鳩山由紀夫首相は21日夜、政府が決めた家畜の殺処分を前提とする口蹄(こうてい)疫のワクチン接種方針に、一部農家が反発していることについて「対処方針は変えるつもりはない。農家の皆さんにはつらい話だと思うが、感染をこれ以上拡大させないために決めた話だ」と述べ、理解を求めた。首相官邸で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
子牛取引が急減=価格上昇懸念強まる
農家支援の低利融資拡充=口蹄疫問題で
農水副大臣、補償案を宮崎知事に提示=養豚農家はワクチン接種に同意
口蹄疫被害の中小企業支援=経産省
口蹄疫、25・26日に質疑=山岡・平野氏が確認

別の患者名で錠剤入手=妊娠告知の翌日、結婚直前―不同意堕胎事件・警視庁(時事通信)
小沢氏再不起訴 検察審査会、7月にも再議決(産経新聞)
種牛49頭「助命」認めず…農水副大臣(読売新聞)
メール無断掲載でメーカー次長逮捕=元交際相手の名誉棄損容疑―兵庫県警(時事通信)
修正、現行アセス範囲内で=米側が要求―普天間移設(時事通信)
AD