アドベンチャーゲーム研究処

アドベンチャーゲーム(AVG・ADV)の旧作から新作まで、レビュー+紹介を主として取り上げるブログ。(更新は不定期)
取り上げる範囲は家庭用のみです。

当ブログは長文が中心で少々見にくい部分があるので、このスペースで誘導を行いたいと思う。

コラム特集など、自コンテンツはこちら

ADV売数はこちら 売情報やニュースはこちら

作(SFCPS)の紹介は、こちら

DSソフトの紹介はこちら PSPソフトの紹介はこちら

Wiiソフトの紹介はこちら PS2ソフトの紹介はこちら

XBOX360ソフトの紹介はこちら

アドベンチャーゲームの総合情報なら

「アド研Wiki」を。

相互リンクも募集中です。希望の方はコメントしてください。

$アドベンチャーゲーム研究処-アドベンチャーゲームの値打ち
アドベンチャーゲームの短文レビュー集。見解をパッと見たい方向けの記事。

テーマ:
【概要】
例年になくホラーゲームが発売された今夏のADVをほのぼのレビュー。
クリア進行度によって増えていく予定。

【ホラーだ、ゴアだ、オカルトだ!真夏のアドベンチャーゲーム特集】

マーダード 魂の呼ぶ声
PS3・XBOX360・PS4『MURDERED 魂の呼ぶ声』
販売:スクウェアエニックス 開発:スクウェアエニックス・Airtight Games

 近年、国内主導のCS企画は有名シリーズに絞っているイメージの強いスクウェアエニックスには珍しく、日米共同制作でのリリースとなった幽霊が自分を殺した犯人を捜査する探偵アドベンチャー。企画はスクウェアエニックス側が、開発は海外チーム(『Dark Void』のAirtight Games。ちなみに本作の発売直後にこのスタジオは閉鎖している。)が行うという体制が敷かれ、日本発らしいアプローチながらだいぶグローバルな雰囲気を醸しているのが特徴。

評価:52

 オープンワールドものでは多く抱えている問題だけど、立体での現場検証は調べる範囲が大きく総当たりするにも目星がつかなすぎて面白くない。かといって設定を生かした聞き込みが楽しいかといえばそうでもなく、確かにオブジェクトを突き抜ける仕掛けは新しいけど骨組みへの影響力は希薄で、作りとしては限りなく中途半端。その中途半端さをとっ散らかさず小皿にまとめてるあたりは実に“日本のADV的”な作品でもあり、筋道はキチッと引いてあってテンポ感が意外と良いのは評価点か。話もゲームプレイも予定調和にも程があるけど、そのチープさをご愛嬌と取れるぶんには嫌いではない。

バリアント ハート ザ グレイト ウォー(日本語版) [オンラインコード] [ダウンロード]
PS3・XBOX360・PS4『VALIANT HEARTS: THE GREAT WAR』
配信:Ubisoft 開発:Ubisoft Montpellier

 2014年で終戦百周年を迎えた第一次世界大戦を舞台にしたパズルADV。非暴力的なパズルと暴力的な戦争という異色な組み合わせと、等身大の目線を売りにした戦争描写から国内外で高い評価を得ている。開発はUBI内では『レイマン』シリーズを手がけているUbisoft Montpellier。

評価:52

 パズルものとしてはいたって平均的な出来で、資料とリンクした劇中のディティールを楽しめるかが重要な作品。売りは等身大の視点で第一次世界大戦を題材にしている点なわけだけど、取り上げられている史実の悲壮感と比べ、フィクション部分の如何にもゲーム的な場当たり展開は白々しく、戦争ものとしての説得力を失わせている構図にしかなっていないのが残念。この種の作品がドンパチから抜け出した時点で「シリアスなソフト」として売りモノになっている現状は正直疑問。

コープスパーティー BLOOD DRIVE(通常版)
PSVita『コープスパーティ BLOOD DRIVE』
販売:MAGES. 開発:5pb.Games・チームぐりぐり

