アドベンチャーゲーム研究処

アドベンチャーゲーム(AVG・ADV)の旧作から新作まで、レビュー+紹介を主として取り上げるブログ。(更新は不定期)
取り上げる範囲は家庭用のみです。

当ブログは長文が中心で少々見にくい部分があるので、このスペースで誘導を行いたいと思う。

コラム特集など、自コンテンツはこちら

ADV売数はこちら 売情報やニュースはこちら

作(SFCPS)の紹介は、こちら

DSソフトの紹介はこちら PSPソフトの紹介はこちら

Wiiソフトの紹介はこちら PS2ソフトの紹介はこちら

XBOX360ソフトの紹介はこちら

アドベンチャーゲームの総合情報なら

「アド研Wiki」を。

相互リンクも募集中です。希望の方はコメントしてください。

$アドベンチャーゲーム研究処-アドベンチャーゲームの値打ち
アドベンチャーゲームの短文レビュー集。見解をパッと見たい方向けの記事。

テーマ:
【新年の挨拶+気になったニュースあれこれ】

あけましておめでとうございます。

「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」の新規プロジェクトがスタート。浅田 誠氏の手により,名作アドベンチャーゲームが“新生”する



ということで、年の瀬にゲリラ発表された『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』のリメイクの件。
ディレクターは原作者が同じの『ミステリートf 探偵たちのカーテンコール』を手がけている元CAVEの浅田誠氏。インタビューを読む限り、シナリオ展開への大きな改変は加えず、プレイアビリティの向上、テキストを現代風にリライト、ビジュアル変更などが行われているそうな。

この作品が現在のループ文脈、ひいてはオタク文化へ与えた影響は今更言及するまでもないけど、「A.D.M.S」というシステムそのものの後継は途切れているので、その辺りの調整と翻訳はADVとは別畑(かつキチンとしたディレクター)の人間がやるのは必須なんざんしょ。実際、『善人シボウデス』や『涼宮ハルヒの追想』よろしくヌルいフローチャート『YU-NO』でやられた日には旧ファンから叩かれるのは目に見えてるし。
浅田さんのADV前作『インスタントブレイン』は、90年代ギャルゲー的な空気感を出したところで力尽きていたけども、システム的に悪戦苦闘した痕跡はあって、ブラッシュアップされているなら期待はできるのでは。

リメイクの是非については、対応ハードその他の都合で今やプレイそのものが困難化している現状から考えると、まあ歓迎する気持ちの方が多いんじゃなかろうかと。そもそも現代でプレイするには時間と手間のかかりすぎる「A.D.M.S」に根気づよく付き合うユーザーも限られるだろうし、ねぇ。

アドベンチャーゲームの先駆者、菅野ひろゆき氏が死去。

XBOX One『CHAOS;CHILD』初週1,415本の販売に終わる。

CHAOS;CHILD(限定版) (設定資料集、二枚組サウンドトラックCD 同梱)

マルチで売り出す前提の商品の先行発売にハードごと買わせる訴求力なんてあるわけないじゃーん。
というのは誰もが思っていたことですが、この想像を絶する売れ行きには心痛まずにはいられない。
結果から見てMAGES.の戦略ミスに疑う余地はないんですが、
厳冬真っ只中の家庭用ADVではかなり体張って頑張っているのも間違いなく、
フォローしている範囲も許容できるものなので、なんとか救われてはほしい。

この後もキャラデザ・原画を担当していた七瀬葵氏の緊急降板が伝えられている『ミステリートF』、
アニメ放送が終わって劇場版も公開済みにして発売日未定な『PSYCHO-PASS』が続くわけですが、
MAGES.の切れる最高の手札であろう科学シリーズの新作がこの状況だと。
他ハードとの同発マルチくらいのことはした方が良いのではとは思う。

