先日、筆者の経験も基にワーキングホリデー中のアルバイト先の見つけ方をご案内いたしました。ご参考にしていただけましたでしょうか?

※参照リンク : これで君もアルバイト先が見つかる!留学生の仕事の探し方とは
https://ameblo.jp/abroadstudy/entry-12345494507.html




今回はその流れを汲んで、『 効果的な履歴書の書き方 』 についてご紹介していきたいと思います。



カナダの履歴書は日本の場合と異なり決まったフォーマットがなく、
基本的には見やすく必要な情報が載っていればどのような形式でも問題ありません。

必要な情報とは、主に:

  1. 名前
  2. 住所 
  3. 電話番号
  4. Eメールアドレス
  5. 職歴
  6. 学歴
  7. スキル
  8. ビザの期限

の8点となりますが、この中でも特に重要なのは
 

住所・電話番号・ビザの期限


の3点です。住所は住んでいる場所が職場から近いかどうかの確認、電話番号は連絡する際に必要、ビザの期限はいつまで働けるかを知るためです。


 

身も蓋もない話のように聞こえるかもしれませんが、
雇う側からすると留学生が語学学校に通った3ヶ月や6ヶ月という期間に差はほとんどなく、通った学校の期間を強調してもあまり効果的ではありません。



また、職歴についても、もちろん近い職種で働いたことがあれば書くに越したことはありませんが、日本の会社を知っているカナダ人の方は少なく、正社員として雇用する場合以外職歴はさほど重要視されません。


 

募集をかけると多くの職場では履歴書があふれかえるので、コツは名前や住所を見やすく、1枚にまとめることです目

これは、短期で雇う予定の留学生の履歴書を一つ一つ丁寧に見る担当者は殆どおらず、数ページの履歴書となると見るのに時間がかかり見てもらえないからです。語学学校では「リファレンスをつけたほうがいい」と教えており、もちろん間違ってはおりませんが、これは主にカナダ人の方が現地で正社員として採用される際に重要となるものであり、アルバイトの場合2ページ以上の履歴書は上に書いた通りむしろ長くて採用担当者が見てくれませんくもりくもり



 

上記のように、履歴書は1ページにまとめるのが重要で、その限られた1ページというスペースは目一杯使いましょう。書くことが少ない場合は、文字のフォントを大きくする、行間のスペースを広げるなど、たとえ書いてある内容が少なくても多く書いてあるように魅せることは可能です。


 

履歴書作成は、皆さんが思っているほど難しくはありません。弊社現地オフィススタッフは、何名もの留学生の履歴書を添削、作成してきた言ってみれば留学生の履歴書作成のプロ集団です。渡航後履歴書について質問がありましたら、是非弊社現地オフィスにお気軽にご相談ください。



 



上記についてのお問い合わせはこちらまで  クリック



カナダ関連留学ブログ


 カナダ学校留学ブログ
 ビクトリア留学/生活ブログ
 トロント留学/生活ブログ
 モントリオール留学/生活ブログ
 留学部


2017年度日本人留学手配1,400名以上、カナダナンバーワン!
カナダ8都市と東京で皆様の留学をサポートいたします!! 

 カナダ専門日系留学エージェント BRAND NEW WAY

AD