商売繁盛心理学!講演会依頼人気講師・酒井とし夫

講演依頼年間100本超!の人気ビジネス心理学講師・酒井とし夫が集客、広告、販売促進、ビジネスコミュニケーションに役立つ商売繁盛のための心理学スキルとノウハウを紹介します。

☆ビジネス心理学講師・酒井とし夫 651☆
【仕事がくる秘密】

「酒井くん、葉書を書きなさい」
と10年ほど前にある経営者の方に言われました。

「葉書を書くと仕事がくる」
と教えて頂きました。

正直に言うとその時はこう思っていました。
『葉書で仕事が来れば、苦労しないでしょ・・・。』

実はそれまでも私はわりと葉書を書く方だったと思う。
キーパーソンに会えばお礼状として葉書は書いていた。
その人だけに
「先日は貴重なお時間を頂きありがとうございました。」
とは書いて葉書を出すことはあった。
でも、それが仕事につながったかというとそうでもなかった。

そんな私がある時から一度に20枚、30枚、50枚と葉書を書くようになった。
それは講演を初めてから。
講演に行くと多いときは50枚以上名刺交換をするけど、名刺を頂いた方にはほとんど葉書を送る。

するとね、不思議なことが起こり始めたんだ。
なんと
「葉書を書くと仕事がくる」
ですよ。

もちろん、葉書を書いた全員からは仕事は来ない。
それはない。
でも、間違いなく来る。

このメルマガの読者さんは2万人以上いるけど、2万人の人全てが私のDVDを買ってくれたり、セミナーに参加してくれたり、コンサルティング・コーチングに申し込みをしてくれるわけではない。

でも、数パーセントの方はDVDを買ってくれたり、セミナーに参加してくれたり、コンサルティング・コーチングに申し込みをしてくださる。

これはセールスの問題ではなく
確率の問題だ。

お店に来店した人の全員が物を買うわけではない。
ある一定割合の人が購入してくださる。
確率の問題である。

私は講演をするたびに20枚、30枚、50枚と葉書を書く。
月に5回講演があったら最低100枚の葉書を書くわけである。
それが一年続くと1000枚を超える。
だから、
「葉書を書くと仕事がくる」
のだ。

もちろん、
「仕事をくれ~!仕事をくれ~!」
というモードで葉書を書くわけではない。

講演会に参加頂き、ご丁寧にも名刺交換をして頂いた方に感謝の気持を込めて書くのであり、
「ぜひ、仕事をください!」
と書いているわけではない。

でも、そんなことを書かなくても
「葉書を書くと仕事がくる」
んである。

今日の記事を読んで普段から葉書を書いている方は
大きくうなづいてくださっていると思う。

「では、いったい何枚書けば仕事が来るのだ?」
・・・そりゃ、分からん。

でも、確実に言えるのは
【書かなきゃかなり損をしている】
ということである。



仕事や人生で好運を引き寄せる方法動画はこちら

酒井とし夫の公式サイト
酒井とし夫の講演詳細・実績サイト
酒井とし夫の公式フェイスブックページ
酒井とし夫の個人フェイブック
リーダーシップ研修会講演で人気講師・酒井とし夫殿堂入り創刊7年目の酒井とし夫のメルマガ
酒井とし夫のYoutubeチャンネル
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

admarketingさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります