としてサポートさせて頂いています。


トレーニングとは?
そのイメージもボンガーで変わる人も多いはずです。

変わってOKです!!!
だって犬道は一本道にあらず。
飼い主さんと犬のペアの数だけ幸せの形は違うのだから。

大切なのはお互いにわかり合えることだったり、日々作られていく愛犬との時間が満たされること。そして、それぞれが誰と比べる必要もない唯一無二のペア。

だから輝くことを制限していること全部手放してしまえたら良いなと思います。
私が犬達から教わってきたたくさんの智慧を皆さんとシェアできたらハッピーです♡


テーマ:

ドッグトレーニングで私が最も力を入れるのは、

 

飼い主さまの練習です。

 

 

だってね、

 

犬達が教えてくれた最も心に染みた学びがこれだから。

 

 

私の行う練習は、

 

時に飼い主さまが辛いと感じる時期もあるのだけど、

 

その先に体験することを自ら手にしてほしい。

 

 

 

ちょうどこの記事を贈りたい飼い主さまがいるのです。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
私、犬買う資格がないんです。


こんな言葉をたまに耳にします。

ちょうど先代犬を亡くされた飼い主さまからも。

新しい家族を迎えることを躊躇する理由が共通していたので、
私の考えを書いてみたくなりました。


◯◯になる資格は誰が与えるのだろう?


きっとそれは自分自身以外に与えられる人はいないと思うのです。


ある人は、資格があるかどうかなど考えません。


犬を飼うか?

それとも

飼わないのか?

が根っこにある悩みではないんだと思うのです。


犬にそれを当てはめた方が言いわけができる。


私は飼いたいと思った時、

資格うんぬんで自分を計って飼うことを決意することを止めた方が良いと思っています。


犬達と生きることは時に、

子どもを育てる親になるようなもので、

親友を得るようなもので、


飼う理由によって犬の立ち位置は飼い主さまによって変わるのだと思うのですが、


飼う資格があるかどうかを自分が自分へジャッジ向ける間は飼わないことで自分自身に時間を与えてあげることをチャンスだと感じてほしいなと思っています。


自分をジャッジしてしまうとき、

自分を責めたいことがあるのです。


そんな今の自分にゆとりなんて決してないんだと思うのです。


分かち合うにはゆとりがいる。

必死になっては味わえないこと、感じ得ないことがあるとしたら、

愛犬ライフはゆとりがあるに越したことはないと思うのです。


人によってゆとりとは、

経済的なことかもしれません。

気持ち的なことかもしれません。

時間的なことかもしれません。


どれであっても、

一人分からひとりと1匹分に増えたなら、

1匹分のゆとりが今の自分に持てるかな?だと思います。


病院代、餌代、かかります。

犬達だって気持ちのやり取りを持ちたがります。

トイレや散歩に時間を割くことも。


このゆとりを「資格」のジャッジに当てはめるというなら、
私の答えは「その通りだね」なんですが...


ゆとりは自動的に改善されることはありません。


犬を飼う前に、

自分にとってどんな場合にゆとりがないと感じるのだろう?


自分に聞いて応えてあげる行動を起こせますか?


そこに「犬を飼うなら」はいりません。

ただ、ただ、今の自分だけを見て何がゆとりを損なわしているのだろう?



犬を飼っている飼い主さまがゆとりがないことが犬との問題を引き起こしている場合があります。

でも犬と共に生きながら、改善されてゆきます。


結局は犬がテーマではなく、

自分を犬を介して知る機会が巡っているだけなのです。


外の世界に答えはありません。

愛犬がいる生活であろうとも、いない生活であろうとも。


あなたがあなたに耳を傾けない限り投げかけは続くのです。


犬達は私にとって友人であり、家族です。

時に余裕が無くなる時がありますが、彼らも私をサポートしてくれます。

私が彼らをサポートする時もあります。

そこに、ゆとりが左右する資格によってジャッジは持ち込みません。


私は常に行動することを選んでいます。


行動した先にいつも解決がぽ~んと出現するわけじゃないですが、

私が常に覚えておくことは、

犬達に耳を傾けることと同じだけ、私自身に耳を傾け行動に移すことです。



ゆとりは作るもの。


あなた自身にしかあなたへ与える許可は出せません。


飼う資格....