 『コープスパーティ』シリーズのCS第4弾であり1作目からの舞台だった天神小学校編の完結作。RPGツクールに準拠したトップビューだった1作目の『ブラッドカバー』から一新して全面3D化がなされ、システムに暗さの概念が取り入れられるなど、ノベルゲーム化していた近作を離れ原点からの正統進化を試みているのが特徴。話としては完全に続きものなため、新規プレイヤーは第一作から入るのが得策。

評価:50

 オタク畑のクリエイターを放し飼いにすると、キャラクターの造形・デザインともに原色系に染め上げられ、自意識が過剰に溢れ出すのは永遠の謎(同族に媚びた結果なんだろうけど)で、売りだったアングラ路線はなりを潜め、ホラーとして話の筋を追うには致命的なまでに“怖くない”。長い上に頻発するロード、目的地不明で探させられる新イベント、怖いというよりウザい幽霊。設計的な問題点は挙げればキリがないけど、カユイところに全く手が届かないのは元からなわけで。やっぱり演出的な部分で2Dトップビューを超えられていないのが一番痛いかな。出口のなかったこのシリーズにケリをつけたのは評価点。

真 流行り神
PS3・PSVita『真・流行り神』
販売・開発:日本一ソフトウェア

紹介
 『3』で完結した『流行り神』シリーズのリスタート作品。キャラクターの一新、分岐のメカニズム変更、新システムの導入、シリーズ初のCERO[Z]判定など『真』を銘打っただけあって変更点が多いのが特徴。

評価:未クリア

 クリアしたら書きます。

【コメント】
凡作祭りというのが当面の感想。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
【ここ半年くらいで気になったADVニュース】

1.巧舟ディレクションによる『逆転裁判』新プロジェクトが始動。



キーワードは「これまでのシリーズ作とはまったく異なる作品になりそう」とのことで、言葉の意味そのままで受け止めれば、ナンバリングではなくスピンアウト的な変化球タイトルになる可能性が高そう。(ちなみに『逆転裁判5』はナンバリングと当初よりアナウンスされ、『逆転検事』はNew逆転Not裁判と銘打たれていた)
巧さんの前作である『レイトン教授VS』自体が題材に西洋ファンタジーを選んでるわけだし、、今までの設定が全て江戸時代に置き換わって大岡越前と討論し始めるくらいのナックルボール投げつけられてもおかしくないんじゃなかろーかと。まあそれは冗談だけど、『逆転裁判』自体が進化の天井がGBAで停止しちゃってる感があるわけだから、従来とは別のアプローチというのはアリなはず。問題は『GHOST TRICK』のようにマニアックな嗜好性にならないかという点で、そのあたりどうなるのかを楽しみに本発表を待つのが吉なニュースでしょう。

2.『探偵 神宮寺三郎』シリーズのアーカイブス配信が再開。



PSアーカイブスでの配信を停止していた『未完のルポ』『夢の終わりに』『灯火が消えぬ間に』『アーリーコレクション』の4作が、販売元をワークジャムからエクスプライズ(たぶんここ)へ変更して配信再開。
そもそも『灰とダイヤモンド』やVCなどのアークシステムワークス名義で配信されていたものは停止にならなかったことを考えると、まあワークジャムが潰れちゃったセンが濃厚(確定情報が出てないので断言はできないけど)でしょう。状況的にはデータイースト解散当初の版権が宙に浮いていた時期、メディアリングが一瞬パブリッシャーをしていたのと大体同じかと思われ、当時のワークジャム的な権利を引き継いでシッカリ展開してくれるような会社が現れない限り…ついに、というのが現実路線。我々ファンは『メタルマックス』的に不死鳥の如く蘇ることを信じて生きるしかないんじゃないかなと。ブランドとしては傷みまくりだけども、まだ1~2万本くらいの集客能力はあるわけだし、モバイル媒体にも顔が効くンで…どこか心優しくて潤沢な資金力もあってゲームの本質を変にいじらないメーカーさん、いたらヨロシクお願いします。(切実)

