キャビンアテンダント☆就活☆指南 ・高橋くるみ

日本航空インターナショナルから、欧州系航空会社を含め3社に在籍した、元客室乗務員☆高橋くるみ☆の日記。多数の不合格経験をふまえた、試験突破法、おりにふれて楽しい?エッセイを届けします(^^)日系、外資共に対応。

ようこそ、「キャビンアテンダント就活指南・高橋くるみ」へ。

エアライン受験情報や、フライトエピソード、ちょっと楽しいエッセイ、そして筆記試験対策まで

デイリー更新でみなさんと交流していきます。

どうぞよろしくお願いいたします。



$キャビンアテンダント☆就活☆指南 ・高橋くるみ
著書第二弾、大和書房より発売!CAの世界で学んだ、女性の仲間や先輩との

関係の築き方を、空でのエピソード満載でお届けします。

CAの私が実践で学んだ 気持ちよく働く女性のエッセンス/大和書房
¥1,365
Amazon.co.jp





CAの私がVIPのお客様に教わった話し方のエッセンス/高橋 くるみ
¥1,365
Amazon.co.jp


◆単行本5刷、文庫本4刷達成。ありがとうございます。
◆2011年10月2日 BBM(ビジネスブックマラソン)本日の1冊に選ばれました。
◆山下書店羽田空港店 3週連続週間ベスト3に選ばれました
◆TSUTAYA AKASAKA ベスト2に選ばれました

◆ブックファースト二子玉川店 週間ベスト4に選ばれました。

◆ブックファースト ルミネ1 ビジネス書ベスト4に選ばれました!

◆三省堂書店名古屋高島屋ビジネス書 ベスト10に選ばれました!



ライターとして、高橋くるみが大学生さんのお悩みにお答えしているサイト

Campus Magazine(http://magazine.campus-web.jp/





true


「キャビンアテンダント就活指南」は,Ameba いちおし有名ブログとして認定されています。



$キャビンアテンダント☆就活☆指南 ・高橋くるみ-1328851723886.jpg

雑誌、バンクビジネス「この人に聞く」でインタビュー掲載。


$キャビンアテンダント☆就活☆指南 ・高橋くるみ

京都フリーペーパーVIVID 巻頭インタビュー掲載


$キャビンアテンダント☆就活☆指南 ・高橋くるみ

有隣堂アトレ恵比寿店様大和書房フェアで、お勧め本紹介。





伊丹空港、SKY BOOKS様で、文庫本フェアありがとうございます。








山下書店 羽田空港第一ターミナル店」エアラインフェアでご紹介いただきました。


宝石紫ソーシャルコミュニケーター高橋くるみの

ネット接客の技術ブログこちらをクリック!


宝石紫キャビンアテンダント合格会

オフィスくるみの勉強会こちらをクリック!



宝石紫くるみ会日記ブログこちらをクリック!


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
mixi(ミクシィ)やってます!

【まぐまぐプレミアムより、公式メルマガを発刊】

毎週、コツコツ問答学習がしていただけます。詳細は以下リンクへ!

http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/79/P0007916.html



記事転載などについては、ご一報ください。



NEW !
テーマ:

先日のつづき。LCCのサービスについて、みなさんからいただく御質問にお答えしていました。


④お客様対応は結構難しいのではという気がする。(コスパに厳しいお客様は、サービスにも厳しいから)


これは確かに言えそうです。各社の垣根を超え、お客様の現状を知るのは、空港インフォメーションのみなさんとも言えますが、


やはりLCCのお客様から様々な厳しいご要望を聞くことは多いそうです。まあ、LCC以外でもリピーターのお客様など対応が難しい方もたくさんいらっしゃいますから、一概には言えませんけどね。


ただ、欧州系などは、いわゆるLCCや独立系などでの経験値をけっこう買ってくださるパターンが増えてきています。


お客様に上手にNOといえる,そのスキルは、外資系では必須であり、日系ではNOといかにいわないかに力を注ぎますが、きっぱり上手にNOと言い切れることも、


同じくスキルとして通用する外資系は多い。LCCの経験者さんの転職実績があきらかになるには、まだ少し時間も必要そうですが、


スカイマークなど、LCCではありませんが、いわゆる大手などとは異なるお客様とのかかわりかたを築いてきたairlineっ出身者さんの評価は高まっています。




⑤会社のいろんな体制が整っていないもしくは、アバウトなケースも目立ち心配な気がする。


これは、試験の結果発表などでもそのような印象を持つ方は多いかも。


外資系はしっかりきっちりしているところと、アバウトなところに別れ、日系はおおむねしっかりしているということは言えそうですが、アバウトさ,グレーゾーンさにいらいらするか、


ま、こんなもんか!と受け流せるかが、LCCで働くうえでは重要な要素かもしれません。


ただ、日系が仕切るLCCはほとんどがかっちりしているので、案外面食らう人もいますね。


ゆったり、スケジュール通り進まないことになれるまでに、私も外資系時代時間はかかりましたけど、


きっちりした日本のペース、アバウトな外資系のペース、いずれもそれなりにたのしめるようになりましたけどね。


以上、LCCのいろいろでした。みなさんのとらえ方と、解釈でいろんな経験が詰めると思いますよ!!






AD

[PR]気になるキーワード