アドベンチャーゲーム研究処

アドベンチャーゲーム(AVG・ADV)の旧作から新作まで、レビュー+紹介を主として取り上げるブログ。(更新は不定期)
取り上げる範囲は家庭用のみです。

当ブログは長文が中心で少々見にくい部分があるので、このスペースで誘導を行いたいと思う。

コラム特集など、自コンテンツはこちら

ADV売数はこちら 売情報やニュースはこちら

作(SFCPS)の紹介は、こちら

DSソフトの紹介はこちら PSPソフトの紹介はこちら

Wiiソフトの紹介はこちら PS2ソフトの紹介はこちら

XBOX360ソフトの紹介はこちら

アドベンチャーゲームの総合情報なら

「アド研Wiki」を。

相互リンクも募集中です。希望の方はコメントしてください。

$アドベンチャーゲーム研究処-アドベンチャーゲームの値打ち
アドベンチャーゲームの短文レビュー集。見解をパッと見たい方向けの記事。

テーマ:
ということで、クリアしました。
『逆転裁判』といえば近年はキャラクターに振り回され、
『1』~『3』の蛇足に陥ってしまっているのは誰もが感じているところで、
原作者の巧舟さんが監督・脚本し、世界観も大幅に刷新し仕切り直しを図った本作は、
新しい形の『逆転裁判』を示すことに期待がかかっていたと思うのですが…
最後まで遊んだ印象としては、続きものとしての迷走だった『4』『5』とはまた違う、
大作化とマンネリ打破のために無駄な要素をつめこみ過ぎて、
ゲームとしてのシャープさに欠く、力不足で『1』~『3』に負けた作品といった感じ。

まあ具体的な話は各話の感想へGO。
ネタバレしているので、クリアしている人だけ読んでください。

1話『大いなる旅立ちの冒険』

シチュエーションや証拠品のギミックなどは『1』~『3』からの引用が見て取れ、
初代シリーズへのオマージュが見られる本作でも群を抜いてファンサービスにあふれる回。
チュートリアを必ず挟むシンセツさと解りきってる事件構造からテンポの悪さが誘発し、
終始「お約束」に付き合わされている感が漂っているのは残念。
決めポーズを決めるために回りくどくなる巧さんの悪い癖が出てしまったかも。

ストーリーネタバレ
流れとしては亜双義一真との友情の強調、掘り下げが主要だが、
本筋的には「ジョン.H.ワトソン」が謎の女に殺された回。
犯人は聖典でワトソンの肩(のちに足)を打ち抜いた銃が元ネタのようだが正直覚えてない。
ネタ的にはひねりがなさすぎ・展開が回りくどすぎて眠気を伴ったくらいなので、
いっそこの話で亜双義が犯人or死亡くらいのことしたほうが良かったんじゃないかと。

2話『友とまだらの紐の冒険』

「シャーロック・ホームズ」でも有名なナンバーに入るであろう
『まだらの紐』のプロットに対するパロディが色濃い回。
「まだらの紐」の正体がなにかでミスリードを誘う試みは意欲的だが、
聖典では蛇だったことを冒頭で示唆しているとはいえ、
元ネタを把握していないと解りづらく、トリックのしょっぱさもあって練り込み不足を感じる。
ゲーム的には本作の目玉要素とされた「共同推理」がお披露目されているものの、
演出過剰と多セッション化でテンポが明らかに悪く爽快感が伴っていないのは残念。
システムとして見みても、ポイント&クリックで新情報を探すだけなので、
そもそも爽快感とは無縁な捜索系のパートと言えなくもない気さえする。
まさかの裁判パートのカットもあって、1話と統合もしくは割愛できたであろう回という印象。

ストーリーネタバレ
恐らく展開上では殺す必要があったんでしょうが、被害者の死亡理由が意味不明。
『まだらの紐』のシチュエーションで一本やりたかったのは解るけども、
箱の中身が猫、まだら紐は猫じゃらし、ただし殺害理由上それである理由はなしと来られては、
話として「パロディしたかっただけ」で終わってるようにしか映りえない。