アドベンチャーゲームの値打ち:探偵 神宮寺三郎篇

3.科学ADVシリーズ第四弾『Chaos;Child』が発表。



要は『CHAOS;HEAD』の次回作。若手スタッフやアニメ出身者(アニメの血が入らないとADVに進化はないかなと思ったとのこと)が参加しているそうで、シリーズ内では実験的な意味合いが強い作品になるのでは。
そりゃ確かに『CHAOS;HEAD』も累計6万本売ってる人気作品なんだけども、家庭用におけるこのシリーズは『Steins;Gate』で立身出世したのは言わずもがな、恐らくファンが待ってるのは「Steins;Gate世界観×従来スタッフ×huke作画」の新作なワケで。それは5pb.も重々承知なのだからこそ「まだ引っ張ります」ってことなんだろうけど。逆に言えば、それはこのシリーズ的に最後の切り札なのだろうから、本作の動向如何で出るかどうかが決まりそう。まあつまり、アウトカウントは三つまで(既に『Robotics;Notes』でワンアウト)ってことですな。

4.『ダンガンロンパ』がPSVitaのソフトとして海外へ進出。

)

海外展開は初代企画書の段階で構想されていたので念願のそれだったんだろうけども、対応機種が国内以上に厳しい海外のPSVitaという時点で…というのが素直な感想。いやまあ、海外レビューの評価はすこぶる良かったみたいだから、国内で言うところの『Steins;Gate』的な曲線を描く可能性もあるだろうけど。せめてiOS/Androidの移植も同時展開くらいしないことにはナード向けのカルトとして埋もれるのが必然なんじゃなかろうかと。この辺の軋轢こそ国内ニーズ特化ジャンルたるADVの良いところでもあり、短所でもあるわけで。仮に各社の敏腕プロデューサーが鼻息荒くADVの海外展開を唱えているなら、今後更にスマホへの移植が賑わうことになるじゃないでしょうかと。

5『Steins;Gate』も海外進出。そしてなぜか中国語版も登場。

ビジュアルノベルは少数ながら海外に輸出実績があるし、『薄桜鬼』も『Hakuoki』として移植されちゃってる現状考えれば、まあはい。この流れは恐らくノベルゲーム文脈上にあった『極限脱出9時間9人9の扉』『善人シボウデス』が海外で“今までにないもの”として過大評価(あえてそう言います)を受けたのが大きいと思うんだけど、ただループ系の作品って国内では10年くらい前には既にアイデアとして枯渇しちゃってる(『ひぐらし』も『Steins;Gate』も過去のノウハウの集合体だから)わけで、傑作とされているものでも一気に押しかけちゃったら数作で飽きられるのが関の山では。って思っちゃうのは罪なんでしょうか。

6.『ロボティクスノーツ』の完全版がPSVita向けに登場。

システムのルールから手直ししないことには評価を覆すほどの修正は不能な作品だと思うけど、それやるくらいなら新作に注力して貰ったほうが建設的だろうなってゆーアレ。まあ動向からして5pb.はVitaに本気ってことは間違いないんだろうけど。

【コメント】
春恒例のコナンの新作も日本一ちゃんがついに道を踏み外したのも、
今井監督の2作(どうも魔人シリーズをADVとしてカウントするのにどうも違和感がある)も
些細なニュースすぎて取り上げる気にあんまりならないのが辛いところ。
この絶対数の少なさ、企画の狭さはやっぱり冬の時代特有のそれなんだと思いますよ。



Twitterボタン
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
【ADV市場ノ現状分析 2013年版】

- 3DS -

逆転裁判5レイトン教授と超文明Aの遺産

主なパッケージソフト:『逆転裁判5』『レイトン教授と超文明Aの遺産』など

 制作費の高騰と家庭用市場の縮小に伴った各社タイトルの厳選化もあって、シリーズもののリリースが顕著だった2013年。ご多分に漏れずADVもブランドものが話題を占めたわけだけども、目玉だった『逆転裁判5』はシリーズ最高の初動(25万本。『4』は24.2万本)を記録したものの、以降の販売曲線は『4』を下回りランキングは40万本に届かず(34.2万本。『4』は43.7万本で)フェードアウト。『レイトン教授』シリーズの完結編として投入され、ロンチで発売された前作より好条件だったはずの『超文明Aの遺産』は初動こそ若干上回ったものの伸び悩み、推移としては前作割れほぼ間違いなし。…という状況が示す通り、かつてDSで浮動層として「伸びしろ」になっていた(量販店などで購入するであろう、もっとはっきり言えば『DS西村サスペンス』を買っていたであろう)ライトユーザーの絶対数が減少した影響をモロに受けているのが見て取れる。