『428』、『タイムトラベラーズ』のイシイジロウ氏がフリーランスとして独立したことを発表



インディーズアニメの『アンダーザドッグ』の出資を募ってた下りで「あーまーそうなんだろうなぁ」と。
レベルファイブから配信予定の『魔神STATION』は頓挫してなきゃフリーで関わるんじゃないでしょーか。
フリーということで才能や表現の受け皿がゲーム媒体以外にも広がるんだろうけど、興味があるのは結局ゲームクリエイターとしてなのであまり関心がモテないのが素直な所感。活動幅を広げるのは家庭用の衰退のそれが一因なんだろうし寂しいけども、今のレベルファイブもパイの大きいところにリソース割かざるを得ないだろうし難しいところなんだろう(想像)。
ただまあレベルファイブへ移籍して制作した『タイムトラベラーズ』の出来はかなり厳しい。というか、設定だけ先にあって人物造形やドラマが浅い「如何にもオタクが作りましたよ」感が今まで以上に色濃くあって、作品を商品としてまとめるプロデューサーがいなかったんだろうなぁというのが感想なので、相性の良い所と組んだら期待感はモテるのではとは思う。

『Ever17』、『999』、『善人シボウデス』の打越鋼太郎氏の新作はテレビアニメ!? ノイタミナ新作『パンチライン』発表!



この人もアニメ進出してますね。最近の動向的にチュンに在籍しているかも怪しげ…。
起用はたぶん虚淵玄がヒットした文脈的なアレ。いや仕掛けてるのはMAGES.だけど。
時流に合ってるかは近代アニメにあまり興味がないのでなんとも。発想からおっさん臭がとしか。

このニュースを見たADVファンが10人いたら10人が思うであろう「『極限脱出』シリーズの落とし前付ける気があるんでしょうか。」という疑問は、今年情報が出なかったらたぶん(続きものを音沙汰なしで3年以上引っ張るのは流石に)アウト。
チュンソフトそのものがサウンドノベルに手を引き気味(ここ数年だとスマートノベルくらい?スパイクチュンソフト以降の代表作が『テラリア』『進撃の巨人』な時点で察するべきかも知れないけど)なので、どっかがパブリッシングしない限りは新作なさそうな気もしますが。ということで任天堂さん囲ってください。SCEさんは『Trick×Logic season3』をお願いします。

かつてPSP向けに発表されていたホラーRPG『うしろ』、思わぬ形で世に出る。

うしろ ふきげんな死神。 (角川ホラー文庫)

『タイムトラベラーズ』に再利用された云々の時系列的に可能性は低いであろう噂が出回っていた記憶がないこともない『うしろ』が、ひっそりと媒体を変えて登場し誰にも気づかれないまま消えておりました。この出オチとしか言えない顛末、まさしくホラータイトルと言えるでしょう。
ということでラックプラスは『白北高校最速部』を復活させるべし、と。

.ローカライズは翻訳だけ 世界100カ国に拡大する女性向け恋愛ゲームアプリ:アクセーラ堀内大取締役

オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史

近年の動向として注目しているのがADVフォーマットの輸出。
なんせ十年単位で実質的に鎖国していたジャンルなのでこれは大きな変化でありトレンドですな。
で、その方向で取り上げる中では一番気になったのが乙女ゲームと迎合しているこの記事。
ここではソーシャル性・ゲーム性にはほぼ言及されず物語としてどう惹きつけるかに終始していて、
男女ともに今スマホのライトな層にニーズとしてあるのは「物語」としての消費なのだろうな。
という手垢つきまくりな予測と一緒に、そのフォーマットが海外でも(多少は)通じているのが分かる。

じゃあ家庭用の動向として海外展開はどうか、ってみると、
去年出たのは実績組の『レイトン教授』&『逆転裁判』を除けば
『シュタゲ』で『ダンガンロンパ2』で『かまいたちの夜』と
どれも佳作~傑作水準で反響もあったようだけどナード向けが多めで売れてるかは不透明。
まあ今の家庭用向けはナードしかねーだろという突っ込みは必要だけども。
現在はメディアミックスの原作に位置するような作品を除けばパッケージは厳しく、
チケット制、エピソード販売ものなどの単価の低い舞台へ流れている傾向にあるので、
国内専売でリッチコンテンツをするのは限界があるだろうから海外展開大いに歓迎なのですが、
国内特化での独自性こそ家庭用ADVの良さでもあるので、変に海外かぶれしないかは心配。
ほら、スクエニのあれとか。まあ絶対数が減るよりずっと良いけど。