3話『疾走する密室の冒険』

お話的にはこれが実質1話目。
というより1話目にもってくるべきだったエピソード。
バランス取りなのか今回は裁判パートオンリーとなっており、
『レイトン教授VS』でお馴染み陪審員による採決・新要素の最終弁論が登場。
事件のプロット、討論の焦点、調査の手間などは適切なサイズにまとめられ、
最終弁論の流れもちゃんとプレゼンテーションできているため、
1話の裁判パートで感じた討論のテンポの悪さは影を潜めている。
ユーザーの求める『逆転裁判』のクオリティに到達できているのでは。

ストーリーネタバレ
消化不良のまま終わっちゃうけどプロローグとしては不満は見当たらない。
証拠品の捏造ネタは『4』以降デリケートな話題になっているだけに、
「プレイヤーキャラにスティグマを負わせる」役回りをやりきった
コゼニー・メグンダルのキャラクター性は高く評価したい。
死亡してもなお存在感を維持できた意味でも、彼は本作のMVPと言える。

逆に、この回で初顔合わせとなった「死神」の異名を持つライバル検事のバンジークスは、
反証をほぼしないし、言い分を通すのもほぼ無策なのだから、印象がほぼ残らない。
というノーガード戦法で、シリーズ屈指の影が薄いライバルキャラになっているのが残念。
まあ伏線だけは大量にあったので次回作で覆す可能性もあるだろうけど、
そこは小出しにせず個性として昇華してくれないことには討論ゲームとしてつまらない。
ハッタリな余裕が見せたゴドーや、グラフィックだけでも威圧感のあった狩魔豪のような
強烈さと手ごわさが伴ったキャラクター造形は尺が短くても過去作ではできていたはずで、
如何に次回作前提の作りとはいえ、もう少し言動なりなんなりに色がつけれたのでは。

4話『吾輩と霧の夜の冒険』

立ち位置で言えば「逆転のトノサマン」「逆転サーカス」のような本筋とは関係ない回。
盛り上げるための無理なミスリードやご都合主義は逆転名物とはいえ、
裁判パートでは「明らかに事件とは無関係な反証をさせられる」展開が散見され、
「逆転する爽快感を与えたい」というより「逆転する展開を見せたい」が先に来ている印象。
もちろん、そういったプロレスは過去作にもあったけども、
この台本はあまりにも回りくどく、その割には尻すぼみでしょう。
また、この辺りでキャラクターのデザイン・造形が寓話チックのピークを超えた感があり、
『逆転裁判』というより『レイトン教授VS.』の画にしか見えなくなってくるのも厳しい。
やはり『レイトン教授VS.』でワンクッション入ったのは失敗だったのではと思わなくもなし。

ストーリーネタバレ
まず最初に、パッケージ内では一番つまらなかったです。
オチは「窓から落ちたナイフが刺さった不慮の事故」だったわけなんだけども、
過去の『逆転裁判』なら如何にご都合主義でもそんな箸にも棒にもかからない結末は避けて
ちゃんと「窓から落ちたナイフで刺した真犯人」が登場していただろうし、
「大逆転」を名乗るなら、そこから更に二転三転して欲しかった。
少なくとも、「本当にナイフを投げて落ちた」のかの証明と、
「それが偶然刺さった」なんてことは起こり得るのかを説明されないことには納得できないし、
これではオバちゃんを冤罪にして終わる「逆転のトノサマン」みたいに映ってしまう。
まあ、未回収な伏線があるので『2』でフォローする可能性はないわけではないけど、
パッケージとしてそれは通用しないとしか思えないのが正直な話。

5話『語られない物語の冒険』

日常の風景から生まれた謎が事件へ発展する流れが今回では最もホームズっぽい。
ここに来てようやくレギュラーキャラクターが出揃い、
『大逆転裁判』のカラーがはっきりしてくるので、
3~4話目くらいの通常回なら評価されたんだろうけど、残念ながら最終話。
しつこいくらいに発生する「ツッコミフラグ」「最終弁論」はウザったいけど
証言部分は展開に即した討論ができているし、
キャラクターも4話のような世界観の崩壊は起こしてないので、
『逆転裁判』として一定のクオリティで楽しめるはずなのですが、
いかんせん膨大な量の未回収な伏線の前には「盛り上がりに欠く」という評価しか頂戴し得ず。
『大逆転裁判』らしさを示せ始めた回だけに、時既に遅し感はあると思う。

