アドベンチャーゲーム研究処

アドベンチャーゲーム(AVG・ADV)の旧作から新作まで、レビュー+紹介を主として取り上げるブログ。(更新は不定期)
取り上げる範囲は家庭用のみです。

当ブログは長文が中心で少々見にくい部分があるので、このスペースで誘導を行いたいと思う。

コラム特集など、自コンテンツはこちら

ADV売数はこちら 売情報やニュースはこちら

作(SFCPS)の紹介は、こちら

DSソフトの紹介はこちら PSPソフトの紹介はこちら

Wiiソフトの紹介はこちら PS2ソフトの紹介はこちら

XBOX360ソフトの紹介はこちら

アドベンチャーゲームの総合情報なら

「アド研Wiki」を。

相互リンクも募集中です。希望の方はコメントしてください。

$アドベンチャーゲーム研究処-アドベンチャーゲームの値打ち
アドベンチャーゲームの短文レビュー集。見解をパッと見たい方向けの記事。

テーマ:
【概要】
あけましておめでとうございます。(時間差攻撃)

【最近プレイしたアドベンチャーゲーム感想集】

ネットハイ

 近年はオリジナルゲーム企画の絞込みによる安定路線をつき走っていたマーベラス(以下MMV)が仕掛ける、インターネットカルチャーを題材とした新規タイトル。どこかしらで見たシステム・演出テンポに、ネットノリへ露骨に擦り寄った情報露出、そしてそれを隠す気のないあてこすり上等な態度で家庭用冬の時代に殴り込みをかけるもセールス的には撃沈。無責任な絶対正義とタブロイド的なガス抜きを源流としたインターネットの炎上・特定サイクルをテーマとすることもあって、どこまで危ない橋を渡れるかも見所…かと思いきや、そのへんはかなりマイルドにしてあるので安心して御子息へプレゼント可能。

『ネットハイ』 56

 キャラデザから放たれる安永航一郎臭からの「こういうの流行ってるんでしょ?」的な企画意図のあけすけさが、どことなく00年代後半からの駄目駄目なサンデーを彷彿とさせる。しかし落ち着いて欲しい、これこそ僕らの好きだった、まだ死にたくなかった頃のMMVではないかと。さあ皆さん、500円を片手に『王様物語』でも『サクラノート』でも『悪逆の季節』でも良いから中古屋さんのワゴンコーナーから救い出してあげてください!ゲーム内容的には「モデル借用の割にはしっかり作ってある」という青写真に沿って、それなりにお金と手間をかけているリッチコンテンツで、決して遊べない出来ではないんだけど、特定することであらわになるキャラクター像崩壊への振り幅が極端だったり、相手のステレオタイプな主張に対する反論もまたステレオタイプにすぎなかったり、特定・炎上を陽動するサイクルを表現できていないシステムだったりを通じて、作品としてのオリジナルのなさが浮き彫りになってくるのはしょっぱい。否、このしょっぱさこそ僕らが好きだったあの味のはずだ。

【PS 4版】 STEINS;GATE 0 【初回封入特典】PS4版「STEINS;GATE HD」DLCコード同梱

 まーた『シュタインズ・ゲート』の派生作品が増えました。初のナンバリングタイトルを銘打った雨後の筍で、今までメディアミックスとして展開された来た外伝作品を下敷きにしたゲーム化でもあるそうです。新作にして初代『シュタインズ・ゲート』のPS4版をDLできるコードが初回特典な時点で何かを察するべき。

『シュタインズ・ゲート0』 52

 ナンバリングというよりファンディスク。なのは発売前からみんな察してたろうし、評価の出揃った現在では今更な話。ギミックやモチーフの変化こそあれ、やっていることが過去のヒット要因をなぞった縮小再生産にすぎない意味では、ここが『シュタインズ・ゲート』というコンテンツのゴール・飽和点ということでいいんじゃないでしょうか。作品がしたいのなら、素直に『Anonymous;Code』か『Steins;何某』の登場を待ちましょう。



