アドベンチャーゲーム研究処

アドベンチャーゲーム(AVG・ADV)の旧作から新作まで、レビュー+紹介を主として取り上げるブログ。(更新は不定期)
取り上げる範囲は家庭用のみです。

当ブログは長文が中心で少々見にくい部分があるので、このスペースで誘導を行いたいと思う。

コラム特集など、自コンテンツはこちら

ADV売数はこちら 売情報やニュースはこちら

作(SFCPS)の紹介は、こちら

DSソフトの紹介はこちら PSPソフトの紹介はこちら

Wiiソフトの紹介はこちら PS2ソフトの紹介はこちら

XBOX360ソフトの紹介はこちら

アドベンチャーゲームの総合情報なら

「アド研Wiki」を。

相互リンクも募集中です。希望の方はコメントしてください。

$アドベンチャーゲーム研究処-アドベンチャーゲームの値打ち
アドベンチャーゲームの短文レビュー集。見解をパッと見たい方向けの記事。

テーマ:
【期待のアドベンチャータイトル2015】

1『大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-』
メーカー:カプコン 発売時期:2015年予定 プラットフォーム:Nintendo 3DS



氷河期真っ只中のミステリーADV界では数少ない国産大作とあって
おそらく3DSオーナーなら大体がチェック対象であろうこの作品が暫定で今年の看板。
既存のシステムでやれることは『逆転裁判3』でやり尽くしてしまったこともあって
内容的には停滞ムードが漂っているのがこのシリーズの現状でもあるので、
世界観を大幅に刷新した本作は「マンネリ打破」のお題目も背負っている、はず。

シャーロキアンは引いているであろうワトスン(8歳)像をどう受け止めるかは置いておいて、
探偵パートに新システム「共同推理」(ホームズの推理を補足訂正するシステム)が導入され、
画面にアングルの概念を積極的に取り入れている…のが新しさに繋がると良いんですが。
ゲーム的に複雑な構造や手順はまず望まれていないシリーズなだけに、
情報のない今は巧舟さんが高い完成度でまとめてくれることに期待としか。

2『ミステリートF 探偵たちのカーテンコール』
メーカー:MAGES. 発売時期:未定 プラットフォーム:Xbox One



発表から待たされた末に「つづく」で終わった前作より約10年、
引っ張りに引っ張られ原作者の逝去という形で本当に終わってしまったと思われた
『ミステリート』の続編は発売日未定なんだけども、一応。
「完結編」「原案:菅野ひろゆき」「製作総指揮:浅田誠」
「開発アーベル」「キャストの大幅刷新」などが判明しているが、
肝心のシステム的な部分についての情報はまだ不明なのが取り上げ辛いところ。
『1』との同時収録なので大幅な変更は加えられていないと思うけども。

3『Life Is Strange』
メーカー:スクウェアエニックス 発売時期:国内未定(海外では1月30日より順次配信)
プラットフォーム:PlayStation4/3/Xbox One/360/PC



最近は海外向けのADVに熱心なスクウェアエニックスが仕掛ける
エピソード形式で分割販売(全5話)されるタイムトラベルを題材としたADV。
ちなみに開発はフランスのゲームスタジオDONTNOD Entertainmentが手がける。
ゲームシステムは一般的なポイント&クリックにアングルを取り入れたグラフィックADVもので、
QTEや分岐要素が気持ち入っているゲームなんだそうな。おそらく没入感優先系ですね。

海外発のエピソード配信系ADVは最近増えている傾向にあるとはいえ、
Telltale Gamesが新作をモリモリ発表しようと『Grim Fandango』がリメイクされようと、
ローカライズされる例は極まれなので期待できるかは微妙なところ。
まあパブリッシャーが国内メーカーなのでやってくれる…と良いなぁということで。
ちなみに海外ではそこそこの評価を頂戴しております。

4『ドグマツルギー ouverture』
メーカー:ベアーズスタジオ 発売時期:2月16日(PSVita版は今春)
プラットフォーム:PlayStation Vita/iOS/Android



大穴枠でダウンロード専売ものをひとつ。
「ドラマツルギー」なる古書をめぐるオカルト系パニックホラー。
…という一本筋のみでプロモーションが終わっている正真正銘のシナリオ勝負系で、
潔いほどゲーム性の部分は不透明のまま発売を迎えつつある。
ものごっつい『Steins;Gate』から影響を受けている点は目をつむるとして、
企画そのものの特徴としては「ユーザーフィードバック」を掲げている点で
ユーザーの反応が今後の展開に取り込まれてゆく、つまり「ライブ」であることが売り。
プレイヤーの意思が展開へ介入する意味では分岐と位置づけはほぼ同じだと思うが、
ユーザーの欲求がより反映しやすい点では、今までのものと違った展開がある、かもと。