 これはDS向けADVブームが「脳トレ」層と操作上のテクニックを必要としないADV需要が迎合して生まれたというバックボーンと、中小メーカーが支配的なジャンルの特性から考慮しても不利なのは疑う余地がなく、今後予定されている3DS向けのオリジナルADVはスマートフォン市場での実績がある『おさわり探偵 小沢里奈3』くらいしか見当たらない状況からもパッケージでの展開が閉塞感に包まれていることを示している。この辺りの話題は、単価の低いスマホにニーズを吸い上げられた云々の議論になるところなんだろうけど、肝心のスマホはまだ移植市場の色合いが強く流行ってるADVソフトもDSブーム時のそれとはかけ離れていて家庭用の代替になっているとは言いづらいので判断は難しい。いや、『ガールフレンド(仮)』や『吉祥寺恋色デイズ』がADVニーズか、物語ニーズか。そもそもDS自体ADVニーズだったのかは主張が別れるかもしれないケド。

 こういう現状(少なくともサードは『逆転裁判』『レイトン教授』の二枚看板を早期に投入して頑張った、のに先細っている)だからこそファーストの任天堂がもっと早い段階で『アナザーコード』『ウィッシュルーム』的な実験タイトルを定期投入し地盤を作っていれば市況もまた違っていたのかもと思っちゃうわけだけども、『モンハン』『ポケモン』で普及台数を伸ばした今でも話題になっているのは『ドラクエ』『カービィ』『ゼルダ』など毎度おなじみなメンツと来られた日にゃ、そりゃ私だって更新する意欲奪われちゃうよ。ってなー言い訳を(論旨捻じ曲げて)しちゃうわけですよ。


“成歩堂3部作”が高解像度グラフィック化! 『逆転裁判123 成歩堂セレクション』が2014年4月17日に発売決定
2世代またぎのリメイク移植が決定し、減少傾向(コア化している)とはいえ『逆転裁判』ブランドそのものは磐石。つまり言えばDS期のような『逆転裁判』を旗手としたADVの再ブレイク、なんて筋書きは夢のまた夢。というのがはっきりした年だったのでは、と。


 と、脱線しかけているので話題を3DSへ戻すと、ことパッケージでとなると実績のあるシリーズ以外は期待できないのは間違いない。じゃあ3DSでADVはもうないのかと言うとそうでもなく、単価の低いDL市場のほうでオリジナルタイトルがそろそろ芽を出しそうな雰囲気ではある。3DSのDLゲームといえば開始当初から脱出ゲームを親の敵の如くリリースされていたわけだし、実際今もそうなんだけど、流石にこのジャンルも飽和を極め始めている関係でアークシステムワークスは青春ミステリ風味の『脱出アドベンチャー』シリーズ、D3パブリッシャーはデス・ゲーム調を若干付け足した『THE脱出ゲーム』シリーズを展開しており、パブリッシャーが違うだけで漏れなくインテンス開発というウルトラCを決めている実態から目を背ければ一時期よりオリジナル性を付与し易くはなっているってなワケ。

 相変わらず脱出ゲーム以外は取り立ててなにかがあるわけでもないし、DLタイトルにパッケージへ迫るパフォーマンスができているか、今後出てくるのか、という点は発展途上の市場なだけに疑問は残るけど、DS時代に中小メーカーから発売された4~5時間でクリアできてしまう様なアレ系の受け皿になれるポテンシャルはあるはずなので、オリジナルソフトの投入できる土壌が築かれれば面白くなって来るはず(願望込み)。3DSは周期的に収穫期へ差し掛かってきているだけに、2014年の飛躍に期待したい。