 ポケモンの世界観をベースとしたバディ系の探偵ゲームであり、恐らく『えいごで旅するリトル・チャロ』以来の国内メーカー開発による任天堂産ADV。未発表時点でNHKのドキュメンタリー番組に制作現場が紹介されたことで話題となった作品だが、発表自体は配信1週間前からゲリラ的に行われており、特に初出のトレーラーで大谷育江の甲高い「ピカチュウ」のイメージを覆す大川透ボイスの「ピカチュウ」が公開されネットで注目を集めていたことのほうが記憶に新しいか。

『名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~』 44

 カートゥーンを地で行ったビジュアルから海外売りのムービー主導系かと思いきや、蓋を開けてみるとゴリゴリの『ふぁみこんむかし話』路線で、血脈としてはちゃんとした任天堂産のADV。大川透ボイスのピカチュウとのコミュニケーションが売りなんだろうけども、スキップ不能なムービーをいちいち聞かされるのは(そりゃ大川ボイスは好きだけど)鬱陶しい。探偵ゲームとしてのテンポは導入~中盤までフラグがヌルめな作品にありがちな「やらされている感」が漂い、ストーリーラインもはっきり言ってつまらない。後半盛り返し気味だったので次回作に期待。

ライフ イズ ストレンジ

 スクウェアエニックスの仕掛けるタイムリープを題材とした青春SFミステリ。開発は『Remember Me』(日本未発売)を手がけたフランスのゲームスタジオDONTNOD Entertainment。「AAAとインディーズの中間の立ち位置」とされ、海外ではエピソードごとの分割販売形式で配信がなされた。販売は国内パブリッシャーということもあってか、海外産ADVのローカライズとしては珍しく全面吹き替えがなされているのも特徴。

『Life is Strange』 60

 ゆったりとした画面作りで等身大の人間を描きたかったのは解るんだけども、ゲームプレイまでゆったりされると(近代ゲームの暴力性に対するアンチテーゼ的な)志しの押し付けに見えてしまいがち。いや確かに、盛り上がるところは盛り上がるし、タイムリープのギミックもなかなか楽しい。ゲーム的な出来は決して悪いわけでもない。こういう展開が想像の外側には到達しない〝ベタさ゛はネットで絶賛されるパターンなんだけど、クリックに対するレスポンスがいちいちフルボイス・アングルありというテンポの悪さが、やらんとしていたことをスポイルしている気がして仕方ない。話もキャラクターの掘り下げも立ち上がりが遅く、ゲームプレイと二輪でダルさを誘ってくる前~中盤を耐えれるかは、恐らくこのタイトルにおける最大のハードル。映像やろうとしているのに、ポイント&クリックしすぎてるのがアダとなっているのでは。

ファタモルガーナの館

 2013年に同人ゲームながらシナリオ・音楽演出・世界観などの高い完成度からクチコミを呼び、現在進行形でメディアミックス・外伝展開がなされている作品。昨年はiOS移植も行われたが、配信当初は大量のバグでまともに遊べなかったことでも話題になった。

『ファタモルガーナの館』 60

 インディーズ界隈で評価は知っていたので、かなり期待してプレイしたものの、正直肩透かしだった一本。確かに構造的な物語として見ればかなり手が込んでいるんだけども、トリックに固執しすぎて本当に描きたかったであろう人物造形や心情描写がどこまでもクドく映るあたり、本末転倒な印象を覚えずにはいられない。構成上の参考にしたと言われる『ダンガンロンパ』よりもむしろ、長所・短所ともに打越鋼太郎的なそれをアップグレードさせたような印象なので、5pb.あたり後ろ盾について海外輸出したら案外受けるのかも。



 2012年頃に解散(推定)したワークジャムのスタッフが再結成して仕掛けるサスペンスアドベンチャーゲーム。事前登録の特典に神宮寺三郎をゲストとしたクロスオーバーエピソードが配信され、探偵ゲームとしては「その血脈」であることが強調された作品だったものの、ゲームシステムそのものはチケット制による基本プレイ無料のそれ。