ちなみにPSVitaの配信系では『人狼ゲーム』もあるんだけども、
『次の犠牲者をオシラセシマス』と同じ顛末になるとしか思えなかったのでスルー。

5『NightCry』
メーカー:ヌードメーカー 発売時期:未定
プラットフォーム:PlayStation Vita/iOS/Android



国産では数少ないポイント&クリックのホラーゲームとして知られた
『クロックタワー』シリーズの文脈とスタッフを受け継いだホラーゲーム。
ブロンド美女がドレスを着て徘徊するビジュアルから見て洋ホラーのお約束踏襲路線か。
インディーズとは言えローテクとしか形容しようのないグラフィックスから察するに
土俵とするところはカルトホラーなので、それっぽいのを一発お見舞いしてくれることに期待。
いや、「その路線は『Red Seeds Profile』で『D4』だろ」という声が聞こえてきそうけども。

6『Until Dawn -惨劇の山荘-』
メーカー:SCE 発売時期:2015年予定 プラットフォーム:PlayStation 4



カルトが『NightCry』なら、AAAホラーという意味ではこっちにも注目。
とある山荘で休暇を過ごす8人の男女にレザーフェースライクな殺人鬼が襲いかかる、
というスプラッタ映画をそのままゲームに持ってきたようなベタさが実に王道な作品。
元はPSMove対応で作られていたこともあり、QTE的なリアルタイムな操作が求められる…
ような雰囲気がPVを通して確認されているが、具体的なゲームプレイは今のところ不明。
ただ『HeavyRain』の様な映像的アプローチが取られる雰囲気ではある。

8人それぞれの視点でプレイでき、キャラクターの行動が他のキャラクターへ干渉しつつ
エンディングも変化するという「バタフライエフェクトシステム」も売りなので、
それの完成度がどの程度のものか、というのも本作の見所になりそう。
一見『街』的な群像劇だが、目指しているところは『弟切草』チックなだけに、
海外がアレをどこまでもリッチに作ったらどうなるのか、という点でも気になる。

【コメント】
ワトスン(CV長門裕之)
どうでしょう。Frogwares作品が吹き替えされたらやって欲しい。無理だけど。

シャーロック・ホームズの冒険 全巻ブルーレイBOX [Blu-ray]



Twitterボタン
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
【最近遊んだもの読んだもの】

うしろ ふきげんな死神。 (角川ホラー文庫)
Novel『うしろ ふきげんな死神。』
レーベル:角川ホラー文庫 著者:後藤リウ

 2008年に発表されて以降、音沙汰のないまま立ち消えとなっていたレベルファイブ発のPSP向けホラーRPG『うしろ』が約6年越しに小説として現物になった…という曰くつきの品。シリーズとして展開される予定で、本作はその一巻という位置づけであり、続くことを想定した終わり方をしている。1月に2巻を発売予定としているが1月31日現在発売されていない。

評価:40

 ライトノベル化して久しい角川ホラー文庫らしい少しエグめな描写を許容したハートフルファンタジー。なぜ今更90年代的なノリで『死神くん』をやっているのか。ディティールが子供向けな割りにバタバタと人が死ぬのはミスマッチなのでは。にしては顛末が予定調和にも程があるのはどうなのか。など野暮なだけのツッコミにはなんの意味もなく、ボツになったであろうゲーム像を想像しながら「ああ、だからポシャったのか」という答え合わせを楽しむのが正解。本として残るものはないけども、このレーベルで求められる最下限の義務はクリアしているのでこの点数。


App『FRAMED』
開発:Loveshack

 Kick Starterにて資金援助を受けて配信された、マンガのコマを切り替えることで物語を展開させるパズルゲーム。配信後は主に海外で賞賛を受け、メタスコアは87点を獲得し賞レースも公式サイトで自慢する程度には食い込んでいる。

評価:50

 パズルにラン&ジャンプ的な解釈を加えた意欲性(解りやすく言えばノンストップ『ゴーストトリック』)は買いたい。ワンアイデアで乗り切れるギリギリのものをかなり高い純度で提供している意味では、Appらしい切り口勝負の作品で、内容的にはそれなりの成功を収めていると言って問題はない。ただ矢継ぎ早なものを求めるApp市場に合わせゲームプレイに区切りを設けなかったためか、漠然と世界観があるだけで息をのむようなドラマも浸れる余韻も見当たらないのは寂しい。プレイし終えて感じる物足りなさの原因はおそらくそれでしょう。誇大化するAppのマーケット的な上限というのを感じさせるソフトではある。

名探偵コナン マリオネット交響曲
3DS『名探偵コナン マリオネット交響曲』
販売:バンダイナムコゲームス 開発:スパイク・チュンソフト

 『名探偵コナン&金田一少年の事件簿』のスマッシュヒットから枠が生まれたスパイク開発による『名探偵コナン』ものの第三弾。「スパイクチュンソフト」としては初ということもあって、複数のキャラクターの視点から描かれるザッピングものへアプローチが変更され、ターゲットの年齢層も従来より引き上げられている。ただしスタッフ自体はスタッフロールを見る限り、かつてのスパイク文脈。

評価:60

 「キャラクターものだからこの程度」的な妥協を感じさせないのは好印象で、家庭用に相応しいスケール感を持っている点も評価されるべき。立ち上がりの遅さとご都合主義の乱発はご愛嬌だが、ツボはしっかり抑えている意味では良心作と見ていい、ンだけども。だけども、純粋に推理パートがつまらない。原因は視点がひっきりなしに変わってしまうため情報の整理や時系列上の現在位置が定まらず、推理の争点を把握できていないまま漠然とアウトプットを求めてしまっているためで、ハッキリ言えばザッピングがゲーム的カタルシス上のアダになっている。画面がもう少しリッチなら情報の整理・描写不足はカバーできそうなだけに、もったいなくはあるけども…。

【コメント】
3作のみて。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
【新年の挨拶+気になったニュースあれこれ】

あけましておめでとうございます。

「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」の新規プロジェクトがスタート。浅田 誠氏の手により,名作アドベンチャーゲームが“新生”する



ということで、年の瀬にゲリラ発表された『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』のリメイクの件。
ディレクターは原作者が同じの『ミステリートf 探偵たちのカーテンコール』を手がけている元CAVEの浅田誠氏。インタビューを読む限り、シナリオ展開への大きな改変は加えず、プレイアビリティの向上、テキストを現代風にリライト、ビジュアル変更などが行われているそうな。

この作品が現在のループ文脈、ひいてはオタク文化へ与えた影響は今更言及するまでもないけど、「A.D.M.S」というシステムそのものの後継は途切れているので、その辺りの調整と翻訳はADVとは別畑(かつキチンとしたディレクター)の人間がやるのは必須なんざんしょ。実際、『善人シボウデス』や『涼宮ハルヒの追想』よろしくヌルいフローチャート『YU-NO』でやられた日には旧ファンから叩かれるのは目に見えてるし。
浅田さんのADV前作『インスタントブレイン』は、90年代ギャルゲー的な空気感を出したところで力尽きていたけども、システム的に悪戦苦闘した痕跡はあって、ブラッシュアップされているなら期待はできるのでは。

リメイクの是非については、対応ハードその他の都合で今やプレイそのものが困難化している現状から考えると、まあ歓迎する気持ちの方が多いんじゃなかろうかと。そもそも現代でプレイするには時間と手間のかかりすぎる「A.D.M.S」に根気づよく付き合うユーザーも限られるだろうし、ねぇ。

アドベンチャーゲームの先駆者、菅野ひろゆき氏が死去。

XBOX One『CHAOS;CHILD』初週1,415本の販売に終わる。

CHAOS;CHILD(限定版) (設定資料集、二枚組サウンドトラックCD 同梱)

マルチで売り出す前提の商品の先行発売にハードごと買わせる訴求力なんてあるわけないじゃーん。
というのは誰もが思っていたことですが、この想像を絶する売れ行きには心痛まずにはいられない。
結果から見てMAGES.の戦略ミスに疑う余地はないんですが、
厳冬真っ只中の家庭用ADVではかなり体張って頑張っているのも間違いなく、
フォローしている範囲も許容できるものなので、なんとか救われてはほしい。

この後もキャラデザ・原画を担当していた七瀬葵氏の緊急降板が伝えられている『ミステリートF』、
アニメ放送が終わって劇場版も公開済みにして発売日未定な『PSYCHO-PASS』が続くわけですが、
MAGES.の切れる最高の手札であろう科学シリーズの新作がこの状況だと。
他ハードとの同発マルチくらいのことはした方が良いのではとは思う。