ストーリーネタバレ
この回はグレグソン警部の裏切りが最大の見せ場。
レギュラー格の刑事キャラが裏切る構成には『5』との重複を感じた方もいると思うけど、
真犯人=ラスボスだった番刑事と比べると伏線としての裏切りという意味合いが強く
捜査のためなら無実の人間も陥れる冷血漢という意外性をついたキャラ付けができているし、
グレグソン警部は聖典が元ネタにあるだけに「容疑性が薄い人物」に映っていたので
(仕掛けとしては『まだら紐』と同じだけど、こちらはあくまで補助的な立ち位置だと思う)、
ミスリードにメタ要素が絡んでいる印象で、個人的には『5』よりも展開的に面白かった。
犯人のモーションが実は三兄弟のそれと合致しているオチも逆転らしくて好きだけど、
決め手の「ネコトビラ製造機」が如何にもご都合主義なのも逆転らしさで、
ラストが過去作を想起させる展開なのを含め「らしさ」に振り回された印象もある。

大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-

評価:50

 次回作前提の作りで尺稼ぎが必要だったのか、エピソードが間延びした印象は色濃く、締りの悪いパッケージになってしまっているのがただただ残念。未完であることが批判の槍玉に挙がっているけども、伏線未回収のADVなんて珍しい話ではないわけだし、ここまで不満の声が大きいのは本編の不出来が根っこにあるのでは。画面のリッチ化やボリュームの増量が内容の悪化にしか結びついていないあたり典型的な大作志向に陥った失敗作なんだろうけど、じゃあ凄くつまらないかと言うと本筋はそれなりに遊べる。かといって繰り返すほどでもないのが微妙。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
MAGES.が自社発表会を開催。科学ADVシリーズの新作が大量発表に。

MAGES.のタイトル発表会というより、
志倉千代丸氏の新スタジオ立ち上げに伴う科学ADVシリーズの案内といった色彩の強い内容で、
XobxOneで先行発売されていた科学ADVシリーズ第4弾『Chaos;Child』の
(リークがあろうがなかろうが)大方の予想通りなPS3/PS4/PSVitaへの移植から始まり、
志倉千代丸氏自身の手で小説を展開中の『Occultic;Nine』のゲーム・アニメ化、
『Steins;Gate』の外伝ではなくナンバリング続編と銘打った『Steins;Gate 0』、
科学ADVとは似て非なる新機軸ソフト『Anonymous;Code』の4作品が発表されている。

科学科学の科学祭りだったので、
ここで現在アナウンスされている科学ADVシリーズの新作をまとめると

『Occultic;Nine』(志倉千代丸氏の小説をゲーム化。アニメ化予定。)
『スペシウム少年』(円谷プロダクションとの合同作品)
『Steins;Gate0』(『Steins;Gate』のナンバリング新作。これもアニメ化予定。)

の3作品が予定とされている。
これに加えて実質的に新作といえそうな『Anonymous;Code』も来るとなると、
“本編級”の乱発でシリーズのブランド価値が疲弊してしまうのは目に見えているし、
とりあえずなんでもかんでもアニメ化ゲーム化メディアミックスの乱発では
ファンも流石に偏食で胃痛を起こしてしまうのでは…と不安にならんこともなし。
『Occultic;Nine』はアプリなりDL専売なりのコンパクトな市場向け、
『Steins;Gate0』は外伝(それでも食傷だけど)でのリリースなら、
まだバランスは取れていそうな気がするので、もう少し分散させて欲しかった、かな。

そもそもMAGES.自体は科学ADVシリーズに限らず、
『コープスパーティ』『パンチライン』(中澤工氏がDでゲーム化も決定しました!)
『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』『ミステリートF 探偵たちのカーテンコール』と
なんだかんだで予定されているラインナップ自体は豊富にあるわけだし、
こんなひとまとめに『天誅4』~『6』を連続発表!みたいなことをせず、
もっとバリエーションを感じれるような発表ができていれば印象は良かったんじゃないかなと。

個別にタイトルへ触れてゆくと


『Chaos;Child』

移植そのものは良いと思うんです。
問題は半年で発売に至ってることだと思うんです。
そりゃまあ、開発キット云々のメーカー側の言い分はあるのだろうけども、
それをユーザーがどう受け止めるかは今のところXboxOne独占の
『サイコパス』『ミステリートF』で表面化するんだろうなぁと思うんです。