『イヌワシ うらぶれ探偵とお嬢様刑事の池袋事件ファイル』 評価不能

 ソーシャルゲームは課金するか否か、額によってゲームプレイの印象が変わるので買い切りと並べての評価対象にはしてません(念押し)。キャラがステレオタイプで魅力薄とか、展開がありきたりな上に人間関係の過程の描写がなさすぎるとか、そういうことは思っていても書きません。書きません。

【コメント】
駄目駄目いっても『ネットハイ』ちゃんが可愛いのが伝わってくる記事ですね。
バーチャルネットアイドルゆきはヒッピー田中Pとマーベラスエンターテイメントを応援しています。



Twitterボタン
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【TGSまわりで気になったADV情報】

1.『Life is Strange』の日本ローカライズが決定。



ということで、海外にてエピソード形式で配信がなされ
10月20日には最終話が配信される予定の『Life is Strange』のローカライズが決定。
プラットフォームはPS3/PS4/PCで、セリフは吹き替えで行われるそうな。
(小規模チームの配信ものなので文字数は大作より少ないとはいえ、
 翻訳を含めて手間がかかるはずのジャンルなだけに吹き替え有りは嬉しい)
発売日は未定だけども、早くて年末でしょう。配信かパッケかも未定なので詳報が待ち遠しい。

発表時から海外開発には珍しい日本人受けしそうなグラフィックスと、
青春群像劇のテーマやタイムトラベルというモチーフから注目していたタイトルで、
海外でも評価はメタスコアを見る限りでは上々

「Episode 1 - Chrysalis」 メタスコア 75 ユーザースコア 8.2
「Episode 2 - Out of Time」 メタスコア 78 ユーザースコア 8.2
「Episode 3 - Chaos Theory」 メタスコア 81 ユーザースコア 8.1
「Episode 4 - Dark Room」 メタスコア 81 ユーザースコア 8.3
「Episode 5 - Polarized」 10月20日配信

(リンクはChoke Pointさんの日本語レビューに飛びます)

のようなので、ドラマ重視な作りから考えても出来は手堅いものになるはず。
というあわいアンパイ願望(案外はずれるのよね、これ。)と、
予定表上では『ドラゴンクエストⅪ』『ファイナルファンタジーⅩⅤ』
『龍が如く6』と国内での訴求力を持つPS4専用ソフトが来年登場し、
いよいよPS3の切り捨てが進みそうな国内の据置き機情勢に比べ
貧弱すぎるADVラインナップ充実への期待を込みコミで見守りたいかなと。

いやまあ、日本のスタジオでアクション性の薄いフル3DのADVを
据え置き機向けに出すトコなんて、まずないだろうけど。
噂されるクアンテッドドリームの新作を筆頭に海外ではADVは復調しているので、
国内でローカライズされる土壌くらいは残って欲しいじゃないですか。
例えその結果の一つが『アンティルドーン』の暗転騒動であっても。

2.『極限脱出』シリーズの新作が発表。海外では2016年夏に3DS・PSVita向けで発売。

極限脱出 9時間9人9の扉極限脱出ADV 善人シボウデス

「以下続刊」で終わってはや3年、ついに落とし前をつけることが決定。
国内興業だけでGOサインが出るようなセールスの作品ではないので、
海外の高評価が続編を後押しした『THEビッグオー』パターンでの登場となり
(そもそも海外主導でないなら、こんな発表経緯になるわけがないケド)、
「ライト向け」のお題目でDSブーム時に企画された一連の作品陣の中でも
かなり特殊な着地点となった…と言って良いでしょう。

最長寿の『神宮寺三郎』さえ消息不明になってしまった昨今の家庭用向けADVでは
レアケースとはいえリッチコンテンツで勝負してくれる土壌があるのはありがたいのだが、
グローバル路線へ色気を出しすぎないか心配でもある。(ビッグオーも尻切れトンボだったし)
もともと国内ADVノウハウの簡易版であることが海外ウケしたソフトであり、
『善人シボウデス』時点では打越さんも自覚的だったので、
それほど変なことにはならないと思いたい。でもあの風呂敷は包まれないと思う。実績的に。

