努力を認めて欲しい

テーマ:

以下は、自慢でも何でもありません。

 

私にとって切実な悩みです。


 

弁理士として仕事をしていても、本業以外の活動をしていても、私はそれなりに良い評価して頂くことが多いようです。

 

それ自体は、とても嬉しいこと、有り難いことだとと思っています。

 

でも、その評価を素直に受け入れられないときがあるんです。

 


何かの「お役目」を与えられれば、私なりにどうすればその「お役目」をキッチリ遂行できるか、必死に考えます。

 

あらゆるパターンを想定して考えて考えて考え抜いて、緻密な計算をした上で行動します。

 

結果として、それなりに上手くいきます。


 

よく言われます。

 

 それはアッカーだからできるんだよ~

 

この言葉を言われてしまうと、私はもう何も言えなくなります。

 

 

裏の意味として、その人から「それは私にはできないよ~」と言われているように感じます。

 

ひねくれた見方をすれば、「できない人の気持ちはお前には分からないだろう~」と言われている気もします(実際にそういう趣旨のことを直接言われることも多いです)。

 

なので、褒め言葉として素直に受け入れられない。

 

 

私の(能力ではなく)努力を認めて欲しい...


 

この気持ち分かって頂けるかな。

 

やっぱり自慢に聞こえちゃうのかな。

 

 

にほんブログ村ランキングに参加しています音符

よろしければワンクリックをお願いしますラブラブ

 

    にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ          にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

↑OUTランキング↑ ↑INランキング↑

 

ひので総合特許事務所(埼玉県・大宮)
代表 弁理士 赤塚正樹

AD

コメント(4)