犬とダンスを踊るまで

愛知県、半田市にてドッグトレーニングとオーナートレーニングを行っています。
ひとりと一匹の間に愛のダンスを♡

犬達へ教えることよりも教わることの方が多い。

私の行うトレーニングは犬の心や考える力を引き出し、伸ばすことを軸に置いています。

愛犬が持つ個性には、その犬だから生まれ持った力があります。
人が望む型にはめていくような作る賢さではなく、
犬達自身が自分を信頼して自立した上で人と生きる楽しみを知ること、
感じることを目的にしています。

飼い主さまへはトレーニングを入り口に、
愛犬と協力し合う生き方にはどんな感覚があるのか?を伝えています。
一番自分を知っている愛犬が教えてくれることから、自分がどんな表現や想いをもって
コミュニケーションしているのか?
どうしたら伝えたいことを表現できるのか?
感じて頂ける時間としてサポートさせて頂いています。


トレーニングとは?
そのイメージもボンガーで変わる人も多いはずです。

変わってOKです!!!
だって犬道は一本道にあらず。
飼い主さんと犬のペアの数だけ幸せの形は違うのだから。

大切なのはお互いにわかり合えることだったり、日々作られていく愛犬との時間が満たされること。そして、それぞれが誰と比べる必要もない唯一無二のペア。

だから輝くことを制限していること全部手放してしまえたら良いなと思います。
私が犬達から教わってきたたくさんの智慧を皆さんとシェアできたらハッピーです♡


テーマ:
犬に言葉で良いので説明してあげてください。


飼い主さまにも、

スタッフにも、

時々これをお願いすることがあります。




我が家のテトが脚を脱臼して、
どうしても緊急入院をしなければならない時がありました。


病院からの問診票に、

犬の性格と注意点を書く欄があり、
私は下記のことを書きました。

***

テトは言葉で説明すると安心します。
どうか人に説明するように話してあげてください。
彼女は温厚ですが、
何をするのかを知れることは彼女が病院の処置に協力するのに役立ちます。

***

病院の看護士さんや獣医師の先生が
テトに説明してくれたかはわかりません。

ただ、

私が普段愛犬にしていることを書きました。


一般では私が書いたことは普通じゃないかもしれません。

親バカに見えるだけなのかもしれません。


でも、

仕事あっても、
我が子との間でも、

犬は説明してもらうと安心するのです。
同じ言葉は共有しませんが、理解します。


擬人化してね!
ってことではなくて、

犬達は何が次に起こるのか?
情報を得ることで、
同じ作業でも取り組みやすくなり、
受け入れやすくなるのです。

注意
説明することの効果には根拠があるのですが、そこはまたひとつの記事として説明します。



今夜、

ある飼い主さまから電話があり、
どうしても心配なことが起こったので相談がありました。


あー犬へ説明しないといけないな…
と思いました。


飼い主さまが長期で家を空けるとき、
その事を愛犬へ説明してね!とお願いします。

何かをするときに、
事前に愛犬へ伝えておいてくださいね!とアドバイスすることもあります。


テトは急な入院でしたが、
スタッフの皆さんに協力していたそうです。

後日の通院でも看護士さんがテトへ声をかけてくれているのを見て、

あー問診票に書いたことをバカな行為だと流さず試してくださったのだな…と感じました。


私は仕事柄、
テクニックを教えることをします。
犬の行動学や心理の解説もします。

それだけでは足りないのです。

その何が足りないか?を埋めることも、
私のトレーニングで飼い主さまに学んでいただいていることです。


大丈夫かしら?

いつも心配がよぎる飼い主さま、


もーーー!なんで出来ないの!

いつも犬に困ってしまう飼い主さま、


どうしたいの?
どうしてなの?

いつも犬に聞いてしまう飼い主さま、


あなたは愛犬に自分の意向やこれから起こることを説明して伝えようと思ったことはありますか?


上記の例で飼い主さまが感じるように、

愛犬の行動の意味を聞けない、知れないという前提が問題を大きく見せているのかもしれません。

それは、
そのまま愛犬の気持ちかもしれません。


説明して、理解しても、

協力したくない!と犬が思うこともあるでしょう。


でも説明ひとつが安心させることも、
またないとは言い切れません。


私が犬に働きかけるとき、
必ず言葉とボディーランゲージの両方で私からの情報を出来るだけ表現します。

私たちが言葉も行為も介さず、
空気を読めるように、

私たちの意識の持ちようが犬との関係もまた切り替えたりします。

その一つの入り口として、

説明してみる

は助けになります。


もし理解しあえるきっかけを模索しているなら、私の経験からの知恵を利用してみてくださいウインク

一組のペアにでもお役に立てばラブラブ




これは柚子だよおねがい

と説明中(笑)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
これは秘密だよ!

ってDくんがアントンに言ったのに、


次に会ったときにやましい顔してたので、


お前話したな!?