キーワードになるであろう「#4infinity」は恐らくインフィニティシリーズの4作目という意味。
つまり『12RIVEN』はなかったことになったんだよ、なんだってー?!
4ルートで視点切り替えか、4ルートを行き来する構造になるのが有力なセンでしょう。
ループをシナリオで描く可能性もありますが、海外ウケはもうしないと思う。

3.『NewダンガンロンパV3』がPS4・PSVita向けに発表。


のぶ代ボイスが恐らく諸事情でなかったであろうPV。

そうです。どうせ作ってるだろうと誰もが思っていたので、
PS4でも出ることを除けば「まあ、そうなりますわな。」で終わりなやつです。
こちらも海外では死に体のVita独占にして20万本を販売しており、
メジャープラットフォームのPS4へシフトすれば恩恵は大いにありそうだけども、
はたしてあっちで「平面的な画面を据置きで」という流れが生まれるかはナゾ。
PVの最後には「And more...」と更なる派生を匂わせていたので、
『絶対絶望少女』路線も仕込んでいる可能性がないこともなさそう。
PS4で仕掛けるなら『絶対絶望少女』路線は大いにリッチへ舵取りしてもらいたいが、
肝心のスパイクチュンソフトにそんな開発能力があるとは思えないのが悲しい現実。
いや、『絶対絶望少女』の海外レビューは言うほど悪いわけでもないけどね。

4.『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』リメイクの対応プラットフォームはPS4・PSVita。2月18日発売予定。

この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO

『ミステリートf』はどこいったの。

現代感覚へリメイクしていることくらいで新規要素も目立ってはない作品とあって、
プラットフォームがPS4・PSVitaだったことくらいしか気になるようなことはござらん。
大コケしたとは言え、XBOXOneへユーザーを誘導しながらマルチ切ってるのはどうかと思うが、
その落とし前も現在進行形でつけているところなので、頑張ってくださいとしか。
貴方、『パンチライン』が今冬発売なことを覚えていますか?愛、覚えていますか?海、その愛?

5.『逆転裁判6』が3DS向けに発表。2016年発売。



サイクルから考えて発売は来年の夏頃でしょう。
『4』の不評でキャラクター・物語の自由度が圧倒的に落ち込んでしまっている上に、
紆余曲折を経て本編を外伝のスタッフが、新機軸を本編スタッフが手がけている関係で、
近作は「どれだけ美しい蛇足になってるか」が評価基準になっているように感じるし、
舞台の刷新や新システム、難易度の選択制が導入された今回も
それを打ち消すような要素は正直見つからなかった。言ってしまえば時計の針が動いてない。
かといって『大逆転裁判』もあの有様なので、シリーズ的には大事な局面なのやも。
『逆転検事2』の奇跡ワンスモアと願いながら詳報を待ちます。
アニメ化は新規エピソードの可能性はあるだろうけど、
よほど作家性の高いクリエイターでないかぎり着地地点は黒田研二版かなと。

【コメント】
思ってたよりは情報はあった気がします。



Twitterボタン
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
ということで、クリアしました。
『逆転裁判』といえば近年はキャラクターに振り回され、
『1』~『3』の蛇足に陥ってしまっているのは誰もが感じているところで、
原作者の巧舟さんが監督・脚本し、世界観も大幅に刷新し仕切り直しを図った本作は、
新しい形の『逆転裁判』を示すことに期待がかかっていたと思うのですが…
最後まで遊んだ印象としては、続きものとしての迷走だった『4』『5』とはまた違う、
大作化とマンネリ打破のために無駄な要素をつめこみ過ぎて、
ゲームとしてのシャープさに欠く、力不足で『1』~『3』に負けた作品といった感じ。

まあ具体的な話は各話の感想へGO。
ネタバレしているので、クリアしている人だけ読んでください。

1話『大いなる旅立ちの冒険』

シチュエーションや証拠品のギミックなどは『1』~『3』からの引用が見て取れ、
初代シリーズへのオマージュが見られる本作でも群を抜いてファンサービスにあふれる回。
チュートリアを必ず挟むシンセツさと解りきってる事件構造からテンポの悪さが誘発し、
終始「お約束」に付き合わされている感が漂っているのは残念。
決めポーズを決めるために回りくどくなる巧さんの悪い癖が出てしまったかも。