複雑な難問を突破することじゃなく、

疲れているから休むという行動ひとつが必要なのを見せてくれてるだけかもしれません。


犬問題に転嫁すると複雑に見える。


複雑であってほしい...


複雑にしたい理由、

自分に聞いてみる時かもしれないです




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
犬達の素直さに、

自分のヒトとしての表現の複雑さを実感するんですが、

お付き合いしている彼のまっすぐさに触れて、

あなたもか〜〜〜(人間なのに?)!!!!

となぜかツッコミたくなりました。


******


今夜は帰ったばかりのKくんが、

家族を相手に「トイレしないも〜〜〜ん」を頑固に押し通していたので、

夜弾丸でお家へ行き、トイレ出しをしました。


Kくん、私を見るや否や、

あ....この人来た....と。

すぐに観念してうんちしていました。



この後の飼い主さまの台詞をどうしても流せず、

ブログを書いている次第です。



良いですか?

皆様!!!


犬達は超が付くほど素直なハートの持ち主です。


飼い主さまがぼそっと...

「この犬は言うこと聞かん奴だ」

って言ったのです。


これが最初ではありません。

手がかかるだとか、

扱いにくいだとか、

落ちつかないだとか....


ええっと、

それって誰得???


私にはあら探しにしか聞こえないのです。

毎回のことなので、

悪い子でいてほしい理由でもあるのかしら???と思うほどです。



イメージし、

言葉にした、


そのままを、

犬達は自分への期待だと受け止めます。


人間の私は、

飼い主さまの表現を

(あ〜素直じゃないだけで、愛情表現なんだな〜)って理解できますが、

犬は真意は逆にあるとは気が付けません。



素直が一番です。


好きなら、好きといえば良い。

これって本当にまっすぐな犬達を相手にするなら大切なことです。


いわなくてもわかる

とか、

表現しなくても察しろ


ドラマの中だけです、それが通用するの。



犬達が相手なら、

言ってなんぼ、

表現してなんぼ、

正直でなんぼです。



私は素直じゃなかったから、

どれだけ犬達に振られたかしれません。


今思えば、

そうなるよね....ってすれ違いだったのです。



悪い子でいてほしいなら結構ですが、

それでも!!!!

2ヶ月間みっちり人と生きることを学んできた愛犬の努力に失礼です。


素直に、

かわいいと表現し、

今はまだ自分が愛犬と上手くやり取りできないことを凹めば良いんです。


Kくんを見つけたのは飼い主さま自身。

そのご縁にケチ付ける愛情表現は犬どころか神様も食いません。


たかがトイレ....ではなく、

トイレを通じてコミュニケーションの練習をしているんです。


Kくん、素直に言葉を受け取ったら???

どんな気持ちになるでしょう?




と、


言っても、


お付き合いしている彼に比べたら、


私も同じ穴のむじな。


素直じゃない。


直球の彼に目が点になります。


彼の言葉がすーーーっと入るのは、

誠実さを感じるからなんだと思うのです。

私を相手に信じてくれているから伝わるんだなと。




彼が犬達に人気があるのはわかる気がします。

犬達も私と同じように安心するんだよね。



Kくんのお父さん、


Kくんはと〜〜〜ってもいい子です。

いや、

良い側面をいくらでも持っている犬です。



今、ちょっぴり可愛げないところを見せているだけ。


それだって、よくよく見たなら、

Kくんが素直な表現を見せるに値する相手だって証なんだから。


さて、トイレをしないで遊んでいる表現、

Kくんの要求を押し通されているのかな?

それとも、

お父さんの悪い子のイメージに応えての表現なのかな?


普段から、

何を意図しますか?って聞く理由はここにある。



愛犬のどんな側面を引き出すか?

これって飼い主さま次第。

良い所いっぱいあるのに、

悪いところだけピックアップしたら、


悪い子になりますよ!

期待に応えますからね、犬達は。


素直だから!!!!


ということで、


素直な自分で犬と向き合うことが犬と仲良くなるコツです。


正直であること!!!!!

なおかつ、誠実であること!です。



かけひきも、

嘘も、

謙遜も建前も、



そしてそして、


ひねくれた表現も、


捨てちゃってください


そして本来の期待をまっすぐに伝えてください。


トイレしてほしいなら、トイレしてほしいって伝える!

それ、

のみ!!!!


他のことに意識を切り替えるから、

犬も期待に応えて意識を切り替えるのです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)