【コメント】
毎年ベントラーベントラー願ってたら黒田復帰しましたよ、へへへ信じる者は救われる。



Twitterボタン
AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
【概要】
例年になくホラーゲームが発売された今夏のADVをほのぼのレビュー。
クリア進行度によって増えていく予定。

【ホラーだ、ゴアだ、オカルトだ!真夏のアドベンチャーゲーム特集】

マーダード 魂の呼ぶ声
PS3・XBOX360・PS4『MURDERED 魂の呼ぶ声』
販売:スクウェアエニックス 開発:スクウェアエニックス・Airtight Games

 近年、国内主導のCS企画は有名シリーズに絞っているイメージの強いスクウェアエニックスには珍しく、日米共同制作でのリリースとなった幽霊が自分を殺した犯人を捜査する探偵アドベンチャー。企画はスクウェアエニックス側が、開発は海外チーム(『Dark Void』のAirtight Games。ちなみに本作の発売直後にこのスタジオは閉鎖している。)が行うという体制が敷かれ、日本発らしいアプローチながらだいぶグローバルな雰囲気を醸しているのが特徴。

評価:52

 オープンワールドものでは多く抱えている問題だけど、立体での現場検証は調べる範囲が大きく総当たりするにも目星がつかなすぎて面白くない。かといって設定を生かした聞き込みが楽しいかといえばそうでもなく、確かにオブジェクトを突き抜ける仕掛けは新しいけど骨組みへの影響力は希薄で、作りとしては限りなく中途半端。その中途半端さをとっ散らかさず小皿にまとめてるあたりは実に“日本のADV的”な作品でもあり、筋道はキチッと引いてあってテンポ感が意外と良いのは評価点か。話もゲームプレイも予定調和にも程があるけど、そのチープさをご愛嬌と取れるぶんには嫌いではない。

バリアント ハート ザ グレイト ウォー(日本語版) [オンラインコード] [ダウンロード]
PS3・XBOX360・PS4『VALIANT HEARTS: THE GREAT WAR』
配信:Ubisoft 開発:Ubisoft Montpellier

 第一次世界大戦を舞台にしたパズルADV。非暴力的なパズルと暴力的な戦争という異色な組み合わせと、等身大の目線を売りにした戦争描写から国内外で高い評価を得ている。開発はUBI内では『レイマン』シリーズを手がけているUbisoft Montpellier。

評価:52

 パズルものとしてはいたって平均的な出来で、資料とリンクした劇中のディティールを楽しめるかが重要な作品。売りは等身大の視点で第一次世界大戦を題材にしている点なわけだけど、取り上げられている史実の悲壮感と比べ、フィクション部分の如何にもゲーム的な場当たり展開は白々しく、戦争ものとしての説得力を失わせている構図にしかなっていないのが残念。この種の作品がドンパチから抜け出した時点で「シリアスなソフト」として売りモノになっている現状は正直疑問。

コープスパーティー BLOOD DRIVE(通常版)
PSVita『コープスパーティ BLOOD DRIVE』
販売:MAGES. 開発:5pb.Games・チームぐりぐり

 『コープスパーティ』シリーズのCS第4弾であり1作目からの舞台だった天神小学校編の完結作。RPGツクールに準拠したトップビューだった1作目の『ブラッドカバー』から一新して全面3D化がなされ、システムに暗さの概念が取り入れられるなど、ノベルゲーム化していた近作を離れ原点からの正統進化を試みているのが特徴。話としては完全に続きものなため、新規プレイヤーは第一作から入るのが得策。