ストーリーネタバレ
流れとしては亜双義一真との友情の強調、掘り下げが主要だが、
本筋的には「ジョン.H.ワトソン」が謎の女に殺された回。
犯人は聖典でワトソンの肩(のちに足)を打ち抜いた銃が元ネタのようだが正直覚えてない。
ネタ的にはひねりがなさすぎ・展開が回りくどすぎて眠気を伴ったくらいなので、
いっそこの話で亜双義が犯人or死亡くらいのことしたほうが良かったんじゃないかと。

2話『友とまだらの紐の冒険』

「シャーロック・ホームズ」でも有名なナンバーに入るであろう
『まだらの紐』のプロットに対するパロディが色濃い回。
「まだらの紐」の正体がなにかでミスリードを誘う試みは意欲的だが、
聖典では蛇だったことを冒頭で示唆しているとはいえ、
元ネタを把握していないと解りづらく、トリックのしょっぱさもあって練り込み不足を感じる。
ゲーム的には本作の目玉要素とされた「共同推理」がお披露目されているものの、
演出過剰と多セッション化でテンポが明らかに悪く爽快感が伴っていないのは残念。
システムとして見みても、ポイント&クリックで新情報を探すだけなので、
そもそも爽快感とは無縁な捜索系のパートと言えなくもない気さえする。
まさかの裁判パートのカットもあって、1話と統合もしくは割愛できたであろう回という印象。

ストーリーネタバレ
恐らく展開上では殺す必要があったんでしょうが、被害者の死亡理由が意味不明。
『まだらの紐』のシチュエーションで一本やりたかったのは解るけども、
箱の中身が猫、まだら紐は猫じゃらし、ただし殺害理由上それである理由はなしと来られては、
話として「パロディしたかっただけ」で終わってるようにしか映りえない。

3話『疾走する密室の冒険』

お話的にはこれが実質1話目。
というより1話目にもってくるべきだったエピソード。
バランス取りなのか今回は裁判パートオンリーとなっており、
『レイトン教授VS』でお馴染み陪審員による採決・新要素の最終弁論が登場。
事件のプロット、討論の焦点、調査の手間などは適切なサイズにまとめられ、
最終弁論の流れもちゃんとプレゼンテーションできているため、
1話の裁判パートで感じた討論のテンポの悪さは影を潜めている。
ユーザーの求める『逆転裁判』のクオリティに到達できているのでは。

ストーリーネタバレ
消化不良のまま終わっちゃうけどプロローグとしては不満は見当たらない。
証拠品の捏造ネタは『4』以降デリケートな話題になっているだけに、
「プレイヤーキャラにスティグマを負わせる」役回りをやりきった
コゼニー・メグンダルのキャラクター性は高く評価したい。
死亡してもなお存在感を維持できた意味でも、彼は本作のMVPと言える。

逆に、この回で初顔合わせとなった「死神」の異名を持つライバル検事のバンジークスは、
反証をほぼしないし、言い分を通すのもほぼ無策なのだから、印象がほぼ残らない。
というノーガード戦法で、シリーズ屈指の影が薄いライバルキャラになっているのが残念。
まあ伏線だけは大量にあったので次回作で覆す可能性もあるだろうけど、
そこは小出しにせず個性として昇華してくれないことには討論ゲームとしてつまらない。
ハッタリな余裕が見せたゴドーや、グラフィックだけでも威圧感のあった狩魔豪のような
強烈さと手ごわさが伴ったキャラクター造形は尺が短くても過去作ではできていたはずで、
如何に次回作前提の作りとはいえ、もう少し言動なりなんなりに色がつけれたのでは。