『428』、『タイムトラベラーズ』のイシイジロウ氏がフリーランスとして独立したことを発表



インディーズアニメの『アンダーザドッグ』の出資を募ってた下りで「あーまーそうなんだろうなぁ」と。
レベルファイブから配信予定の『魔神STATION』は頓挫してなきゃフリーで関わるんじゃないでしょーか。
フリーということで才能や表現の受け皿がゲーム媒体以外にも広がるんだろうけど、興味があるのは結局ゲームクリエイターとしてなのであまり関心がモテないのが素直な所感。活動幅を広げるのは家庭用の衰退のそれが一因なんだろうし寂しいけども、今のレベルファイブもパイの大きいところにリソース割かざるを得ないだろうし難しいところなんだろう(想像)。
ただまあレベルファイブへ移籍して制作した『タイムトラベラーズ』の出来はかなり厳しい。というか、設定だけ先にあって人物造形やドラマが浅い「如何にもオタクが作りましたよ」感が今まで以上に色濃くあって、作品を商品としてまとめるプロデューサーがいなかったんだろうなぁというのが感想なので、相性の良い所と組んだら期待感はモテるのではとは思う。

『Ever17』、『999』、『善人シボウデス』の打越鋼太郎氏の新作はテレビアニメ!? ノイタミナ新作『パンチライン』発表!



この人もアニメ進出してますね。最近の動向的にチュンに在籍しているかも怪しげ…。
起用はたぶん虚淵玄がヒットした文脈的なアレ。いや仕掛けてるのはMAGES.だけど。
時流に合ってるかは近代アニメにあまり興味がないのでなんとも。発想からおっさん臭がとしか。

このニュースを見たADVファンが10人いたら10人が思うであろう「『極限脱出』シリーズの落とし前付ける気があるんでしょうか。」という疑問は、今年情報が出なかったらたぶん(続きものを音沙汰なしで3年以上引っ張るのは流石に)アウト。
チュンソフトそのものがサウンドノベルに手を引き気味(ここ数年だとスマートノベルくらい?スパイクチュンソフト以降の代表作が『テラリア』『進撃の巨人』な時点で察するべきかも知れないけど)なので、どっかがパブリッシングしない限りは新作なさそうな気もしますが。ということで任天堂さん囲ってください。SCEさんは『Trick×Logic season3』をお願いします。

かつてPSP向けに発表されていたホラーRPG『うしろ』、思わぬ形で世に出る。

うしろ ふきげんな死神。 (角川ホラー文庫)

『タイムトラベラーズ』に再利用された云々の時系列的に可能性は低いであろう噂が出回っていた記憶がないこともない『うしろ』が、ひっそりと媒体を変えて登場し誰にも気づかれないまま消えておりました。この出オチとしか言えない顛末、まさしくホラータイトルと言えるでしょう。
ということでラックプラスは『白北高校最速部』を復活させるべし、と。

.ローカライズは翻訳だけ 世界100カ国に拡大する女性向け恋愛ゲームアプリ:アクセーラ堀内大取締役

オタク・イン・USA 愛と誤解のAnime輸入史

近年の動向として注目しているのがADVフォーマットの輸出。
なんせ十年単位で実質的に鎖国していたジャンルなのでこれは大きな変化でありトレンドですな。
で、その方向で取り上げる中では一番気になったのが乙女ゲームと迎合しているこの記事。
ここではソーシャル性・ゲーム性にはほぼ言及されず物語としてどう惹きつけるかに終始していて、
男女ともに今スマホのライトな層にニーズとしてあるのは「物語」としての消費なのだろうな。
という手垢つきまくりな予測と一緒に、そのフォーマットが海外でも(多少は)通じているのが分かる。

じゃあ家庭用の動向として海外展開はどうか、ってみると、
去年出たのは実績組の『レイトン教授』&『逆転裁判』を除けば
『シュタゲ』で『ダンガンロンパ2』で『かまいたちの夜』と
どれも佳作~傑作水準で反響もあったようだけどナード向けが多めで売れてるかは不透明。
まあ今の家庭用向けはナードしかねーだろという突っ込みは必要だけども。
現在はメディアミックスの原作に位置するような作品を除けばパッケージは厳しく、
チケット制、エピソード販売ものなどの単価の低い舞台へ流れている傾向にあるので、
国内専売でリッチコンテンツをするのは限界があるだろうから海外展開大いに歓迎なのですが、
国内特化での独自性こそ家庭用ADVの良さでもあるので、変に海外かぶれしないかは心配。
ほら、スクエニのあれとか。まあ絶対数が減るよりずっと良いけど。

【コメント】
毎年ベントラーベントラー願ってたら黒田復帰しましたよ、へへへ信じる者は救われる。



Twitterボタン
AD
いいね!した人  |  コメント(4)

[PR]気になるキーワード