評価:50

 オタク畑のクリエイターを放し飼いにすると、キャラクターの造形・デザインともに原色系に染め上げられ、自意識が過剰に溢れ出すのは永遠の謎(同族に媚びた結果なんだろうけど)で、売りだったアングラ路線はなりを潜め、ホラーとして話の筋を追うには致命的なまでに“怖くない”。長い上に頻発するロード、目的地不明で探させられる新イベント、怖いというよりウザい幽霊。設計的な問題点は挙げればキリがないけど、カユイところに全く手が届かないのは元からなわけで。やっぱり演出的な部分で2Dトップビューを超えられていないのが一番痛いかな。出口のなかったこのシリーズにケリをつけたのは評価点。

真 流行り神
PS3・PSVita『真・流行り神』
販売・開発:日本一ソフトウェア

紹介
 『3』で完結した『流行り神』シリーズのリスタート作品。キャラクターの一新、分岐のメカニズム変更、新システムの導入、シリーズ初のCERO[Z]判定など『真』を銘打っただけあって変更点が多いのが特徴。

評価:未クリア

 クリアしたら書きます。

絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode(特典無し)
PSVita『絶対絶望少女 ダンガンロンパ Another Episode』
販売:スパイクチュンソフト 開発:スパイクチュンソフト・シェード

 シリーズ初の3DアクションADVを名乗るTPSアクション。タイトルからも解るように、外伝として『1』と『2』の間を埋めるストーリーが展開される。「クローズドサークル」「人狼」「デス・ゲーム」などのシリーズではお約束だったミステリー部分を撤廃し、よりそのジャンル寄りなシナリオ内容をしているのも特徴。ちなみに初代の時点で当時も不振だったADVの企画を通すためにハイスピード推理アクションと名乗っていたので、元からジャンル表記はA・ADV。

評価:不能(ジャンル違いなため)

 ジャンルは変われど結局テキストとムービーでストーリーラインを描いているので、リアルタイムなアングルが取り入れられている現在のA・ADVの潮流からは7~8年前くらい離れた水準。ビジュアル・世界観売りのACTとして見るとなんちゃって『ノーモア★ヒーローズ』と言って問題ない。それでもグイグイ引き込むシナリオとキャラ転がしは流石で、国産でしか楽しめないそれなのも事実。解りやすく痛い設定で、だからイコール絶望なのはそろそろ底が浅いけど、シリーズファンなら十分楽しめるのでは。

【コメント】
凡作祭りというのが当面の感想。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
【ここ半年くらいで気になったADVニュース】

1.巧舟ディレクションによる『逆転裁判』新プロジェクトが始動。



キーワードは「これまでのシリーズ作とはまったく異なる作品になりそう」とのことで、言葉の意味そのままで受け止めれば、ナンバリングではなくスピンアウト的な変化球タイトルになる可能性が高そう。(ちなみに『逆転裁判5』はナンバリングと当初よりアナウンスされ、『逆転検事』はNew逆転Not裁判と銘打たれていた)
巧さんの前作である『レイトン教授VS』自体が題材に西洋ファンタジーを選んでるわけだし、、今までの設定が全て江戸時代に置き換わって大岡越前と討論し始めるくらいのナックルボール投げつけられてもおかしくないんじゃなかろーかと。まあそれは冗談だけど、『逆転裁判』自体が進化の天井がGBAで停止しちゃってる感があるわけだから、従来とは別のアプローチというのはアリなはず。問題は『GHOST TRICK』のようにマニアックな嗜好性にならないかという点で、そのあたりどうなるのかを楽しみに本発表を待つのが吉なニュースでしょう。

2.『探偵 神宮寺三郎』シリーズのアーカイブス配信が再開。



PSアーカイブスでの配信を停止していた『未完のルポ』『夢の終わりに』『灯火が消えぬ間に』『アーリーコレクション』の4作が、販売元をワークジャムからエクスプライズ(たぶんここ)へ変更して配信再開。
そもそも『灰とダイヤモンド』やVCなどのアークシステムワークス名義で配信されていたものは停止にならなかったことを考えると、まあワークジャムが潰れちゃったセンが濃厚(確定情報が出てないので断言はできないけど)でしょう。状況的にはデータイースト解散当初の版権が宙に浮いていた時期、メディアリングが一瞬パブリッシャーをしていたのと大体同じかと思われ、当時のワークジャム的な権利を引き継いでシッカリ展開してくれるような会社が現れない限り…ついに、というのが現実路線。我々ファンは『メタルマックス』的に不死鳥の如く蘇ることを信じて生きるしかないんじゃないかなと。ブランドとしては傷みまくりだけども、まだ1~2万本くらいの集客能力はあるわけだし、モバイル媒体にも顔が効くンで…どこか心優しくて潤沢な資金力もあってゲームの本質を変にいじらないメーカーさん、いたらヨロシクお願いします。(切実)

