交際女性に対する不同意堕胎事件で、東京慈恵会医科大学付属病院の医師小林達之助容疑者(36)が、女性から妊娠を伝えられた翌日、同病院で別の女性患者名を使い、子宮収縮作用のある錠剤を入手していたことが21日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、同容疑者は錠剤入手の数日後に現在の妻と結婚しており、警視庁捜査1課は女性を急いで流産させる狙いがあったとみて調べている。
 女性は2008年暮れ、簡易検査の結果などから妊娠を同容疑者に伝えた。
 同容疑者は翌日、同病院に行き、担当していた無関係の女性患者の名前を使い、子宮収縮剤の処方せんを薬剤部に提出し、錠剤を入手した。
 数日後の09年1月初め、同容疑者は現在の妻と結婚したという。 

犯罪被害者の講演、全国で=都道府県警に拡大指示―中高生に命の大切さ・警察庁(時事通信)
誤解招く表示やめて=口蹄疫で食品業界に要望―消費者庁(時事通信)
年上9人…オリックス公式チア主将は20歳、テストで抜擢(産経新聞)
<H2A>11機連続成功 「完成技術」PRも利用には課題(毎日新聞)
復元住居を壊す、中学生送検=器物損壊容疑―静岡県警(時事通信)
AD