と問い詰められていたアントンでした(笑)




えへ、ばれた?


******


犬たちは私たちの話すことを

私たちが理解してるだろうなぁ…と思う以上にちゃんと把握しているものです。


飼い主の悩みに、

吠え癖

での質問が多いです。


私は止めさせるよりも、

何が理由で吠えているのか犬にだって確固たる理由があるんだ。

まずここを前提に見たらどうかな?

とお話しすることから始めます。


なぜなら、

私こそが研修先でワンワン吠える犬に頭ごなしの注意が出来なくて、犬ではなく私の方が上司から雷が落ち…

それを繰り返しているうちに、

何のために犬にする注意なのかわからなくなり、

自分が叱られるから鳴かないで!

と、


今考えたら…

これが犬たちの気持ちかもな…と思ったときがありました。


私の気持ちを聞かず、
理由を解決することもなく、

上司が怒る。

叱っているんじゃなく、
怒ってるんだと最後にはキライしか残らなかった。


私はその職場を10年もの間得ることを望み続けたのに、一年半という短い時間で退職したのでした。


次の研修先では同じことを先生から最初は言われてましたが、

私は犬たちの声を聞く方を選びました。


犬たちに耳を澄ますと、

どれひとつとって同じ言葉は聞こえなくて、私たちがおしゃべりするのと同じだなぁと理解したのでした。

鳴くことではなくて、
訴える気持ちを解決することで、

吠えてまで伝えないとわかってもらえない!

が自然と消えていったのでした。


我が家はお客様が来たら、

それはそれは大きな声で犬たちがワンワンと鳴きます。

お母さん!誰か来たよ!
怪しいやつかもしれない!!!

と番犬してくれている。

私は、

うん、ありがとう、もういいよ!

と伝えることにしています。


犬たちが鳴くことで表現するのは最終手段です。


そこまでの間に、

何度も、

たくさん、

ねぇねぇ…と、

犬たちはいろんな表現で伝えているものです。


私やDくんは、その段階での会話を楽しんでいるだけです。


吠えるとき、


何かどーしても言いたいことがあるんだな!

その視点で愛犬を見始めたとき、

きっと飼い主様にも愛犬の気持ちが見えてきます。


見えてきたもの


それが糸口です。


ダメダメ研修生だった私の体験が飼い主さまのお役に立つのなら、参考になればウインク


起こる出来事を、

ユーモアもって見てみる。


ですラブラブ




人の晩御飯を見て悶絶する食いしん坊2匹(笑)

吠える前にも犬たちは体いっぱい私たちに話しかけている。


見ようとするだけ、

見えてくることがあるルンルン
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
愛犬に関する解決したいことが、

問題に感じる行動でも、

健康面でも、

ライフスタイルの見直しでも、


時間

手間暇

お金


を、加える解決策を探すことが飼い主様の選択には多いんじゃないか?

相談を聞いていて感じる傾向です。


例えば…

サプリを足すとか、

餌の種類を足すとか、

自分の時間を前以上に増やすとか、

犬に使うグッズを買い足すとか、


多分まだまだ挙げられる項目って多い。


愛犬への悩みが健康面なら背に腹は代えられない!
大事な家族だから!

そんな気持ちになるものだと思います。
誰でも!

私も飼い主として健康に勝るものはないと常々愛犬への出費は節約に含んだことはありません。


でも!
お金のやりくりと同じで、かけるべき所が明確な方がもっともっと安心感もって、結果も伴う投資ってできると思うのです。

命が相手でも、
自分の時間、手間暇、お金の負担を苦しくなく感じる有効な選択は持てます。

投資の量が愛情と比例することはないです。

もしも、

もしも!

充分に気持ちと同じだけの投資をできてないと悲しむ飼い主様がいたら…


あなたの生活が安定することが愛犬の生活を助けることで、

あなたにもやり方次第で解決できる選択はちゃんとあるよ!

とお伝えしたいと思います。


足りてないからだ…


という目線に立がちですが、


トレーニングを介して見てきた飼い主さまから聞く解決したい内容は、

今注いでいる内容を変更するか、

今与えているものを減らすこと、


この二つから始めてみて悩みが消えるケースも少なくないです。


減らしてみるってどこを?

変更するってなにを?


の部分を明確にしたら良いんです。


ケースごとに、
ペアごとに、
わんちゃんの状況ごとに、

何を?は変わるので、
ブログで『これ!』と一言で書けませんが、

何を?

ここを見つけるのに獣医師やトレーナーなどプロに助けてもらえばいいんです。

プロは必ず何を?のヒントになってくれますし、あなたの負担を増やすのではなく減らすお手伝いをしてくれるはずです。


足すしかない…と思うと辛くなることも、
減らすことなら気が楽になるものです。


減らすって選択肢が役立つこといっぱいあります。


今しんどいと感じている飼い主さまがいたら、視点を代える見方として活用してくださいウインク





あ、写真は可愛いから載せただけです(笑)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)