『Occultic;Nine』

ゲーム化・アニメ化に足る作品かというと読んでないから知らんです。
オカルト&科学検証ものは『流行り神』シリーズと被るとはいえ、
ネタとしては私はゾンビもの並にお定まりのパターンが築かれた
オタクジャンルだと思っているので、ベタにベタを楽しめるものに期待。
問題は科学ADVシリーズである必然性を感じないことだけども。
個人的にはシステムちゃんと作って3DSあたりで展開されれば面白そう…
と思うんだけど、それをできないのがMAGES.のADV観なんだろうなと。


『Steins;Gate0』

『比翼恋理のだーりん』にしようと『線形拘束のフェノグラム』にしようと
アニメ化と合わせてポコポコ生まれたメディアミックスにしようと許されていたのは、
いくら蛇足をバラ撒いたところで『Steins;Gate』内で話は完結していたから。
本気で『Steins;Gate』をブランドとしてシリーズ化させることを考えたなら、
初代で役割を明らかに終えているキャラクター達の入れ替えは、必須だったのでは。
少なくとも私にはこれが正統続編で他が外伝である差がわからないし、
『Steins;Gate』という鰹節を剃って料理を作っているとしか思えない。
まあ設定を刷新した『Steins;なんちゃら』をあとあとやる可能性はあるんだろうけども、
出るとしても数年後では、もう流石に今更という扱いになっているだろうし。


『Anonymous:Code』

科学ADVシリーズとは別枠という趣旨の発言がなされていたが、
文脈や言い分からして消費者は『DarkSouls』と『BloodBorne』くらいの違いしか
(よほど大きな差が示せたなら別だけど)認めてくれないんじゃないかなと。
末広がりなマルチシナリオ構造(世界線)とは異なり、
縦軸のシナリオが展開する(世界層)のが独自性だそうだが、情報がなさすぎて特には…。

『大逆転裁判』の発売日が7月9日で決定。



情報露出の間隔からして夏なんだろうなと思っていたら夏でした。
携帯機か否かは不明だが任天堂の新ハードNXがもし携帯機だとしたら、
逆転シリーズはこれか次の一本あるかの線で3DSは打ち止めになるんじゃないかなと。
裁判パートの新システム「陪審バトル」も公表されていますが、
これはどう見ても『レイトン教授VS逆転裁判』の「群衆裁判」の発展系。
設定の刷新を含めて案外影響大きかったですね、『レイ逆』でワンクッション入ったことは。

【コメント】
『人狼ゲーム』『ドグマツルギー』ともに駄作でした。ちゃんちゃん。
いや、ニュースじゃないのですが、あまりにも酷かったので取り上げた責務で警報だけは…。



Twitterボタン
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
【期待のアドベンチャータイトル2015】

1『大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-』
メーカー:カプコン 発売時期:2015年予定 プラットフォーム:Nintendo 3DS



氷河期真っ只中のミステリーADV界では数少ない国産大作とあって
おそらく3DSオーナーなら大体がチェック対象であろうこの作品が暫定で今年の看板。
既存のシステムでやれることは『逆転裁判3』でやり尽くしてしまったこともあって
内容的には停滞ムードが漂っているのがこのシリーズの現状でもあるので、
世界観を大幅に刷新した本作は「マンネリ打破」のお題目も背負っている、はず。

シャーロキアンは引いているであろうワトスン(8歳)像をどう受け止めるかは置いておいて、
探偵パートに新システム「共同推理」(ホームズの推理を補足訂正するシステム)が導入され、
画面にアングルの概念を積極的に取り入れている…のが新しさに繋がると良いんですが。
ゲーム的に複雑な構造や手順はまず望まれていないシリーズなだけに、
情報のない今は巧舟さんが高い完成度でまとめてくれることに期待としか。

2『ミステリートF 探偵たちのカーテンコール』
メーカー:MAGES. 発売時期:未定 プラットフォーム:Xbox One



発表から待たされた末に「つづく」で終わった前作より約10年、
引っ張りに引っ張られ原作者の逝去という形で本当に終わってしまったと思われた
『ミステリート』の続編は発売日未定なんだけども、一応。
「完結編」「原案:菅野ひろゆき」「製作総指揮:浅田誠」
「開発アーベル」「キャストの大幅刷新」などが判明しているが、
肝心のシステム的な部分についての情報はまだ不明なのが取り上げ辛いところ。
『1』との同時収録なので大幅な変更は加えられていないと思うけども。