4話『吾輩と霧の夜の冒険』

立ち位置で言えば「逆転のトノサマン」「逆転サーカス」のような本筋とは関係ない回。
盛り上げるための無理なミスリードやご都合主義は逆転名物とはいえ、
裁判パートでは「明らかに事件とは無関係な反証をさせられる」展開が散見され、
「逆転する爽快感を与えたい」というより「逆転する展開を見せたい」が先に来ている印象。
もちろん、そういったプロレスは過去作にもあったけども、
この台本はあまりにも回りくどく、その割には尻すぼみでしょう。
また、この辺りでキャラクターのデザイン・造形が寓話チックのピークを超えた感があり、
『逆転裁判』というより『レイトン教授VS.』の画にしか見えなくなってくるのも厳しい。
やはり『レイトン教授VS.』でワンクッション入ったのは失敗だったのではと思わなくもなし。

ストーリーネタバレ
まず最初に、パッケージ内では一番つまらなかったです。
オチは「窓から落ちたナイフが刺さった不慮の事故」だったわけなんだけども、
過去の『逆転裁判』なら如何にご都合主義でもそんな箸にも棒にもかからない結末は避けて
ちゃんと「窓から落ちたナイフで刺した真犯人」が登場していただろうし、
「大逆転」を名乗るなら、そこから更に二転三転して欲しかった。
少なくとも、「本当にナイフを投げて落ちた」のかの証明と、
「それが偶然刺さった」なんてことは起こり得るのかを説明されないことには納得できないし、
これではオバちゃんを冤罪にして終わる「逆転のトノサマン」みたいに映ってしまう。
まあ、未回収な伏線があるので『2』でフォローする可能性はないわけではないけど、
パッケージとしてそれは通用しないとしか思えないのが正直な話。

5話『語られない物語の冒険』

日常の風景から生まれた謎が事件へ発展する流れが今回では最もホームズっぽい。
ここに来てようやくレギュラーキャラクターが出揃い、
『大逆転裁判』のカラーがはっきりしてくるので、
3~4話目くらいの通常回なら評価されたんだろうけど、残念ながら最終話。
しつこいくらいに発生する「ツッコミフラグ」「最終弁論」はウザったいけど
証言部分は展開に即した討論ができているし、
キャラクターも4話のような世界観の崩壊は起こしてないので、
『逆転裁判』として一定のクオリティで楽しめるはずなのですが、
いかんせん膨大な量の未回収な伏線の前には「盛り上がりに欠く」という評価しか頂戴し得ず。
『大逆転裁判』らしさを示せ始めた回だけに、時既に遅し感はあると思う。

ストーリーネタバレ
この回はグレグソン警部の裏切りが最大の見せ場。
レギュラー格の刑事キャラが裏切る構成には『5』との重複を感じた方もいると思うけど、
真犯人=ラスボスだった番刑事と比べると伏線としての裏切りという意味合いが強く
捜査のためなら無実の人間も陥れる冷血漢という意外性をついたキャラ付けができているし、
グレグソン警部は聖典が元ネタにあるだけに「容疑性が薄い人物」に映っていたので
(仕掛けとしては『まだら紐』と同じだけど、こちらはあくまで補助的な立ち位置だと思う)、
ミスリードにメタ要素が絡んでいる印象で、個人的には『5』よりも展開的に面白かった。
犯人のモーションが実は三兄弟のそれと合致しているオチも逆転らしくて好きだけど、
決め手の「ネコトビラ製造機」が如何にもご都合主義なのも逆転らしさで、
ラストが過去作を想起させる展開なのを含め「らしさ」に振り回された印象もある。

大逆転裁判 -成歩堂龍ノ介の冒險-

評価:50

 次回作前提の作りで尺稼ぎが必要だったのか、エピソードが間延びした印象は色濃く、締りの悪いパッケージになってしまっているのがただただ残念。未完であることが批判の槍玉に挙がっているけども、伏線未回収のADVなんて珍しい話ではないわけだし、ここまで不満の声が大きいのは本編の不出来が根っこにあるのでは。画面のリッチ化やボリュームの増量が内容の悪化にしか結びついていないあたり典型的な大作志向に陥った失敗作なんだろうけど、じゃあ凄くつまらないかと言うと本筋はそれなりに遊べる。かといって繰り返すほどでもないのが微妙。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。