- PS3・PSV -

BEYOND : Two Souls (初回生産限定版) (初回封入特典 追加シーン・オリジナルサウンドトラックなど豪華ダウンロードコンテンツ 同梱)解放少女 SIN (通常版)

主なパッケージソフト:『BEYOND : Two Souls』『解放少女SIN』など

 ADVのリリース数自体は安定しているのがPS3。ただし国産タイトルは概ねアニメを原作とした「キャラゲー」の類であり、扱いもアドベンチャーゲームというよりも“メディアミックス媒体のひとつ”という立ち位置にすぎない。あえて挙げれば5pb.などノベルゲーム畑から少数ながらオリジナル作品をリリースしているものの、残念ながら興業的に成功しておらず、2014年は科学ADVシリーズの新作を出すとは言えそれ以外に期待できるかといえば厳しい(据置き機でリッチに2DのADVを遊ぶという需要自体が10年くらい前からほぼ失われている)のでは。
 PSVitaもだいたい同じ状況で、マルチプラットフォームのひとつとして機能しているにすぎず、3DSと同じくオリジナル新作には期待しづらい。状況的には初期のPSPと似ている(PS2からの移植ソフトが殆どだった)が、『モンスターハンター』による大型普及、ライバル機のADVブームなど好条件が揃っていた当時とオリジナルの企画数が同じ曲線を描くことはまず有り得ず、今の所は移植を含むノベルゲームの受け皿以上の役割を望むのは酷だろう。

 PS3は海外産のADVもパッケージで幾つか投入されているが、『BEYOND:TwoSouls』『THE WALKING DEAD』はネームバリューの割には苦戦しており、特に『BEYOND:TwoSouls』は本国でも微妙な雲行き(NPDの発売月ランキングにはTOP10入りならず。年明けに100万本到達。)なことを考えると、資金をリッチに注ぎ込んだ大作ADVのリリース数が上向いてくる…ということはなさそう。DLタイトルならポイント&クリックの雄であるTelltale Gamesが怒涛のリリースラッシュを行っているが、ニッチでありローカライズに手間のかかるジャンルなので国内に輸入される可能性はかなり低い(なんせ最も知名度のあったのが『THE WALKING DEAD』)かと思われる。

- XBOX360 -

 国内ではXBOX360市場そのものが壊滅。海外産のADVが発売されるとしてもXBOXOneが普及した数年後かと。

- スマートフォン -

ガールフレンド(仮)

主なソフト:『ガールフレンド(仮)』『ミステリールーム』など

 単価の低さ、インターフェースとの親和性、ゲーム層以外にも浸透している普及傾向などの相性の良さから近年ADVのプラットフォームとして無視できないところまで成長して来ているのがスマートフォン市場。なのは間違いないんだけども、その単価の低さが災いしてリッチなオリジナルコンテンツが配信される環境がイマイチ整っていない印象が強く、まず目に付くのは脱出ゲームで、次にフィーチャーフォン時代の遺産や家庭用の移植、あるいは基本プレイ無料の乙女ゲーム、更に調べると海外ソフトのローカライズや零細・インディーズメーカーのオリジナルソフトが見つかる…という感じで、目立つ場所に(脱出ゲーム以外で)「スマートフォンのために作られたADV」がない。逆に言えば、移植市場としてはかなり高い発言力が有しているかと思われ、今後は家庭用で発売されるソフトはスマートフォンへの展開を前提にしたものが増えるかと。まあ、家庭用のADVで当初からクロスプラットフォームを仕掛けるほどの大作がどれだけ発売されるかというのは不透明だけども。

 一応アドベンチャーと名乗っているものも多いのでソーシャルゲーム系の方にも言及させてもらうと、殆ど遊んでいないので実態がわかりません。教えてください、富野です。

【コメント】
あけましておめでとうございます。(一ヶ月の時間差)



Twitterボタン
AD
いいね!した人  |  コメント(4)

[PR]気になるキーワード