3『Life Is Strange』
メーカー:スクウェアエニックス 発売時期:国内未定(海外では1月30日より順次配信)
プラットフォーム:PlayStation4/3/Xbox One/360/PC



最近は海外向けのADVに熱心なスクウェアエニックスが仕掛ける
エピソード形式で分割販売(全5話)されるタイムトラベルを題材としたADV。
ちなみに開発はフランスのゲームスタジオDONTNOD Entertainmentが手がける。
ゲームシステムは一般的なポイント&クリックにアングルを取り入れたグラフィックADVもので、
QTEや分岐要素が気持ち入っているゲームなんだそうな。おそらく没入感優先系ですね。

海外発のエピソード配信系ADVは最近増えている傾向にあるとはいえ、
Telltale Gamesが新作をモリモリ発表しようと『Grim Fandango』がリメイクされようと、
ローカライズされる例は極まれなので期待できるかは微妙なところ。
まあパブリッシャーが国内メーカーなのでやってくれる…と良いなぁということで。
ちなみに海外ではそこそこの評価を頂戴しております。

4『ドグマツルギー ouverture』
メーカー:ベアーズスタジオ 発売時期:2月16日(PSVita版は今春)
プラットフォーム:PlayStation Vita/iOS/Android



大穴枠でダウンロード専売ものをひとつ。
「ドラマツルギー」なる古書をめぐるオカルト系パニックホラー。
…という一本筋のみでプロモーションが終わっている正真正銘のシナリオ勝負系で、
潔いほどゲーム性の部分は不透明のまま発売を迎えつつある。
ものごっつい『Steins;Gate』から影響を受けている点は目をつむるとして、
企画そのものの特徴としては「ユーザーフィードバック」を掲げている点で
ユーザーの反応が今後の展開に取り込まれてゆく、つまり「ライブ」であることが売り。
プレイヤーの意思が展開へ介入する意味では分岐と位置づけはほぼ同じだと思うが、
ユーザーの欲求がより反映しやすい点では、今までのものと違った展開がある、かもと。

ちなみにPSVitaの配信系では『人狼ゲーム』もあるんだけども、
『次の犠牲者をオシラセシマス』と同じ顛末になるとしか思えなかったのでスルー。

5『NightCry』
メーカー:ヌードメーカー 発売時期:未定
プラットフォーム:PlayStation Vita/iOS/Android



国産では数少ないポイント&クリックのホラーゲームとして知られた
『クロックタワー』シリーズの文脈とスタッフを受け継いだホラーゲーム。
ブロンド美女がドレスを着て徘徊するビジュアルから見て洋ホラーのお約束踏襲路線か。
インディーズとは言えローテクとしか形容しようのないグラフィックスから察するに
土俵とするところはカルトホラーなので、それっぽいのを一発お見舞いしてくれることに期待。
いや、「その路線は『Red Seeds Profile』で『D4』だろ」という声が聞こえてきそうけども。

6『Until Dawn -惨劇の山荘-』
メーカー:SCE 発売時期:2015年予定 プラットフォーム:PlayStation 4



カルトが『NightCry』なら、AAAホラーという意味ではこっちにも注目。
とある山荘で休暇を過ごす8人の男女にレザーフェースライクな殺人鬼が襲いかかる、
というスプラッタ映画をそのままゲームに持ってきたようなベタさが実に王道な作品。
元はPSMove対応で作られていたこともあり、QTE的なリアルタイムな操作が求められる…
ような雰囲気がPVを通して確認されているが、具体的なゲームプレイは今のところ不明。
ただ『HeavyRain』の様な映像的アプローチが取られる雰囲気ではある。

8人それぞれの視点でプレイでき、キャラクターの行動が他のキャラクターへ干渉しつつ
エンディングも変化するという「バタフライエフェクトシステム」も売りなので、
それの完成度がどの程度のものか、というのも本作の見所になりそう。
一見『街』的な群像劇だが、目指しているところは『弟切草』チックなだけに、
海外がアレをどこまでもリッチに作ったらどうなるのか、という点でも気になる。

【コメント】
ワトスン(CV長門裕之)
どうでしょう。Frogwares作品が吹き替えされたらやって欲しい。無理だけど。

シャーロック・ホームズの冒険 全巻ブルーレイBOX [Blu-ray]



Twitterボタン
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