遅ればせながらだと思いますが、今この本を読んでいます。

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

※画像はamazonサイトより引用

 


私は本を読むのが大の苦手なのですが、この手の自己啓発本はそれなりの数を読んできました。

 

その中でも、この本は久々のヒットになりそうです。

 

今は2/3ほど読み終えている段階ですが、少なくとも私の基本的な感性に近く、スーッと受け入れられる感じです。

 


でも、私は1回しか読まないと思います。

これまで読んだ本も、(あとで特定部分を読み返すことはあっても)通しでは1回しか読んでいません。

 

もちろん1回読んだだけでは、この本のエッセンスの全てを吸収することはできませんが、それでいいんです。

 


納得できない部分や頭に残らなかった部分は、私にとってそういう評価なのであって、何度も読み直して吸収する必要はないと思っています。

 

よく、特定の本を「バイブル」のように何度も何度も読んだり、常に持ち歩いたりする方がいらっしゃいます。

 

それ自体を否定するものではありませんが、どんなにいい本だとしても、私には、その全てを盲目的に受け入れるということができません。

 


要するに、ひねくれ者なのです。

 

 

にほんブログ村ランキングに参加しています音符

よろしければワンクリックをお願いしますラブラブ

 

    にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ         にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

↑OUTランキング↑ ↑INランキング↑

 

ひので総合特許事務所(埼玉県・大宮)
代表 弁理士 赤塚正樹

AD