アドベンチャーゲームの値打ち:探偵 神宮寺三郎篇

3.科学ADVシリーズ第四弾『Chaos;Child』が発表。



要は『CHAOS;HEAD』の次回作。若手スタッフやアニメ出身者(アニメの血が入らないとADVに進化はないかなと思ったとのこと)が参加しているそうで、シリーズ内では実験的な意味合いが強い作品になるのでは。
そりゃ確かに『CHAOS;HEAD』も累計6万本売ってる人気作品なんだけども、家庭用におけるこのシリーズは『Steins;Gate』で立身出世したのは言わずもがな、恐らくファンが待ってるのは「Steins;Gate世界観×従来スタッフ×huke作画」の新作なワケで。それは5pb.も重々承知なのだからこそ「まだ引っ張ります」ってことなんだろうけど。逆に言えば、それはこのシリーズ的に最後の切り札なのだろうから、本作の動向如何で出るかどうかが決まりそう。まあつまり、アウトカウントは三つまで(既に『Robotics;Notes』でワンアウト)ってことですな。

4.『ダンガンロンパ』がPSVitaのソフトとして海外へ進出。

)

海外展開は初代企画書の段階で構想されていたので念願のそれだったんだろうけども、対応機種が国内以上に厳しい海外のPSVitaという時点で…というのが素直な感想。いやまあ、海外レビューの評価はすこぶる良かったみたいだから、国内で言うところの『Steins;Gate』的な曲線を描く可能性もあるだろうけど。せめてiOS/Androidの移植も同時展開くらいしないことにはナード向けのカルトとして埋もれるのが必然なんじゃなかろうかと。この辺の軋轢こそ国内ニーズ特化ジャンルたるADVの良いところでもあり、短所でもあるわけで。仮に各社の敏腕プロデューサーが鼻息荒くADVの海外展開を唱えているなら、今後更にスマホへの移植が賑わうことになるじゃないでしょうかと。

5『Steins;Gate』も海外進出。そしてなぜか中国語版も登場。

ビジュアルノベルは少数ながら海外に輸出実績があるし、『薄桜鬼』も『Hakuoki』として移植されちゃってる現状考えれば、まあはい。この流れは恐らくノベルゲーム文脈上にあった『極限脱出9時間9人9の扉』『善人シボウデス』が海外で“今までにないもの”として過大評価(あえてそう言います)を受けたのが大きいと思うんだけど、ただループ系の作品って国内では10年くらい前には既にアイデアとして枯渇しちゃってる(『ひぐらし』も『Steins;Gate』も過去のノウハウの集合体だから)わけで、傑作とされているものでも一気に押しかけちゃったら数作で飽きられるのが関の山では。って思っちゃうのは罪なんでしょうか。

6.『ロボティクスノーツ』の完全版がPSVita向けに登場。

システムのルールから手直ししないことには評価を覆すほどの修正は不能な作品だと思うけど、それやるくらいなら新作に注力して貰ったほうが建設的だろうなってゆーアレ。まあ動向からして5pb.はVitaに本気ってことは間違いないんだろうけど。

【コメント】
春恒例のコナンの新作も日本一ちゃんがついに道を踏み外したのも、
今井監督の2作(どうも魔人シリーズをADVとしてカウントするのにどうも違和感がある)も
些細なニュースすぎて取り上げる気にあんまりならないのが辛いところ。
この絶対数の少なさ、企画の狭さはやっぱり冬の時代特有のそれなんだと思いますよ。



Twitterボタン
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード